映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』のあらすじ・ネタバレ・感想

アニメ

ゲームの裏側を描いた映画『シュガー・ラッシュ』のキャラクターたちがインターネットの世界に飛び出す続編『シュガー・ラッシュ:オンライン』。

今回は映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法・登場するディズニーキャラクターをご紹介します。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』の作品概要

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,400 (2020/09/30 20:19:55時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2018年12月21日
上映時間113分
制作国アメリカ合衆国
監督リッチ・ムーア/フィル・ジョンストン
脚本フィル・ジョンストン/パメラ・リボン
音楽ヘンリー・ジャックマン
声の出演ジョン・C・ライリー/サラ・シルヴァーマン/ガル・ガドット/タラジ・P・ヘンソン/アラン・テュディック/ビル・ヘイダー
声の出演(日本語吹替版)山寺宏一/諸星すみれ/菜々緒/浅野まゆみ/野中秀哲/上田耀司

前作『シュガー・ラッシュ』では人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、お菓子の国のレースゲーム「シュガー・ラッシュ」のレーサー・ヴァネロペと悪役ラルフの冒険と友情を描いた。今作ではヴァネロペとラルフがゲームの世界を飛び出し、インターネットの世界を大冒険する。

前作『シュガー・ラッシュ』詳細はコチラ

『シュガー・ラッシュ:オンライン』のあらすじ

アーケードゲームの世界に暮らすヴァネロペとラルフは大親友。ヴァネロペはレースゲーム「シュガー・ラッシュ」に物足りなさを感じていた。

それに対し、ラルフはいつも変わらぬ日常に幸せを感じていた。しかしある日、「シュガー・ラッシュ」のハンドルが壊れてしまい廃棄処分の危機に。

そこでラルフとヴァネロペは新しいハンドルを手に入れるためインターネットの世界に飛び出す。

ネットの世界にヴァネロペが大興奮する一方、ラルフはすっかり圧倒され戸惑うばかり。ふたりはオークションサイトで無事にハンドルを見つけるが、ネットの世界には危険な一面もあることを知る。

登場人物紹介

ラルフ(英語版声:ジョン・C・ライリー/日本語版声:山寺宏一)


アーケード・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の悪役キャラクター。不器用だけど心優しい性格。「シュガー・ラッシュ」のヴァネロペとは大親友で、ラルフがヴァネロペを大切に思う気持ちは誰にも負けない。

ヴァネロペ(英語版声:サラ・シルヴァーマン/日本語版声:諸星すみれ)


レースゲーム「シュガー・ラッシュ」の天才レーサーにしてプリンセス。小さくて可愛い外見からは想像できない超一級のレーステクニックを持つ。好奇心旺盛で新しいことやワクワクすることが大好き。毎日繰り返される日々に物足りなさを感じている。

シャンク(英語版声:ガル・ガドット/日本語版声:菜々緒)


超過激オンライン・レースゲーム「スローターレース」のキャラクター。抜群のレーステクニックを持ち、荒くれ者のレーサー集団を率いる。ヴァネロペの人生に大きな影響を与える、強さと優しさを兼ね備えたカッコいい女性。

イエス(英語版声:タラジ・P・ヘンソン/日本語版声:浅野まゆみ)


人気動画サイト「バズチューブ」のカリスマ運営者。ウェブの機能を熟知し、トレンドにも敏感。次に流行りそうな動画を求めて常に目を光らせている。ラルフが投稿した “おもしろ動画” に可能性を感じ、世界中に流行を巻き起こそうとする。

ノウズモア(英語版声:アラン・テュディック/日本語版声:野中秀哲)


「検索バー」のカウンターで気さくに相談に応じるサーチエンジン。追跡能力は高いが、相手が質問を言い終わらないうちに予測変換で先走って答えてしまう傾向がある。素早く答えを導き出して皆の役に立ちたいと思っているが、いつも感謝されないことに少し悲しんでいる。

JP・スパムリー(英語版声:ビル・ヘイダー/日本語版声:上田耀司)


ウェブサイトに雇われて、人々をそれらのサイトに誘導するため、ポップアップ広告を掲げて街角に立っている男。このネットの世界の裏情報や危険な闇の部分にもつながりがあるらしい。

[出典:ディズニー公式サイト]

『シュガー・ラッシュ:オンライン』のネタバレ

この先、『シュガー・ラッシュ:オンライン』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

インターネットの世界へ

ゲームセンターのアーケードゲームの悪役ラルフと大親友のヴァネロペは、ゲームの仕事が終わると遅くまで遊んだり話し込んだりして過ごしていました。ヴァネロペは毎日同じことの繰り返しに退屈していて、なにか新しいものを求めていました。

ゲームセンターが開店すると、ゲーム同士をつなぐ駅であるコンセントタップにWi-Fiが差し込まれます。何があるか分からないインターネットに近づかないようサージ・プロテクターはWi-Fiへの入り口を封鎖します。

ラルフは「シュガー・ラッシュ」の展開が読めるレースに飽きていたヴァネロペのために新しいコースを作ります。ヴァネロペはラルフが作った新しいコースに入って暴走します。しかし、ヴァネロペを思い通りに動かそうとしたプレイヤーが勢いでハンドルを壊してしまいました。

 

古いゲームのため販売元から部品を取り寄せることができず、オークションサイトebay(イーベイ)でハンドルを注文するにはお金が足りませんでした。「シュガー・ラッシュ」の電源が抜かれ、家を失くした住民は他のゲームに避難します。ヴァネロペは自分の存在価値を見失います。

タッパーのバーでラルフはインターネットのebayに入ってハンドルを探すことを思いつきます。ラルフとヴァネロペはサージ・プロテクターの目をかいくぐってWi-Fiルーターからインターネットの世界に入ります。ふたりは目の前に広がる見たこともないカラフルで巨大な世界に驚きます。

オンラインレースゲームに侵入

ラルフとヴァネロペは何でも検索してくれるノウズモアにebayでハンドルを探してもらいます。ふたりはオークションが大きい数字を言うゲームだと思い、ハンドルを2万7千1ドルという大金で落札します。ふたりはお金を持っていませんでしたが、24時間以内に落札金額を支払う必要がありました。

ふたりはゲームをやるとお金が手に入ると聞いて、ポップアップ広告のJP・スパムリーに声をかけます。JP・スパムリーはゲームのレアアイテムを売ることで儲けていました。

ふたりはオンラインレースゲーム「スローターレース」シャンクの車を奪えば高値で売れることを教えてもらいます。

ラルフとヴァネロペは「スローターレース」に入り、シャンクの車を見つけます。ラルフがシャンクとそのレーサー集団の注意を引きつけている間に、ヴァネロペがシャンクの車に乗って逃走します。シャンクはプレーヤーの車を盗んでヴァネロペを追走します。

 

ヴァネロペは華麗な運転技術を見せますが、ゲームの出口直前でシャンクに追いつかれます。ラルフは泣きながらシャンクに事情を説明します。すると、シャンクはラルフのおもしろ動画を「バズチューブ」に投稿します。シャンクは動画投稿でお金を稼ぐことを勧め、友達のイエスを紹介します。

バズチューバーとして稼ぐラルフ

ラルフとヴァネロペが「バズチューブ」に入ると大勢の人がラルフの動画にハート(いいね)をあげていました。ふたりは「バズチューブ」のアルゴリズムを管理するイエスに会います。イエスからハートの数に応じて換金できることを教えてもらいます。

ラルフはあらゆるジャンルの人気動画を真似して投稿します。昔のゲームキャラのラルフを使った動画はすぐに人気が出ました。イエスはラルフの動画をポップアップ部隊に宣伝させます。ヴァネロペも何か手伝いたいと言ってポップアップ部隊として売り込みに行きます。

ヴァネロペはイエスのプライベートブラウザの乗り物で「オーマイディズニー」に送り込まれます。そこはディズニーキャラクターが集まる場所でした。ヴァネロペはディズニープリンセスの部屋に偶然入り込みます。自身もプリンセスであるヴァネロペは他のプリンセスと仲良くなります。

 

お金を稼ぐには時間が足りないと気づいたラルフは自らハートをかき集め始めます。しかし、ラルフはコメント欄に入って心ないコメントにショックを受けます。イエスはインターネットの光と闇を教えます。しかし、ラルフはバズチューブで集めたハートで目標額以上の大金を儲けました。

オンラインに憧れるヴァネロペ

ヴァネロペはラルフからお金が集まったと連絡を受けます。元の暮らしに戻れると喜ぶラルフに対し、ヴァネロペはどこか悲しそうでした。ヴァネロペはひとり歌い出し、これからもインターネットの世界にいて「スローターレース」でプレイしたいという自分の本心に気づきます。

ラルフはebayの前でヴァネロペが来るのを待っていました。ラルフがヴァネロペに電話をかけると、ヴァネロペがシャンクに「スローターレース」での刺激的な毎日を望んでいると相談していることを偶然聞いてしまいます。

ラルフはヴァネロペを取られたくないがために、「スローターレース」にウイルスをばらまいてゲームをつまらなくしようとJP・スパムリーに頼みます。ラルフとJP・スパムリーは、ダークネットでウイルスを製造しているダブル・ダンに会いに行きます。

 

ダブル・ダンは “アーサー” をというウイルスをラルフに渡します。アーサーはプログラムを不安定にする要因を見つけ、不具合をコピーして拡散する働きがありました。

ウイルスがネット中に拡散

ヴァネロペは「スローターレース」のレースに参加します。ゲームに侵入したアーサーは、不具合を起こしやすいヴァネロペを弱点だと感知し、「スローターゲーム」中に拡散させます。ゲームはクラッシュしそうになり、ヴァネロペは出口に向かいますが、倒壊した建物の下敷きになります。

ラルフはヴァネロペを見つけて、サーバーが再起動する直前にゲームから脱出します。泣きながら謝るヴァネロペに、ラルフはウイルスをばらまいてしまったことを明かします。

それに怒ったヴァネロペはラルフにあげたクッキーのメダルを投げ捨て、ラルフに「ついてくるな」と言います。

ラルフは「ひとりにしないでくれ」と泣きます。しかし、ゲームから出てきたアーサーがその様子を見てラルフの弱点を感知しインターネットの世界に拡散します。そして、ネットの世界に “壊し屋ラルフ” のウイルスが増殖し、大量のラルフのクローンがあらゆるものを破壊し始めます。

 

ラルフウイルスはヴァネロペを見つけると追ってきます。ヴァネロペはノウズモアの「検索バー」に逃げ込みます。そこへ本物のラルフが入ってきます。ノウズモアは「ラルフウイルスをウイルス駆除エリアに追い込めば、ウイルスを全滅させることができる」とふたりに教えます。

巨大ラルフウイルス

ヴァネロペはラルフウイルスを誘導するためイエスに協力を頼みます。ラルフとヴァネロペはイエスの車に乗ってラルフウイルスを駆除エリアに呼び込もうとしますが、クローンが集まって巨大化したラルフウイルスが襲いかかってきます。

ヴァネロペを逃している間にラルフはひとり、巨大ラルフウイルスと戦います。しかし、ヴァネロペがビルから落ちてしまったところを、巨大ラルフウイルスがヴァネロペを手に乗せて連れ去ります。そして、巨大ラルフウイルスはGoogleタワーの上によじ登ります。

ラルフはGmailの列車に乗ってヴァネロペを救い出し、安全な場所へ移動させます。ラルフは巨大ラルフウイルスに握りつぶされそうになりますが、ラルフは親友としてヴァネロペを自由にしてやれと言い聞かせます。ラルフは自分自身の弱点を直して、巨大ラルフウイルスは消滅しました。

 

ウイルスが突然消えてしまったため、ラルフは空中から落下します。インターネットの底に落ちていくラルフをディズニープリンセスが総出で救出します。こうしてネットの世界に平穏が戻りました。

その後

ヴァネロペは「スローターレース」でプレイすることを決めました。ラルフはクッキーのメダルを見つけ出していました。ラルフは半分に割れたメダルの片方をヴァネロペにあげ、もう片方を自分の首にかけます。ラルフとヴァネロペはそれぞれの世界で生きることを決め、別れを告げます。

ebayからハンドルが届いたおかげで「シュガー・ラッシュ」は撤去されずに済みました。「シュガー・ラッシュ」の自由奔放なレーサーの女の子15人は、フェリックスカルホーン軍曹のもとで暮らすうちに良い子に育っていました。

ラルフは他のゲームキャラクターの読書会に入ったり、定期的に交流会を開いたりするようになりました。ゲーム閉店後、ラルフとヴァネロペはオンライン通話で連絡を取り合うのでした。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』の感想

前作『シュガー・ラッシュ』から6年の時を経て、ゲームからインターネットの世界に舞台が変わりました。Wi-Fiルーターから光ファイバーの中を飛んで移動したり、人間がアバターになって動いていたりするインターネットの世界が面白かったです。

ebay、Google、Amazon、YouTube、Twitterなど現実世界でも有名なインターネット企業とたくさんコラボしていて、画面のあちこちに知っている企業が出てくるのがすごかったです。

最初は悪い人もいるかと思ったネット世界の住人が、最終的にラルフとヴァネロペを助けてあげていてよかったです。ラルフとヴァネロペが最後に選んだ道も素敵なラストだと思いました。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』の視聴方法

『シュガー・ラッシュ:オンライン』はDVDの購入やレンタル、ディズニーデラックスなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『シュガー・ラッシュ:オンライン』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス見放題[770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』に登場するディズニーキャラクター

『シュガー・ラッシュ:オンライン』にはヴァネロペを含めた総勢15人のディズニープリンセスが登場します。

ヴァネロペがプリンセスの控え部屋に迷い込んでしまったシーンがこちらの動画です。

プリンセスはほとんどオリジナルキャストが声優を務めていてとても豪華ですね。プリンセスあるあるを話したり、部屋着でくつろいだりするプリンセスたちは他の作品では見られません。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』に登場する歴代ディズニープリンセスを一覧にまとめました。

作品プリンセス声の出演声の出演(日本語吹替版)
『白雪姫』白雪姫パメラ・リボン小鳩くるみ
『シンデレラ』シンデレラジェニファー・ヘイル鈴木より子
『眠れる森の美女』オーロラケイト・ヒギンズすずきまゆみ
『ムーラン』ムーランミンナ・ウェンすずきまゆみ
『リトル・マーメイド』アリエルジョディ・ベンソン小此木まり
『美女と野獣』ベルペイジ・オハラ平川めぐみ
『アラジン』ジャスミンリンダ・ラーキン麻生かほ里
『ポカホンタス』ポカホンタスアイリーン・べダード土居裕子
『プリンセスと魔法のキス』ティアナアニカ・ノニ・ローズ鈴木ほのか
『塔の上のラプンツェル』ラプンツェルマンディ・ムーア中川翔子
『メリダとおそろしの森』メリダケリー・マクドナルド大島優子
『アナと雪の女王』エルサイディナ・メンゼル松たか子
『アナと雪の女王』アナクリステン・ベル神田沙也加
『モアナと伝説の海』モアナアウリィ・カルバーリョ屋比久知奈

 

ディズニープリンセスだけでなく、ディズニー・ピクサースター・ウォーズマーベルなど何百ものキャラクターが隠れています。1度見ただけでは気づかないような小ネタもたくさんあるので、ぜひ本編で探してみてください。