映画『オーシャンズ12』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

大人気クライム・コメディシリーズの2作目・映画『オーシャンズ12』

この記事では、映画『オーシャンズ12』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・シリーズ作品一覧・視聴方法をご紹介します。

『オーシャンズ12』の作品概要

created by Rinker
¥2,980 (2020/10/31 18:33:34時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2005年
上映時間125分
制作国アメリカ合衆国
監督スティーヴン・ソダーバーグ
脚本ジョージ・ノルフィ
音楽デヴィッド・ホームズ
出演ジョージ・クルーニー/ブラッド・ピット/ジュリア・ロバーツ/マット・デイモン/アンディ・ガルシア/ドン・チードル 他

世界中で大ヒットを記録した映画『オーシャンズ11』の続編。今度はヨーロッパ全土を舞台に、犯罪集団が新たな一大プロジェクトを仕掛ける。スティーヴン・ソダーバーグが監督を引き続け、前作の豪華キャストにキャサリン・ゼタ=ジョーンズが加わる。

『オーシャンズ12』のあらすじ

オーシャンズがラスベガスのカジノから1億6000万ドルを強奪してから3年。オーシャンと仲間たちは、盗んだ金を山分けし、それぞれまっとうな人生を歩もうとしていた。

しかし、復讐を誓うカジノのオーナーのベネディクトは、2週間以内に利子を付けて返済するようオーシャンズのメンバーに一人ひとり脅迫する。追い詰められたオーシャンズは再び集結し、大きなヤマを求めてオランダのアムステルダムへ向かう。

登場人物紹介

ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)

カリスマ的強盗犯かつ詐欺師。カジノ強盗の計画の立案者でオーシャンズのリーダー。現在は、再婚した妻テスと幸せな生活を送る。

ラスティー・ライアン(ブラッド・ピット)

ダニーの相棒で計画の実行役。カジノ強盗で手に入れた報酬でハリウッドでホテル業を始めるが、経営状況は不振続き。

テス・オーシャン(ジュリア・ロバーツ)

ダニーの妻。カジノ強盗の後に、ダニーと再婚した。ラスベガスで美術館の館長をしていたが、現在は専業主婦。泥棒業から足を洗わないダニーを批判する。

イザベル・ラヒリ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)

ラスティの元恋人でユーロ警察の刑事。ヨーロッパで有名な強盗ナイト・フォックスを追う優秀な捜査官。

ライナス・コールドウェル(マット・デイモン)

スリの腕が良い青年。両親も有名な詐欺師である。カジノ強盗で自信をつけ、自分も窃盗団を組織しようとするが上手く行かない。一人前として認められようとダニーやラスティにアピールする。

テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)

ラスベガスの3大カジノのオーナー。3年前にカジノの売上金と恋人のテスを奪われたことで、ダニーに強い恨みを持っている。仕事はできるが、プライドが高く冷酷な男。

バシャー・ター(ドン・チードル)

爆薬・武器関係を担当。カジノ強盗のときは、ラスベガスを停電させる活躍を果たした。事件後は、ロンドンでラッパーに転職していた。

ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)

ラスベガスでカジノホテルを経営する資産家。カジノ強盗のときは、オーシャンズの資金面をサポートした。事件後は株式投資で儲けていた。

ソール・ブルーム(カール・ライナー)

昔は有名だった天才詐欺師。カジノ強盗のときも引退をして隠居生活を送っていたが、ラスティに誘われて計画に参加し名演技を見せた。事件後は、リゾート地で優雅な生活を送っている。

バージル・モロイ(ケイシー・アフレック)

双子のモロイ兄弟の兄。弟のタークといつも言い争いしながらも、一緒に潜入や変装を行う。ラジコン操作が得意。事件後は、地元で結婚してハネムーンに行く予定だった。

ターク・モロイ(スコット・カーン)

双子のモロイ兄弟の弟。兄のバージルといつも言い争いしながらも、一緒に潜入や変装を行う。主に運転手として活躍する。

リビングストン・デル(エディ・ジェイミソン)

電気メカニック専門家。コミュニケーションをとることが苦手で緊張しやすい。カジノ強盗後は、コメディアンとしてナイトクラブで芸を見せるがスベってばかりだった。

フランク・カットン(バーニー・マック)

前科持ちのカジノのディーラー。カジノ強盗後は、大好きなネイルサロンを経営していた。オーシャンズの中で唯一、ラスティとイザベルの関係を知っている。

イエン(シャオボー・クィン)

中国人のサーカス曲芸師。非常に小柄だが、俊敏な運動神経と柔軟な体を持つ。カジノ強盗後は豪邸に住んでいたが、手を出した事業に失敗し、付き合っていたモデルにも振られる。

『オーシャンズ12』のネタバレ

この先、『オーシャンズ12』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

ベネディクトの逆襲

3年半前、イタリアのローマ。ラスティは、恋人で警察官のイザベルが自分とフランクがブルガリ事件の犯人だと勘づいていることに気づき、黙って彼女のもとを逃げます。

 

3週間前、コネチカット州。ダニーは、偽名を使って銀行口座を開設していました。テスは未だに犯罪から引退しないダニーにあきれながらも、ふたりで幸せに暮らしていました。しかし、ベネディクトが突然現れ、金庫で奪った金に利子をつけて2週間以内に返却するよう要求します。

バージルが、弟のタークを含む家族に婚約者を紹介しようとしていると、ベネディクトが現れます。同じようにマイアミにいたイエン、ニュージャージーにいたフランク、ロンドンでラッパーをしていたバシャー、シカゴにいたライナスのところにもベネディクトが現れ、金を返すよう脅されます。

ソールもベネディクトにカードを差し押さえられます。ニューオーリンズでパフォーマンスをしていたリビングストン、占いをしていたルーベンのところにもベネディクトが現れます。ホテルを経営していたラスティは、ベネディクトに愛車を爆破されてしまいます。

アムステルダムへ

困ったオーシャンズ11は再び集まります。一人1900万ドル支払う必要がありましたが、株で儲けたルーベン以外誰もお金が足りません。ソールは有り金を使い切って返済には応じないと言って抜けてしまいました。残ったメンバーはお金を稼ぐためにアムステルダムへ行きます。

アムステルダムへ向かう飛行機の中で、ライナスはラスティに「重要な交渉の仕事をさせてほしい」と頼みこみ、承諾をもらいます。ライナスは仕事相手のマツイとの交渉に向けて張り切ります。一方、アムステルダムへ着いたラスティは元恋人イザベルの姿を遠くから見つめていました。

残り11日、ダニエル、ラスティ、ライナスは交渉相手のマツイのところへ行きます。隠語を交えた会話にライナスは全然ついていけませんでした。ライナスがマツイの質問にとんでもない返答をして交渉が破断しそうになり、結局ライナスを外して仕事の交渉をします。

ナイト・フォックス

最初のターゲットは、バウダという家にこもりっきりの金持ちです。バウダの家には、貴重な骨董品が多く保管され、厳重なセキュリティで守られています。暗証コードも外からのぞき込めない位置にあります。ラスティは家ごと持ち上げる大胆な作戦 “シューマン・スペシャル” を思いつきます。

残り8日、地下に大きなジャッキをセットし、バウダの家全体を傾けます。バシャーが近くの建物から暗証コードに向かってボウガンを撃ち込みます。ワイヤーをつたって暗証コードを解除する装置を取り付け、セキュリティを解除し、バウダの家に侵入します。

ダニーたちは金庫へ侵入しますが、すでに狙っていた物は奪われ、代わりに黒いキツネの置物がありました。それは世界的強盗 “ナイト・フォックス” の仕業で、ダニーたちより先にバウダの金庫を開けていたのでした。さらに、フォックスはベネディクトと裏でつながっていたのでした。

敏腕刑事イザベル

翌日、ナイト・フォックスを追っていたユーロ警察のイザベルは、強盗があったバウダの家にかけつけます。イザベルが暗証コードの上のドアを確認すると、ボウガンの矢の跡を見つけます。勘の鋭いイザベルは侵入方法をすぐに見破り、ラスティの仕業だと気づきます。

イザベルはマツイと名乗っていたマクナリーを連行し、一言かけただけで口を割らせます。イザベルに顔を知られていたフランクは、偽造カードを使用したことがバレて捕まります。そして、 オーシャンズが泊まっていた部屋にもイザベルがやって来ます。

イザベルは捜査が進んでいることをラスティに伝えて帰ります。部屋で隠れていたメンバーにラスティは責められます。ラスティが提案したシューマン作戦は泥棒だったイザベルの父から聞いた話でした。さらに最悪なことに、ラスティの携帯電話はいつの間にかイザベルに奪われていました。

次に狙うは “卵”

翌日、顔を見られたラスティ、ダニエルは変装をし、イエンはバッグに入り、一同はスポーツ選手団の格好をしてアムステルダムから移動します。しかし、途中でイエンが入ったバッグが消えます。

フォックスの正体はトゥルアーというフランス人の大富豪でした。トゥルアーは道楽で強盗をしていますが、恩師ルマークに鍛えられた超やり手です。ダニーたちはイタリアのコモ湖にあるトゥルアーの別荘から絵を盗み出し、トゥルアーを挑発します。

残り5日、ダニーはトゥルアーの別荘に現れます。トゥルアーはルマークがダニーを「世界一の泥棒」と褒めていたことに嫉妬していたのでした。その日の朝にパリからローマの美術館に運ばれた “ファベルジェの卵” をどちらが先に盗めるか、トゥルアーはダニーに勝負をしかけます。

一方、イザベルは秘書のふりをしてラスティの携帯電話を取り、ネイゲルに頼んだ仕事内容を聞き出します。残り4日、ローマの美術館で披露される “卵” が狙われると勘づいたイザベルは、イタリア警察に捜査書類の承認を求めますが、現実的でないとして断られます。

美術館襲撃計画の失敗

ダニーがホテルに着くと、無事だったイエンが部屋にいました。ダニーたちは昼間に美術館の一般客に混じって、卵を本物そっくりのホログラムにすり替える計画を立てます。ネイゲルが完成したホログラムを披露しますが、「イザベルと話したと伝える」と、一同は絶望します。

ラスティはイザベルの自宅に行きます。イザベルは、「ラスティとフランクがブルガリの窃盗犯だと気づいていた」と打ち明けます。結局、携帯を取り戻すことはできませんでしたが、ラスティは帰り際に、イザベルが絵画を盗まれたトゥルアーと会う予定だと聞きます。

今度こそラスティを捕まえる決意をしたイザベルは、捜査書類の署名を偽造します。トゥルアーは絵画が盗まれたときの監視カメラの映像をイザベルに渡し、オーシャンズ全員の身元がバレます。イザベルは偽造した文書を行使し、美術館を襲撃したメンバーたちを次々と捕まえます。

テスがオーシャンズに参加

うまく逃げたライナス、バシャー、タークはアジトに戻り、困り果てていました。ライナスは、テスをおとりに使うことを思いつきます。アメリカの自宅にいたテスに電話をかけ、ダニーを喜ばせたいと嘘をついて翌日ローマに来させます。テスに事情を話して妊娠した女優の変装をさせます。

テスは瓜二つの女優ジュリア・ロバーツのふりをしてホテルに行きます。そこには俳優のブルース・ウィリスもいました。ブルースが本物のジュリアに電話をかけてバレそうになったところを、ソールが主治医だと嘘をついて入ります。ソールはダニーたちのことが気になって助けに来たのです。

テスはブルースと一緒にVIP待遇で卵を観賞します。テスが倒れそうになり、一同がテスの体を支えて去ろうとした一瞬、ライナスがカメラに映らないように卵をホログラムにすり替えます。その様子を監視カメラで見ていたイザベルは、美術館を封鎖し、立ち入り禁止にします。

オーシャンズ全員、逮捕

イザベルはブルースにも協力してもらい、ジュリアが本物でないことに気づいていました。テスと、美術館にいた残りのメンバーも捕まり、全員留置所に入ります。しかし、カジノ強盗の捜査で到着したFBIがイザベルの書類偽造を告発し、イザベルは捜査を外されます。

FBIの女性捜査官モリーはライナスに目をつけ、事情聴取を始めます。モリーは経験の浅いライナスの心理を巧みに揺さぶって、カジノの強盗事件について自白させます。結局、全員FBIの車に乗ってアメリカへ連行されます。イザベルも後に続いて車で連行されます。

 

しかし、FBIの女性捜査官はなんとライナスの母親でした。一同は送還されるふりをして、空港に向かいます。イザベルが他の車と別れたラスティの車を追わせると、空港でラスティとふたり取り残されます。ラスティはイザベルの父親が生きていると伝え、ふたりでジェット機に乗り込みます。

一方、イザベルに捕まってからずっとアムステルダムの留置所にいたフランクも、弁護士のふりをしたダニーの仲間に助け出されます。

ネタばらし

その夜、トゥルアーの別荘にはダニーとテスがいました。トゥルアーは卵が展示される前夜、ランダムに動くレーザー・センサーを身体能力の高さでくぐりぬけ、卵を盗んだと自信満々に話します。それを聞いたダニーはトゥルアーが一番だと認めますが、自分たちが勝負に勝ったと言います。

実はダニーとラスティは6日前に、パリでルマークから事前に卵の輸送手段を聞き出し、トゥルアーの動きを予想していたのです。ローマに向かう電車で乱闘騒ぎのふりをしている間に、卵が入ったバックとレプリカが入ったバッグをライナスがすり替えたのでした。

その後のダニーたちの動きは全て演技で、トゥルアーが盗んだのはレプリカでした。ダニーのほうが上手だとを思い知らされたトゥルアーは負けを認め、約束していた大金を渡します。

ベネディクトに勝利宣言

ラスティはイザベルをルマークが隠れて暮らすリゾート地へ連れていきます。ルマークの顔を見たイザベルは驚きます。ルマークは死んだと思っていたイザベルの実の父親でした。再会を果たした父娘は抱き合い、ラスティは本物の卵が入ったバッグを返します。

ルーベンはベネディクトに約束したお金を小切手で渡します。ルーベンはこれで争いは終わりだと言って「ベネディクトが今後襲われても自分たちは関係ない」と約束します。しかし、ベネディクト邸には清掃員の格好をしたトゥルアーがすでに侵入していたのでした。

月曜の夜、オーシャンズのメンバーとテス、イザベルはパーティー会場に集まります。ラスティはイザベルを改めてみんなに紹介し、お酒を飲みながら全員でポーカーを楽しむのでした。

『オーシャンズ12』の感想

『オーシャンズ12』では、カジノ強盗の恨みを持つベネディクトがついに復讐をしかけてきます。さらに、ラスティの元恋人イザベルや、大泥棒ナイト・フォックスが現れ、複雑な人間関係が絡んだ内容でした。

一人前になろうと頑張るライナスがまたヘマをしてしまったり、ジュリア・ロバーツ演じるテスがジュリア・ロバーツになりきったり、コメディ要素がたくさんあって面白かったです。

舞台やターゲットが目まぐるしく入れ替わり、イザベルやトゥルアーだけでなく観客もだまされるような展開でした。1度見ただけでは分からない伏線がたくさん入っているので、何回も見てみるとより楽しめるかも知れませんね。

『オーシャンズ』シリーズ作品一覧

『オーシャンズ』シリーズ作品の一覧表は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとその作品のあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

題名記事リンク備考
『オーシャンズ11』あらすじ記事はコチラシリーズ1作目
『オーシャンズ12』この記事シリーズ2作目
『オーシャンズ13』あらすじ記事はコチラシリーズ3作目
『オーシャンズ8』あらすじ記事はコチラスピンオフ作品

『オーシャンズ12』の視聴方法

『オーシャンズ12』はDVDの購入やレンタル、U-NEXT、huluなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『オーシャンズ12』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス見放題562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム無料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。