映画『パディントン2』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

イギリスで愛されているキャラクター「くまのパディントン」を実写映画化した『パディントン』の続編の映画『パディントン2』

今回は、映画『パディントン2』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『パディントン2』の作品概要

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥4,347 (2020/08/08 15:40:44時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2018年1月19日
上映時間104分
制作国イギリス/フランス
監督ポール・キング
原作マイケル・ボンド「くまのパディントン」
脚本ポール・キング/サイモン・ファーナビー
音楽ダリオ・マリアネッリ
出演ベン・ウィショー(声の出演)/ヒュー・ボネヴィル/サリー・ホーキンス/ヒュー・グラント/ブレンダン・グリーソン/マデリン・ハリス/サミュエル・ジョスリン/ジュリー・ウォルターズ/ジム・ブロードベント/ピーター・カパルディ

赤い帽子に、青いダッフルコートがトレードマークのあの紳士的で可愛らしいパディントンが帰ってくる。大ヒットを記録した『パディントン』の続編。パディントンがとブラウン一家は今度はどんなドタバタコメディを繰り広げるのか?

『パディントン2』のあらすじ

今ではすっかり街の人気者となり、ブラウン家の人々と幸せに暮らしていたパディントン。アンティークショップでステキな飛び出す絵本を見つけ、育ての親であるルーシーおばさんへの100歳の誕生日プレゼントにしようと思いつきます。

絵本を買うお金を貯めるためにパディントンは働き始めるのですが、ある事件に巻き込まれてしまいます。

登場人物紹介

パディントン(ベン・ウィショー/日本語吹替:松坂桃李)


ペルーからロンドンへやって来て、ブラウン一家の一員となったクマ。トレードマークは赤い帽子とダッフルコート。マーマレードが大好物。人に親切で礼儀正しい紳士的な性格から、街の人から愛されている。

ブラウンさん(ヒュー・ボネヴィル/日本語吹替:古田新太)


ブラウン家の大黒柱。リスク管理の会社に勤める。仕事では部下に追い越され、妻にも心が狭いと責められ、中年の危機を感じている。

ブラウン夫人(サリー・ホーキンス/日本語吹替:石塚理恵)


ブラウン家のお母さん。冒険物語の挿絵画家。今は水泳に夢中で、フランスまで泳ぐ練習をしている。大らかな性格で、想像力豊かで好奇心旺盛。

フェニックス・ブキャナン(ヒュー・グラント/日本語吹替:斎藤工)


若い頃は有名だったが、今は落ち目の俳優。豪邸に住み、ブラウンさんの会社のプラチナ会員だが本当は金欠中。

ナックルズ(ブレンダン・グリーソン/日本語吹替:楠見尚己)


パディントンが入れられた刑務所で一番凶暴な囚人。食堂のシェフを務め、とてもマズい料理を出すが、恐ろしくて誰も文句を言えない。

ジュディ(マデリン・ハリス/日本語吹替:三戸なつめ)


ブラウン家の長女。トニーとの失恋のショックを乗り越え、今は新聞作りに没頭している。プロ並みの取材力で絵本泥棒の犯人探しにも貢献する。

ジョナサン(サミュエル・ジョスリン/日本語吹替:西田光貴)

ブラウン家の長男。学校ではラッパーを気取り「Jドッグ」と呼ばれている。実際はSLオタクだが、ダサいからと内緒にしている。

バードさん(ジュリー・ウォルターズ/日本語吹替:定岡小百合)


ブラウン家に同居する親戚で住み込みの家政婦。口が悪くて不愛想だが、人並外れた度胸をある。手品が得意。

グルーバーさん(ジム・ブロードベント/日本語吹替:佐々木省三)


アンティークショップの店主。自身も移民だったために、パディントンの良き理解者で、何かと親身に相談にのっている。

カリーさん(ピーター・カパルディ/日本語吹替:佐々木睦)


ブラウン家の隣人。自分一人だけの街を守る活動をしている。クマは危険な動物だからとパディントンを忌み嫌っている。

[出典:https://www.warnerbros.com/movies/paddington-2/]

『パディントン2』のネタバレ

この先、『パディントン2』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

ルーシーおばさんへの誕生日プレゼント

ロンドンで、パディントンはブラウン家の一員として、幸せに暮らしていました。誰に対しても礼儀正しく親切なパディントンは、たくさんの友達に囲まれていました。

もうすぐ、ペルーで育ててくれたルーシーおばさんの100歳の誕生日です。プレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんのアンティークショップで、とても素敵な飛び出す絵本を見つけます。

しかし、世界にたった1冊しかないその絵本は貴重で高価なものでした。そこでパディントンは、その飛び出す絵本を買うために、働いてお金を貯めようと決意します

働き始めたパディントン

パディントンは、まずは理髪店の雑用係を始めました。しかし、店主が留守の間に訪れた客の髪をバリカンでごっそりと刈ってしまいます。すぐに店主にバレてパディントンはクビになってしまいました。

気を取り直して、ブラウン家の人々と今日からオープンする移動遊園地へ出かけました。昔は人気でしたが、今は落ち目の俳優であるブキャナンという男が司会を務めていました。

開会宣言の役に指名されたパディントンは、ブキャナンから叶えたい夢は何かと聞かれ、飛び出す絵本を手に入れることだと答えます。するとなぜか、ブキャナンの目が怪しく光るのでした。

 

翌日から、パディントンは窓拭きの仕事を始めます。最初はうまくいかず失敗続きでしたが、モフモフの体を活かした窓拭きで徐々に腕を上げ、少しずつ着々とお金を貯めていきました。

パディントンが刑務所に

ある夜、パディントンは帰り道にグルーバーさんの店を通りがかりました。その時、何者かが窓から侵入し、飛び出す絵本を盗んで逃げます。パディントンは必死に追いかけますが、男は跡形もなく消え失せます。悪いことに、パディントンは駆けつけた警官に容疑者として逮捕されてしまいます。

男の目撃情報が手に入らず、裁判官が以前バリカンで髪を刈り上げてしまったお客本人だったこともあり、パディントンは有罪になって刑務所に入ることになります

しかし実のところは、絵本に隠された秘密を知る、落ち目の俳優ブキャナンの仕業でした。舞台衣装とメイクで変装していたため、パディントンの証言による似顔絵では誰だかわからなかったのでした。

 

有罪になったパディントンは、刑務所での生活が始まります。洗濯の仕方を間違えて真っピンクの囚人服にしてしまったり、刑務所でいちばん恐ろしい囚人ナックルズの料理に文句をつけたりして、目をつけられてしまいます。

一緒に朝食を作らされることになったパディントンですが、得意のマーマレードサンドイッチでナックルズのハートをつかみ、食堂のメニュー改革を成し遂げて人気者となります。パディントンのおかげで周りの囚人たちも前向きになり、刑務所の雰囲気は楽しく明るい場所に変わったのでした。

絵本に隠された秘密

ブラウン一家はパディントンの無実を証明しようと必死に動いていました。犯人が狙った飛び出す絵本について調べていくと、驚くべき秘密が隠されていました。

飛び出す絵本は、移動遊園地を始めたマダム・コズロバのひいおばあさんが作りました。彼女は人気のある女曲芸師でしたが、財産を横取りしようとした手品師に殺されます。ところが、手品師が見つけたのは飛びたす絵本だけでした。財宝のありかを示す手がかりが絵本の中に隠されていたのです。

実はその手品師というのはブキャナンの祖父でした。ブキャナンはお金を手に入れるために、その絵本に隠された秘密を解こうとしていました。ブキャナンは、得意の変装でロンドン中に隠された手がかりを着々と手に入れます。

 

ブキャナンが怪しいと目星をつけたブラウン一家は、協力してブキャナンの家に忍び込びます。絵本は見つからなかったものの、屋根裏の隠し部屋を見つけ、そこでパディントンが見た泥棒の衣装などを見つけました。

ブキャナンの追及に夢中になっていたブラウン一家はパディントンの面会時間を忘れてしまいます。パディントンはブラウンさんたちに見捨てられたと思いショックを受けます。

ナックルズたち囚人に誘われ、パディントンは無罪を証明するために脱獄することにしました。計画通り、刑務所の時計塔の上から気球で脱獄することに成功します。しかし、ナックルズたちはパディントンを手伝おうとするのではなく、外国に逃亡しようとしていたのでした。

ブキャナンとの対決

仲間に裏切られ、ブラウン一家にも見捨てられたと失意の中にいるパディントンは別れを告げるためブラウン家に電話をかけます。見捨てられたと思ったのはパディントンの勘違いで、一同はブキャナンの狙っている財宝が移動遊園地にあることを突き止めます。

しかし、移動遊園地はちょうどパディントン駅から列車で別の街へ行こうとしているところでした。全員急いで駅へ向かいます。

パディントンは移動遊園地が入っている列車に乗り込むことができました。ブラウン一家は間に合いませんでしたが、隣りにあったSLをジョナサンが運転し、パディントンの後を追いかけます。

 

ブキャナンが絵本の手がかりから財宝を見つけるところを目撃したパディントンは、絵本を取り返しました。一度はブキャナンに絵本を奪い取られはしましたが、ブラウンさんたちの活躍でブキャナンを捕まえることに成功します。しかし、パディントンを乗せた車両が川に落ちてしまいます

水に沈んだ列車の中にいるパディントンを助けるため、ブラウン夫人は川に飛び込みます。ブラウン夫人の力だけでは扉を開けられません。そこに手伝いにかけつけたのは一緒に脱獄したナックルズたち囚人でした。彼らはパディントンを見捨てることができなかったのです。

ルーシーおばさんの誕生日

無罪となったパディントンですが、3日間眠り続けルーシーおばさんの誕生日に目を覚まします。パディントンは絵本をおばさんに送ることができなかったことを悔やみます。

パディントンが屋根裏から階段へ降りてみると街の人が集まっていて感謝されます。みんなはルーシーおばさんには別のプレゼントを用意したと言います。家のドアを開けるとそこには、ルーシーおばさんが。みんなはサプライズでルーシーおばさんをロンドンへ招待していたのでした。

出所したナックルズはサンドイッチ屋を開き、お店は大繁盛します。落ち目の俳優ブキャナンも、パディントンが入っていた刑務所に入って、囚人や看守たちと一緒にミュージカルをして楽しく過ごすのでした。

[出典:http://paddington-movie.jp/story/]

『パディントン2』の感想

前作にも増して、アクションやコメディ要素が強くなっています。パディントンとブラウン一家が離れ離れになってしまいますが、お互いの結束力で問題を解決していきます。

今回の悪役ブキャナンを演じたヒュー・グラントはイギリスで有名な俳優です。彼が落ち目の俳優になって演じる一人芝居はとても面白いです。ブラウンさんたちをはじめ、前作から登場しているキャラクターたちの変化や新しく登場する個性的な人たちも見どころです。

俳優自身が「役者はこの世で一番タチの悪い職業だ」と言うセリフがあるなど、皮肉の混じった笑いがたくさん詰まっているところが、子供だけでなく大人も見て楽しめる作品になっています。

『パディントン2』の視聴方法

『パディントン2』はDVDの購入やレンタル、U-NEXT、dTV、Netflixなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2019年12月現在、『パディントン2』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ視聴不可500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV見放題500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。