映画『ソーシャル・ネットワーク』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

2011年に公開された映画。世界最大のSNS フェイスブック 誕生の裏側や、創設者マーク・ザッカーバーグの葛藤を描くヒューマンドラマ『ソーシャル・ネットワーク』。監督は「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」や「セブン」を手掛けたデヴィッド・フィンチャーです。

今回は、映画『ソーシャル・ネットワーク』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『ソーシャル・ネットワーク』の作品概要

created by Rinker
ソニーピクチャーズエンタテインメント
¥889 (2020/11/25 16:28:16時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2011年
上映時間120分
制作国アメリカ
監督デヴィッド・フィンチャー
原作facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男(小説)
脚本アーロン・ソーキン
音楽トレント・レズナー/アッティカス・ロス
主題歌ビートルズ「ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン」
出演ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/アーミー・ハマー/ジョシュ・ペンス/ブレンダ・ソング

『ソーシャル・ネットワーク』はFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグらのFacebook設立秘話を描いた映画である。実話をもとにした話だが、実際とは異なる部分もある。原作はベン・メズリックが著したノンフィクション作品『facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男』である。

『ソーシャル・ネットワーク』のあらすじ

2003年、ハーバード大学に通うマーク・ザッカーバーグは恋人のエリカとケンカ別れをしてしまう。

「あなたは、自分がオタクだから女性にモテないと思っているかもしれないが、それは全然違う。あなたがモテないのは最低の人間だからよ」と言い残し去っていくエリカ。

マークは傷つき、やけになり女子学生たちをランク付けするサイトを作る。しかし、これが大学のサーバをパンクさせるほど大ヒットしてしまう。

この事件から、資産家の双子、ウィンクルボス兄弟にネットの社交場サイトを作らないかと提案を受けるマーク。親友のエドゥアルドとともに「The Facebook」の立ち上げに奔走する。

登場人物紹介

マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)

世界最大のSNS、「Facebook」の創設者。親友のエドゥアルドとともに「The Facebook」の立ち上げに奔走する。

エドゥアルド・サベリン(アンドリュー・ガーフィールド)

マーク・ザッカーバーグの親友。マークとともに「The Facebook」の立ち上げに関わり、CFOとして出資をおこなう。

ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)

ナップスターという音楽ファイル無料交換ソフトを制作した起業家。ショーンの提案により、マークは「The Facebook」の「The」をとって「Facebook」と命名する。

キャメロン&タイラー・ウィンクルボス兄弟(アーミー・ハマー)

資産家であり、上流階級のウィンクルボス家の双子。マークに学生の出会いコミュニティーサイトの制作を依頼。その後、アイディアの盗用をめぐって、マークと争う。

ディビヤ・ナレンドラ(マックス・ミンゲラ)

ウィンクルボス兄弟の友人。マークと裁判で争う。

『ソーシャル・ネットワーク』のネタバレ

この先、『ソーシャル・ネットワーク』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

元恋人、エリカへの嫌がらせ

超エリート校であるハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグ。ボストン大学に通う恋人のエリカとレストランで食事をしていると、口論になり振られてしまう。

寮に戻った後、マークはエリカに振られたショックから、ビールを飲んで酔っぱらっていた。彼女へのうっぷんを晴らそうと、自分のブログに彼女の悪口を書き込み始める。

ほろ酔い気分だったマークは、動物と女子大生の容姿を比べるサイトを思いつく。プログラミング能力の高いマークはいとも簡単にハーバード大学のコンピューターをハッキングし、ハーバード中の女子大生の情報をハッキング。

そして、寮に住む女子学生を中心に顔写真を集め、女の子同士の格付けサイト「フェイスマッシュ」を立ち上げる。

 

あまりの反響に、2時間で2万2000アクセス数を記録すると、大学のサーバーをダウンさせてしまう。後日、大学の委員会に呼び出されて厳重注意を受けたマーク。半年間の保護観察処分になると同時に、侮辱的なサイトを作ったことで、ハーバード中の女子学生から嫌われてしまう。

ウィンクルボス兄弟からの提案と「The Facebook」

気落ちするマークの元に、同じ大学でオリンピック出場に向けて活躍するボート部の双子、ウィンクルボス兄弟らが、ハーバードの学生専用コミュニティサイトの開発を協力してほしいと提案する。

ウィンクルボス兄弟らは、「大学内の男女の出会い」を実現するサイトを作ろうとしていた。彼らの話を聞いて、ヒントを得たマークは彼らとの接触を避けるようになる。そして、親友のエドゥアルドをCFOに任命し二人だけで「The Facebook」を完成させる。

「The Facebook」はあっという間に広まり、マークは大学で有名人になる。しかし、これに気が付いたウィンクルボス兄弟らは、知的財産の盗用だと主張する。

資産家である自分の父親の弁護士を介して「The Facebook」を停止するよう申し入れるが、マークは停止するどころか、サイトの規模を拡大させていく。

ショーン・パーカーとの出会い

ある日、スポンサー探しのためにNYを訪れていたマークとエドゥアルドは、若干19歳で音楽配信サービス「ナップスター」を設立したショーン・パーカーに出会う。ショーンに心酔するマークとは対照的に、エドゥアルドは彼の胡散臭い話しぶりを嫌う。

「ナップスター」とは

「ナップスター」はファイル共有ソフトを利用することで、ユーザー全員が自分の音源ファイルを共有しやりとりできる音楽共有ソフトのことです。

このシステムは音源の著作権をまったく無視したものになっていたため、ナップスターの運営を阻止するため、アメリカ・レコード産業協会が多数の訴訟を起こすことになりました。

ショーン・パーカーはこの訴訟に負けてしまい、倒産に追い込まれてしまいます。訴訟には負けたものの「ナップスター」は、当時としては非常に革新的なサービスでした。

ショーンはこのとき、「The Facebook」は「The」を取った方がカッコ良いと進言する。マークは、そのアイディアを採用し、「The Facebook」を「Facebook」と改める。

ショーンはさらに、会社の拠点をカリフォルニア州に移すように促す。ショーンにすっかり魅了されたマークは、今後の発展を見据えて会社を移転させる。

一方、エドゥアルドがニューヨークでのスポンサー探しを進めていた。しかし、ショーンがマークたちの家に転がり込み、自らの人脈を生かし投資会社との契約を成立させてしまう。

それを知ったエドゥアルドは怒って、「Facebook」の銀行口座を凍結させる。倒産につながりかねないこの行動に、マークは憤慨する。二人の友情に亀裂が入った瞬間である。

二つの訴訟

その頃、イギリスで行われていたレースに参加していたボート部のウィンクルボス兄弟。ネットで「Facebook」のヨーロッパ進出を知ると、激情からついに訴訟の提起を決める。

一方、エドゥアルドは、マークとショーンの企みによって「Facebook」の持ち株を30%から0.03%に削減されてしまう。役員も降ろされて居場所がなくなったエドゥアルドも、ついに訴訟を決意する。

マークは一度に2つの訴訟を抱えるが、その中でも「Facebook」の発展に尽力する。

 

そんな中、裁判前の調停に取り組んでいるとき、マークは弁護士から「あなたは最低な人間ではないが、そう見える生き方をしている」と言われ、はっとする。マークは、かつての恋人エリカを思い出していた。

マークは彼女の「Facebook」アカウントにアクセスし、彼女に友達申請を行う。マークは後に、訴訟を起こしていたエドゥアルドたちと和解する。

『ソーシャル・ネットワーク』の感想

「ソーシャル・ネットワーク」は「Facebook」の立ち上げまでの物語を描いた作品ですが、実は事実とは異なる点が多々あります。

 

映画を見たマーク・ザッカーバーグ本人のコメントによると、「Facebook」の創設時や創設後も、彼女と別れてはいませんでした。またマークは、他人と上手くコミュニケーションが取れない人物のように描かれていますが、それも映画の演出によるものだそうです。

この映画の見どころとして、一貫してテンポよく会話が進む点が挙げられます。実はこれは、映画の演出というよりも、上映時間の問題だったそうです。どうにか120分という尺に収めるために、出演者にできるだけ早口で話してもらうよう監督がお願いしたとか。

そのためか、主演のアイゼンバーグは冒頭の会話シーンが上手くいかず、99回も取り直したそうです。

映画の内容だけでなく、制作時の苦労などを想像しながら見てみるのも面白いかもしれません。

『ソーシャル・ネットワーク』の視聴方法

『ソーシャル・ネットワーク』はDVDの購入やレンタル、Netflixなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『ソーシャル・ネットワーク』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT視聴不可1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV視聴不可500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。