映画『ペンギン・ハイウェイ』のあらすじ・ネタバレ・感想

アニメ

森見登美彦の小説「ペンギン・ハイウェイ」をアニメ映画化した映画『ペンギン・ハイウェイ』

今回は、映画『ペンギン・ハイウェイ』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・視聴方法・感想・原作についてご紹介します。

『ペンギン・ハイウェイ』の作品概要

created by Rinker
東宝
¥3,526 (2020/08/09 14:05:37時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2018年8月17日
上映時間118分
制作国日本
監督石田祐康
原作森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」(角川文庫)
脚本上田誠
音楽阿部海太郎
主題歌宇多田ヒカル「Good Night」
声の出演北香那/蒼井優/釘宮理恵/潘めぐみ/福井美樹/西島秀俊/竹中直人

人気作家・森見登美彦の同名ファンタジー小説をアニメ映画化。ちょっと大人びた探求心旺盛な小学4年生の少年が、ミステリアスな歯科医院のお姉さんと、突如出現したペンギンとの不思議な関係を解き明かすために奮闘するひと夏の大冒険

『ペンギン・ハイウェイ』のあらすじ

郊外の街に住むアオヤマ君は、毎日疑問を追求しノートに記録する真面目で少し生意気な小学4年生。今は通っている歯科医院のお姉さんに興味津々。優しくて自由だけど、胸が大きくて謎めいたところのあるお姉さんは研究しがいのある対象です。

そんな中、夏休みを翌月に控えた街では、海のない住宅地に突如ペンギンが現われ、そのままどこかへと消えていく不思議な現象が起こり騒ぎになります。さっそくアオヤマ君は、このペンギンの謎を解明しようと研究に取り掛かりますが…。

登場人物紹介

アオヤマ君(声の出演:北香那)


郊外の街に住む小学4年生。頭が良くて、探究心旺盛。大人ぶって、少々生意気なところもある。毎日発見したことをノートに記録して研究熱心。今は歯科医院のお姉さんに特に関心がある。

お姉さん(声の出演:蒼井優)


アオヤマ君が通う歯科医院に勤めるお姉さん。無邪気な明るい性格だが、どこかミステリアスな雰囲気のある女性。アオヤマ君とはよくチェスをしている。街に現れたペンギンと関係があるらしい。

ウチダ君(声の出演:釘宮理恵)


アオヤマ君のクラスメイト。内気だが、心優しい性格。アオヤマ君と一緒に探検隊を組織し、【プロジェクト・アマゾン】の研究をしている。

ハマモトさん(声の出演:潘めぐみ)


アオヤマ君のクラスメイト。アオヤマ君と同じくらい頭が良く、自信家でチェスが得意。研究者のお父さんの影響で研究熱心。

スズキ君(声の出演:福井美樹)


アオヤマ君のクラスメイト。声が大きく力が強い。ガキ大将的な存在で、周りのクラスメイトを牛耳っている。ハマモトさんのことが気になっている。

アオヤマ君のお父さん(声の出演:西島秀俊)


アオヤマ君にノートを与え、物事の考え方をアドバイスしてくれる。息子の成長を適度な距離感で見守っている。

ハマモトさんのお父さん(声の出演:竹中直人)


大学の研究所で働いている。街で起きた奇妙な現象について、調査隊を率いて詳しく調べている。

[出典:https://penguin-highway.com/about.html#chara]

『ペンギン・ハイウェイ』のネタバレ

この先、『ペンギン・ハイウェイ』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

街にペンギンが出没

小学4年生のアオヤマ君は、毎日気になる疑問を追求し、ノートに書き留める頭の良い男の子です。クラスメイトのウチダ君と川の水源をたどる【プロジェクト・アマゾン】の研究などをしています。しかし、アオヤマ君が特に興味のある研究対象は歯科医院のお姉さんでした。

ある日、街にペンギンたちが出没します。郊外の住宅地になぜ、どこからペンギンが現れたのか。謎を探るべく、アオヤマ君は【ペンギン・ハイウェイ】という名をつけて研究を始めます。調査を続けると、ペンギンたちはどうやら森の奥へ消えていることを発見しました。

お姉さんの謎

調査の途中で、アオヤマ君は前にからかったスズキ君に仕返しをされてしまいます。アオヤマ君が身動きが取れないところへ、たまたま通りがかったお姉さんが助けてくれます。

その場で、アオヤマ君はお姉さんに抜歯してもらうことになりました。お姉さんは気をそらすため、コーラを空高く投げます。すると、不思議なことに、コーラがペンギンに変わりました。あっけにとられるアオヤマ君に、お姉さんは「この謎を解いてごらん」といたずらっぽく微笑むのでした。

アオヤマ君は、コーラからペンギンが生まれる現象を再現するために実験を重ねますが、うまくいきません。お姉さん自身も、どうしてペンギンが出せるのかわかっていないようでした。

ペンギンの出現条件

アオヤマ君とウチダ君は、ウチダ君が見つけたペンギンを連れて、電車に乗って水族館へ行こうとします。しかし、ペンギンは途中で苦しそうになり、消えてしまいました。アオヤマ君は、これまでの研究結果から、ペンギンには未知のエネルギーが働いていると推論します。

アオヤマ君はお姉さんとの交流から、ペンギンが出現するのに必要な条件は光であることを突き止めました。しかし、お姉さんはペンギンを出しすぎると疲れてしまうようです。お姉さんを他の人の研究対象にさせないために、アオヤマ君はお姉さんの謎を秘密にします。

“海”の研究

ペンギンの研究を続けていたある日、クラスメイトのハマモトさんに連れられて、アオヤマ君とウチダ君は、森の奥で宙に浮く不思議な球体を見つけます。ハマモトさんは、これを “海”と呼び、周りの人に見つからないようにデマを流して、独自に研究をしていました。

夏休みが始まり、アオヤマ君はハマモトさんとウチダ君と3人で “海” の共同研究を始めます。何日もの観察の結果、“海” は周期的に大きさを変え、“海” の中に入れた探査船は戻ってこないということがわかりました。

“海” の研究をしていたある日、スズキ君たちに見つかり、邪魔をされてしまいます。そこへお姉さんがペンギンたちを引き連れて助けます。ペンギンたちが “海”に近づくと互いに激しく反応しました。ペンギンとお姉さん、“海” の研究は関係があるとアオヤマ君は考えます。

ジャバウォックの出現

同じ頃、大学の研究者たちが、森で観測された奇妙な気象現象を調査していました。街では、色々なものが不自然に切断されていたり、化け物が目撃されたり、不可解な事件が続きます。研究者の一人であるハマモトさんのお父さんは、娘の研究ノートを盗み見て、お姉さんに接触します。

次の日、お姉さんは、アオヤマ君に海を見せるため、ふたりは電車に乗ります。しかし、お姉さんは途中で気分が悪くなってしまいます。以前、電車に乗せたペンギンが消えてしまった駅で、ふたりは下車します。

その時、お姉さんの周りのものが大きくゆがんで渦を作り出し、 “ジャバウォック” という化け物が現れます。しばらくすると収まりましたが、お姉さんは数日何も食べておらず、元気がなくなってしまいました。

街に訪れる危機

夏休みが終わり、学校が始まりましたが、スズキ君たちが研究者たちに “海”のことをばらして、森は封鎖されてしまいます。お姉さんのことをもっと知るために、アオヤマ君は自分の体を使って断食実験をしますが、体調を崩して高熱を出してしまいます。

アオヤマ君は、アオヤマ君のお父さんがくれたアドバイスを思い出しながら、今までの研究について考え続けます。体調が回復した朝、「ペンギン」「お姉さん」「海」「ジャバウォック」、バラバラだった4つの謎が1つにつながり、アオヤマ君はひらめきます。

一方で、森からはみ出すほど、“海” は大きくなっていました。ハマモトさんのお父さんたちの研究グループが行方不明になり、街には避難勧告が出されます。学校にいたアオヤマ君たち生徒は、待機するように指示されます。

お姉さんの正体

どんどん大きくなる “海” を止めるために、アオヤマ君はクラスメイトたちの協力で学校を抜け出します。アオヤマ君は、解き明かした謎の答えを伝えるべく、お姉さんのもとへ向かいます。お姉さんとよく行くカフェで、アオヤマ君はお姉さんに会います。

アオヤマ君の仮説によると、お姉さんは人間ではなく、ペンギンとお姉さんは “海” からエネルギーをもらって活動しています。“海”は空間や時間をゆがめる、この世界に存在してはいけない穴のようなもので、ペンギンはその穴を修復する役割をしていると説明します。

お姉さんはペンギンを作ると同時に、ペンギンを食べるジャバウォックも生み出します。お姉さんはこの世界に未練があるから、ジャバウォックを生み出してしまうのかもしれないと反応します。アオヤマ君の話を聞いて、お姉さんはどこかスッキリしたようでした。

“海”の中へ

お姉さんは大量のペンギンを次々と生み出しながら、アオヤマ君と一緒に “海” の中に飛び込みます。“海” の中の世界は、現実の世界のあらゆるものがへんてこになっていて、まるで “世界の果て” のようでした。

アオヤマ君とお姉さんは、“海” に飲み込まれた、ハマモトさんのお父さんら研究者たちを発見します。お姉さんが呼びかけると、ペンギンたちが空に向かっていっせいに飛び立ち、“海” を内側から壊します。“海” は水滴となって四方に弾け飛び、アオヤマ君たちはみんなで元の世界に戻ります。

お姉さんとアオヤマ君はいつものカフェで最後の時間を過ごします。大量にいたペンギンたちも徐々に消えていきます。アオヤマ君に最後のお別れを告げると、お姉さんは消えてしまいました。

 

街が元に戻ってからしばらく経ったある日、アオヤマ君は”海”の中から戻ってこなかった探査船が落ちているのを見つけます。アオヤマ君はもう一度お姉さんに会えると信じて、未来に向かって走るのでした。

[出典:https://penguin-highway.com/about.html#story]

『ペンギン・ハイウェイ』の感想

主人公のアオヤマ君は知識が豊富で、とても賢いのですが子供らしい発想も持っています。そんなアオヤマ君の視点から見た世界はとても可能性に満ちていて、コツコツと疑問にアプローチする方法が面白いです。

抽象的なテーマを取り扱っていますが、アオヤマ君とお姉さんのやり取りやクラスメイトたちとのケンカなど、日常の部分はとてもコミカルです。アオヤマ君とウチダ君、ハマモトさんが夏休みに一緒に研究するシーンはとてもワクワクします。

また、絵はペンギンたちのポップな感じですが、背景はとてもきれいで繊細で、みずみずしい感じが出ています。特に、“海” の中の世界は、リアリティの高い現実世界のモノが、非現実的な世界に融合していて、不自然なのに美しく感じました。

 

「ペンギン」「お姉さん」「海」「ジャバウォック」などの正体は、アオヤマ君がある程度説明していますが、はっきりとした答えは明らかにされていません。さまざまな解釈ができるし、答えは一つではないと思います。

理屈ではわからないことがあると知ったことが、アオヤマ君にとっては大事なのではないかと思いました。

『ペンギン・ハイウェイ』の視聴方法

『ペンギン・ハイウェイ』はDVDの購入やレンタル、U-NEXT、Amazonプライムビデオ、FODプレミアム、dアニメストア、auビデオパスなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2019年12月現在、『ペンギン・ハイウェイ』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム見放題888円
dTV視聴不可500円
dアニメストア見放題400円
auビデオパス見放題562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。

『ペンギン・ハイウェイ』の原作

映画『ペンギン・ハイウェイ』の原作は、森見登美彦の同名小説「ペンギン・ハイウェイ」です。筆者の森見登美彦さんは、この作品で第31回日本SF大賞を受賞しています。他の小説「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」も、アニメ映像化されました。

created by Rinker
¥704 (2020/08/09 14:05:37時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、今回紹介した映画『ペンギン・ハイウェイ』(2018)をはじめ、TVアニメ『四畳半神話大系』(2010)、映画『夜は短し歩けよ乙女』(2017)の3作品は全て上田誠さんが脚本をしています。そちらの作品でも、森見登美彦ワールドを映像で楽しむことができます。