映画『探偵はBARにいる』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

本作は東直己(あずまなおみ)の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』が原作の探偵映画です。

今回は、映画『探偵はBARにいる』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『探偵はBARにいる』の作品概要

created by Rinker
アミューズソフト
¥3,255 (2020/11/27 22:26:55時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2011年9月10日
上映時間125分
制作国日本
監督125分
原作東直己『バーにかかってきた電話』
脚本古沢良太/須藤泰司
音楽池頼広
主題歌カルメン・マキ「時計をとめて」
出演大泉洋/松田龍平/小雪/西田敏行

「探偵はBARにいる」は、東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』が原作の探偵映画です。第35回日本アカデミー賞では、7部門でノミネートされました。本作のヒットにより、「探偵はBARにいる2」「探偵はBARにいる3」が続編として公開されています。

『探偵はBARにいる』のあらすじ

札幌ススキノのとあるバーで、探偵は相棒兼運転手の高田と酒を飲んでいました。そこへ、コンドウキョウコと名乗る依頼人から電話がかかってきました。

いつものように依頼を引き受け調査を始めますが、ヤクザ筋に殺されかけてしまいます。探偵は依頼の続行と復讐の決意をしました。

登場人物紹介

〈俺〉〈探偵〉(大泉洋)

本作の主人公で、作中では「探偵」や「旦那」などと呼ばれるため名前が判明していません。馴染みのバーに常駐し、バーの黒電話にかかってきた依頼を受けます。

高田(松田龍平)

探偵の相棒であり運転士です。北大農学部の助手で空手部の師範代でもあります。一日中寝ていたいという怠惰な性格です。

沙織(小雪)

クラブのオーナーで美人ママとして有名です。霧島の元妻です。

霧島敏夫(西田敏行)

札幌で有力な「霧島グループ」の社長で沙織の夫です。

『探偵はBARにいる』のネタバレ

この先、『探偵はBARにいる』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

プロローグ

探偵は相棒の高田と、札幌で有力な「霧島グループ」の創立20周年パーティに参加しました。その夜、霧島グループの代表である霧島敏夫が、拉致の現場に出くわし助けようとしました。しかし犯人グループの返り討ちに会い、撲殺されていまいました。

依頼人コンドウキョウコ

探偵は行きつけのバー、「ケラーオオハタ」で相棒の高田とオセロを打っていました。

そこにバーの黒電話が鳴り、マスターが探偵に取り次ぎます。探偵は携帯電話を持ち歩かない代わりに、依頼人にはケラーオオハタの名刺を渡しています。探偵が電話を取ると、コンドウキョウコを名乗る女性から依頼を申し込まれました。

その依頼は、「札幌法律事務所の南という弁護士に会い、去年の2月5日にカトウがどこにいたか問いかけ、その時の南の様子を教えてほしい」という内容でした。探偵は南に接触しますが、その直後にヤクザ筋と思われる男たちに拉致され、雪に埋められ半殺しにされます。

この依頼に関わるなという警告だと受け取った探偵は、コンドウキョウコに報告をします。ただ依頼人は、また頼むかもしれませんと言い残し電話を切ってしまいました。危険を感じた探偵でしたが、この依頼をやり遂げ、拉致の犯人に復讐することを決心しました。

ヤクザとの対決

高田とともに南の事務所を見張ると、探偵を拉致した犯人たちが来ました。この犯人らを尾行すると、花岡組というヤクザの組員であることが判明しました。この組を調べると、花岡組は以前、地上げの取り立てに応じない「皆楽会館」に放火したことがありました。

この事件の唯一の死者がオーナーの近藤京子でした。探偵は依頼人が死人である近藤京子の名前を名乗り、何かを企んでいると勘付きました。

その夜、探偵はクラブへ行き沙織という美人ママに会いました。沙織は元「霧島グループ」の社長・霧島敏夫の元妻で、霧島敏夫はすでに死んでいるという話を聞きました。

 

翌日の夜、依頼人コンドウキョウコから「カトウを呼び出せ」という依頼を受けます。

その依頼に取り掛かる前に被害者の近藤京子の近辺を洗うため、母の百合子に話を聞きました。そして父親は霧島敏夫であると判明しました。さらに、霧島敏夫が殺された日は2月5日で、放火事件と同じ日だとわかりました。

探偵と腐れ縁の仲である「桐原組」の若頭相田から、南が悪徳弁護士で、花岡組と組んで悪事を働いていることを知らされました。

 

次の日、カトウを呼び出すと、やってきたのは探偵を雪に埋めた男でした。その場を切り抜け、翌日カトウを尾行すると、カトウは何者かに射殺されてしまいます。

相田から新たな情報がもたらされ、沙織は稀代の悪女で、今度は裏社会を取り仕切る銀漢興産の岩淵恭輔の息子と結婚予定であることが判明しました。

探偵は、霧島敏夫殺害の計画を立てたのは沙織だと推理し、沙織の元へ向かいました。沙織にカマをかけ、自らの推理が当たっていると思った探偵は、VIPルームにいた岩淵恭輔らに宣戦布告をしました。

翌日、探偵は拉致され半殺しに遭いました。手を引くべきですが、探偵は回復してから沙織を訪ね「俺の依頼人に指一本でも触れてみろ。お前ら全員、ぶっ殺してやる」と宣言しました。

たどり着いた真相

探偵はコンドウキョウコから小樽に呼び出されました。指定のベンチで考えを深めていると、真相にたどり着きました。依頼人は沙織で、その企みに思い当たりました。沙織は結婚式の途中だったので会場に急行します。

沙織は、霧島敏夫が殺された事件の発端が岩淵恭輔だったことを知り、その復讐のために結婚をして懐にもぐりこんだのでした。

探偵が会場に着いたときには岩淵恭輔らが殺され、沙織が自殺した後でした。

後日、沙織からは今回の仕事で壊れた腕時計の代わりが送られてきました。

『探偵はBARにいる』の感想

本作の舞台のススキノという繁華街の良さが現れていました。路地裏でチンピラに絡まれていたり、ネオンが夜空に映えていたりする場面は、これぞ繁華街という雰囲気がありました。

終盤まで新しい登場人物が出続けて、探偵の人脈により事件の全貌が徐々に見えてくる様が表現されていました。

第一印象では、沙織と霧島のぎこちなさから愛し合ってはないのではないかと思わされました。しかしそれがトリックで、愛ゆえに沙織が黒幕として糸を引いていたことがわかり驚きと感動を味わえました。

また、高田がとても魅力的に映りました。本職は別にありますが、探偵に助けが必要なときには必ず駆けつけます。そして頭が切れ、喧嘩が強いため頼りがいがあります。怠惰な性格もどこか憎めません。このコンビの活躍をもっとみたいと思いました。

『探偵はBARにいる』の視聴方法

『探偵はBARにいる』はDVDの購入やレンタル、U-NEXT、Hulu、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年1月現在、『探偵はBARにいる』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム見放題888円
dTV見放題500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi見放題925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。

『探偵はBARにいる』シリーズ一覧

『探偵はBARにいる』シリーズ一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのシリーズのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

シリーズ記事リンク
探偵はBARにいるこの記事
探偵はBARにいる2あらすじ記事はコチラ
探偵はBARにいる3あらすじ記事はコチラ