映画『さくらん』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

江戸時代のおいらんの恋愛が描かれる『さくらん』。

今回は、映画『さくらん』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『さくらん』の作品概要

created by Rinker
¥300 (2020/09/22 09:25:06時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2007年2月24日
上映時間111分
制作国日本
監督蜷川実花
原作安野モヨコ『さくらん』
脚本タナダユキ
音楽椎名林檎
主題歌椎名林檎×SOIL&”PIMP”SESSIONS「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」
出演土屋アンナ/椎名桔平/成宮寛貴/木村佳乃/菅野美穂/小泉今日子

『さくらん』は、『働きマン』等のヒット作を生み出した安野モヨコの同名漫画の実写映画。江戸時代の色町である吉原(よしわら)を舞台に、1人の少女がおいらんになるまでが描かれる。監督は、世界で活躍するフォトグラファー・蜷川実花がつとめた。

『さくらん』のあらすじ

幼少期に遊女屋に売られたきよ葉は、脱走を繰り返しながら成長する。そして、そこで働く清次に「庭の桜が咲いたら、ここから出してやる」と言われ、きよ葉はやがて遊女としてデビューした。

才能を開花させたきよ葉は、たちまちナンバーワンの遊女となり、1人の男から身請け(遊女屋から出ること)の話を持ち掛けられる。

登場人物紹介

きよ葉/日暮(土屋アンナ)

主人公の遊女。口が悪く、気が強い性格で、そのしたたかさを姐の粧ひに買われた。

清次(安藤政信)

きよ葉が売られた玉菊屋で働く男衆。きよ葉のことを気に掛ける。

倉之助(椎名桔平)

武士。おいらん道中(その店のトップの遊女がなじみの客を迎えに行くこと)をする日暮を見初め、客になる。

高雄(木村佳乃)

売れっ子のおいらん。嫉妬深く、情熱的な面がある。光信(みつのぶ)というなじみの浮世絵師に恋をしている。

しげじ(山口愛)

元々は高尾の禿(かむろ)だったが、のちにきよ葉の禿になる。

『さくらん』のネタバレ

この先、『さくらん』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

遊女の卵・きよ葉

遊女のきよ葉は、子供の頃に北の方から売られて玉菊屋にやってきた。きよ葉は、粧ひという遊女の禿(かむろ。遊女の身の回りの手伝いをする遊女候補)になった。しかし、「女」になることに恐怖を覚えたきよ葉は、何度も脱出を試みるが、清次にあっけなくつかまってしまう。

玉菊屋で働く清次は、庭の枯れた桜を見て「もしこの木に花が咲いたら、俺がここから出してやる」と言った。遊女が吉原から出るためには、働いて借金を返し終わるか、お金持ちの男性に身請け(男性が店に高額なお金を支払う代わりに、遊女を自由にすること)してもらうしかなかった。

身請けされた粧ひは、幼いきよ葉にかんざしを渡し、「一本立ちしたらつけるとよい」と言って玉菊屋を去って行った。

身請け

やがてきよ葉は成長し、遂に遊女としてデビューした。遊女の才能があったきよ葉は見る見るうちに出世し、17歳で売れっ子遊女になる。そんな時、高雄という遊女のなじみの絵描き・光信が、「きよ葉を描きたい」と言った。それを聞いた高雄は、きよ葉に嫉妬する。

光信との仲が上手くいかなくなったことを思い悩んだ高尾は、心中しようと光信にカミソリを向ける。光信と高雄はもみ合いになり、その拍子にカミソリが高尾の首に当たってしまった。高雄は亡くなり、光信はその場から逃げてしまった。

その後、高雄がいた地位にきよ葉が就任する。また、高雄の禿のしげじの面倒を見ることになった。きよ葉は「日暮(ひぐらし)」と改名し、店のトップの遊女としておいらん道中を行う。おいらん道中を見て日暮を気に入った武士の松本倉之助は、きよ葉の上客となった。

 

同じ頃、清次に楼主の姪との縁談が持ち上がる。楼主には子供がいなかったため、清次に跡継ぎをさせたいという思いがあったからだ。清次は前向きではなかったが、縁談は進んでいく。

日暮に本気になった倉之助は、日暮に身請け話をした。倉之助は、店の人たちの前で正式に身請けすることを公言した。周囲は祝福するが、日暮の顔色は優れなかった。異変に気づいた清次が日暮を追うと、日暮は妊娠していることを清次に告げた。

清次が堕ろすために準備をしようとすると、日暮は「生むに決まってる」と主張する。日暮は、倉之助に殺されようとも、子どもを堕ろすのは嫌だと言った。

日暮と清次

日暮は、倉之助に妊娠を告げ、殺される覚悟で「堕ろすつもりはない」と言った。それでも、倉之助は「きよ葉を身請けしたい」と伝える。その直後、日暮は流産してしまった。日暮は清次に励まされ、清次のやさしさに触れる。

身請けされる朝、庭の桜の樹のは桜が二輪咲いた。それを見た清次は、「本物の桜を見に行こう」と日暮に言う。2人は手を取って桜を見に行った。桜の下で、清次と日暮は走りまわった。

『さくらん』の感想

蜷川監督の生み出す極彩色の世界は、「これぞ遊郭」という感じで攻撃的で美しかったです。気の強い遊女たちの争いは面白かったですし、浮世絵から出てきたような豪華絢爛な遊女たちは、どれだけ見ても飽きなかったです。当時の女性の憧れの的だった、凛とした遊女が描かれていました。

きよ葉が身請けされる前の夜の、「お前がいなくなると、静かになっていいや」「お互い様さ」「日暮、幸せになれよ」「あんたもな」という会話を交わす寂しそうな2人の表情にはこみ上げるものがありました。

また、蜷川実花・土屋アンナ・安野モヨコ・椎名林檎という、かっこいい女性の代名詞が集結していることに感動しました。

芯の通った女性を登場させることが多い安野モヨコと、蜷川監督がタッグを組み、したたかな遊女を土屋アンナが演じ切り、最後に椎名林檎の色っぽくかすれた歌声が流れて、最高にかっこいい映画だと思いました。

『さくらん』の視聴方法

『さくらん』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年6月現在、『さくらん』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム見放題888円
dTV見放題500円
dアニメストア視聴不可400円
TELASA見放題562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム見放題1,100円
Disney+視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。