映画『おおかみこどもの雨と雪』のあらすじ・ネタバレ・感想

アニメ

オオカミと人間のハーフの子供と、その母親の日常が描かれる『おおかみこどもの雨と雪』。

今回は、映画『おおかみこどもの雨と雪』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『おおかみこどもの雨と雪』の作品概要

created by Rinker
バップ
¥1,631 (2020/07/05 18:28:55時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2012年7月21日
上映時間117分
制作国日本
監督細田守
脚本奥寺佐渡子/細田守
音楽高木正勝
主題歌アン・サリー「おかあさんの唄」
出演宮崎あおい/大沢たかお/黒木華/大野百花/西井幸人/加部亜門

『時をかける少女』『サマーウォーズ』など、数々のヒット作を生み出した細田守監督の作品。主人公がライフイベントを経て成長する姿や、子供がさまざまな経験を通して自分の人生を切り開いていく様子が描かれる映画。

『おおかみこどもの雨と雪』のあらすじ

ある日、花は大学で1人の青年と恋に落ちる。その青年は、ニホンオオカミの血を受け継ぐ「おおかみおとこ」だった。そんなおおかみおとことの間に、雨と雪という2人の子供が生まれる。しかし、オオカミの血を引く雨と雪は、人間の子供と同じようには生活できなかった。

都会での生活に限界を感じた花は、田舎に移り住むことを決意する。そして、大自然に囲まれた田舎での新しい生活が始まった。順調に成長する雨と雪だが、人間として生きるか、オオカミとして生きるかの選択を迫られる。

登場人物紹介

花(声:宮崎あおい)

父子家庭で育つが、高校生の時に父を亡くし、天涯孤独になる。大学時代に「おおかみおとこ」と出会い、生まれた2人の子供を大切に育てる。

おおかみおとこ(声:大沢たかお)

運送ドライバーとして働きながら、大学に通う青年。ニホンオオカミの末えいで、オオカミと人間の血を継いでいる。

雪(声:黒木華/大野百花)

雪の日に生まれたことから、「雪」と名付けられたオオカミと人間のハーフ。活発な性格。

雨(声:西井幸人/加部亜門)

雨の日に生まれたことから、「雨」と名付けられた。大人しく、気弱な性格で、徐々にオオカミとしての本能に目覚めていく。

韮崎(声:菅原文太)

韮崎(にらさき)。花の家の近所に住む農家の老人。とっつきにくい性格だか、花に農業を教える。

[出典:http://www.ookamikodomo.jp/cast/index.html]

『おおかみこどもの雨と雪』のネタバレ

この先、『おおかみこどもの雨と雪』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

花とおおかみおとこ

大学生の花は、大学で1人の青年と恋に落ちた。花は、やがて青年が人間の姿で暮らす「おおかみおとこ」だと知る。事実を知っても、花はおおかみおとこのすべてを受け入れ、一緒に暮らし始めた。そして、2人の間には長女の「雪」、長男の「雨」が生まれる。

2人は、オオカミと人間の両方の顔を持つ「おおかみこども」だった。そのことを隠しながら、家族4人は都会の片隅で暮らし始める。つつましくも幸せな生活は長続きすると思われたが、あるとき悲劇が起きる。

なんと、おおかみおとこが事故で亡くなってしまったのだった。オオカミの姿で亡くなってしまったため、遺体はゴミとして片付けられてしまう。 取り残された花は、ショックを受けながらも子供をしっかり育てる決意をする。

そして、子供たちが人間としてもオオカミとしても生きられるように、都会を離れて、自然に囲まれた田舎町に移り住むことにした。

新生活

花は、新しい家として山奥にある築100年の古民家を選んだ。おてんばな雪は、その家をすぐに気に入ったが、内気な雨は中々なじめなかった。そんな子供たちを見守りながら、花は廃屋のような家の修繕に取りかかる。その横では、雪と雨が人間とおおかみに姿を変化させながら駆け回った。

そして、花は節約のために自給自足の生活を始める。独学で畑を耕し始めるが、種は枯れていくばかりだった。失敗を繰り返す花のもとに、近所に住む韮崎という老人がやって来て、「上手くいかないなら、なぜ聞こうとしない」と冷たく言った。

それを機に、花は里の人たちと積極的にコミュニケーションをとるようになり、家には里の人たちがたずねてくるようになった。畑の野菜も、韮崎の指導のおかげで順調に育ち始める。

葛藤

やがて、雨と雪は小学校に入学した。2人は、「おおかみにならない」という花との約束を守り、学校生活をスタートさせる。雪は、オオカミに変身しないようコントロールし、周囲の人間に上手く溶け込んだ。

そんなとき、雪は転校してきた草平という少年に「お前んち犬飼ってない?なんか、ケモノくさいから」と言われてしまう。それを機に、雪は草平を避けるようになったが、草平は雪にしつこくつきまとう。

怒った雪は、感情をコントロールできなくなり、オオカミに変身して草平にケガをさせてしまった。連絡を受けて駆け付けた花は、草平が「オオカミがやったんだ」と言ったのを聞いた。

 

一方、雨は学校の子供たちに馴染めず、学校を休みがちになっていた。代わりに、よく山に行っていた。そこには、雨が「先生」と慕う山の主のキツネがいたからだった。キツネに山の事を教わった雨は、「自分の居場所は山だ」と思い始める。

花は、雨が「先生」と呼ぶ人が人間でない事に気づき、雨が野生に目覚めつつあることを心配する。雪も、学校に行かない雨を説得するが、雨は「オオカミだから学校には行かない」とかたくなに主張する。

人間として生きようとする雪と、オオカミとして生きようとする雨は取っ組み合いのケンカを始め、雨は山に逃げてしまった。

それぞれの道

ある嵐の日、山から帰ってきた雨は、「先生が足を悪くして動けない。今までの先生の代わりを、誰かがしなきゃならない」と言い、雨はまた山に行ってしまった。花は、雨を追いかけて山に向かう。

一方、小学校では生徒たちが体育館に避難し、保護者の迎えを待っていた。最後まで迎えが来ず、学校に残っていた雪と草平は、お互いの秘密について語り合う。

そして、雪は「あのとき、草ちゃんを傷つけたオオカミは私なの」と正体を明かす。草平は、「分かってた、ずっと。雪の秘密、誰にも言ってない。誰にも言わない」と答えた。

 

出て行った雨を探しに山へ入った花は、途中で崖から落ちて気を失ってしまう。朦朧(もうろう)とする中、花は夢でおおかみおとこと再会する。おおかみおとこは、「雨なら大丈夫だよ。自分の世界を見つけたんだ」と告げた。

雨がやみ、花が目を覚ますと、花はオオカミになった雨に背負われて里へ下りてきていた。「行ってしまうの?」という花に返事をせず、雨は山の中に入り、花を安心させるように力強く遠吠えをする。花は、その姿を見て「しっかり生きて!」と叫んだ。

 

翌年、人間として生きていくことを決めた雪は、中学校に進学し、寮に入って家を出た。雨と雪との思い出が詰まった家で1人暮らしをしている花のもとには、風に乗ってオオカミの遠吠えが聞こえてくるのだった。

『おおかみこどもの雨と雪』の感想

結婚、出産、パートナーの死、育児、新天地での生活を通して、花が成長していく過程に、心が動かされました。特に、序盤の育児の様子は、世のお母さんの共感を呼ぶのではないかと思いました。

気が付くとオオカミに変身してしまう子供たちの面倒を、1人で見ながら生活し、田舎に引っ越しする決意をする花は、思わず応援したくなるほど健気(けなげ)です。

また、雨と雪の成長も見どころだと思います。上手く社会に溶け込む雪と、人間としての生活に違和感を覚える雨との溝は、どんどん深まっていきます。

しかし、2人が悩みを乗り越えて、それぞれの道で生きていくことを決意したとき、どちらの生き方も肯定する花と同じような気持ちになりました。いつ見ても、何度見ても泣ける映画です。