映画『人間失格』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

豪華な俳優陣の出演で話題になった『人間失格』。

今回は、映画『人間失格』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『人間失格』の作品概要

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,526 (2020/08/07 18:59:32時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2019年9月13日
上映時間120分
制作国日本
監督蜷川実花
脚本早船歌江子
音楽三宅純
主題歌東京スカパラダイスオーケストラ「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」
出演小栗旬/宮沢りえ/沢尻エリカ/二階堂ふみ/成田凌/千葉雄大

『人間失格』は、『ヘルタースケルター』『Diner』の蜷川実花が監督をつとめた作品。『斜陽』『人間失格』で知られる文豪・太宰治と、太宰を取り巻く3人の女性に焦点を当て、その人間模様を描いている。

小説の『人間失格』を題材にしたものではなく、太宰の女性関係を軸にしたフィクションとなっている。

『人間失格』のあらすじ

太宰治は、正妻の美知子という存在がありながらも、作家志望の静子や未亡人の富栄と関係を持っている。

静子や富栄は正妻の美知子に対して後ろめたさを感じながらも、気持ちを抑えられずにいた。美知子も奔放な太宰の行動に頭を悩ませていたが、妻として太宰を支える。

そして、美知子に後押しされた太宰は、自分にしか書けない小説の執筆に取りかかるのだった。

登場人物紹介

太宰治(小栗旬)

作家。正妻と家庭を築くも、女性とのうわさが絶えない。

津島美知子(宮沢りえ)

太宰の正妻。家庭を顧みない太宰の代わりに、3人の子供を育て上げる。

太田静子(沢尻エリカ)

作家志望の太宰の愛人。太宰の子供を産む。

山崎富栄(二階堂ふみ)

戦争で夫を失った未亡人。太宰に寄り添い、太宰の子供を欲しがる。

佐倉潤一(成田凌)

若手の編集者。太宰のファンで、太宰の創作を支えている。

[出典:http://ningenshikkaku-movie.com/]

『人間失格』のネタバレ

この先、『人間失格』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

恋多き男

妻と子供と暮らす作家の太宰治は、あるとき太田静子という女性と出会う。作家志望の静子は、自分の考えを持っている強い女性だった。

そして、太宰は静子の日記をもとに『斜陽』という小説を書き、世間から評価される。

太宰と静子は結ばれるが、2人の間には温度差があった。「子供が欲しい」と静子に詰め寄られた太宰は戸惑ってしまう。そんなとき、山崎富栄という未亡人の女性は太宰に惹かれてしまうのだった。

一方で、そんな太宰を支えていたのは、若手編集者の佐倉だった。学生時代から太宰のファンだった佐倉は、太宰のために奔走していた。

身を切り裂く

そんなとき、静子の妊娠が発覚した。それからというもの、太宰は静子とは連絡を取っていなかった。それを知った静子の弟の薫は怒り、2人は太宰の行きつけの店に向かう。

そこには佐倉と太宰がいた。そして、店には富栄もやってきてしまう。静子と富栄の間には妙な空気が流れる。その後、太宰は富栄と深い仲になった。

後日、太宰は文壇の要人らの座談会に出席したが、作品をけなされてしまう。

太宰が坂口安吾にその話をすると、坂口は太宰が静子の日記を題材に『斜陽』を書いたことを見抜き、「自分の体を切り開かなければ傑作は書けない」と言った。

4者4様の苦悩

ある日、富栄の部屋で過ごす太宰のもとに、静子の弟の薫がやってくる。そして、静子の子供が生まれたことを告げた。太宰は、自身の名前から字を取って「治子」と名付ける。

静子との間に子供がいると知った富栄はパニック状態に陥り、死のうとした。必死で止めた太宰に、富栄は「子供が欲しい」と主張する。

その様子をみた佐倉はあきれ、以前から構想を練っていた『人間失格』という小説を書くように言う。

そしてある時、子供たちを連れて外にいた美知子は、太宰が富栄を抱きしめている場面を目撃してしまう。美知子は複雑な気持ちになるが、気持ちを抑えてその場から立ち去った。

自殺

美知子は、税金の督促状を手にして途方に暮れていた。佐倉を通して太宰と連絡を取るも、太宰にあてはなかった。

そんなとき、外に出ていた美知子が帰宅すると、部屋が片付いていることに気づく。長女は、「お姉さんとお片付けした」と言った。太宰は、愛人の富栄を自宅に連れ込んでいたのだった。

富栄は、静子のように太宰の子供を産むことができず、捨てられる恐怖におびえて死を意識するようになっていた。

そして、富栄との人間関係や薬物で極限状態だった太宰と富栄は、玉川上水に身を投げて心中した。

 

死に際に書いた小説『人間失格』のそばには、美知子への手紙が添えられていた。後日、太宰の死を知って駆け付けた記者を前に、美知子は何事もなかったかのように洗濯物を干し始める。

記者はあぜんとして去って行く。美知子の心には、手紙にあった「誰よりもお前を愛してました」という言葉が残っていた。

『人間失格』の感想

晩年の太宰の人間関係を描いた作品でした。奔放な太宰に尽くす美知子は『ヴィヨンの妻』のさっちゃんそのもので、観ていてつらくなりました。静子は「愛されない正妻よりも、愛される愛人でいたい」と言っていましたが、それを美知子が聞いたらどう思うだろうかと思いました。

名役者が勢ぞろいで、画面が非常に豪華でした。堕ちるところまで堕ちているのに、どこか悲しげな雰囲気を醸し出して女性を魅了する太宰を、小栗旬さんが演じ切っています。会ったことのない太宰を見ているような気持ちになりました。

実際に、『人間失格』は太宰が捨て身の覚悟で執筆した作品と言われています。そのため、坂口安吾のバーでの助言は、この映画で重要なセリフとなっています。最後の美知子が洗濯をするシーンは、ただの洗濯のはずなのに妙に明るくて、したたかな美知子の生き方を表しているような場面でした。

【太宰治】『人間失格』のあらすじ・内容解説・感想|名言付き