映画『ペット』のあらすじ・ネタバレ・感想

アニメ
飼い主が留守の間に起きるペットたちの交流や冒険を描いた長編アニメ映画『ペット』
 
今回は、映画『ペット』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『ペット』の作品概要

created by Rinker
¥1,000 (2020/07/10 03:28:04時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2016年8月11日
上映時間87分
制作国アメリカ合衆国
監督クリス・ルノー/ヤーロウ・チェイニー
脚本ブライアン・リッチ/シンコ・ポール/ケン・ダウリオ
音楽アレクサンドル・デスプラ
声の出演ルイス・C・K/エリック・ストーンストリート/ケヴィン・ハート/ジェニー・スレイト/エリー・ケンパー/レイク・ベル/ダナ・カーヴィ/ハンニバル・バレス/ボビー・モナハン/スティーヴ・クーガン/アルバート・ブルックス
日本語吹替版設楽統/日村勇紀/中尾隆聖/山寺宏一/佐藤栞里/銀河万丈/沢城みゆき/宮野真守/梶裕貴/永作博美

犬や猫をはじめとしたかわいいペットたちが、飼い主の留守中に行っている知られざる日常と、思わぬトラブルから巻き起こる大冒険を描くコメディ・長編アニメーション。監督は『怪盗グルーのミニオン危機一髪』のクリス・ルノー。

続編『ペット2』の詳細はコチラ

『ペット』のあらすじ

小型犬のマックスは、優しい飼い主ケイティと幸せな毎日を送っていた。飼い主が留守にする日中、ポメラニアンのギジェットや太っちょ猫のクロエなど近所の楽しいペット仲間は思い思いの時間を過ごしたり、一緒に遊んだりと自由気ままに過ごしていた。

ある日、ケイティが大型犬のデュークを保健所から連れて帰ってくる。厚かましいデュークのせいでマックスの日常はメチャクチャに。さらに散歩中にデュークとマックスは迷子になって保健所の職員に捕まってしまう。ウサギのスノーボールとの出会いで事態はさらに思わぬ方向へ進んでいく。

登場人物紹介

マックス(英語版声:ルイス・C・K/日本語版声:バナナマン・設楽統)

小型犬のジャック・ラッセル・テリア。飼い主のケイティとニューヨークのマンハッタンで幸せに暮らす。新しいペットのデュークを快く思っていない。

デューク(英語版声:エリック・ストーンストリート/バナナマン・日村勇紀)

茶色くて毛むくじゃらな雑種の大型犬。保健所にいたところをケイティに引き取られた。

ケイティ(英語版声:エリー・ケンパー/日本語版声:佐藤栞里)

マックスとデュークの心優しい飼い主。

スノーボール(英語版声:ケヴィン・ハート/日本語版声:中尾隆聖)

マジシャンの飼い主に捨てられた白いウサギ。可愛らしい見た目とは裏腹に、捨てられたペットたちを率いて人間に襲いかかる残酷さを持っている。

ギジェット(英語版声:ジェニー・スレイト/日本語版声:沢城みゆき)

マックスのアパートの向かいに住む白いふわふわの毛並みが特徴のポメラニアン。大好きなマックスのためなら、どんなことでもする。

クロエ(英語版声:レイク・ベル/日本語版声:永作博美)

マックスと同じアパートに住む太ったグレーのネコ。食欲は旺盛だが、いつもダルそうにしていて少し冷淡。

ポップス(英語版声:ダナ・カーヴィ/日本語版声:銀河万丈)

目が悪く後ろ足に車椅子をつけている高齢のバセット・ハウンド。飼い主がいつも留守にしていて、家が他のペットたちのたまり場になっている。

バディ(英語版声:ハンニバル・バレス)

マックスの近所に住むダックスフンド。のんびりした性格。

メル(英語版声:ボビー・モナハン)

マックスの近所に住むパグ。活発な性格で木の上のリスに向かって吠えるのが日課。

オゾン(英語版声:スティーヴ・クーガン/日本語版声:山寺宏一)

野良猫の集団を率いるボスネコ。体の毛がないのが特徴。

タイベリアス(英語版声:アルバート・ブルックス/日本語版声:宮野真守)

マックスのアパートの屋上で飼われているタカ。その鋭い爪で獲物をしとめる凶暴さを持つ。

ノーマン(英語版声:クリス・ルノー/日本語版声:梶裕貴)

マックスのアパートに住んでいるモルモット。アパート内のダクトを移動して突然現れる。

『ペット』のネタバレ

この先、『ペット』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

新しいペット・デューク

ニューヨークのマンハッタンに住む小型犬のマックスは、飼い主のケイティと幸せに暮らしていました。近所に住むポメラニアンのギジェットや太っちょ猫のクロエなど、ペットたちは飼い主が出かけた後、自由な時間を満喫していました。

そんなある日、ケイティが大型犬のデュークを保健所から連れて帰ります。厚かましいデュークのせいでマックスの平和な日常はめちゃくちゃになってしまいます。翌日、マックスはデュークを追い出すために、ケイティが留守の間に家の中を荒らしてデュークのせいにしようと考えます。

捕まったマックスとデューク

ペットシッターに連れられ、マックスとデュークは近所の犬と一緒に散歩します。デュークはマックスに仕返しをしようと、路地裏のゴミ箱にマックスを置き去りにしようとします。しかし、そこに現れた野良猫集団のボス・オゾンに目を付けられ、マックスとデュークの首輪が奪われてしまいます。

さらに、マックスとデュークは野良犬だと思われ、保健所の職員に捕まってしまいます。ところが、マックスとデュークを乗せた保健所の車はウサギのスノーボールとその手下に襲われます。人間に恨みを持つ元ペットのスノーボールは保健所の車に乗っていた仲間の犬を救出しに来たのでした。

スノーボールとその手下は、保健所の職員から車を奪って仲間の救出に成功します。マックスとデュークは「飼い主を殺したことがある」と嘘をついて、スノーボールに気に入られてケージから出してもらいます。マックスとデュークはスノーボールに連れられて、地下の下水道に入ります。

元ペット軍団を率いるスノーボール

地下の下水道には人間に恨みを持つ元ペットたちの吹き溜まりがありました。マックスとデュークは元ペット軍団の入門儀式として、大蛇バイパーのひと噛みを受けさせられそうになります。

そこへ、オゾンの手下の野良猫たちが現れ、マックスたちがペットであることを話します。裏切り者だと思われたマックスとデュークは元ペット軍団に捕まりそうになります。デュークはバイパーを振り回して敵の攻撃を阻止します。そして、たまり場の天井が崩れてきてバイパーは潰れます。

バイパーが死に、さらにスノーボールの恨みを買ったデュークとマックスは追いかけてくる元ペット軍団から逃げます。マックスとデュークは下水道が合流する滝壺に飛び込み、流れ着いて外の川に出ます。デュークは水上バスに乗り、泳ぎが苦手なマックスに浮き輪を投げます。

 

マックスはデュークが投げた浮き輪のおかげで水上バスに上がって助かります。しかし、家があるマンハッタンとは反対方向のブルックリンに船は進みます。後を追いかけてきた元ペット軍団はマックスとデュークがブルックリンへ向かうのを見ていました。

近所のペットたちがマックスを捜索

マックスがいないことに気づいたギジェットは、アパートの屋上に探しに行きます。ギジェットは屋上で飼われているタカのタイベリアスに食べられそうになります。しかし、ギジェットはタイベリアスと親友になるという条件で、タイベリアスをマックス探しに協力させます。

タイベリアスは、マックスとデュークの首輪を奪ったオゾンを屋上に連れてきます。ギジェットはオゾンからふたりが下水道の中にさらわれたことを吐かせます。

ギジェットは太っちょ猫のクロエやパグのメル、ダックスフンドのバディ、モルモットのノーマン、小鳥のスイートピーなど近所のペットたちを集めて行方不明のマックスを助けに行きます。

 

一同は、いつも飼い主が不在でペットのたまり場になっているポップスの家にやって来ます。ポップスは車椅子で目が悪いですが、何でも知っている長老でした。ポップスの秘密のルートを使って、一同はニューヨークのビルの合間を縫って移動し、下水道の中の元ペット軍団のアジトに着きます。

ギジェットたちは、スノーボールが大蛇のバイパーの仇をとるためにマックスとデュークを殺そうとしていることを聞きます。ギジェットたちはスノーボールに見つかってしまい、追いかけてくるペット軍団から逃げます。しかしノーマンが人質として捕まってしまいます。

再び保健所に捕まったデューク

マックスとデュークは川から上がります。お腹を空かせたふたりが、美味しそうなにおいをたどっていくと、そこにはソーセージ工場がありました。ふたりは工場の中でソーセージをたらふく食べます。デュークとマックスは試練を乗り越えるうちに、お互いの良い所を知って仲良くなります。

デュークは昔、前の飼い主フレッドと一緒に工場の近くに住んでいたことを話します。デュークは迷子になったときに保健所に捕まってしまったのでした。マックスはフレッドに会いに行こうと提案します。そして、マックスとデュークはかつてデュークが住んでいた家に着きます。

しかし、その家にいた猫からフレッドはすでに亡くなっており、今は別の住人が住んでいることを知ります。デュークは「昔の家に行こう」と言い出したマックスに怒ります。ふたりがケンカし始めたところへ、保健所の職員が現れます。デュークはマックスの身代わりとなって捕まってしまいます。

 

マックスは必死で保健所の車を追いかけます。その途中でマックスを探していたスノーボールが手下と一緒に追いかけてきます。しかし、スノーボールの手下のブタ・タトゥーも保健所の車に連れ去られます。マックスとスノーボールは協力して、保健所の車から仲間を救出することにします。

ブルックリン橋で仲間を救出

スノーボールとマックスは大型バスを運転して、保健所の車に衝突します。保健所の車はブルックリン橋の足場に引っかかります。マックスは意識を失ったスノーボールをくわえて外に出ましたが、スノーボールを食べようとしたと誤解され、元ペット軍団に囲まれます。

そこへ、ギジェットたちマックスの仲間が助けに現れます。ギジェットは並外れた格闘技の才能を見せ、元ペット軍団を全員倒します。マックスは車に取り残されたデュークを助けようとします。マックスはケージの鍵を手に入れましたが、車は川に落下して鍵は流されてしまいます。

水中でマックスはケージからデュークを助け出そうとします。そこへ、川に飛び込んだスノーボールがマックスに鍵を渡し、デュークはケージから脱出できました。マックスとデュークは岸に上がり、タトゥーが運転するタクシーに乗って、ギジェットやスノーボールたちと一緒に家へ帰ります。

 

マックスは助けに来てくれたギジェットに感謝します。スノーボールは全人類を滅亡させる計画を遂行しようと息巻いていましたが、マックスのアパートに住む少女に気に入られペットになりました。

家に戻ったペットたちは、帰宅した飼い主といつものように楽しい時間を過ごします。ケイティは家の惨状に驚きましたが、すっかり仲良くなったマックスとデュークを見て大丈夫だと安心するのでした。

『ペット』の感想

美しいニューヨークの街並みを舞台に、ペットたちの秘密の冒険を描いた楽しい作品でした。犬や猫をはじめとして、ブタやモルモット、カメレオン、他にも色々な種類のペットたちが、人間の知らないところで何をしているかコミカルに描かれているのが面白かったです。

白いフワフワのギジェットやぽっちゃりした猫のクロエなど、愛くるしい個性的なキャラクターがたくさん出てきます。きっとお気に入りのキャラクターが見つかることでしょう。

特にウサギのスノーボールは、とてもかわいらしい見た目とは裏腹に、ワニや大きなヘビを率いて元ペット軍団を率いて、人間の車を運転してしまうほどの強烈なキャラクターでした。スノーボールは続編『ペット2』でも存在感を発揮しています。ぜひチェックしてみてください。