海外ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン1・第2話のあらすじと感想|ネタバレあり

海外ドラマ

2010年にアメリカで放送が開始されてから、世界中で大人気となった海外ドラマ『ウォーキング・デッド』。

シーズン1のあらすじと感想、作品情報などについて紹介していきます。

『ウォーキング・デッド』シーズン1・第2話『生き残るための方法』のあらすじ

海外ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン1・第2話のあらすじを結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください
(※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

リックの妻ローリが不倫

リックの妻ローリと息子のカールは、リックの同僚で親友のシェーンに助けられ、他の生存者たちとともにキャンプで生活していた。そんな中、ローリとシェーンは不倫関係にあった。仲間たちのいるキャンプから離れた山の茂みで、人目を忍んで二人は抱き合う。

救世主の青年、グレン

リックは戦車の中に閉じ込められ、戦車の周りはウォーカーたちに覆われている。絶望的な状況の中、戦車の無線からは若い青年の声が。リックが助けを求めると、青年は戦車の外の様子をリックに伝える。リックに戦車から逃げるように言い、待ち合わせの場所を伝えた。

リックは青年の指示に従い、ウォーカーたちの間をすり抜け、無事青年と出会うことができた。なぜ助けたのか?と尋ねるリックに、グレンは同じように助けてほしかったからだと話す。グレンという名前のその青年は、リックをデパートに隠れている仲間たちと合流させる。

グレンの仲間たちと合流

彼らは、アトランタに避難所があると聞き、山でキャンプをしている仲間のために食料を調達しようとアトランタにやってきたが、ウォーカーの大群がいたため建物に身を隠していたのだった。建物に入るなり、グレンの仲間の女性に銃を突きつけられるリック。

リックが銃声をさせたため、ウォーカーの大群をデパートに引き寄せてしまったのだ。リックはグレンの仲間たちに避難を浴びるが、デパートの屋上からまたもや銃声が。麻薬でラリっていたメルルが、ウォーカーたちを銃で撃ちまくっていたのだ。

暴走気味のメルルを仲間たちは止めようとするも、メルルはTドッグに銃を向け、ボスを決めようと言う。銃で威圧しながら多数決を取り、メルルは自分がグループのリーダーだと言い出すが、リックに殴られ、銃を取り上げられる。そして、リックに手錠で拘束された。

「生き残るための方法」

仲間たちはなんとか逃げ道を探そうと地下道を見回りに行くも、ウォーカーがいて逃げられない。リックはウォーカーの生態について話を聞き、死臭によりウォーカーをごまかせると考えた。リックとグレンはウォーカーの内臓を取り出して服に塗りつけ、外に出た。

ウォーカーたちに紛れ、リックとグレンは車を手に入れるべく道を進んでいく。ウォーカーに気づかれないまま道を進んでいくも、突然雨が降り出す。雨により服の死臭が流され、二人はウォーカーたちに襲われそうになる。グレンは、「リック、走れ!」と叫ぶ。

メルルを置いて、アトランタを脱出

リックとグレンは走って逃げてなんとか柵を越え、トラックを手に入れた。車の盗難防止のアラームを鳴らし、グレンはウォーカーたちを引き付ける。その隙にリックはデパートに残った仲間を助けに行く。手錠をかけられたメルルを置いて一行は大急ぎで逃げようとする。

Tドッグは仲間に止められながらもメルルの手錠を外しに行こうとする。しかし、鍵を排水口に誤って落としてしまい、仕方なくメルルを置いて逃げることに。一行はリックのトラックに乗り込み、アトランタを脱出した。

『ウォーキング・デッド』のシーズン1・第2話『生き残るための方法』の感想

リックの妻ローリとシェーンが不倫

冒頭のシーンがなかなか衝撃でした。ローリとシェーンの不倫シーンです。息子のカールに隠れて何やってるんだか。しかもリックの同僚で親友のシェーンと。リックがもう助からないと思っていたとはいえ、切り替えが早すぎませんか。しかも夫の親友とですよ。

この先リックと合流し、共同生活を送っていくわけですが、今後の夫婦関係やローリとシェーンの関係の変化、親友同士のトラブルなんかもあるんでしょうか。あんな危険な状況の中で、不倫なんかしてる場合じゃないだろと思っちゃいました。

メルルはトラブルメイカー!?

メルルは出だしから銃をガンガンぶちまけて、何かしでかしそうなオーラ満載でした。さらに麻薬をキメているというから恐ろしすぎます。リックを撃つのか?と聞かれてニヤニヤ。リックはやっと窮地を脱したのに、この先大丈夫かと一気にハラハラしましたね。

Tドッグはメルルに鍵を渡そうとして排水口に落としちゃいました。なんであそこで転ぶんだ、なんであんな狭いところに落とすんだ、と思っちゃいましたが。でも、メルルの行動を見ていたら同情しきれない部分もありますね。メルルはどう切り抜けていくのでしょう。

えげつない「逃亡作戦」

リックが提案した臭いでウォーカーに紛れる作戦は、なかなかえげつなかったです。服に塗りたくるの、絶対気持ち悪いですよね。グレンもゲーゲー吐いていました。ウォーカーに紛れる時、普通に歩いちゃダメなんですね。歩き方もウォーカーっぽい感じにしていました。

いくらウォーカーに気づかれないとはいえ、あんな至近距離にいたら震え上がりますよね。リックとグレン二人で行ったからまだしも、あれ一人だったら絶対無理そうです。雨で流されかけた時のグレンの焦りよう。あんな大群の中を歩いているんですから当然です。

リックの掛け声で猛ダッシュし、なんとか柵を越えることができました。無線の声の主、グレンによって窮地を脱したリック。家族と再会を果たしてからの活躍にも注目していきたいです。

『ウォーキング・デッド』の作品情報

上映日2010年10月31日
上映時間約43分
製作国アメリカ合衆国
ジャンル海外ドラマ
監督ミシェル・マクラーレン
脚本フランク・ダラボン
キャストアンドリュー・リンカーン、
ジョン・バーンサル、
サラ・ウェイン・キャリーズなど
音楽ワン・チャン「Space Junk」
映画賞エミー賞、サターン賞
原作ロバート・カークマン、トニー・ムーア「ウォーキング・デッド」

登場人物紹介

リック・グライムズ(アンドリュー・リンカーン)

本作の主人公の保安官で、正義感にあふれる人物。勤務中に犯人に撃たれ意識不明の重体に。昏睡状態から目覚め、変わり果てた姿に動転するも生存者たちのリーダーとなり、彼らを導いていく。

リック役を演じたアンドリュー・リンカーンはイギリスのロンドン出身の俳優である。王立演劇学校に通い、名前をクラッターバックからリンカーンに変えた。『This Life』、『Teachers』などのテレビドラマで知られ、『Teachers』では2話監督を務めた。

映画は『ヒューマン・トラフィック』(1999年)、『ラブ・アクチュアリー』(2003年)などに出演。2006年に、ロックバンドのジェスロ・タルのイアン・アンダーソンの娘であるゲイル・アンダーソンと結婚した。2007年には娘が産まれ、現在は一男一女の父である。

シェーン・ウォルシュ(ジョン・バーンサル)

リックの同僚で、高校時代からの親友。勤務中に襲撃され病院で昏睡状態となっていたリックをやむなく置き去りにするも、リックの妻ローリと息子のカールを救出した。

シェーン役を演じたジョーン・バーンサルは、アメリカのワシントン出身の俳優。高校卒業後、ニューヨーク州のスキッドモア・カレッジで学び、その後はロシアモスクワのモスクワ芸術座の学校に通った。野球が得意で、欧州プロ野球連盟でプロ野球をしていたこともある。

2002年からあらゆる舞台やオフ・ブロードウェイに出演。その後、CBSのシットコム『The Class(2006-2007年)』に出演した。プロレスラーのカート・アングルの姪であり、ロックバンドのファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンジャーの従姉妹でもあるエリンと結婚した。

ローリ・グライムズ(サラ・ウェイン・キャリーズ)

リックの妻。リックは死んだと聞かされ絶望していたが、自分とカールを窮地から救ったシェーンと深い関係となる。リックが生きていたことがわかり、再会を果たすと、リックは死んだと伝えていたシェーンを責め、距離を置くようになる。

 

ローリ役を演じたサラ・ウェイン・キャリーズは、アメリカ合衆国イリノイ州出身の女優である。大学教授の両親を持ち、1歳の時にハワイのホノルルへ引っ越す。高校卒業後はハノーバーのダートマス大学で学ぶ傍ら演劇にも携わる。

その後ニューヨークに移り、NBCのテレビドラマ『Queens Supreme』(2003年)に出演。2005年からテレビシリーズ『プリズン・ブレイク』に出演するも、妊娠をしたことと家族との時間をとるため、2007年に降板。その後、同番組のシーズン4で復帰を果たした。

2005年に、大学時代の同級生である一般人男性のJoshua Winterhaltと結婚。2007年に女児を出産している。目標とする女優はメリル・ストリープ。ゾンビ作品に出演しているが、ホラーは大の苦手である。

カール・グリムス(チャンドラー・リッグス)

リックとローリの息子。父親を尊敬しており、リックが死んだと聞かされた時はひどく落ち込んだ。リックと再会を果たしてからも、ローリとカールを助け、父親代わりであったシェーンに懐いている。

カール役を演じたチャンドラー・リッグスは、アメリカ合衆国の俳優である。ジョージア州アトランタで生まれ、10歳の頃にテレビシリーズ『ウォーキング・デッド』のカール・グライムズ役に抜擢される。映画『Get Low』などに出演していたことがある。

グレン・リー(スティーヴン・ユァン)

ミネソタ出身の両親を持つ、韓国系アメリカ人の青年。アトランタで戦車に閉じ込められたリックを窮地から救った。フットワークが軽く、物資調達や偵察などを受け持つ。アトランタの市街地についてはメンバーで一番詳しい。嘘が下手で、真っ直ぐな性格をしている。

 

グレン役を演じたスティーヴン・ユァンは、アメリカ合衆国の俳優である。韓国で生まれ、ミシガン州トロイで育つ。2005年、カラマズー大学で心理学の学士を取得。在学中に演技に関心を持ち、2年生の時に即興劇団『Monkapult』に加入した。

ロースクールや医学部に入る代わりにシカゴで即興劇を続けることを両親にはじめは反対されるも、演劇を続けるために2年間の猶予を与えられた。大学を卒業後、アジア系アメリカ人で構成されたスケッチ・コメディ・グループ『Stir Friday Night』に参加した。

2018年、イ・チャンドンが監督をつとめた『バーニング 劇場版』に出演。演技力を高く評価され、米国の第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞において助演男優賞を受賞した。

[出典:https://www.amc.com/shows/the-walking-dead]

『ウォーキング・デッド』の視聴方法

『ウォーキング・デッド』はレンタルや購入、動画配信サービスなどの方法で視聴することができます。

 

2019年7月現在、『ウォーキング・デッド』を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

ウォーキング・デッド無料期間月額料金(税込)
U-NEXT(オススメ!)◎ (無料視聴可能)31日間¥2,149
Hulu◎ (無料視聴可能)2週間¥1,007
Amazonプライム◯ (視聴可能)30日間¥400〜
Netflix ◎ (無料視聴可能)31日間¥864〜
FODプレミアム× (視聴不可)31日間¥959
dTV◎ (無料視聴可能)31日間¥540
  • 無料視聴可能 (◎):会員であれば無料で視聴できます。
  • 視聴可能 (◯):会員であっても別料金が発生しますが、視聴は可能です。
  • 視聴不可 (×):お取り扱いがありません。

おすすめの視聴方法1.『U-NEXT』

U-NEXTの魅力はなんといっても見られる動画の数の多さです。総配信数はなんと120,000本以上。新作映画の配信にも力を入れています。デジタル先行配信により、DVDの発売日、レンタル開始日よりも早く作品が見られることも。

登録時にもらえる600ポイント(1ポイント=1円)に加え、毎月1,200ポイントもらえるのも魅力です。ポイントを利用して新作映画(1本あたり約500円)を見たり、32万冊以上配信されている漫画や書籍を楽しむこともできます。

おすすめの視聴方法2.『Amazonプライムビデオ』

Amazonプライムビデオは、Amazonが運営するサービス、Amazonプライム会員特典の1つです。豊富なオリジナル作品も楽しめるAmazonプライムビデオ。その最大の魅力は、Amazonが提供するさまざまなサービスを受けられることです。

Amazonの通販で購入した商品の配送料・お急ぎ便料が無料、Prime Musicにて100万曲以上が聴き放題、Prime Readingで電子書籍が読み放題など盛りだくさん。お値段が月額500円(税込)(年会費は4,900円)とリーズナブルなのも魅力です。

おすすめ視聴サイト3.『Netflix』

Netflixは世界190か国以上で視聴可能な世界最大級の動画配信サービスです。大人気テレビシリーズ『ストレンジャー・シングス』をはじめ、オリジナル作品が充実していることが魅力の1つです。

『ウォーキング・デッド』シーズン1のエピソード一覧

『ウォーキング・デッド』シーズン1のエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
第1話あらすじ記事はコチラ
第2話この記事
第3話あらすじ記事はコチラ
第4話あらすじ記事はコチラ
第5話あらすじ記事はコチラ
第6話あらすじ記事はコチラ