U-NEXTの対応デバイス全まとめ|さまざまな機器で視聴できる!

U-NEXTの対応デバイス 動画配信サービス情報

「U-NEXTが気になるけど、自分が持っているデバイスで視聴できるのか不安!」

このような方のために、この記事ではU-NEXTに対応しているデバイスをすべて一覧にしています。

U-NEXTの対応デバイスの特徴やシーン別のおすすめ視聴デバイスまで解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの対応デバイス一覧


U-NEXTの対応デバイスを以下の6種類にわけて詳しく見ていきましょう。

なお、この記事に記載されている情報は2020年4月22日現在のものです。最新の情報は必ずU-NEXTのホームページをご覧ください。

スマホ・タブレット

U-NEXTではiPhoneなどのiOSのスマホ・タブレットにも、Androidのスマホ・タブレットにも対応しています。

パソコン

U-NEXTではWindowsのパソコンも、Macのパソコンも対応しています。

詳しい対応状況は以下の画像のとおりです。

ゲーム機

U-NEXTが対応しているゲーム機は以下の2つです。

  • PlayStation(R)4
  • PlayStation(R)4 Pro

テレビ

U-NEXTが対応しているテレビは以下のとおりです。

対応テレビ対応シリーズ
ソニー [ブラビア]対応シリーズはコチラ
TOSHIBA [REGZA]対応シリーズはコチラ
シャープ [アクオス/アイシーシーピュリオス]対応シリーズはコチラ
Panasonic [VIERA]対応シリーズはコチラ
LG Electronics [LG Smart TV]対応シリーズはコチラ
HITACHI [WOOO]対応シリーズはコチラ
船井電機 [FUNAI]対応シリーズはコチラ
ハイセンスジャパン[Hisense]対応シリーズはコチラ
PIXELA 4K Smart TV対応シリーズはコチラ
TCL対応シリーズはコチラ

ちなみに、ここで紹介されているテレビは、「これさえ用意すればほかに何も用意せずとも動画配信サービスが楽しめるテレビ」です。

ここに書かれていないテレビでも、メディアストリーミング端末などを接続すると動画配信サービスを楽しむことができます。

テレビに接続する機器

U-NEXTが対応しているテレビに接続する機器は以下のとおりです。

  • メディアストリーミング端末
    • Chromecast
    • Chromecast Ultra
    • Nexus Player
    • Amazon Fire TV
    • Fire TV Stick
    • Apple TV(第4世代〜)
    • NTT西日本[光BOX+]
  • ブルーレイレコーダー/プレーヤー
    • ソニー [ブルーレイディスクプレイヤー]
    • PIXELA Smart Box
    • PIXELA 4K Smart Tuner
    • TOSHIBA [REGZA ハードディスクレコーダー]
    • Panasonic [ディーガ ブルーレイディスクレコーダー]

ちなみに、メディアストリーミング端末とは、テレビに取り付けるだけで、簡単に動画配信サービスの映像作品を視聴したり、インターネットに接続したりできる端末です。

また、ブルーレイレコーダーとは、テレビ番組を録画したり、インターネットに接続して動画配信サービスの映像作品を楽しめたりする機器です。

その他

U-NEXTに対応しているその他のデバイスは以下のとおりです。

  • ソニー [ホームシアターシステム]
    テレビなどの音に臨場感や迫力を与えるオーディオ機器
  • ソニー [コンポーネントオーディオ]
    スピーカーを通して音を楽しむオーディオシステム
  • シャープ [AN-NP40]
    さまざまな音源を手軽に再生できるネットワークオーディオプレーヤー
  • MOVERIO BT-300
    メガネのようにかけて映像が楽しめるスマートグラス
  • popIn Aladdin
    世界初のプロジェクター付きシーリングライト
  • Google Home
    音声でさまざまな操作ができるスマートスピーカー
  • Google Nest Hub
    音声でさまざまな操作ができ、画面にも表示してくれるスマートディスプレイ
  • Anker Nebula Capsule II
    動画配信サービスの映像作品も楽しめる小型のプロジェクター

U-NEXTの対応デバイスの3つの特徴


U-NEXTの対応デバイスの特徴は以下の3つです。

それぞれの特徴について詳しく見てきましょう。

デバイスの対応数はトップレベル

動画配信サービスの中でも、U-NEXTのデバイス対応数はトップレベルです。

パソコン・スマホ・タブレット・テレビにはほとんどの動画配信サービスが対応していますが、MOVERIO BT-300などまで対応している動画配信サービスは極めてまれです。

デバイスは無制限に登録できる

U-NEXTではデバイスを無制限に登録できます

動画配信サービスではデバイスの登録数に制限が設けられていることが多いです。

そんな中、U-NEXTはデバイスの登録が無制限なので、さまざまなデバイスで使い分けて映像作品を視聴することができます。

シーン別のデバイスの使い分け方についてはコチラをご覧ください。

4台まで同時に視聴できる

U-NEXTでは4台まで同時に視聴できます

そのため、家族がほかの作品を見ている時でも、問題なく映像作品を視聴できます。

U-NEXTの月額料金は2,189円と動画配信サービスとしては高めですが、4人まで同時に視聴できるので、家族で共有して使うならコスパは良いと言えます。

ちなみに、ほかの動画配信サービスでは同時に視聴できないことが多いです。

シーン別おすすめ視聴デバイス


ここではシーン別のおすすめ視聴デバイスについて見ていきましょう。それぞれのシーンでのおすすめ視聴デバイスは以下のとおりです。

それぞれ詳しく見てきましょう。

移動中:スマホ・タブレットがおすすめ!

電車などで移動している時は持ち運びやすいスマホやタブレットで視聴するのがおすすめです。

ちなみに、U-NEXTにはダウンロード機能があります。そのため、見たい動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信量を気にすることなく映像作品が楽しめます。

移動時間はU-NEXTでダウンロードした映像作品を視聴すれば有意義な時間になりますね。

家で家族といる時:テレビがおすすめ!

家で家族といる時には、テレビで視聴するのがおすすめです。テレビなら大画面なので、複数人で見てもストレスを感じません。

ちなみに、家のテレビが「スマートテレビ」というインターネットに接続できるテレビの場合、リモコンを操作するだけでU-NEXTが視聴できて便利です。

一方、家のテレビが「スマートテレビ」ではない場合は以下のような「メディアストリーミング端末」を使うと良いでしょう。

  • Chromecast
  • Amazon Fire TV
  • Apple TV など

「メディアストリーミング端末」とは、テレビに取り付けるだけで、簡単に動画配信サービスの映像作品を視聴したり、インターネットに接続したりできる端末です。

たった数千円でテレビで動画配信サービスの映像作品が見れるようになります。

寝転がりながら見たい時:スマホがおすすめ!

寝転がりながら見たい時には、スマホがおすすめです。

スマホなら軽いので、寝転がりながらでも見やすいです。

家でひとりで見たい時:パソコンがおすすめ!

家でひとりで見たい時はパソコンがおすすめです。

もちろん家族がテレビを使っていない場合や一人暮らしの場合にはテレビで良いのですが、テレビを使えない時はパソコンが良いでしょう。

パソコンならそこそこ画面が大きいですし、スマホをいじりながら映像作品を見ることもできます。

お風呂に入りながら見たい時:防水のスマホ・タブレットがおすすめ!

お風呂に入りながら見たい時には防水のスマホやタブレットがおすすめです。

防水ではないスマホやタブレットの場合、風呂に落としてしまうと故障してしまうので注意が必要です。

スマホやタブレットを水に濡らしたくない場合は防水のケースなどに入れると防水の端末でなくてもお風呂で映像作品を楽しめます。

【2019最新版】 防水ケース スマホ用 IPX8認定 指紋認証/Face ID認証対応 防水携帯ケース 完全防水 タッチ可 気密性抜群 iPhoneXR/X/8/8plus/7/7plus/6/6plus/Android 6インチ以下全機種対応 水中撮影 お風呂 海水浴 水泳など適用
SURIA

U-NEXTの対応デバイスのまとめ

U-NEXTの対応デバイスは以下のとおりです。

  • スマホ・タブレット
    • Android
    • iOS
  • パソコン
    • Windows
    • Mac
  • ゲーム機
    • PlayStation(R)4
    • PlayStation(R)4 Pro
  • テレビ
    • ソニー [ブラビア]
    • TOSHIBA [REGZA]
    • シャープ [アクオス/アイシーシーピュリオス]
    • Panasonic [VIERA]
    • LG Electronics [LG Smart TV]
    • HITACHI [WOOO]
    • 船井電機 [FUNAI]
    • ハイセンスジャパン[Hisense]
    • PIXELA 4K Smart TV
    • TCL
  • テレビに接続する機器
    • Chromecast
    • Chromecast Ultra
    • Nexus Player
    • Amazon Fire TV
    • Fire TV Stick
    • Apple TV(第4世代〜)
    • NTT西日本[光BOX+]
    • ソニー [ブルーレイディスクプレイヤー]
    • PIXELA Smart Box
    • PIXELA 4K Smart Tuner
    • TOSHIBA [REGZA ハードディスクレコーダー]
    • Panasonic [ディーガ ブルーレイディスクレコダー]
  • その他
    • ソニー [ホームシアターシステム]
    • ソニー [コンポーネントオーディオ]
    • シャープ [AN-NP40]
    • MOVERIO BT-300
    • popIn Aladdin
    • Google Home
    • Google Nest Hub
    • Anker Nebula Capsule II

U-NEXTの対応デバイスの特徴は以下のとおりです。

そして、U-NEXTのシーン別おすすめ視聴デバイスは以下のとおりです。