映画『おっぱいバレー』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

実話をもとにした小説が、綾瀬はるかを主演にして映画化。

今回は、映画『おっぱいバレー』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『おっぱいバレー』の作品概要

created by Rinker
バップ
¥4,043 (2020/09/25 14:51:20時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2008年
上映時間102分
制作国日本
監督羽住英一郎
原作水野宗徳『おっぱいバレー』
脚本岡田恵和
音楽佐藤直紀
主題歌Caocao(持田香織・田島貴男)「個人授業」
出演綾瀬はるか/青木崇高/仲村トオル/石田卓也/大後寿々花/福士誠治

水野宗徳が構想作家時代に聞いたエピソードを元に書いた小説を映画化した作品。主演の綾瀬はるかは、第52回ブルーリボン賞で主演女優賞、第33回日本アカデミー賞でも優秀主演女優賞、話題賞(俳優部門)を受賞した。

『おっぱいバレー』のあらすじ

「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」新任教師の寺嶋美香子は、弱小男子バレーボール部の生徒たちと約束をした。敗けられない戦いに挑む中学生と、葛藤する美香子の不思議な攻防が織りなす青春コメディ。

登場人物紹介

寺嶋美香子(綾瀬はるか)

男子バレーボール部の顧問となった新任教師。

堀内健次(青木崇高)

美香子の同僚の男性教師。美香子に好意を寄せている。

城良樹(橘義尋)

男子バレーボール部の新入部員で唯一の一年生。バレーボール経験がある。

城和樹(仲村トオル)

城良樹の父親。中学からバレーボールをやっていたが、ケガのため3年前に引退。

平田育夫(木村遼希)

男子バレーボール部のキャプテン。

『おっぱいバレー』のネタバレ

この先、『おっぱいバレー』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

おっぱいの約束

戸畑第三中学校に、国語の新任教師、寺嶋美香子が赴任しました。美香子は以前勤めていた学校で問題を起こしてしまい、以来自信を無くしていましたが、新たな場で心機一転しようと意気込んでいました。

そんな美香子に、教頭は男子バレーボール部の顧問になるよう命じます。二つ返事で引き受けた美香子でしたが、実はこのバレー部は問題児の集まる「バカ部」と呼ばれる部活だったのです。

美香子は早速、男子部員たちに、女子バレー部との練習試合を持ち掛けます。ですが、彼らは「部員が5人しかいない」と言い、練習を拒みます。そのとき、偶然やり取りを聞いていた城良樹が入部を希望します。良樹はバレー経験者でした。こうして3年生5人、1年生1人のチームが出来ました。

こうして練習試合は行われたのですが、結果は男子バレー部の惨敗でした。それもそのはず、彼らはこれまで練習をまったくしていなかったのです。これを受けて、良樹は入部を取り消します。

 

美香子は、彼らのだらしなさを嘆き「本気で頑張るなら、先生、何でもするから」と言います。それを聞いた部員は、美香子に「試合に1勝したら、おっぱいを見せてください」と頼みます。生徒たちの勢いに押され、美香子はこの約束を結んでしまいました。

どうせ試合には勝てない。でも頑張ってほしい。美香子はそんな葛藤を抱えます。

ボール穴開け作戦

すっかり火のついたバレー部員たちは、強豪校の竜王中バレー部の練習を偵察します。そこでは過酷な練習が行われていました。意気消沈したバレー部員たちは、竜王中のバレーボールに穴を開けて練習を妨害する「ボール穴開け作戦」を計画します。

ですが、その様子が竜王中の顧問に見つかり、美香子は呼び出されます。美香子は部員たちに「自分たちは努力もせず、頑張りもせず、それで私のおっぱい見ようなんてひどい!」と怒ります。部員たちは、美香子の想いを裏切ってしまったことを反省します。

それからというもの、部員たちは必死の練習を始めました。彼らの熱意を受け、美香子も練習に精を出します。美香子としては、おっぱいの約束を取り消したかったのですが、部員たちを焚き付けてしまったため、言い出しにくくなっていました。

もう1人の部員

練習が本格化するにつれ、部員の欠如が問題となります。バレーボールは1チーム6人で構成されるのに対し、部員は5人しかいません。美香子を含むバレー部は良樹を説得するために、彼の家に向かいます。そこで出てきたのは良樹の父親の和樹でした。彼は3年前までバレーをやっていました。

和樹は、息子の良樹はバレー部に入っているものだと思っていました。これを聞いたバレー部は良樹を探しに、街に繰り出します。その頃、良樹は不良の上級生2人とつるんでいました。

良樹は上級生に乗せられて、止めてあった大型バイクを蹴り倒します。そこへバイク持ち主が駆け付けました。持ち主は戸畑第三中、男子バレー部のOB、中井でした。中井は良樹を列車の車庫へと連れ込みます。

絶体絶命の良樹を、偶然、バレー部員の江口が発見しました。部員たちはそこへ駆け付け、中井に立ち向かいます。彼らは命がけで良樹を守り抜きました。こうして、良樹は戻り、バレーチームが完成したのです。

美香子の過去

練習を積み重ね、やがて試合の日が来ました。戸畑第三中は初戦を通過します。不戦勝です。勝利を喜ぶ部員ですが、美香子はそれではいけない、といさめます。部員は納得し、正々堂々と勝利を収め、おっぱいを見ることを決意します。

2回戦の対戦相手は竜王中でした。あまりの実力差に意気消沈します。美香子は、「私のおっぱいを見るために、頑張りなさい」と励まします。

このとき、美香子は自身の過去について思いを馳せていました。前の学校で、受験前の生徒とライブに行く約束をし、問題となったこと。中学時代、万引きで停学処分になったとき、指導をしてくれた教師のこと。

竜王中との試合に向けて、バレー部は良樹の父の和樹をコーチとして招き、合宿するなどして練習に拍車を掛けます。

避けられぬトラブル

様子のおかしいバレー部員に違和感を覚えた、男子バレー部OBの中井は部員たちにワケを尋ねます。部員たちは正直に、おっぱいの約束について話します。ところが、そこには女子バレー部の理恵がいて、盗み聞きしていました。こうして、噂は広まります。

竜王中との試合を目前にした頃に、おっぱいの約束が学校にバレてしまいます。美香子は噂を正直に認め、解雇されました。これ以来、美香子は男子バレー部の練習に参加できなくなりました。

決戦、竜王中・強豪バレー部

時は経ち、竜王中との試合です。この日のため、必死に練習してきた彼らですが、第1セットはストレート敗けです。部員たちが絶望を感じていたところに、美香子が現れます。「約束がなしだって言った覚えはない! 私のおっぱいを見るために頑張りなさい!」と叫びました。

これを聞いた部員に、スイッチが入りました。彼らは第2セットで竜王中に勝利します。ですが、その相手は竜王中の2軍でした。第3セットでは1軍に交代し、惨敗に終わります。

敗退を悔しがる部員たちを、美香子は抱きしめます。美香子は教師を続けることを決意し、町を出ます。電車の中で、部員たちからの手紙を開きました。そこには、竜王中との試合の日、飛び込んだ美香子のおっぱいの感触について、想いがつづられていました。

美香子は笑いながら、窓の外を見ます。そこには、胸にボールを詰めた部員たちの姿がありました。

『おっぱいバレー』の感想

人を動かす最も有効なやり方は、性欲や死の恐怖など原始的な本能を刺激することだと言います。おっぱいを見るためにバレーの練習に励む、というのもその好例でしょう。おっぱいに詰まる夢とロマンスを求め、戸畑第三中バレー部は生まれ変わるのです。

思春期真っ只中の、中学生の彼らが、おっぱいに抱く異常なまでの執着と純粋さに感服すると同時に、心の根底では共感を覚えます。老若男女問わず、必見の映画です。興味のある方は原作を読んでみても良いでしょう。

ところどころ挟まれる小ネタと、綾瀬はるかを存分に活かした演技にも注目です。

『おっぱいバレー』の視聴方法

『おっぱいバレー』はDVDの購入やレンタル、Huluなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『おっぱいバレー』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT視聴不可1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV視聴不可500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム無料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。