映画『時をかける少女』のあらすじ・ネタバレ・感想

アニメ

2006年に大ヒットを記録し、「時かけ」の愛称で今も親しまれている『時をかける少女』。

今回は、映画『時をかける少女』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『時をかける少女』の作品概要

created by Rinker
¥3,300 (2020/09/29 02:19:10時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2006年7月15日
上映時間98分
制作国日本
監督細田守
原作筒井康隆『時をかける少女』
脚本奥寺佐渡子
音楽吉田潔
主題歌奥華子「ガーネット」
出演仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/谷村美月/垣内彩未/関戸優希

ある時、真琴はタイムリープ能力(過去に遡ってやり直せる力)を使えるようになった。力を使いこなせるようになった真琴は、日常の不満や欲望を叶えるためにその力を使うようになる。しかし、タイムリープの回数が残り少なくなったとき、真琴は時間の存在を意識するのだった。

『時をかける少女』のあらすじ

高校2年生の真琴は、あるとき過去に戻る力「タイムリープ」を手に入れる。自分の石通りに過去に戻れることに気づいた真琴は、力を使って学校生活を満喫した。そして、タイムリープの回数が底をついたとき、真琴は衝撃的な事実を目の当たりにする。

登場人物紹介

真琴(声:仲里依紗)

下町の高校に通う少女。夏休み前のある日、タイムリープ能力を手に入れる。

千昭(声:石田卓也)

真琴のクラスメート。トラブルがあると、考えるより早く手が出てしまうタイプ。

津田功介(声:板倉光隆)

真琴のクラスメート。医学部志望の秀才で、スポーツが得意。

芳山和子(声:原沙知絵)

真琴の叔母。博物館で絵画の修復の仕事をしている。真琴からは「魔女おばさん」と呼ばれている。

[出典:https://promo.kadokawa.co.jp/tokikake/#CHARACTOR]

『時をかける少女』のネタバレ

この先、『時をかける少女』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

タイムリープ

高校2年生の真琴は、親友の千昭や功介とキャッチボールをして遊ぶ毎日を過ごしていた。ある日、真琴はノートを運ぶために理科室に向かう。奥の準備室で物音を聞いた真琴は、人影に驚いてバランスを崩してしまった。その時、真琴は日常では味わえないような不思議な体験をする。

翌日、下校途中に自転車で急な坂道を下っていた真琴は、ブレーキが壊れたことに気が付く。そして、そのまま警笛が鳴り響く踏切に向かって加速していった。

真琴が死を覚悟したその時、真琴は再び理科室で感じた不思議な感覚に味わった。目を覚ますと、真琴は坂道の途中にいた。

告白

驚いた真琴は、美術館で働く魔女おばさん(芳山和子)のところに向かい、不思議な経験のことを話した。魔女おばさんは、「それはタイムリープよ。戻ったのは真琴自身」と告げた。

信じられない真琴は、もう一度タイムリープをしようと川に飛び込んだ。すると、真琴は再びあの感覚に襲われる。前日に戻った真琴は、妹に食べられたプリンを食べて満足げな笑顔を浮かべた。真琴は、タイムリープを使って学生生活を謳歌するようになっていった。

ある日、功介が後輩の果穂に呼び止められる。仕方なく真琴と千昭は2人で帰ることにした。真琴は、ずっと続くと思っていた3人の関係が変わり始めていることに気づき、「ずっと3人でいれる気がしたんだよね」とつぶやいた。

そのとき、真琴は千昭から突然告白されてしまう。動揺した真琴は、タイムリープをして、この告白をなかったことにしてしまった。そんなとき、真琴の腕には、「90」という数字が表れた。

危機

真琴は、功介が果穂の告白を断ったことを知った。真琴は、最初にタイムリープした日に戻り、功介と果穂をくっつけることにした。

真琴はタイムリープをし、その日に起こった出来事を次々と変えていくが、いつの間にか腕の数字は「01」になっていた。この数字は、タイムリープができる残り回数を表していたのだった。その時、功介からは「なんか俺、告られたみたい。自転車借りるよ」というメールが届く。

喜んだのも束の間、功介が借りた真琴の自転車は、坂道でブレーキが壊れるものだった。真琴は慌てて坂道に向かう。しかし、そこに功介と果穂の姿はなく、真琴は安心した。

 

そのとき、千昭から電話が掛かってきて、「お前、タイムリープしてね?」と言われた。思いも寄らない千昭の言葉で、真琴はとっさに最後のタイムリープをしてしまった。そこへ、自転車に乗った功介と果穂がやって来た。

ブレーキは効かず、自転車は踏切に向かって走っていく。真琴には、「止まれ」と念じることしかできなかった。そのとき、突如周りの時間が止まり、千昭が現れる。

千昭の正体

千昭は、自分が未来人であることを明かした。1枚の絵を見るために、千昭は未来からやって来たのだった。

しかし、今回のタイムリープで、千昭のタイムリープの残りは無くなってしまった。「タイムリープの存在を知られた以上、ここに残ることもできない」と言った千昭は、真琴の前から姿を消す。

 

次の日の夜、真琴の腕には「01」の文字が浮かんでいた。千昭が時間を戻したことで、使ってしまった1回が戻ってきたのだ。再びタイムリープした真琴が、千昭の残りの回数を確認すると、もう1回タイムリープできることが分かった。

真琴は、千昭が見たがっていた絵を未来に残すことを約束し、千昭を見送る。千昭は、「未来で待ってる」と言った。翌日、功介・果穂・真琴はグラウンドでキャッチボールをしていた真琴は、「やりたいことが決まった」と言った。

『時をかける少女』の感想

かつてタイムリープを経験した魔女おばさん・芳山和子が、おばさんの立場から真琴を見守るというのが素敵な設定だと思いました。

「待ち合わせに遅れてきた人がいたら、走って迎えに行くのがあなたでしょ」というセリフに、恋を実らせることができなかった過去の自分へのアドバイスという意味が込められているような気がしました。

不思議な雰囲気を醸し出す魔女おばさんを、原沙知絵さんが見事に演じています。和子のタイムリープを知っている親世代も、それを知らない子供世代も一緒に楽しめる作品だと思いました。

上野・荒川・幕張・荻窪等の街並みを参考にしていて、「川が地面を流れてるのを初めて見た。空がこんなに広いことを初めて知った」と千昭に言わしめた、下町の雰囲気も見どころです。

『時をかける少女』の視聴方法

『時をかける少女』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年6月現在、『時をかける少女』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
TELASA有料レンタル562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム視聴不可1,100円
Disney+視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。