映画『海街diary』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

人気女優が勢ぞろいし、また日本アカデミー賞で4冠に輝いたことでも話題を呼んだ『海街diary』。

今回は、映画『海街diary』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『海街diary』の作品概要

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,343 (2020/09/24 10:19:23時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2015年6月13日
上映時間126分
制作国日本
監督是枝裕和
原作海街diary(コミック)
脚本是枝裕和
音楽菅野よう子
主題歌菅野よう子「Our Little Sister」
出演綾瀬はるか/長澤まさみ/夏帆/広瀬すず

香田家の三姉妹である幸(さち)、佳乃(よしの)、千佳(ちか)は、15年前に家を出た父の死をきっかけに、自分たちの腹違いの妹であるすずと出会った。すずは香田家の四女として暮らすことになる。

彼女たちの日常と、すずと三姉妹が真の家族になっていく様子が、鎌倉を舞台に描かれている。

『海街diary』のあらすじ

鎌倉に住む香田家の三姉妹のもとに、15年前家族を捨て家を出ていった父の訃報が届く。三姉妹が父の葬儀へ向かうと、彼女たちの腹違いの妹に当たる中学生のすずが出迎えた。すずとの別れ際、長女の幸は自分たちと一緒に暮らさないかと提案する。こうして4人は鎌倉で一緒に暮らすこととなる。

明るい性格でサッカーが得意なすずは、すぐに鎌倉での生活に慣れる。しかし、三姉妹の祖母の七回忌をきっかけに音信不通だった実母が香田家を訪ねてくる。母の訪問によって、4人の関係に潜む闇が姿を現し始めた。

登場人物紹介

香田幸(綾瀬はるか)

香田家の長女。市民病院に看護師として勤務する。同じ病院に勤める医者と不倫関係にある。

香田佳乃(長澤まさみ)

香田家の次女。地元の銀行で窓口嬢として働いている。男運が悪い。

香田千佳(夏帆)

香田家の三女。スポーツ用品店で働いている。店長と交際している。

浅野すず(広瀬すず)

香田家の異母妹。地元のサッカーチームに所属している。

[出典:https://umimachi.gaga.ne.jp/]

『海街diary』のネタバレ

この先、『海街diary』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

三姉妹とすずの出会い

鎌倉に住む三姉妹のもとに、かつて浮気をして家を出た実父が亡くなったという訃報が届く。葬儀に向かうと、そこでは父と浮気相手の娘、三姉妹の腹違いの妹であるすずが出迎えた。

葬儀が終わり、三姉妹はすずに「ここで一番好きな場所に連れて行ってほしい」と頼む。すずは3人を山の頂上に連れていき、父とよく山に来ていたことを語る。中学生にしては落ち着いたすずを見た幸は、看護師の経験からすずが父を看取ってくれたことを察し、感謝を述べる。

すずとの別れ際、幸は自分たちと一緒に暮らさないかと提案する。すずは「行きます」と即答し、香田家の四女として鎌倉に住むことになった。

4人の悩み

新しい中学校へ転校したすずはすぐにクラスになじみ、地元のサッカーチームにも入団する。すずは三姉妹を見守ってきた、地元の「海猫食堂(うみねこしょくどう)」のおばさんとも親しくなる。すずは新しい生活を幸せに感じながらも、自分の存在が三姉妹を傷つけているのではないかと思い悩む。

父が家を出た直後に母も出て行ってしまったため、親代わりになって佳乃と千佳を育ててきた長女の幸。父が浮気をして家を捨てたという過去を持つにもかかわらず、自分自身も妻を持つ医者と不倫関係にあるのだった。

次女である佳乃は、いつも問題のある男性とばかり恋愛をしてしまっていた。この時も大学生の彼氏と付き合い、最後には貸した金も返してもらえないまま振られてしまった。三女の千佳は、少し変わり者の店長と交際を続けていた。

 

その中でも4人は思い出を共有し、共同生活を続ける中で絆を育んでいた。

母の訪問

三姉妹たちの祖母の七回忌が来ると、15年連絡が取れなかった母が彼女たちのもとを突然訪ねてくる。母は、法事が終わると「三姉妹とすずが住んでいる家を売りたい」と言いはじめ、これに猛反対した幸は「あなたにそんな権利はない」と言い張り、喧嘩になってしまう。

母は、自分がこの家を出ていったのは、父が不倫をして家族を捨てたのが原因であり、三姉妹を連れていけなかったのは叔母さん(祖母の妹)に反対されたからだと言う。叔母さんが幸と母をとりなすも、その日は2人が仲直りすることはなかった。

この話を聞いていたすずは、自分の母が三姉妹の父を奪ったことに罪悪感を感じる。その後、幸と夕飯の準備をしているときに、「奥さんがいる人を好きになるなんてお母さん良くないよね」と言う。幸は、「誰のせいでもないんだよ」とすずを慰める。

翌日、三姉妹の母は「あの家はもう三姉妹の家だね」と幸に言う。母は叔母さんに叱られ、反省したようだった。幸は「たまには鎌倉に帰っておいで」と言い、2人は別れた。

四姉妹

彼氏に振られた佳乃は心機一転仕事に打ち込もうと、上司について外回りを始める。その仕事の一環で、海猫食堂おばさんから経営について相談されるが、その中でおばさんが重い病気を抱えていることを知る。

また、幸は交際中の医師から「妻とは別れるからアメリカについてきてくれないか」と頼まれる。幸は非常に悩むが、大人の事情で子供時代を奪われたすずの気持ちを思い、妹たちとの生活を優先させて、彼に別れを告げたのだった。

幸は看護師として、食堂のおばさんを看取った。その葬儀の帰り道、4人は浜辺に行く。「お父さんはダメな人だったけれど、いい人だったんだね。こんな妹を残してくれたんだから」と幸が語る。

結局お互いの傷を癒せるのは姉妹しかいないことに気づいた四姉妹は、波打ち際でたわむれるのだった。

『海街diary』の感想

4人の関係が共同生活を通して次第に深まっていき、本当の家族になっていく様子が丁寧に描かれていました。映画の中に特に大きな展開はないものの、鎌倉の美しい風景と、静かな日常の風景がとても印象的でした。

また、しっかり者の長女、自由奔放な佳乃、変わり者の三女というように登場人物のキャラ付けがはっきりとしており、見ていて飽きなかったです。

不倫や死などの重いテーマを扱っていながら、決して重苦しさを感じさせる作品にはなっていません。むしろ、映画全体を通して姉妹愛を感じることができ、見終わった後には暖かい気持ちになれるような映画でした。

『海街diary』の視聴方法

『海街diary』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『海街diary』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム有料レンタル888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス見放題562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。