映画『となりのトトロ』のあらすじ・ネタバレ・感想

アニメ

世代を超えて、今もなお愛される不朽の名作『となりのトトロ』。

今回は、映画『となりのトトロ』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『となりのトトロ』の作品概要

created by Rinker
Used Item
¥3,299 (2020/08/09 14:59:06時点 Amazon調べ-詳細)
上映日1988年4月16日
上映時間88分
制作国日本
監督宮崎駿
原作宮崎駿『となりのトトロ』
脚本宮崎駿
音楽久石譲
主題歌井上あずみ「となりのトトロ」
出演日高のり子/坂本千夏/糸井重里/島本須美/高木均/龍田直樹

原作の時点では、主人公はメイくらいの年齢で、オレンジの吊りスカートをはいた女の子1人だけでした。ところが映画の尺を延ばさなくてはいけなくなり、主人公の特徴を2つに分けて姉妹にしたのだそうです。

不思議なお化けと人間の交流が、純粋無垢な子供目線で描かれます。

『となりのトトロ』のあらすじ

仲の良い姉妹のサツキとメイは、母の療養所に近い農村に引っ越して来ました。そんな時、2人は大きくて全身が毛でおおわれた不思議な生き物に出会います。メイは、この生き物を「トトロ」と名付けました。サツキとメイは、のどかな農村でトトロと楽しい日々を送ります。

登場人物紹介

サツキ(声:日高のり子)

メイの姉。親思いで聞き分けが良く、メイの面倒をみるしっかり者です。

メイ(声:坂本千夏)

サツキの妹。言い出したら聞かない頑固な性格ですが、親思いという点ではサツキと共通しています。

お父さん(声:糸井重里)

サツキとメイの父親。大学で考古学を教えていて、子供心を忘れない純粋な人物です。

トトロ(声:高木均)

森の主で、大きなクスノキに住んでいます。

『となりのトトロ』のネタバレ

この先、『となりのトトロ』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

まっくろくろすけ

サツキと妹のメイは、母の療養のためにとある農村へ引っ越しました。引っ越し先のお化け屋敷のような古い家には、小さな黒いオバケが住んでいます。2人はその正体は本で見たまっくろくろすけだと思いました。
引っ越しの手伝いに来た隣のおばあちゃんにそのことを報告すると、それは子供にだけ見える害のない妖怪なのだと言いました。父は、「一度お化け屋敷に住んでみたかったんだ」と喜びます。

トトロ

ある日、1人で遊んでいたメイは庭で不思議な生き物を見つけます。それを追いかけて森に入ると、大きな毛むくじゃらの生き物が寝ていました。メイが名前を聞くと、「トトロ」と答えました。一方サツキと父親は、庭で遊んでいたはずのメイが姿を消したことに驚き、必死に探していました。
そしてついに、メイは森の奥で眠っていた所を発見されました。メイはサツキと父にもトトロに会ったことを伝えましたが、2人は信じてくれません。
それを見て怒ったメイに、父は「トトロはきっとこの森の主で、いつでも会えるわけではないんだよ」と言い、3人でクスノキのある森へ向かいました。そして「これからもよろしくお願いします」と改めて引っ越しの挨拶をしました。

雨のバス停

梅雨の季節になったある夜、サツキとメイは森の中にあるバス停まで、大学に行った父を迎えにいきました。雨の中帰りを待っていると、そこにトトロがやって来ました。
雨でずぶ濡れのトトロを見かねたサツキは、父の傘をトトロに貸しました。すると、トトロはお礼に木の実が入った笹の葉の包みを渡します。
その時どこからともなく猫の姿をしたバスが走って来て、トトロはそれに乗って去って行きました。サツキとメイは、「会っちゃった!トトロに会っちゃった!」と喜びました。

芽生え

数日後、二人はトトロにもらった木の実を庭にまきました。しかし、なかなか芽は出てくれません。2人が発芽を心待ちにしていたある夜、サツキは就寝中に目を覚ました。
そして、庭を歩き回るトトロ姿を見つけてメイと駆け寄ります。やがて木の実はトトロの不思議な力で巨木になり、2人はトトロと共に空を飛んで、一緒に木の上でオカリナを吹いて遊びました。
翌朝、目が覚めると巨木は消えていましたが、かわりに小さな芽が生えていました。2人は、「夢だけど、夢でじゃなかった!」と大喜びです。

メイの捜索

夏休みに入ったある日、サツキとメイは隣のおばあちゃんと畑のとうもろこしを収穫していました。するとおばあちゃんの孫でサツキと同級生のカンタが、サツキたちの母親が入院する病院から電報を預かって来ました。サツキは顔色を変えて大学に出勤した父親に連絡を取ります。
その後、母が体調を崩したせいで入院が長引くことがわかりました。大事に至っていないと知って安心するサツキでしたが、メイは母親にもうすぐ会えると思っていたので面白くありません。しかし、いくら仕方ないと言い聞かせてもメイが駄々をこねるので、サツキはメイとけんかをしてしまいました。
そしてメイは、とうもろこしを母親に届けようと1人で病院に向かいます。突如姿を消したメイを探そうと、村の人々は手を尽くしてくれますが、一向に見つかりません。
途方にくれたサツキは、トトロに助けを求めに行きます。サツキは、「どうしたらいいかわからないの」とトトロにすがりました。すると事態を察したトトロは、ネコバスを呼んで道に迷って泣いていたメイを見つけてくれました。
そしてネコバスは、2人を病院に連れて行ってくれました。そこには元気そうに父と話す母の姿がありました。その姿を見届けて、再び村に戻って2人は仲良く家路に着きます。 そしてトトロはその夜もクスノキの上でオカリナを吹いていました。

『となりのトトロ』の感想

理想の姉妹

普段サツキは、大人に対して非常に礼儀正しく接します。しかし、メイがいなくなった時は敬語も使えずお礼を言うことも忘れるほど気が動転しています。また、オート三輪の前に走り出して無理やり止めるという危険なことまでしていました。

さらに池で女の子のサンダルが見つかると、カンタの忠告を聞かずに裸足で走り出しました。これらのシーンでは、サツキにとってメイが決して失いたくない大切な存在であることがわかります。

また、メイは母を心配したサツキが泣き出したのを見ていました。それがきっかけで病院へ向かって走り出したので、「母の元気な姿を見てサツキを安心させたい」という気持ちがあったのだと予想できます。母親が側におらず、他の子供よりも自立することが求められていること姉妹は、お互いを思い合う理想的な関係だと言えます。

やっぱり子供

サツキは近所の大人に敬語で挨拶したり、お弁当を用意したり、メイの面倒をみたりと、年齢に見合わず驚くほどしっかりしてしています。しかし一方でメイと同様に好奇心旺盛で、なんでも正直に言ってしまうところがあるのも事実です。
例えば、初めて引っ越し先の家に来たときに「ボローっ!」と叫んだのは、メイではなくサツキでした。さらにサツキがカンタのことを挙げて「男の子嫌い。でも、おばあちゃん家のおはぎは好き!」と話すシーンがあります。
このように、しっかりしていながらも中身はまだまだ素直で子供らしい一面があることが示されています。普段そのような部分が出ないようにしているのは、母親の代わりに自分がきちんとしていなければならないという、長女ならではのプレッシャーがあったのではないかと思いました。
サツキが母親に髪をとかしてもらう部分は、そんなプレッシャーから一時的に解放されたシーンです。いつも気を張っているサツキの心がほんの少し緩んでいることが伝わるので、見るたびにほほえましく思います。

『となりのトトロ』の視聴方法

現在、『となりのトトロ』を視聴できる動画配信サービスはありません。DVDの購入やレンタルでのみ視聴できます。