国内ドラマ『おっさんずラブ』2話のあらすじと感想|ネタバレあり

国内ドラマ

「ある日、僕は部長に告白された」というサブタイトルが印象的なドラマ『おっさんずラブ』。

あらすじと感想、作品情報などをご紹介していきます。

『おっさんずラブ』2話のあらすじ

ドラマ『おっさんずラブ』2話のあらすじを結末まで解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください。 (※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

前回のおさらい

主人公の春田創一は、生活力のないポンコツ男ですが、ひょんなことから後輩の牧と同居を始めます。一方で、会社の上司である黒澤部長から猛烈なアプローチを受けた後、告白されます。

黒澤は、30年連れ添った妻に離婚を切り出すほど本気です。さらには後輩の牧からも告白されてキスをされるという空前のモテ期を迎えます。

悩む春田

キスをした翌朝の牧は、何事もなかったかのように春田と会話をしました。そして、いつものように手際よく春田の分の朝食を用意して家を出てしまったので、春田は混乱してしまいます。

春田が出勤すると、地元の同級生の棚橋が妻と一緒に新居探しに訪れました。しかし、内見の途中で二人はケンカをしてしまいました。一方で突然離婚を切り出された黒澤の妻・蝶子は、夫の浮気を疑って証拠を集め始めます。

春田は、武川や瀬川に牧の名前を伏せてと恋愛相談をします。黒澤に告白されたことを知るちずにも話を聞きます。春田は自分の味方をしてほしいのですが、ちずは依然として一途で純粋な黒澤を応援しています。話の途中で、春田はまだ会社にいる牧から連絡をもらい、またもやもやしてしまいます。

引いてみる牧

残業していた牧は、瀬川と話していました。瀬川は、昼間の春田の恋愛相談と牧の話を聞いて、二人の間に何かがあると勘付きます。「好きになってはいけない人を好きになってしまった」と思い悩む牧に、瀬川は「押して上手くいかないなら、引けばいい」とアドバイスをしました。

そこで牧は、「昨日のキスは冗談だ」と春田に言います。春田の一気に安心し、「男同士のキスはありえない」と本音を暴露します。それを聞いた牧は、複雑な思いを抱きます。その時、牧の携帯に「明日の12時に屋上に来るように」という黒澤からのメッセージが入りました。

一方、浮気の証拠探しをする蝶子は黒澤の携帯を見ようと試みます。その時、寝ている黒澤が寝言で「はるたん」とつぶやきました。蝶子はそれを「ハルカ」と聞き間違え、まだ見ぬ「ハルカ」への憎悪を燃やします。

黒澤VS牧

翌日、春田は黒澤に呼び出されて自作のキャラ弁を渡されます。美味しそうに食べる春田を見て、黒澤は満足げな笑みを浮かべます。すると黒澤は、初めて春田と契約に行った日のことを話し始めました。

その話によると、黒澤が商談の帰りに転んで足ををくじき、春田が黒澤に靴を履かせてあげた瞬間、黒澤は春田にときめいたのだと言います。

そんな思い出話をしている最中に、同じく黒澤から呼び出された牧が現れます。そして、黒澤に「春田から手を引いて下さい」と迫ります。春田はまた冗談かと思って必死に止めに入りますが、二人は春田を巡って言い合いになってしまいます。

もう戻れない

その夜、春田は牧に「冗談もいい加減にしてほしい」と言いましたが、牧は本気であることを告げます。しかし春田は「そんなつもりで一緒に住み始めたわけじゃない」と厳しく言ったため、牧はその場から逃げてしまいました。一部始終を見ていたちずは、春田の無神経な態度に怒りを募らせます。

自宅に帰った春田は、牧の姿がなかったので夜の街に飛び出して探しに行きます。「牧との生活は楽しかったのに、なぜこんなことになってしまったのか」と思いながら必死に探していると、公園にいる牧の姿を見つけます。

しかし牧は、「可能性がないなら優しくしないでほしい」と言います。春田は、そんな牧に友達として普通に暮らすことを提案します。すると牧は春田のおでこにキスをして、「普通には戻れない」と言って去って行きました。

波乱の予感

翌日春田は、仲違いして一緒に暮らすのを諦めようとしていた、棚橋夫妻の問題を解決することに精を出します。すると二人はそれぞれの意見を話し始め、再び一緒に暮らすことになりました。春田が安心したのも束の間、会社に戻ると黒澤の妻の蝶子が現れ、「あなたに話がある」と切り出します。

『おっさんずラブ』2話の感想

美味しそうに食べる春田

1話にも2話にも、春田がご飯を食べるシーンが何回かあります。1話では、春田の家に引っ越してきた牧の料理を春田が食べます。また同様に、2話では黒澤自作のお弁当を春田が食べます。

両シーンに共通するのは、春田がそれまでの迷いや悩みをいったん忘れて、本気で「美味しい」と言って食べることです。自分が作った料理を、好きな人が純粋に誉めてくれたらその嬉しさは格別でしょう。

特に、乙女系の黒澤と女子力が高い牧という、女性寄りの特性を持った二人だからこそ、より春田の反応が喜ばしく感じられるのではないかと思います。

抱腹絶倒の格闘シーン

屋上で黒澤と牧が言い争うシーンは、何度見ても非常に面白いです。「俺たち同棲しています」という牧の主張を、春田が「ルームシェアです」ととっさに訂正したりと、彼らの暴走を止めようと必死です。

春田の悪いところの言い合いでは、一緒に住んでいる牧が「朝不機嫌」「服脱ぎっぱなし」「靴揃えない」「皿洗いしない」と怒涛の勢いで列挙して黒澤を圧倒します。

かなりコミカルに描かれていますが、当人たちはいたって真面目だというギャップに笑いを誘われます。「僕のために喧嘩するの止めてください!」というセリフを男性二人に対して言っているというのが、「女の子と恋がしたい」と思っている春田を絶妙に皮肉っています。

『おっさんずラブ』2話の作品情報

上映日2018年4月21日~6月2日
上映時間約50分
制作国日本
ジャンルテレビドラマ
キャスト田中圭、吉田鋼太郎、林遣都
原作山中梅鉢『おっさんずラブ』
主題歌スキマスイッチ「Revival」

 

登場人物紹介

春田創一(田中圭)

「天空不動産」の営業所の社員。33歳の独身で実家で何不自由なく暮らしてきましたが、母親が自立を促すために出ていってしまったので、途方に暮れてしまいます。そんな時、突然上司の黒澤さらには後輩の牧に告白されてしまい、平穏な日常が崩されていきます。

牧凌太(林遣都)

「天空不動産」本社から営業所に異動してきた25歳の社員。同居開始後、突然春田に告白してしまいます。男らしい性格かつ非常にマメで家事・料理をこなす万能人間です。母親のように世話を焼き、春田に尽くします。

黒澤武蔵(吉田鋼太郎)

「天空不動産」の営業所の55歳の部長。男女共に人気が高い理想の上司でしたが、突然春田に告白します。30年連れ添った妻に離婚を切り出すほど本気で春田のことを思っています。会社では厳格なキャラを保っていますが、春田の前では乙女チックな一面を見せます。

瀬川舞香(伊藤修子)

「天空不動産」営業所の45歳の社員。噂が大好きなおしゃべりおばちゃんですが、時々はっとするような助言をしてくれます。

武川政宗(眞島秀和)

「天空不動産」営業所の44歳の主任。近寄りがたい雰囲気を放つ潔癖症の独身貴族です。ミステリアスな雰囲気の持ち主ですが、春田は相談しやすい上司として尊敬します。しかし、牧の元恋人ということで見方が変わります。今もまだ、牧を想い続けています。

栗林歌麻呂(金子大地)

「天空不動産」営業所の23歳の新入社員。風変わりな問題児と周りの社員からは思われていますが、要領が良く、営業成績は春田よりも上です。

黒澤蝶子(大塚寧々)

黒澤武蔵の50歳の妻。長年、喧嘩をすることもなく夫の武蔵に寄り添ってきましたが、 突然離婚を切り出され、不倫が原因だと推測します。しかし、その相手が春田ということを知って苦悩します。

荒井ちず(内田理央)

「居酒屋わんだほう」の27歳の看板娘で、春田とは年の差の幼馴染。上昇志向が強く、広告会社で働いています。春田に関しては「あんなダメ男ない」とばっさり切り捨てますが、突然の男のライバル出現に困惑します。

荒井鉄平(児嶋一哉)

「居酒屋わんだほう」の38歳の店主。ちずの兄で、春田は実の兄のように慕います。実は音楽の道を志す夢追い人で、春田とちずの仲を応援する世話好きです。

[出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove/]

『おっさんずラブ』2話の視聴方法

『おっさんずラブ』2話はレンタルや購入、動画配信サービスなどの方法で視聴することができます。 2019年9月現在、『おっさんずラブ』2話を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

おっさんずラブ2話無料期間月額料金(税込)
U-NEXT× (視聴不可)31日間¥2,149
Hulu◎ (無料視聴可能)2週間¥1,007
Amazonプライム◎ (無料視聴可能)30日間¥400〜
Netflix ◎ (無料視聴可能)31日間¥864〜
FODプレミアム× (視聴不可)31日間¥959
dTV◎ (無料視聴可能)31日間¥540
  • 無料視聴可能 (◎):会員であれば無料で視聴できます。
  • 視聴可能 (◯):会員であっても別料金が発生しますが、視聴は可能です。
  • 視聴不可 (×):お取り扱いがありません。

『おっさんずラブ』のエピソード一覧

『おっさんずラブ』のエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
第1話あらすじ記事はコチラ
第2話この記事
第3話あらすじ記事はコチラ
第4話あらすじ記事はコチラ
第5話あらすじ記事はコチラ
第6話あらすじ記事はコチラ
第7話あらすじ記事はコチラ