映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじと感想|ネタバレあり

洋画

今回ご紹介する映画は、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』です。

スター・ウォーズシリーズは、1作目の公開から40年以上経っているにも関わらず、今でも世界中で根強い人気を誇っています。そのシリーズの物語内で2番目のものが、このエピソード2になります。

映画全作見ているスター・ウォーズオタクの私が、作品情報・あらすじ・感想などを分かりやすく解説します。

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじを結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください
(※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

①物語の背景

遠い昔遥か彼方の銀河系で…

銀河はその多くが銀河共和国によって統治されていました。何か争い事が発生すると、正義と平和の守護者であるジェダイが平和的な解決にあたることで、銀河は1000年もの平和が続いていました。

しかし、かつてはジェダイであったドゥークー伯爵(はくしゃく)による分離主義運動が多くの惑星に広がり、共和国は戦争と崩壊の危機に直面していました。ジェダイだけでは銀河の平和を守れないとして、元老院では軍隊の創設に関する議論が始まっていたのです。

①アミダラ議員暗殺未遂事件とアナキンとの再会

パドメ・アミダラ議員は、軍隊創設法案の投票のためコルサントを訪れた際、暗殺事件に遭います。パルパティーン最高議長は、身の安全のために、ジェダイを護衛としてつけることを提案し、オビ=ワンとアナキンが派遣されました。

パドメとの10年ぶりの再会を喜ぶアナキンでしたが、またすぐにパドメを狙った暗殺未遂が発生します。2人のジェダイは暗殺者を捕らえることに成功しますが、謎の賞金稼ぎにより情報を聞き出す前に、暗殺者は口封じされてしまいました。

オビ=ワンは、賞金稼ぎの使った毒矢を手がかりに暗殺事件の黒幕を探ることに。一方でアナキンは、安全のため故郷で身を隠すこととなったパドメの護衛として、彼女の母星ナブーに向かうことになりました。

②オビ=ワンの追跡とナブーでの安らかな時間

オビ=ワンは、謎の惑星カミーノでの調査で、共和国のためにクローン人間の軍隊がすでに製造されている事実を発見します。このことは、ヨーダ含めてどのジェダイも知らないことでした。

また、追っていた謎の賞金稼ぎはジャンゴ・フェットと呼ばれ、彼の遺伝子をもとにクローン軍が製造されていることも知ります。オビ=ワンは、ジャンゴとの戦闘で足止めされるも、彼を追いかけます。

一方で、ナブーで2人きりの時間を過ごしていたアナキンとパドメは、互いに惹かれあっていきました。ついにアナキンは10年越しの想いを告白しますが、ジェダイの掟で恋愛が禁止されていること、政治家としてジェダイと恋愛ができないことを理由にパドメに断られてしまいます。

③アナキンの母の死、オビ=ワン捕まる

アナキンはある夜、フォースを通じて母の危険を察知します。協力的なパドメに背中を押されて彼の母星タトゥイーンを訪れ、母が盗賊に誘拐されたことを知ります。救出に向かったアナキンですが、時すでに遅く、アナキンの腕の中で母は息絶えてしまいました

怒りに我を忘れたアナキンは、盗賊の一団を女子供含めて皆殺しにしてしまいます。コルサントにいたヨーダは、アナキンが深い悲しみにあることをフォースを通じて感じ取っていました。

その頃、オビ=ワンはジャンゴを追って惑星ジオノーシスに到着します。ここで彼は、ドゥークー伯爵ら分離主義勢力が大規模なドロイド軍で、戦争を起こそうとしている驚愕の事実を知り、コルサントのジェダイ評議会に伝えようとしますが、通信の途中でドロイド兵に捕まってしまいました。

アナキンとパドメは、オビ=ワン救出のためジオノーシスへ降り立ちますが、捕らえられてしまいます。3人はまとめて処刑場に連れて行かれてしまうのです。オビ=ワンからの情報を受けて、元老院では最高議長パルパティーンに非常事態大権を渡すことが決められ、軍隊の創設が宣言されました。

④ジオノーシスの戦い

3人の必死の抵抗もここまで、と思われた時、通信を受け取っていたジェダイたちが救出に駆けつけたのです。少し遅れて、ヨーダも正式に共和国軍となったクローン軍を引き連れて到着し、クローン軍対ドロイド軍の激しい戦いが繰り広げられることとなりました。

ドロイド軍は徐々に押され、分離主義勢力は撤退していきます。リーダーであるドゥークー伯爵を捕らえるため、オビ=ワンとアナキンはライトセーバー戦を挑みますが、実力は全く敵わず敗北してしまいます。アナキンは、右手を切り落とされてしまいました。

危機一髪のところで、ヨーダが到着しドゥークーを追い詰めます。結局ドゥークーは逃しましたが、戦いは勝利に終わりました。

⑤エピローグ

コルサントでは、戦争の勃発をダース・シディアスに報告するドゥークーの姿がありました。シディアスは、「すべては計画通り」と不敵に満足そうな表情を浮かべるのです。

一方、ジェダイ聖堂では「クローン軍による勝利」と言ったオビ=ワンに対し、「クローン戦争の始まりに過ぎない」と言い直し、不安視するヨーダがいました。

その頃、ナブーに戻ったパドメは、アナキンと秘密の結婚式を行っていました。2人は、R2D2とC3POに見守られながら愛を誓うのでした。

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』の感想

ここでは、それぞれの魅力ごとに感想をお伝えしていきます。

①圧倒的なバトルシーン

本作エピソード2は、盛りだくさんの戦闘シーンが観るものを飽きさせません。CGの使用によって、大人数での激しい地上戦や宇宙での戦闘が大迫力で描かれます。

ルーカス監督がシリーズをエピソード4の公開から始めた1つの理由は、映像技術を発展を待って、このクローン戦争を描きたかったこともあるそうです。

旧三部作の手作り感がありながら、迫力満点のセットが懐かしい気もしますが、違うものとして観ればいいでしょう。

 

まず、ジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービと賞金稼ぎジャンゴ・フェットの戦いです。ジェダイもいいけど、ジャンゴがかっこいいんですよ。

ピストルの二丁持ち、空飛ぶジェットパック、背中から発射されるミサイル弾などなど。様々な武器を駆使して戦う姿は、少年のあこがれといえます。ジャンゴのアーマー着て戦ってみたい…。

その後の、宇宙戦。彼の宇宙船「スレーブⅠ」も特殊な武器満載なんです。サイズミック・チャージの「ブーン」という破壊音のファン、意外と多いみたいです。

 

ジオノーシスの戦いでは、クローン軍とドロイド軍の大規模な衝突が描かれます。その前に、「ジェダイってこんなにいたんだ」と感想を持つ方も多いのではないでしょうか。200人以上のジェダイが参戦したと言われています。

終盤でのヨーダ対ドゥークーの戦いは、名勝負と言っていいでしょう。ヨーダの戦い方、飛び回ってて何だかすごいですよね。実は、ドゥークーはもともとヨーダ直属の弟子でした。それを踏まえると、お互い手の内を知った上での悲しい師弟対決だったのです。

②アナキンとパドメのロマンス

シリーズ全体のカギともなってくるアナキンとパドメの恋。アナキンは10年越しの想いを打ち明け、パドメは議員としての立場と自分の気持ちの間で揺れ動きます。

何といっても、処刑入場前の告白はロマンチックですよね。死を前にして愛の告白をし、キスをしながらアリーナに入っていくシーンは映像美と相まって、胸にジーンとくるものがありました。

それにしても、パドメに “I love you.” と言われた時の、アナキンの表情がかわいすぎます。処刑前なのに、戸惑いながらも喜びを隠せていないところが、若さを感じさせますね。

 

「ちょっと待って。2人の年の差はどうなってるの?」と、特にエピソード1を観ている人は思うかもしれません。

ご安心ください。意外に思えるかもしれませんが、2人の年齢差は5歳だけです。ちなみに、エピソード2の時点で、アナキンは19歳、パドメは24歳です。

 

また、生い立ちを考えると、2人が恋に落ちた理由も分かる気がします。アナキンは元は奴隷でしたよね。自由のない砂漠の星での生活で、突然現れて気にかけてくれた美女のことをどうして忘れられるでしょうか。

パドメは女王や議員として、若い頃から政治の道を歩んでいます。権力を求めて駆け引きや裏切りを繰り返す政治の世界にいたわけです。彼女にとって、奴隷の境遇にありながらまっすぐな優しさを持っていたアナキンには惹かれるものがあったのでしょう。

そんな心境を想像すると、「ジェダイ」と「議員」という立場にそれぞれが苦しみながら、純愛を求める切なさを感じてしまいます

いろいろ述べましたが、結論は「ナタリー・ポートマンが美しい」ということです…。

③多くの謎と崩壊への伏線

本作は一見、戦いにも勝利したことで、めでたしめでたしという形で終わるのですが、多くの謎が残されています。

「なぜジェダイの誰にも知られずにクローン軍が発注されていたのか」や「ドゥークーの言った『元老院はシスの支配下にある』とは本当なのか」といった疑問の真相は明かされないまま終わりを迎えます。

どれも今後の共和国とジェダイ・オーダーに暗雲を漂わせる事態ですが、解決の糸口は全く見つかっていません。

 

また、正義の味方のはずのジェダイ・オーダー自体が硬直化していることは、オビ=ワンとアナキンの会話から読み取れます。「評議会の指示通りに」と口酸っぱく言うオビ=ワンに対して、苛立ちを隠せないアナキン。

実際に、アナキンが指示に従ってオビ=ワンの救出に行かなければ、オビ=ワンは助からなかったかもしれません。

さらには、自分たちで「破壊の道」だと言った恋愛に突き進んでしまったアナキンとパドメ。これからは、結婚を隠して「嘘の人生」を歩むことになったのです。

 

このように、共和国とジェダイ、そしてアナキンは徐々に危ない状況に立たされることとなっています。

ちなみに、事の真相を知りたい方は、アニメシリーズの『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』の視聴をおすすめします。

このアニメはエピソード2と3の間にあたり、シーズン6『ザ・ロスト・ミッション』では、クローン軍誕生の謎を調査するジェダイなどが描かれています。

トリビア

ここからは、コアなファンの方向けにトリビアを紹介していきます。

まず、デス・スターの設計図。ジオノーシスの戦いで、ポグル・ザ・レッサーからドゥークーにデス・スターのもととなる設計図が手渡されていることが確認できます。実は、その設計図にまつわる物語が、小説『カタリスト』で描かれています。

第二次ジオノーシスの戦いで捕らえられたポグルは、ジオノージアンはドゥークーから渡された設計図を改良しただけということ、分離主義勢力は兵器の建造に取り掛かっていないことを自白します。

しかし、共和国はこのような破壊的な兵器を先に作られてはいけないとし、極秘で研究開発を進めます。ちなみに、スピンオフ映画『ローグ・ワン』のオーソン・クレニック長官は、この共和国時代からデス・スター計画に携わっていました。

 

新三部作の内の2作目にあたる本作は、旧三部作で同じ位置にあるエピソード5のオマージュとも取れるシーンがいくつかあります。

明らかなのは、「切り落とされる右手」でしょう。ルークがベイダーにされたように、アナキンはドゥークーに右手を切り落とされます。2人の運命が交差していることを感じさせますよね。

また、オビ=ワンの「小惑星帯」での追跡シーンも、ホス近くの小惑星帯で疾走していたミレニアム・ファルコンのシーンと重なります。電源を落として小惑星にくっつくという敵のやり過ごし方まで、共通してました。

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』の作品情報

上映日2002年5月22日(アメリカ)
2002年7月13日(日本)
上映時間約140分
製作国アメリカ合衆国
ジャンルSF
監督ジョージ・ルーカス
脚本ジョナサン・ヘイルズ、ジョージ・ルーカス
キャストユアン・マクレガー
ナタリー・ポートマン
ヘイデン・クリステンセン
フランク・オズ
イアン・マクダーミド
クリストファー・リー
テムエラ・モリソン
音楽ジョン・ウィリアムズ
映画賞サターン賞、MTVムービー・アワード

登場人物紹介

オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)

こちらは、エピソード4時のオビ=ワン・ケノービです。本作では、青年時代が描かれます。

オビ=ワン・ケノービは、強さと賢さを兼ね備えたジェダイ・ナイトです。亡き師匠クワイ=ガン・ジンとの約束に従って、アナキンを弟子として育てています。本作では、身を狙われているアミダラ議員の護衛任務に就くことになりました。

オビ=ワン・ケノービ役は、ユアン・マクレガーが演じています。スコットランド出身の彼はロンドンで演劇を学んだ後、1993年に映画デビューを果たしました。スター・ウォーズシリーズの新三部作の全てでオビ=ワン役を演じています。

最近では、日本でも人気となった『プーと大人になった僕』で主演を務めていましたね。

アナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)

こちらは、エピソード3時のアナキン・スカイウォーカーです。本作では、この画像より少し若い時期が描かれます。

アナキン・スカイウォーカーは、オビ=ワンの下で修業を積んでいるジェダイの見習いです。元は砂漠の惑星タトゥイーンで奴隷として働いていました。しかし、今は亡きジェダイのクワイ=ガン・ジンにフォースの資質を見出され、最愛の母を残してジェダイになるために引き取られました。

高い戦闘能力を持つ一方、傲慢で向こう見ずな性格で、師匠のオビ=ワンを困らせることもしばしば。クワイ=ガンに引き取られた時に出会ったパドメに恋愛感情を持ち、彼女のことを10年も想い続けています。

演じたのは、カナダ出身の俳優ヘイデン・クリステンセンです。映画界ではほぼ無名の状態から、主役に大抜てきされました。続くエピソード3でも、アナキン役を演じています。

パドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)


パドメ・アミダラは、若くして惑星ナブーの女王となった女性です。女王の任期が終わってからは、ナブー代表の元老院議員を務めています。

勇敢な平和主義者で、軍隊創設法案に対する反対派の主力議員として活躍しています。そのため、何者かより命を狙われており、オビ=ワンとアナキンの2人のジェダイが護衛として就くことになりました。

演じているのは、イスラエル出身の女優のナタリー・ポートマンです。10歳で既にモデルとしてスカウトされる程の美貌の持ち主でした。1994年に出演した『レオン』のマチルダ役で大々的な映画デビューを果たします。近年では、『ブラック・スワン』での主演が記憶に新しいですね。

ヨーダ(フランク・オズ)

こちらは、エピソード5時のヨーダです。本作では、CGで再現されています。

ヨーダは、銀河史上最も強力なジェダイの一人で、約800年もの間ジェダイ・オーダーを率いてきたジェダイ・マスターです。とても小柄で緑色の肌を持つ長寿な種族で、一見強そうには見えませんが、素早い身のこなしで敵を圧倒します。

ヨーダは、CGIで制作されており、声はイギリス出身のフランク・オズが担当しています。本作より前のエピソードでは、ヨーダのパペットを動かすのもオズの担当でした。彼は他に、子供向けテレビ番組『セサミストリート』で、クッキー・モンスターのパペット役を担当しました。

シーヴ・パルパティーン(イアン・マクダーミド)


シーヴ・パルパティーンは、ナブー出身の銀河元老院最高議長です。以前、彼の母星でもあるナブーで危機が発生した際に、元老院議員であった彼は最高議長に選ばれます。

ナブー危機の際からアナキンの才能に注目しており、アナキンにとっては自分の能力を認めてくれる理解者のような存在となっています。

演じているのは、スコットランド出身の俳優イアン・マクダーミドです。シリーズを通してパルパティーン役を演じています。

ドゥークー(クリストファー・リー)

ドゥークーは、ジェダイ・オーダーを脱退し、シスとなった元ジェダイです。ヨーダの下で修行を積み、ジェダイ・マスターとなりますが、共和国の政治汚職のひどさにあきれてジェダイをやめ、シスのダース・シディアスの弟子となります。

その後、彼は共和国の現状を批判し、脱退をあおる「分離主義運動」を率い始め、銀河共和国に不安と混乱をもたらしています。

ロンドン出身のクリストファー・リーが、ドゥークーを演じています。彼は他に『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや、数々のティム・バートン映画にも出演しており、「世界一多くの映画に出演している俳優」としてギネス認定されています。

1922年に誕生されているので、本作公開の時点ではなんと80歳でした。90歳を超えても現役で活躍していましたが、2015年6月に亡くなられています。

ジャンゴ・フェット(テムエラ・モリソン)

ジャンゴ・フェットは、銀河に名を馳せる賞金稼ぎです。様々な武器を装備しており、その腕は銀河一とも言われています。

ジャンゴ役を演じるのは、ニュージーランド出身の俳優テムエラ・モリソンです。近年では、他に『アクアマン』や『モアナと伝説の海』に出演しています。

[出典:https://starwars.disney.co.jp/character.html]

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』の視聴方法

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』はレンタルや購入、動画配信サービスなどの方法で視聴することができます。

 

2019年1月現在、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃無料期間月額料金(税込)
U-NEXT◯ (視聴可能)31日間¥2,149
Hulu× (視聴不可)2週間¥1,007
Amazonプライム◯ (視聴可能)30日間¥400〜
Netflix × (視聴不可)31日間¥864〜
FODプレミアム× (視聴不可)31日間¥959
dTV◯ (視聴可能)31日間¥540
  • 無料視聴可能 (◎):会員であれば無料で視聴できます。
  • 視聴可能 (◯):会員であっても別料金が発生しますが、視聴は可能です。
  • 視聴不可 (×):お取り扱いがありません。

スター・ウォーズ最新作公開情報

スター・ウォーズシリーズは旧三部作と新三部作の計6作品で制作が止まっていました。しかし、2012年に制作元のルーカスフィルムが買収したディズニーは、続編の制作を開始しました。

2015年に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、続いて2017年には『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開されています。そして、2019年12月に続三部作(エピソード7~9)を締めくくる『エピソード9(タイトル未発表)』の上映予定です。

ディズニーは、今回でアナキンから始まるスカイウォーカーの物語を終えると宣言しています。さて、アナキンから始まった壮大な物語がどのような結末を迎えるのか、とても楽しみですね。

スターウォーズシリーズのエピソード一覧

スターウォーズシリーズのエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
エピソード1/ファントム・メナスあらすじ記事はコチラ
エピソード2/クローンの攻撃この記事
エピソード3/シスの復讐あらすじ記事はコチラ
エピソード4/新たなる希望
エピソード5/帝国の逆襲
エピソード6/ジェダイの帰還
エピソード7/フォースの覚醒
エピソード8/最後のジェダイ
エピソード9/スカイウォーカーの夜明け