映画『マイ・インターン』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

アン・ハサウェイ演じるファッション・サイトの女性社長がロバート・デ・ニーロ演じる70歳のインターンに戸惑いながらも、次第に奇妙な絆が芽生えていくさまを描いた映画『マイ・インターン』

今回は、映画『マイ・インターン』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『マイ・インターン』の作品概要

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥945 (2020/09/23 16:06:25時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2015年10月10日
上映時間121分
制作国アメリカ合衆国
監督ナンシー・マイヤーズ
脚本ナンシー・マイヤーズ
音楽セオドア・シャピロ
出演ロバート・デ・ニーロ/アン・ハサウェイ/レネ・ルッソ/アンダーズ・ホーム/アンドリュー・ラネルズ

アン・ハサウェイ演じるファッション・サイトの若い女社長が、ロバート・デ・ニーロ演じる70歳のインターンに戸惑いながらも、次第に奇妙な絆が芽生えていくさまを描いたハートフル・コメディ。

監督はナンシー・マイヤーズがつとめた。

『マイ・インターン』のあらすじ

華やかなファッション業界で成功し、結婚してプライベートも充実、現代女性の理想の人生を送るジュールズ。そんなジュールズの部下にシニア・インターンのベンが雇われる。

ジュールズは40歳も年上のベンに最初はイラついていたが、いつしかベンの豊かな人生経験からのアドバイスに頼るようになる。しかし、順風満帆に見えたジュールズの人生は思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られることになる。

登場人物紹介

ベン(ロバート・デ・ニーロ)


ニューヨークに住む70歳の老紳士。40年間近く、電話帳の会社に勤めていた。妻に先立たれてからはひとり老後生活を楽しんでいたが、シニア・インターンとしてジュールズの経営する “アバウト・ザ・フィット”で働くことを決意する。

ジュールズ(アン・ハサウェイ)


ファッション通販サイト “アバウト・ザ・フィット” の創業者。敏腕なビジネスセンスと人一倍の仕事への情熱を持っている。しかし、一人娘ペイジの世話と家事を任せている夫マットとすれ違い気味である。

フィオナ(レネ・ルッソ)


ファッション通販サイト “アバウト・ザ・フィット” のオフィスで社員の疲れを癒やすマッサージ師として働く。離婚しているが、娘と孫がいる。シニア・インターンに来たベンに惹かれていく。

 

[出典:公式サイト]

『マイ・インターン』のネタバレ

この先、『マイ・インターン』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

シニア・インターンになったベン

70歳のベンは、妻に先立たれてからひとり充実した老後を送っていましたが、どこか物足りなさを感じていました。ある日、ベンはファッション通販サイトの高齢者向けインターンの求人を見つけます。パソコン知識がなかったものの、ベンは履歴書代わりの自己紹介動画を送付し、採用されます。

一方、ファッション通販サイトを起業したジュールズは超多忙に働き、秘書のベッキーはいつも仕事に追われていました。ベンは他のインターンと一緒にオフィスを初めて訪れます。スーツを着こなしたベンは自由でカジュアルな職場の雰囲気に戸惑います。

ベンはジュールズ専属の担当になり、ジュールズと面談します。頼み事があればメールすると言われましたが、ジュールズは一人で何でもこなしてベンの仕事はほとんどありませんでした。ベンは自分から仕事を見つけ始め、他の社員から好かれるようになります。

仕事と家庭の両立で悩むジュールズ

ジュールズは同じ職場で働くキャメロンから外部のCEOを雇うことを打診されていました。急成長した会社の事業に社員がついていけていないことを知り、ジュールズは涙ぐみます。ベンはその場を見てしまいます。

翌朝、ジュールズがオフィスへ着くと、社員のガラクタ置き場になっていた机がきれいに片付けられていることに驚きます。ベンが朝早くにオフィスに来て掃除したのでした。一方、ベンは職場で働くマッサージ師のフィオナに惹かれます。

その日、ベンはジュールズのドライバーがお酒を飲んでいるところを目撃してしまいます。ベンはドライバーの代わりに運転すると申し出ます。ベンはCEO候補との面談で落ち込むジュールズを励まします。ベンはジュールズを家に送り届けると、ジュールズに夫と幼い娘がいることを知りました。

 

ジュールズは、家のベッドでもパソコン作業をしてしまうほどの仕事人間でした。ジュールズの夫・マットは「家事や育児に追われて自分の時間がない」とジュールズに言います。ジュールズとマットの夫婦生活はすれ違い気味になっていました。

ベンとジュールズの距離が縮まっていく

ベンはその夜遅く、ベッキーから「ジュールズのドライバーが失踪した」と連絡を受けます。ベンは翌朝、ジュールズを家まで車で迎えに行きます。ベンは家に入れてもらい、ジュールズとマットが予定を立てている間、ベンはジュールズの娘ペイジの相手をします。

ジュールズは商品の梱包を指導するため、ベンを車で倉庫に向かわせます。ジュールズは車中で、プライベートを知られすぎたことから、ベンを異動させるようメールします。

ベンは長年の経験で覚えた抜け道を使っていち早く倉庫に到着し、ジュールズを驚かせます。

ベンは男性社員の相談に乗るなどして社内での人望も厚くなっていました。ある日、オフィスで残業していたジュールズは、残っていたベンと一緒にピザを食べながら話をします。ジュールズは、今いるオフィスがベンがかつて40年近く働いていた印刷工場の跡地だったことを知ります。

 

ジュールズはベンのフェイスブックのアカウント開設を手伝います。ジュールズはベンの趣味などを聞き、自分を友達に追加します。そして夜、ベンはジュールズを家まで車で送ります。こうした交流を通して、ジュールズはベンに信頼を置くようになります。

助手に昇格したベン

翌朝、ジュールズの家に車で迎えに来たのは別のシニア・インターンのドリスでした。ジュールズは自分がベンを異動させるよう頼んだことをすっかり忘れていました。しかし、ドリスの運転は事故を起こしそうなほど下手でした。ジュールズは自らベンに謝罪して、戻ってくるよう頼みます。

そして、ジュールズはベンを助手に昇格させ、ベッキーの隣に置きます。「ジュールズに信頼されていない」と泣き始めるベッキーを見て、ベンはジュールズにさりげなくベッキーを褒めるよう促します。また、ベンは家を探していた若いインターンのデイビスを居候させることにしました。

ある日、ジュールズは母親の悪口を書いたメールを誤って母親に送信してしまいます。ベンやデイビスを含む男性社員4人は、ジュールズの母親が留守の間に、家に忍び込んでパソコンからメールを消去しようとします。家の警報が鳴り出す中、なんとか4人はメールの消去に成功し、車で逃げます。

 

メールの消去に成功した男性社員4人とジュールズはバーで乾杯します。ベンは酔いつぶれたジュールズを介抱し、タクシーまで送り届けます。次の休日、ベンは惹かれ合っていたフィオナとデートをし、付き合い始めます。

マットの浮気

ある日、マットが風邪を引いてしまい、ベンは代わりにペイジを誕生会に連れていきます。しかし、ペイジが「気分が悪くなった」と言うので早く帰ることにしました。ベンがジュールズの家に車で戻ろうとすると、マットが浮気相手の女性の車に乗っていくところを目撃してしまいます。

ベンはしばらく車を走らせた後、寝ているペイジを家に連れて帰ります。家に戻っていたマットは、「夫婦すれ違いの生活を直すために、ジュールズには新しいCEOを雇ってほしい」とベンに話します。

翌日、ベンはジュールズにマットの浮気のことを触れないまま、ジュールズと一緒にCEO候補と面談するためにサンフランシスコへ出張します。

ベンは機内でも仕事を始めようとするジュールズに対し、「仕事のことを忘れてファーストクラスを楽しもう」と言います。

 

滞在していたホテルの部屋で、ジュールズはベンの亡くなった奥さんとの結婚生活を尋ねます。そこで、ベンはジュールズがマットの浮気に気づいていることを知りました。ジュールズは泣きながらベンに相談します。ベンは離婚やその先の未来を不安に思うジュールズをなぐさめます。

ジュールズが決断した選択

翌日、ジュールズはCEO候補との面談を終えました。ジュールズは有望なCEOを雇うことを決めたとベンに伝えます。しかし翌朝、選択に迷いが生じたジュールズはベンの家を訪ねます。

ベンはジュールズに「自分にしかできない仕事を犠牲にしてまでCEOを雇うことはない」と助言します。

ジュールズはベンに「インターンであり、最高の友人だ」と感謝します。ジュールズが働いているとオフィスにマットがやって来ます。マットは「浮気は終わらせた」と謝りに来て、「CEOを雇う必要はない」と伝えます。

 

ジュールズはCEOを雇うことをやめ、マットと夫婦生活をやり直すことにします。

ジュールズはお礼を伝えようと、ベンの居場所を他の社員に尋ねます。ベンはその日、休みを取っていました。ジュールズは公園で太極拳をしているベンを見つけると一緒に加わって過ごすのでした。

『マイ・インターン』の感想

70歳のシニア・インターンが新進気鋭のベンチャー企業で働くという斬新な設定が面白かったですね。大きな展開はありませんが、見た後、明るい気分になれる温かみのある作品です。

ロバート・デ・ニーロ演じるベンが、ユーモアがあって機転が利き、誰に対してもさりげない気遣いができる素敵な紳士でした。悠々自適に人生を楽しむ方法を知っている余裕と、長年の経験から何でもアドバイスしてくれる頼りがいもあります。

アン・ハサウェイ演じるジュールズは、自ら服を試着したり、工場の従業員に梱包の指導をしたりと、自分のアイデアをどんどん仕事に反映させていく現代女性が憧れるような存在です。一方で、仕事と家庭の両立で苦悩するジュールズに共感する女性も少なくないでしょう。

『マイ・インターン』の視聴方法

『マイ・インターン』はDVDの購入やレンタル、U-NEXT、Hulu、Netflixなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『マイ・インターン』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV視聴不可500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。