国内ドラマ『おっさんずラブ』5話のあらすじと感想|ネタバレあり

国内ドラマ

「ある日、僕は部長に告白された」というサブタイトルが印象的なドラマ『おっさんずラブ』。

あらすじと感想、作品情報などをご紹介していきます。

『おっさんずラブ』5話のあらすじ

ドラマ『おっさんずラブ』5話のあらすじを結末まで解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください。 (※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

前回のおさらい

部長との関係を解消した春田。安心したのも束の間、武川に迫られた牧が武川のもとに行ってしまいそうになります。春田は、思わず牧を引き留めてしまいました。そこに、ちょうど帰ってきたちずがやってきて、2人のことを見てしまいます。

遂に付き合う2人

家を出て行こうとした牧を思わずハグで引き留めてしまった春田は、自分の行動に困惑してしまいます。そこへ牧から「春田さん、俺と付き合ってください!」と言われます。牧のいきなりの言葉に、春田はうっかり「はい」と答えてしまいました。
 
一方、ハグを目撃してしまったちずは、あまりの気まずさに家を飛び出してしまいます。そこで、春田のことを恋愛対象として意識し始めた自分に気づいてしまうのでした。

芸能人のW内見

ある日、黒澤が春田に「俳優の剣崎達巳にマンションを紹介してほしい」と、トップシークレットの依頼をします。春田は、そんな黒澤を見ていつもの出来る上司に戻ったと安心します。
 
春田が剣崎とマンションを見ていたところに、本社から密命を受けた牧が清純派朝ドラ女優の室川檸檬を連れてきます。実は剣崎と檸檬は密かに付き合っていて、マスコミの目を誤魔化すために同じ物件に引っ越す計画をしていたのでした。

「最後のデート」

春田は、武川に脅されるようにランチへ行こうと誘われて、会社の屋上に向かいます。そこで武川は「牧から手を引いてほしい」と土下座をして懇願します。必死の武川に春田は戸惑いますが、やはり手を引くことには抵抗があります。
 
自宅で涙を流す黒澤を見た蝶子は、「はるたんに振られたんでしょ。知ってる」と離婚届を黒澤の前に出します。蝶子は続けて「でもまだ諦めてないんでしょ?1回フラれたくらいでなによ、私、あなたを何回振ったと思ってるの?」と言います。
 
そして「最後のデート」と称して離婚届を出しに行こうと誘います。

乙女たちの複雑な心

休日、歌麻呂とちずがカフェでデートしていると、ちずの携帯に春田の写真が送られてきました。それをきっかけに、ちずは無意識のうちに春田の話ばかりをします。歌麻呂はそんなちずに嫌気がさし、帰ろうとします。
 
歌麻呂は、「春田さんみたいに超絶鈍感な人には、どストレートに言わないと一生伝わんないですよ」とちずに伝えて出て行きました。
 
 
ラーメン屋の行列に春田と牧が並んでいた時、春田がちずの話をすると、牧は少し不機嫌になりました。その時、牧に人がぶつかり春田の腕を掴みます。そんな牧に春田は「誰が見てるか分からないから離れろ」と言います。
 
すると牧は「俺は春田さんにとって恥ずかしい存在なんですか」と怒ってしまいます。その時、牧に会社から電話が掛かってきて「檸檬がすぐに来てほしいそうだ」と言われ、牧は春田を置いて行ってしまいました。
 
残された春田は、ちずと海岸で合流します。そして牧と付き合っていることを報告しました。「よかったじゃん」とちずが祝福したとき、春田は牧に呼び出されます。ちずは、人知れず涙を流しました。

スキャンダル

春田が駆け付けた先では、剣崎と檸檬が揉めていました。剣崎が「人に言えない恋愛なんて続かないと思うよ」と言えば「仕事のこと考えるとバレたくない」と檸檬が言います。「俺は正直でいたい」と言う剣崎に、牧が突然「実はぼくたちも付き合ってて」とカミングアウトします。

牧は続けて「世間はいつだってうるさいです。でも結局、今の自分達にとって一番大事なのは何かってことだとぼくは思います」と二人に言いました。その時、シャッター音がして剣崎と檸檬の写真が撮られてしまいました。

仲直り

再開した「わんだほう」で飲んでいる歌麻呂と蝶子。歌麻呂はちずが春田の話ばかりすることを嘆きます。蝶子も黒澤と離婚届を出してきたことを話し、涙を流し始めてしまいます。そんな蝶子を、歌麻呂が「よしよし、がんばった」と抱きしめます。
 
記者を見失った春田に、牧は追いつきます。そして剣崎たちに自分たちの関係を言ってしまったことを謝り、「形だけじゃなくて、ちゃんと好きになってもられるようにがんばりますから」と言って去ろうとします。
 
春田は牧を呼び止め、「恥ずかしくないから。牧といっしょにいることは俺にとって全然恥ずかしいことじゃないから」と先ほどの失言を弁解しました。

大胆告白

翌日、会社では剣崎と檸檬の緊急記者会見に皆釘付けです。「なぜこのタイミングで?」との質問に、檸檬が「とあるカップルとの出会いがあったからです。そのカップルは男同士で…」と言ったのを聞いて、春田は慌てて電源を切りました。

皆のブーイングの中、剣崎の「こそこそ恋愛したくない」という言葉が後押しし、春田は「俺と牧は付き合ってます!」と言ってしまいました。それを聞いた黒澤が、「ちょっと待った!」と部長室から飛び出してきました。

『おっさんずラブ』5話の感想

大人の女性・蝶子

黒澤の浮気が発覚してから執拗に証拠探しをしていた蝶子ですが、黒澤の本気度に圧倒されてついに諦めました。その諦め方が実に見事です。まず、自分から離婚届を差し出す所が潔くて本当にかっこよかったです。役所でも毅然とした態度で提出を見届けました。

そして、最後に思い出の場所に行って涙を流す黒澤とは対照的に、蝶子は笑顔で別れを告げました。一方で「わんだほう」では、「50過ぎても、全然大人なんかじゃないんだよね」と弱気を見せます。

その大人の女性としての強い蝶子と脆い蝶子とのギャップは、見ていてこみ上げるものがありました。歌麻呂が惹かれてしまう理由にもうなずけます。

意外な組み合わせ

ちずに振られた歌麻呂と、黒澤を諦めた蝶子は、「わんだほう」でお互いの話をします。それ以前も内見等で接触のあった二人ですが、ここではかなり距離が近く描かれています。

このドラマは「なんでもあり」の傾向が強いので、部長の部下と部長の妻という、立場も年齢も無視した関係が成り立ちます。初めて蝶子が天空不動産に来た時に、歌麻呂が蝶子に「いけるかも」と言ったのは伏線だったのかもしれません。

『おっさんずラブ』5話の作品情報

上映日2018年4月21日~6月2日
上映時間約50分
制作国日本
ジャンルテレビドラマ
キャスト田中圭、吉田鋼太郎、林遣都
原作山中梅鉢『おっさんずラブ』
主題歌スキマスイッチ「Revival」

 

登場人物紹介

春田創一(田中圭)

「天空不動産」の営業所の社員。33歳の独身で実家で何不自由なく暮らしてきましたが、母親が自立を促すために出ていってしまったので、途方に暮れてしまいます。そんな時、突然上司の黒澤さらには後輩の牧に告白されてしまい、平穏な日常が崩されていきます。

牧凌太(林遣都)

「天空不動産」本社から営業所に異動してきた25歳の社員。同居開始後、突然春田に告白してしまいます。男らしい性格かつ非常にマメで家事・料理をこなす万能人間です。母親のように世話を焼き、春田に尽くします。

黒澤武蔵(吉田鋼太郎)

「天空不動産」の営業所の55歳の部長。男女共に人気が高い理想の上司でしたが、突然春田に告白します。30年連れ添った妻に離婚を切り出すほど本気で春田のことを思っています。会社では厳格なキャラを保っていますが、春田の前では乙女チックな一面を見せます。

瀬川舞香(伊藤修子)

「天空不動産」営業所の45歳の社員。噂が大好きなおしゃべりおばちゃんですが、時々はっとするような助言をしてくれます。

武川政宗(眞島秀和)

「天空不動産」営業所の44歳の主任。近寄りがたい雰囲気を放つ潔癖症独身貴族です。ミステリアスな雰囲気の持ち主ですが、春田は相談しやすい上司として尊敬します。しかし、牧の元恋人ということで見方が変わります。今もまだ、牧を想い続けています。

栗林歌麻呂(金子大地)

「天空不動産」営業所の23歳の新入社員。風変わりな問題児と周りの社員からは思われていますが、要領が良く、営業成績は春田よりも上です。

黒澤蝶子(大塚寧々)

黒澤武蔵の50歳の妻。長年、喧嘩をすることもなく夫の武蔵に寄り添ってきましたが、 突然離婚を切り出され、不倫が原因だと推測します。しかし、その相手が春田ということを知り、彼女は苦悩します。

荒井ちず(内田理央)

「居酒屋わんだほう」の27歳の看板娘で、春田とは年の差の幼馴染。上昇志向が強く、広告会社で働いています。春田に関しては「あんなダメ男ない』とばっさり切り捨てますが、突然の男のライバル出現に困惑します。

荒井鉄平(児嶋一哉)

「居酒屋わんだほう」の38歳の店主。ちずの兄で、春田は実の兄のように慕います。実は音楽の道を志す夢追い人で、春田とちずの仲を応援する世話好きです。

『おっさんずラブ』のエピソード一覧

『おっさんずラブ』のエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
第1話あらすじ記事はコチラ
第2話あらすじ記事はコチラ
第3話あらすじ記事はコチラ
第4話あらすじ記事はコチラ
第5話この記事
第6話あらすじ記事はコチラ
第7話あらすじ記事はコチラ