映画『ナイト・ミュージアム3』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

ベン・スティラー主演の『ナイト・ミュージアム』の第3作目である『ナイトミュージアム3』。

今回は、映画『ナイト・ミュージアム3』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『ナイト・ミュージアム3』の作品概要

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥1,000 (2020/09/24 10:10:29時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2015年3月20日
上映時間98分
制作国アメリカ合衆国
監督ショーン・レヴィ
脚本デヴィッド・ギヨン
音楽アラン・シルヴェストリ
出演ベン・スティラー/スカイラー・ギソンド/ラミ・マレック/パトリック・ギャラガー/ダン・スティーブンス/ロビン・ウィリアムズ

『ナイト・ミュージアム3』は、『ナイト・ミュージアム』シリーズ最終章。展示物を動けるようにしていたエジプト王の石板が魔力を失い、展示物に異変が現れた。ラリーは、謎を解明するためにロンドンの博物館に向かう。そこで、ラリーは石板の秘密を知る。

『ナイト・ミュージアム3』のあらすじ

自然史博物館にプラネタリウムが新設され、博物館ではパーティが開かれることになった。しかし、イベントの途中で展示物たちが暴走し始めてしまう。ラリーがエジプト王のアクメンラーに相談すると、アクメンラーは「石板に異常が起きている」と言った。

石板のことを知っているアクメンラーの父に会いに行くため、ラリーは息子のニックを連れてロンドンの大英博物館に向かった。

登場人物紹介

ラリー(ベン・スティラー)

自然史博物館の警備員。石板に隠された秘密を探るため、大英博物館へ向かう。

ニック(スカイラー・ギソンド)

ラリーの高校3年生の息子。ラリーに大学進学を進められているが、ニックにはその気がないためラリーと衝突する。

アクンメラー(ラミ・マレック)

自然史博物館の展示物。ラリーとともに大英博物館へ向かい、両親と再会する。

ランスロット卿(ダン・スティーブンス)

大英博物館の蝋人形。自分が蝋人形であるという自覚がない。

[出典:http://www.foxmovies-jp.com/nm-3/movie/about.html]

『ナイト・ミュージアム3』のネタバレ

この先、『ナイト・ミュージアム3』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

石板の異変

1930年代のエジプトでは、研究チームによる発掘作業が行われていた。そこには、後に自然史博物館で働く事になる子供時代のセシルがいた。セシルは、たまたま穴に落ちて新しい王墓を見つけた。そして、アクメンラーとその両親、石版が発見される。

研究者たちがそれらを運び出そうとすると、現地の人は「墓を荒らすと死が訪れる」と忠告した。しかし、研究者たちはそれを聞かず、アクメンラーと石版をアメリカの自然史博物館へ、アクンメラーの両親をイギリスの大英博物館へ納めた。

 

自然史博物館では、石版の力で夜の間だけ動けるようになった展示物が、プラネタリウムを新設したパーティーを行っていた。しかし、ルーズベルト大統領の蝋人形・テディや星座が暴走し、博物館は大混乱となった。

警備員のラリーは、展示物たちのこうした以上に気づいていた。そんなとき、アクメンラーが「石版が謎の腐食を始めている」とラリーに伝える。ラリーが、どうすればいいのかアクンメラーに聞くと、アクンメラーは「石版のことは大英博物館にいる父が知っている」と答えた。

大英博物館へ

ラリーは、館長にアクメンラーと石版を大英博物館に持っていく許可をもらい、ロンドンに向かうことにした。ラリーは、「大学には進学しないでDJをする」と主張する、息子のニックも連れて行くことにした。

ラリーとニックは、大英博物館の警備員をごまかしてアクメンラーを博物館に入れる。しかし搬入用の箱には、テディやフン族の暴君・アッティラに加えて、新しく展示に加えられたネアンデルタール人のラーが入り込んでいた。

夜、石板の力で大英博物館の展示物たちが動き出した。ラリーたちは、アクンメラーの父親に会うためにエジプト展示室に向かう。

その途中、ラリーたちはトリケラトプスの骨格標本に襲われてしまう。そこに助けに入ったのは、ランスロット卿だった。さらに、中国の大型の蛇にも襲われるが、ラリーが蛇をAEDで気絶させ、事なきを得る。

異変の原因

アクンメラーは、エジプト展示室で両親と再会した。父は石板について、「アクメンラーが生まれた時に作り、月の光の下で祈りを込めて作ったものだ」と言った。さらに「石板に異変が起きたのは、月の光に当てていなかったからだ」と付け加えた。

ラリーが天窓から差し込む月の光を石版に当てると、変色していた石版は元に戻る。しかし喜んだのも束の間、元に戻った石板を、ランスロット卿が奪ってしまった。すると、石版は再び変色し、テディの手が動かなくなってしまった。

ラリーとテディ、アクンメラーは、石版を取り戻そうとランスロット卿を追いかける。ランスロット卿は、博物館を出て夜のロンドンの町に飛び出してしまった。ラリーたちは、一時はランスロット卿を見失ってしまうが、劇場でランスロット卿を見つける。

 

ラリーたちは、ランスロット卿を追い詰めるが、石板の異常のせいでテディの両手が蝋(ろう)に戻り、アクンメラーの肌も干からびてしまう。ランスロット卿にも異変が現れ、そのときにランスロット卿は自身が作り物であることに気づいた。

ランスロット卿はラリーに石板を渡し、ラリーは石板を月の光に当てる。すると、再び石板は輝きを取り戻し、他の仲間たちも元に戻った。

動かない展示物たち

事態が収束し、自然史博物館の展示物たちはアクメンラーに「両親と石板と、大英博物館に残るのはどうか」と提案する。それは、自然史博物館の展示物たちが動かなくなることを意味していた。

テディは、「展示されている自分を見て、学んでくれる人がいればいい」とラリーに言う。ラリーたちは自然史博物館に戻り、展示物たちは動かないまま朝を迎えた。

その後、ニックは大学進学を決意する。ラリーは博物館を辞めて、学位を取得して教師になった。3年後、大英博物館との共同展示のため、自然史博物館に石版がやってきた。ラリーは、再びにぎやかになる夜の博物館を見守った。

『ナイト・ミュージアム3』の感想

コメディ映画でありながら、裏のテーマとして「父子の絆」がある映画だと思いました。1作目では関係の「回復」が、2作目では関係の「深まり」が、そして本作ではニックの「旅立ち」が描かれていました。

トリケラトプスと戦う時、ランスロット卿が「ニックと戦う」と言ったのに対して、ラリーは「親だから心配だ」と言いました。ニックをまだ子ども扱いしていることがうかがえます。しかし、大蛇と勇敢に戦うニックの姿を見たラリーは驚き、テディに「ニックはもう一人前だ」と言われます。

このとき、ラリーはニックがもう子供ではないことに気が付きます。このように、親が子の成長を認識することを介して、「親の子離れ」が描かれているように感じました。

ラストは、もうラリーが動く展示物たちと合えなくなるという悲しいものでした。しかし、やはり最後は『ナイト・ミュージアム』らしく明るいシーンが入っていたので、楽しい気持ちで観終えることができました。

『ナイト・ミュージアム3』の視聴方法

『ナイト・ミュージアム3』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年6月現在、『ナイト・ミュージアム3』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
TELASA有料レンタル562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
Disney+視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。