映画『天使にラブソングを…』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

型破りなシスターの駆け回る大人気コメディ映画。

今回は、映画『天使にラブソングを…』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『天使にラブソングを…』の作品概要

created by Rinker
ウォルト ディズニー スタジオ シ
¥749 (2020/09/22 19:16:05時点 Amazon調べ-詳細)
上映日1992年
上映時間100分
制作国アメリカ
監督エミール・アルドリーノ
脚本ジョセフ・ハワード
音楽マーク・シャイマン
出演ウーピー・ゴールドバーグ/ハーヴェイ・カイテル
/マギー・スミス/キャシー・ナジミー/メアリー・ウィックス/ローズ・パーレンティ

エミー賞(Emmy)、グラミー賞(Grammy)、アカデミー賞(Oscar)、トニー賞(Tonny)を受賞した”EGOT”の1人、ウーピー・ゴールドバーグの活躍する大ヒットコメディ映画。金曜ロードショーで何度も上映され、ミュージカル版も2度の再演を迎えるほどの人気ぶり。

『天使にラブソングを…』のあらすじ

黒人クラブ歌手のデロリスは、あるとき、愛人でありマフィアのボスのヴィンスによる殺人を目撃する。ヴィンスにより命を狙われるデロリスは、裁判の日まで修道院にかくまわれることになる。型破りなデロリスは、修道院にて、大変革を起こす。

登場人物紹介

デロリス・ヴァン・カルティエ / シスター・メアリー・クラレンス(ウーピー・ゴールドバーグ)

ひょんなことから修道院のシスターとなる黒人クラブ歌手。破天荒だが、優しい一面を持つ。

ヴィンス・ラ・ロッカ(ハーヴェイ・カイテル)

デロリスの愛人。マフィアのボス。

修道院長(マギー・スミス)

硬派で毒舌な修道院長。

メアリー・パトリック(キャシー・ナジミー)

陽気なシスター。大柄だが動きは身軽。

メアリー・ロバート(ウェンディ・マッケナ)

最年少で内気なシスター。デロリスと出会い、自分を解放していく。

『天使にラブソングを…』のネタバレ

この先、『天使にラブソングを…』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

【起】突然の修道院デビュー

アメリカ、ネバダ州のクラブ「ムーンライトラウンジ」の歌手、デロリスは、マフィアのボス、ヴィンスの愛人でした。ヴィンスには妻がいます。ヴィンスは、デロリスに、妻と離婚すると言っているのですが、なかなか別れません。痺れを切らしたデロリスは、ヴィンスに別れを告げに行きます。

そのとき、デロリスはヴィンスが裏切り者を殺害する現場を目撃します。デロリスは一目散で逃げますが、ヴィンスはデロリスに気づきました。ヴィンスは、デロリスを始末するため、追いかけます。

なんとか逃げ切ったデロリスは警察に相談します。警察は、デロリスに裁判の日までカトリック系の聖キャサリン修道院で身を潜めるように命じます。こうして、デロリスの尼僧としての生活が始まりました。

修道院にて、デロリスはとても硬派な修道院長と出会います。堅苦しいことが大嫌いなデロリスは、修道院長と馬が合いませんでした。

【承】指揮者任命

デロリスは、修道院のシスターたちに、「シスター・クラレンス」として紹介されます。とは言え、デロリスは修道院の生活に馴染めず、孤独な生活を送っていました。

それでも、デロリスは次第に受け入れられていきます。大柄のパトリックや最年少のロバートはデロリスと仲の良いシスターでした。

そんな中、デロリスは聖歌隊の指揮者に任命されます。聖キャサリン修道院の聖歌隊は、ひどいもので、そのためミサ(神を讃えるカトリック教会の典礼)にもほとんど人が集まりませんでした。

そんな聖歌隊ですが、デロリスの指導により見違えるほど改善します。デロリスは、聖歌をアレンジして、現代風にします。こうした取り組みは、保守的な修道院長に疎まれながらも、人気を博していきます。

【転】VS.マフィア

デロリスの改革はとどまることを知らず、街中を取り込んでいきます。そのような活動はローマ法王の耳にまで届きます。ローマ法王が、聖歌隊の合唱を聴きにやって来ることになりました。これは、修道院を発展させる絶好のチャンスです。

そんな中、警察の内部情報の漏えいにより、マフィアにデロリスの居場所が知られます。ローマ法王訪問の前日、デロリスはマフィアに誘拐されます。

突然の出来事を受けて、シスターたちは困惑します。そこで初めて、デロリスがクラブの歌手であったことを知ります。シスターたちは、デロリスを救うため、ヴィンスのアジトであるムーンライトラウンジへと向かいます。

【結】どうなる世紀の大チャンス

デロリスは、ヴィンスの手下2人に捕獲されます。彼らはデロリスを殺害しようとしましたが、シスターの恰好をしたデロリスを殺すことに罪悪感を覚え、ためらいます。その隙に、デロリスは逃げ出しました。デロリスはシスターたちと合流します。

シスターたちの協力により、デロリスは救出され、ヴィンスを筆頭とするマフィアたちは逮捕されます。無事に帰還したシスターたちは、ローマ法王を迎えたコンサートを大成功させました。

『天使にラブソングを…』の感想

人生において、突然修道院のシスターになるという経験は、まずありません。私だったら、『ショーシャンクの空に』や『レオン』で培った知識を活かして脱走を企てそうなものです。失敗の未来しか見えませんが。

その点、デロリスの生命力の強さには敬服します。カトリックの知識もろくにないまま、動じず、居場所を見つけ、受け入れられていくのですから大したものです。空気を読み、人に好かれるための処世術も大切ですが、このような無頓着さも時には有効なのではないでしょうか。

かわいらしいシスターと、高クオリティの合唱と共に、お楽しみください。

『天使にラブソングを…』の視聴方法

『天使にラブソングを…』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『天使にラブソングを…』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。