映画『帝一の國』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

ふんどし姿の男たちが和太鼓をたたくという、強烈な映像でインパクトを残し話題になった映画『帝一の國(ていいちのくに)

今回は、映画『帝一の國』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『帝一の國』の作品概要

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,630 (2020/09/25 00:51:23時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2017年
上映時間117分
制作国日本
監督永井聡
原作漫画版『帝一の國』
脚本いずみ吉紘
音楽渡邊祟
主題歌クリープハイプ「イト」
出演菅田将暉/野村周平/竹内涼真/間宮祥太郎/志尊淳/千葉雄大/永野芽郁

この作品は、未来の総理大臣を目指す帝一が、海帝高校に入学し、未来の総理大臣に繋がると言われている生徒会会長の座を手に入れるために奔走する、という物語です。

笑いあり、涙ありの盛りだくさんの内容となっています。

『帝一の國』のあらすじ


海帝高校の生徒会会長になった者は、将来総理大臣など輝かしい未来が待っていると言われており、全校生徒がその役職を狙っていると噂されている。その中で新入生として海帝高校に入学した帝一は、頭脳と行動力、財力を駆使して生徒会会長の役職を虎視眈々と狙っていく…

登場人物紹介

赤場帝一(菅田将暉・写真中央)

本作の主人公。総理大臣になるため、海帝高校の生徒会長になることへ強い執着心を見せる。

東郷菊馬(野村周平。写真左)

帝一のライバル。海帝高校の生徒会長となるため、度々帝一と争う。

大鷹弾(竹内涼真・写真左上)

帝一と同学年で6組のルーム長を勤める人物。家は貧しいが、頭脳明晰で友達思い。

氷室ローランド(間宮祥太郎・写真上)

次期生徒会長候補の1人。喧嘩が強く、中学時代は異彩を放っていた。

榊原光明(志尊淳・写真右上)

帝一の相棒的存在。盗聴器などを作り、帝一を助ける。

森園億人(千葉雄大・写真右)

次期生徒会長候補の1人。頭がよく、将棋では100手先も読むと噂されている。

白鳥美美子(長野芽郁)

帝一の幼馴染。高校は別の高校に通っているが、帝一のことを気にかけている。

[出典:帝一の國|東宝WEB SITE]

『帝一の國』のネタバレ

この先、『帝一の國』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

帝一の過去

この物語は、帝一の過去の回想から始まります。帝一は昔、ピアノが好きな大人しい少年でした。また、その大人しさが災いして東郷からいじめられることも頻繁にありました。

 

そんなある日、帝一がピアノを弾こうとしていると父がやってきます。

父は昔、海帝高校の生徒であり、生徒会長選であと一歩のところで東郷の父に負けたという過去を持っていました。そのため、父は帝一に海帝高校の生徒会長になってほしいと考え、帝一のピアノを止めさせて滝へ修行に行かせようとします。

しかし、帝一は「僕は生徒会長にはなりたくない」と言い、さらに帝一の母も父を止めようとします。

 

そして、3人で争っていると、ちょっとした拍子で帝一がピアノに頭をぶつけてしまい、気を失ってしまいます。

しばらくして帝一が目を覚ますと、彼は以前と別人のようになっており、「僕は生徒会長になる」と言い始めます。こうして、物語が始まっていきます。

弾との出会い

舞台は、高校入学後に移ります。海帝高校に首席として入学し、生徒会長になるために必要なルーム長という役職にもついた帝一は、些細なことから東郷と口論になります。

すると、二人を仲裁しようと、一人の男子生徒がやってきます。彼は、大鷹弾と名乗り、自分もルーム長であると言います。

弾に興味を持った帝一は、光明を連れて弾の調査にかかります。すると、弾は家こそ貧しいものの、超難関と言われる海帝高校の入学試験をほぼ満点で合格した凄まじい頭脳の持ち主であることが分かります。

生徒総会

ルーム長として生徒会に関わるようになった帝一は、2年生の誰かの派閥に加わろうと考えます。海帝高校では、次期生徒会長候補を2年生の中から3人選ぶという風習があり、有力な2年生の元に就くことで、生徒会の中での地位を向上させることが出来ると考えたからです。

来年の次期生徒会長候補には、本田章大、森園億人、氷室ローランドの3人が選ばれると噂されていました。帝一はこの中でローランドに目をつけ、彼の下に就こうと画策します。

そこで、ローランドが生徒総会の演出を監督することから、帝一はその際の校旗掲揚に立候補します。無事に校旗掲揚を行うことで、ローランドからの信頼を得ようと考えたのです。

 

帝一に先を越された東郷は、帝一の校旗掲揚を失敗させるために、部下に校旗を支える針金を切断するよう命令します。さらに、切れた針金を支えようとする帝一を妨害し、生徒総会をメチャクチャにしようとします。

しかし、途中で弾が助けに来たため、東郷の作戦は失敗します。結果として生徒総会は無事に終了し、帝一はローランドの信頼を得ることに成功します。

海帝祭

生徒総会から半年が経ち、次期生徒会長選挙の季節になります。次期生徒会長候補はやはり、ローランドを含む3名となりました。

その後、次期会長候補による公約の宣言が行われる中で、森園の公約にざわめきが起きます。彼は、>今までの生徒会長の選定方法であった指名制を廃止し、立候補制にして、誰しもが生徒会長になれるようにする、ということを発表したのです。

 

森園の公約が実現すると大変なことになると考えた帝一は、ローランドが確実に票を獲得するために、海帝祭の時、生徒の買収を呼びかけます。ローランドは帝一の意見を取り入れ、誰の元にもつかず無所属の姿勢をとっていた弾を自分たちの陣営に引き入れようとします。

ローランドは弾に「親御さんを楽にしてあげるためにも、俺の元へ就かないか」と呼びかけます。一度はその言葉に揺らいだ弾でしたが、賄賂による買収という卑怯な戦術をとる人物を生徒会長にする訳にはいかないと考えた弾はローランドを殴ります。

そして、弾はこれからは森園を生徒会選挙で勝たせるために行動すると宣言します。

 

こうして、ローランドの弾の買収工作は失敗に終わりました。

裏切り

進言した買収工作が失敗した帝一をさらなる不幸が襲います。ローランドの父は帝一の父と犬猿の仲であったため、ローランドが生徒会長になったとしても帝一に未来は無いということが明らかになったのです。

驚愕の事実が発覚したことで、帝一は絶望し、生徒会長になる夢を諦めかけます。しかし、父親の言葉で立ち直った帝一は、ある作戦に出ます。

作戦とは、ローランドを裏切り、敵対している森園の元へ行くというものでした。

森園派の躍進

帝一がいなくなったローランド側では、東郷が地位を得ていきます。

東郷の助言に基づき、ローランドは他の部活の部長達に賄賂を渡し、そのお金の出所を聞かれると嘘の財源を伝えて誤魔化すという方法で自分の元へつく人物を増やしていきました。

ローランドとの票差が離れていくことで焦る帝一でしたが、美美子らの言葉から秘策を生み出します。

 

秘策とは、校庭の真ん中で、森園を中心にマイムマイムを踊るというものでした。これは、人間の後ろめたさを利用した作戦でした。マイムマイムに混ざろうとして一般生徒は輪の中に入っていきます。

しかし、ローランドから賄賂を貰った人間は森園に後ろめたさを感じるため、輪の中に入っていくことが出来ず、罪の意識を感じさせることによってローランド側から離れさせようとしたのです。

秘策は成功し、劣勢だった予想得票数はローランドと五分になるまで形成を取り返します。

 

しかし、ローランド派がピンチになったことで、東郷の父親が動きます。彼によって、帝一の父が汚職の疑いをあけられ、逮捕されてしまいます。

帝一の本音

父との面会に向かった帝一は、そこで初めて父に自分の本心をぶつけます。

帝一が自分の國を作りたかったのは、誰にも邪魔されずピアノを弾きたかったからなのです。

その思い一つでこれまで何年も無理を重ねてきた帝一のことを父は思い、涙を流します。

 

面会後、帝一は塞ぎ込んでしまいました。投票の日、家から出て来ない帝一の元へ、弾や光明が訪れます。初めは行くことを拒否していた帝一でしたが、美美子に説得され、投票に行くことを決意します。

しかし、学校に到着した帝一の元へ、邪魔をしようと東郷が立ちはだかります。

生徒会選挙

帝一と東郷は、野次馬達が集まってくる中、取っ組み合いのけんかを始めます。

 

一方、生徒会室ではすでに選挙が始まっていました。ここでも、予想外の事態が発生します。ローランドが賄賂を渡していた学生たちが、ローランドを裏切り、森園へ投票を行いました。

また、ローランドを常に支えてきた駒も、「お前は生徒会長になってはいけない人物だ」と言い、森園に投票を行いました。

選挙は進み、同数で最後の投票者である、弾の番を迎えました。

 

森園に投票すると思われていた弾でしたが、「人柄が好きだからという理由で生徒会長を決めていいのか分からなくなった」と言い、白票を投じます。

同票となり、現生徒会長に最終決定権が与えられました。

ローランドは、現会長が就任出来たのは自分のおかげだと会長に恩を売り、自分が生徒会長になろうとします。しかし、会長は森園を次期生徒会会長に任命しました。

 

東郷との喧嘩の後、美美子に支えられながら帝一は森園が選挙で勝ったことを知ります。その時、校舎の屋上に上り、自殺をしようとしているローランドを発見します。

ローランドは飛び降り自殺を図りますが、落ちた先はたまたま光明が敷いていたマットの上で、ローランドは一命を保ちました。こうして、生徒会選挙は終わりを迎えます。

会長選挙

時が経ち、帝一達の生徒会会長選挙の時期になりました。立候補者は、帝一、東郷、弾の3人であり、得票者では帝一と弾が互角でした。

選挙は、体育館に全校生徒を集めて行われました。

 

1票差で、次期会長が帝一に決まりそうになった時、帝一は自分の票を弾に投じます。それにより、1票差で生徒会会長は弾に決定しました。

これでいいのかと帝一に聞く弾に対し、帝一は「俺はピアノが弾ければいい」と返します。

最後に、弾の会長就任の式の際、帝一がピアノを演奏し、物語は終わりを迎えます。

『帝一の國』の感想

予告編の映像を見た時、帝一の國はコメディ的要素が強い映画だと思っていました。実際には、コメディ的要素も多かったものの、シリアスなシーンも多くあり、涙を流しそうになるシーンも出てきます。そうした、起伏の大きさがとても面白い作品となっています。

また、登場人物それぞれに個性が強く、興味を惹かれるようなキャラクターになっているので、作品に強く引き込まれやすいと感じました。

そして、キャストがとにかく豪華なのもこの作品の特徴と言えます。人気俳優や女優が多数出演しているので、そうした人達が好きという人にはぜひ一度見てほしい作品となっています。

『帝一の國』の視聴方法

『帝一の國』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTやdTVなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年1月現在、『帝一の國』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム有料レンタル888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム無料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。