映画『サバイバルファミリー』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

電気の消滅した東京から、ふつうの家族が脱出する。

今回は、映画『サバイバルファミリー』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『サバイバルファミリー』の作品概要

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,347 (2020/12/06 09:10:57時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2017年
上映時間117分
制作国日本
監督矢口史靖
脚本矢口史靖
音楽野村卓史
主題歌SHANTI「Hard Times Come Again No More」
出演小日向文世/深津絵里/泉澤祐希/葵わかな/時任三郎/藤原紀香

『サバイバルファミリー』は、『ウォーターボーイズ』や『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』を手掛けた矢口史靖監督の紡ぐサバイバルコメディ。公開当初から話題を呼び、書籍化もされた。全編を通し、CGを使わずロケで撮影したため、総移動距離は1万キロを超えた。

『サバイバルファミリー』のあらすじ

ある日、東京で原因不明の停電が起こった。それだけでなく、ガスも燃料も使えなくなった。都市としての機能を失った東京から脱出し、鈴木家は自転車で鹿児島を目指す。絶望的な状況を必死に生きようとする家族の物語。

登場人物紹介

鈴木義之(小日向文世)

鈴木家の父親。家族思いだが、不器用。

鈴木光恵(深津絵里)

義之の妻。不器用な父に呆れながらも、面倒見はいい。

鈴木賢司(泉澤祐希)

鈴木家の長男。大学二年生。同級生に片思い中。

鈴木結衣(葵わかな)

賢司の妹。高校一年生。スマホ依存症。

中村里美(松浦雅)

賢司が片思い中の女性。彼氏がいる。

『サバイバルファミリー』のネタバレ

この先、『サバイバルファミリー』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

【起】いざ、鹿児島

鈴木家は専業主婦の母と、亭主関白な父、ガジェットマニアの息子、スマホ依存症の娘で構成される4人家族だ。取り立てて仲が悪いというわけではなかったが、家族間での会話らしい会話は、ほとんどなかった。

ある朝、東京で停電が起きた。それだけでなく、ガスも燃料も使えない。原因不明の非常事態に街中が混乱する。電車やスーパー、銀行などあらゆる都市機能が停止した。会社でも、ほとんどのデータをパソコンで管理していたため、停電時では作業ができず、帰宅指示が出された。

その日は夜になっても停電は解決せず、鈴木家は暗い部屋でロウソクを使い、非常食を食べるのだった。街の灯りのない東京の夜空には、くっきりとした天の川が見えた。

 

それから1週間経っても、事態は解決しなかった。人々は、いつ元に戻るのかわからないという閉塞感から、殺気立っていた。そんな中、鈴木家の父、義之は、実家の鹿児島に疎開することを決意する。突然の計画に、家族は困惑するも、父に従うことになった。

義之の計画は、まず東京から自転車で羽田空港に行き、そこから鹿児島へと飛び立つというものだった。家族は、持っていた現金を寄せ集め、活動資金とした。

【承】終わりなき絶望

家族は羽田空港へと向かった。道中、法外な値段に跳ね上がった食料品や、水洗機能を失ったトイレなど衝撃的な光景を目撃しながらも、4人は羽田空港に着いた。だが、飛行機は飛んでいなかった。4人は絶望を味わったが、それでも鹿児島まで自転車で移動することになった。

ある日、妹の結衣が「関西では停電は起きていない」という噂を耳にする。その言葉は、家族を勇気づけた。さまざまな困難に見舞われながらも、サバイバル知識に詳しい家族や盲目の老婆に助けられながら、大阪へと着く。

ところが、大阪も変わらず、停電であった。家族は怒りをあらわにする。しかし、もう引き返すことも出来ないので、家族はさらに西を目指す。東京出発から43日が経っていた。

【転】救済と別れ

67日目。岡山の田園地帯を歩いていた家族は、豚が歩いているのを見つける。何が何でも食糧を手にしたかった義之は、必死に豚を追いかけまわし、ついに仕留める。そこに、飼い主の老人が現れる。老人は、4人に同情し、労働と引き換えに衣食住を提供すると約束した。

まともな環境での生活が久しかったため、4人は老人にひたすら感謝をした。結局、老人の家に1週間滞在し、別れを告げた。生気を取り戻した家族は、鹿児島へと向かう。

ようやく光が見えたと思ったとき、家族は壁にぶつかる。進行方向に大きな川があった。父親の発案により、いかだが組み立てられた。いかだは、母と娘を向こう岸へと運び、2度目の運航で父と息子、自転車を運ぼうとしていた。

だが、2度目の運航の途中、突然、大雨が降る。息子の賢司は助かるのだが、父の義之は溺れる。そして、行方不明となる。残された3人は、悲しみに明け暮れた。しかし、いつまでもそうしているわけにはいかず、3人はまた歩き出す。

【結】家族の未来は

94日目。突然現れた野良犬に襲われ、母が足に怪我を負う。絶体絶命と思ったそのとき、蒸気機関車が現れる。3人は、止まった機関車に乗り、九州へと向かった。機関車に乗れたという安堵と父を失った悲しみが交錯し、3人は複雑な気持ちだった。

移動中、なんとなく窓の外を見ていた母は、発煙筒の赤い煙を見つける。それは、賢司が義之に渡していたものだった。母は、運転手に叫び、汽車を止めてもらう。煙のもとに向かうと、すっかりくたびれた義之が座り込んでいた。義之は生きていたのだ。家族は、再会に泣き、そして笑った。

4人は鹿児島に着いた。義之の実家である。そこでは、自給自足の暮らしが行われていて、停電の被害をあまり受けていなかった。4人は、そこで暮らし始める。

やがて、日本に電気が戻った。原因は太陽フレアの影響などが考えられたが、正確なことは不明だった。4人は東京に戻る。サバイバル前とあまり変わらない生活だが、そこには、さりげないぬくもりがあった。

『サバイバルファミリー』の感想

生きていれば必ず、困難は降りかかります。これはもう仕方のないことです。そして、私たちはその渦中にいるとき、見えない未来のことで、散々悩むでしょう。これも仕方のないことです。「悩むな」と言われて止められることではありません。

ですが、どんなに辛くても、「悩んでいる」のは「生きている」からです。死んでいては、悩むことすらできません(おそらく)。「生きている」というのは、ただそれだけで幸せなことなのではないでしょうか。

私は、この映画を観てそんなことを考えました。父の義之の生還がわかったとき、家族全員が泣いて、笑いました。当たり前のものが当たり前にあることの幸せを感じる象徴的なシーンです。

なんとなく観た映画でしたが、思わぬ収穫が得られて嬉しかったです。映画の持つ力について改めて考えるきっかけとなった作品でした。皆さんもぜひご覧ください。

『サバイバルファミリー』の視聴方法

『サバイバルファミリー』はDVDの購入やレンタル、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年6月現在、『サバイバルファミリー』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT視聴不可1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム有料レンタル888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
TELASA見放題562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
Disney+視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。