映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

小説が大ヒットし、2007年に映画化された『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』。

今回は、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』の作品概要

上映日2007年7月20日
上映時間138分
制作国イギリス、アメリカ合衆国
監督デヴィッド・イェーツ
原作J・K・ローリング『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』
脚本マイケル・ゴールデンバーグ
音楽ニコラス・フーバー
出演ダニエル・ラドクリフ/ルバート・グリント/エマ・ワトソン/ジョン・クリ―ズ/ロビー・コルトレーン

イギリスの児童文学作家J.K.ローリングによる全8部作の小説が原作となっている。『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』は、その最終作に当たる。ハリーが一人前の魔法使いになるべくホグワーツで学び、あらゆる魔法使いたちとの戦いを経て成長していく姿が描かれる。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』のあらすじ

ダンブルドアが死亡し、スネイプはヴォルデモートの部下のデスイーターとしてハリーの前に現れる。ヴォルデモートを倒すために、ハリーはロン、ハーマイオニーと分霊箱探しの旅に出た。

その中で、死の秘宝に関する伝説や、ハリーの母とスネイプの関係が次々と明らかになる。そしてハリーは、ヴォルデモートとの最終決戦に向かう。

登場人物紹介

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)

主人公。幼い頃に両親を亡くし、伯父と家で育った。額には母が、彼を守るために付けられた稲妻の傷がある。闇の魔法使いヴォルデモートを倒す宿命を背負っている。

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)

ハリーの親友。六男であるため、才能のある兄たちに引け目を感じている。チェスが得意。

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)

ハリーの親友。人間の両親の下に生まれた魔女であるため、魔法界でのルールには疎いが、生真面目に努力する秀才。

ヴォルデモート(リチャード・ブレマー)

ハリーの敵。魔法界で広く恐れられる闇の魔法使い。かつてハリー殺害を失敗したため、力を失う。その後肉体を復活させてハリーを狙い続ける。

アルバス・ダンブルドア(リチャード・ハリス)

ホグワーツ魔法魔術学校の校長であり、ハリーの恩師。20世紀で最も偉大な魔法使いで、ヴォルデモートが唯一恐れる人物。

セルブス・スネイプ(アラン・リックマン)

ホグワーツ魔法魔術学校の教師。ハリーの両親とは同級生で、ハリーの父親であるジェームズとは犬猿の仲であった。そのため、ジェームズに似ているハリーに強く当たる。

[出典:https://warnerbros.co.jp/franchise/wizardingworld/special/characters/]

『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』のネタバレ

この先、『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

ホグワーツに忍び寄る魔の手

「トム・リドルの日記」「マールヴォロの指輪」「スリザリンのロケット」を破壊したため、残りの分霊箱は残りは4つ(うち1つはヴォルデモート本体)になった。

死の秘宝の1つ・最強の杖と言われるニワトコの杖を手に入れたヴォルデモートは、ホグワーツを支配してディメンターで包囲し、ハリーの訪れに備えた。一方でハリーたちは、不死鳥の騎士団の隠れ家に身を寄せていた。

ハリーは一緒に脱獄させたゴブリン(小鬼)の銀行員・オリバンダーに杖のことを聞いた。すると、ニワトコの杖に関しては魔法使いが杖を選ぶのではなく、杖が魔法使いを選ぶのだという。そして、オリバンダーはヴォルデモートの拷問に耐えかねて、ニワトコの杖のありかを話してしまったのだ。

 

そして銀行の貸金庫で「ハッフルパフのカップ」を手に入れたハリーは、分霊箱は寮に関係しているものだと察する。

スリザリンのロケットとハッフルパフのカップを破壊するのがグリフィンドールの剣であるため、あと1つの寮・レイブンクローの何かを分霊箱にしていると推測し、ハリーはホグワーツに向かった。

そして生徒たちに「レイブンクローに関係して、小さいものはないか」と聞くと、「失われているレイブンクローの髪飾り」ではないかという声が上がった。

その時、「1時間以内にハリーを引き渡せば、お前たちは救われる」というヴォルデモートの声がホグワーツに響く。 マクゴナガルはハリーを敵対する校長のスネイプと対立し、ヴォルデモートと戦う決意をした。そしていよいよデスイーターがホグワーツを襲い始めた。

スネイプの死

一方で、ハリーは死者のレディ・ヘレナに髪飾りのありかを聞き、ついに「必要の部屋」にあることを突き止める。

その頃、ロンとハーマイオニーは秘密の部屋のバジリスクの牙でハッフルパフのカップを破壊した。ハリーは必要の部屋で、レイブンクローの髪飾りを手に入れた。

しかしそこへマルフォイとその取り巻きが現れ、部屋に火をつける。ロンとハーマイオニーもやってきて、3人はほうきに乗って逃げたが、マルフォイは取り残されてしまった。

ハリーは迷った挙句、マルフォイを助け、5つ目の分霊箱・レイブンクローの髪飾りを破壊し、残りはあと1つの分霊箱とヴォルデモート自身になった。

 

髪飾りを破壊した瞬間、ハリーは最後の分霊箱が、ヴォルデモートがいつもそばに置いているヘビのナギニだと分かった。そしてヴォルデモートは、ニワトコの杖を手に入れたものの、杖が言うことを聞かないことをスネイプに話した。

その原因は所有権にあると考えたヴォルデモートは、ダンブルドアを殺したスネイプを殺せば、所有権は自分に移ると思い、ヘビのナギニを使ってスネイプを殺す。

ハリーが駆け付けた時には、スネイプはほとんど死にかけていた。スネイプは涙を流し、それをハリーに取るように指示した。ハリーは小瓶にスネイプの涙を入れる。

そして、スネイプはハリーを見つめて「リリー(ハリーの母)と同じ目だ」と言い、息絶えた。ハリーは、長らく自分の敵だと思っていたスネイプが自分を愛おしそうに見つめたため、戸惑う。

衝撃の事実

ハリーは校長の部屋に行き、「憂いの篩(ふるい)」でスネイプの記憶を見た。そして、意外な事実を知ることになる。スネイプはハリーの母・リリーと幼馴染みで、リリーが小さい頃からずっと思いを寄せていたのだった。

完全なマグルのリリーとマグルと魔法使いのハーフ(半純血のプリンス)のスネイプは同時期にホグワーツに入学し、スネイプはスリザリンへ、リリーはグリフィンドールに入寮する。

やがてリリーは同じ寮のジェームズと愛し合うようになり、それでもスネイプはずっとリリーを見守っていた。その頃、ヴォルデモートは予言で7月末に生まれる子が自分を滅ぼすことを知る。

一旦はヴォルデモートの味方につき、デスイーターになったスネイプだが、「ヴォルデモートはハリーを殺すのに合わせてリリーも殺すだろう」と考え、リリーを守る決意をした。

 

そこでスネイプはダンブルドアに助けを求め、デスイーターを辞める。この時に、ダンブルドアはスネイプにスパイになることを頼んだため、スネイプはどっちつかずの立場を取ることになる。

さらにダンブルドアは、スネイプに「ヴォルデモートの一部がハリーの中で生きている」ということを打ち明けた。

ヴォルデモートは自分の肉体も含め、7つの分霊箱を用意したつもりだったが、本人も予期しないところで、ハリー自身が8つめの分霊箱になっていたのだ。

 

ヴォルデモートを倒すには、自分が死ななければならないということも知ったハリーは動揺し、1人で禁じられた森へ向かう。

そしてダンブルドアから受け継いだゴールデン・スニッチを開くと、ジェームズとリリー、シリウス、ルーピン先生が現れ、ハリーを後押ししてくれた。

森ではヴォルデモートとデスイーターが待ち受けていて、ハグリッドが人質になっていた。ハリーはヴォルデモートの「死の呪い」を受けると、ハリーは一面が真っ白な場所へ移動する。

そこにダンブルドア現れ、「君が望むなら帰れるだろう」と言った。生き返る決意をしたハリーは気を失ったまま現世に戻った。

最終決戦

ヴォルデモートはハリーは亡くなったと思い、ホグワーツの生徒にハリーの死を告げて降伏するように言う。

その間も、ロンとハーマイオニーはバジリスクの牙を手に、ヘビのナギニを狙っている。同じグリフィンドール生のネビルがヴォルデモートに近寄り、グリフィンドールの剣を構えた。

その時ハリーが動き、生きていることを明かす。ヴォルデモートはハリーに気を取られ、ハリーを殺そうと躍起になった。 ヴォルデモートの意識がそれている間に、ネビルがナギニを剣で刺し殺した。

 

そしてハリーはヴォルデモートと杖で戦って勝利し、ヴォルデモート自身を倒したことで、8つ全ての分霊箱を破壊し、ヴォルデモートは消滅した。ヴォルデモートの完全消滅に、ホグワーツの人々は喜びをあらわにする。

ヴォルデモートが消え、ハリーはニワトコの杖を手にした。ロンは「それがあれば無敵だ」と言うが、ハリーは杖を折って捨ててしまった。

19年後

それから19年後、ロンドンの駅の9と4分の3番ホームでは、魔法使いの子どもたちがホグワーツに向かうための列車を待っていた。

ロンとハーマイオニーの子と、ハリーとロンの妹・ジニーの子供も入学を控えていた。スリザリン生になるのではないかと悩む息子に、ハリーは「組分け帽子は考慮してくれる」と声をかけ、彼を見送るのだった。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』の感想

スネイプがこれまでどっちつかずの立場だった理由や、ヴォルデモートがハリーを殺せなかった理由など、あれよあれよと謎が解けていって、これまでのもやもやが全て解消された最終回でした。

ダンブルドア、シリウス、セドリック、ドビー、マッドアイ、ルーマス、スネイプなど、数多くの人がこの戦いで亡くなりましたが、最後にヴォルデモートを倒してみんなで笑った時に、「やっと長い戦いが終わった」と実感しました。

また、スネイプの過去にも同情しました。元デスイーターということで、周りから疑いの目で見られていたスネイプですが、一途にリリーを思っていたことに驚きます。

しかも、それが叶わなかったというのにも心を動かされます。作者のJ・K・ローリングがスネイプを「影の主人公」に位置付けていた理由がようやく分かりました。

 

空を飛ぶ方法も、杖の使い方も知らない小さな少年だったハリーが、髭を生やして闇の帝王と互角に戦っているシーンは感慨深かったです。

同時に、ハリーが息子に「組分け帽子が考えてくれる」とアドバイスしているのも、入学当初の「スリザリンは嫌だ!」と組分け帽子に訴えた当時のハリーに話しているようにも見えました。10年間の集大成にぴったりのラストだと思います。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』の視聴方法

『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年1月現在、『ハリー・ポッターと死の秘宝 part2』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。

ハリーポッターシリーズ一覧

ハリーポッターシリーズ一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
ハリー・ポッターと賢者の石あらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと秘密の部屋あらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人あらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと炎のゴブレットあらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団あらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと謎のプリンスあらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1あらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2この記事