映画『テルマエロマエ』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

日本の現代風呂に着想を得て製作された『テルマエロマエ』。

今回は、映画『テルマエロマエ』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『テルマエロマエ』の作品概要

created by Rinker
東宝
¥3,229 (2020/07/15 02:45:15時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2012年4月28日
上映時間108分
制作国日本
監督武藤将吾
原作ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』
脚本武藤将吾
音楽住友紀人
主題歌ラッセル・ワトソン「誰も寝てはならぬ」
出演阿部寛/上戸彩/北村一輝/市村正親/宍戸開/勝矢

「テルマエロマエ」は、ラテン語で「ローマの浴場」という意味。古代ローマの浴場と、日本の風呂をテーマにしたコメディ映画。現代の日本にタイムスリップした古代ローマ人が、カルチャーショックを受けてそれをローマに持ち帰るストーリーが展開される。

『テルマエロマエ』のあらすじ

古代ローマの浴場はにぎわっているが、古き良き時代のテルマエ(風呂)を愛する浴場設計師・ルシウスはそれを良しとしなかった。

湯船に沈みながら考えごとをしていたルシウスは、浴槽の中に穴を見つける。穴に近づくと、ルシウスは穴に吸い込まれてしまい、日本の浴場にタイムスリップしてしまった。ルシウスは、そこで見た日本の風呂文化に感動し、文化をローマに持ち帰る。

ローマにもどったルシウスは、学んだことを生かして最先端の浴場を作る。その後、何度もタイムスリップをして技術を学び、ローマの浴場の発展に貢献する。

登場人物紹介

ルシウス(阿部寛)

古代ローマの浴場設計技師。派手な浴場を好きになれず、時代遅れの設計師と言われている。浴場を通して現代の日本へタイムスリップを繰り返し、そのアイデアをローマに取り入れる。

真実(上戸彩)

漫画家を目指している女性。才能を否定され、インパクトのあるキャラクターを探しているときにルシウスと出会う。ルシウスに恋心を抱くようになる。

ケイオニウス(北村一輝)

次期皇帝候補。無類の女好きで、ルシウスから嫌われている。

ハドリアヌス(市村正親)

ローマ皇帝。ルシウスの才能を認め、次期皇帝候補・ケイオニウスの風呂を作るよう命じる。

アントニヌス(宍戸 開)

ハドリアヌスを支持する議員で、ハドリアヌスの側近。ルシウスのよき理解者。

[出典:https://thermae-romae.jp/]

『テルマエロマエ』のネタバレ

この先、『テルマエロマエ』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

最初のタイムスリップ

古代ローマの浴場設計技師・ルシウスは、師匠から「お前の設計する浴場は古い」と怒られていた。ローマの公衆浴場で、新しい浴場の企画を考えていたルシウスは、突然現代の日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。

ルシウスは、そこを奴隷の大衆浴場だと思い込んだ。日本人を初めて見たルシウスは、日本人を「平たい顔族」と名付けた。浴場の壁の富士山の絵や、脱衣場の服を入れるカゴを見たルシウスは、その新しさに感動する。

そして、そのまま女湯に入り、物を投げられたルシウスは気絶してしまった。その場に居合わせた漫画家志望の真実は、気絶したルシウスをスケッチする。その後、フルーツ牛乳を飲んだルシウスは、いつのまにか古代ローマの浴場に戻っていた。

ルシウスは、日本で見たものを参考にして脱衣カゴを設置した。さらに、牛乳に味をつけて冷やしたものを提供し、浴場には火山の絵を描いた。この浴場は、たちまち人気となった。その様子を見た皇帝・ハドリアヌスは、ルシウスを専属の浴場設計技師に任命する。

ケイオニウスの浴場

新しいアイデアを求めて、日本にタイムスリップしたルシウスは、初めて露天風呂を見る。そこからヒントを得たルシウスは、岩で囲んだ野外浴場の周りに草木を置いた。皇帝は大いに喜び、「後継者のケイオニウスのために、新たな浴場を建設してほしい」とルシウスに依頼する。

しかし、ルシウスは女好きのケイオニウスのことを好きになれなかった。ケイオニウスは、ルシウスの意向を無視して、豪華な浴場を作るよう指示する。

再びタイムスリップしたルシウスが訪れたのは、真実のアルバイト先の健康風呂だった。ルシウスは、ジャグジーや壁のテレビに興味を持つ。そして、トイレでウォシュレットを使ったルシウスは心地よさを感じ、いつの間にかローマに戻っていた。

ルシウスは、奴隷に息を吹かせて泡風呂を作り、浴場には水槽を置いた。そして、流水でお尻を洗うトイレを設置した。ルシウスは、またしても皇帝の信頼を得ることができた。

2人でタイムスリップ

一方、ルシウスを題材にマンガを描き始めた真実は、ルシウスに恋心を抱いていた。そこで、真実はルシウスと会話をするためにラテン語を勉強し始める。そして、古代ローマの歴史書を読んだ真実は、ルシウスがタイムスリップしていることに気が付く。

一方ルシウスは、温泉宿にタイムスリップしていた。そこは真実の実家で、温泉には傷だらけの悪い男が入っている。男は、「温泉は傷を癒すんだ」とルシウスに教え、日本酒をすすめた。そして、ラテン語を復習していた真実のもとに、「毒を飲まされた」と騒ぐルシウスが飛び込んでくる

真実は温泉の湯を飲ませるが、真実は酒に酔って倒れたルシウスと温泉の中に落ちてしまった。古代ローマにタイムスリップした真実は驚いた。

戦場の浴場

ルシウスは、戦場にいるハドリアヌスのところに赴き、「ケイオニウスのためには浴場を作れない」と告げた。ハドリアヌスはそれを許すが、「2度と目の前に現れるな」と言った。その帰り、ルシウスは戦場の地面から蒸気が出ているのを見つける。

そこから湧いている水を飲むと、日本で飲んだ温泉と同じ味がした。そして、真実はアントニヌスが左遷されることを知る。真実は、「皇帝を神格化するのはアントニヌスの力だ」と歴史書に書いてあったことを思い出した。そして、「このままでは歴史が変わってしまう」とルシウスに訴える。

そこでルシウスは、ハドリアヌスのところに行って、「アントニヌスの案で、戦場に浴場を作ることを提案します」と言った。ハドリアヌスはそれを受け入れ、アントニヌスは左遷をまぬがれた。

 

そのころ真実の実家では、真実の父と数人の客がおぼれた真実を捜していたが、全員がローマにタイムスリップしてしまう。ローマで再会した真実たちは、浴場の設計について話し合う。そして、地熱を生かした小屋を作り、そこで休んだ兵士は次々と戦場に戻っていく。

これを見たハドリアヌスは、アントニヌスとルシウスを讃えた。ルシウスと真実は互いに礼を言い合い、涙を流した真実は消えていく。日本に戻った真実は、諦めかけていたマンガ家への夢を追いかけていた。

『テルマエロマエ』の感想

日本のお風呂と、海外のお風呂を、時空を超えてつなげるという発想が斬新でした。ふざけている訳ではないのに、言うことすべてを笑いに変える阿部寛さんの演技が見どころです。

顔が濃い俳優が集結していて、古代ローマのシーンには外国人のキャストが多く登場していたのも関わらず、全く違和感がなかったです。真実だけでなく、真実の父、常連客も過去にタイムスリップしており、真実とルシウスだけの交流で完結していないところが良いと思いました。

背景が合成ではなく、本物のオープンセット(屋外に設置されたスタジオのこと)を使っているところも魅力だと思います。ローマの浴場や王宮のシーンのスケールはけた違いで、とても豪華です。その立派なセットでコメディが繰り広げられるちぐはぐさが、笑いを生み出していると感じました。