映画『NANA』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

多くの観客を動員し、社会現象を起こす大ヒットとなった『NANA』。

今回は、映画『NANA』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

『NANA』の作品概要

created by Rinker
東宝
¥1,938 (2020/11/01 07:43:04時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2005年9月3日
上映時間114分
制作国日本
監督大谷健太郎
原作矢沢あい『NANA』
脚本大谷健太郎
音楽上田禎
主題歌NANA starring MIKA NAKASHIMA「GLAMOROUS SKY」
出演中島美嘉/宮崎あおい/成宮寛貴/松山ケンイチ/平岡祐太/丸山智己

『NANA』は、矢沢あいの漫画を原作とした実写映画。香港や台湾でも上映され、記録的なヒット作となった。

見た目も性格も違う2人のナナが、一緒に過ごすうちに心を通わせていく様子が描かれている。劇中で中島美嘉が歌うシーンが話題となった。

『NANA』のあらすじ

東京にいる彼氏の元へ向かう小松奈々と、バンドで成功することを夢見て上京する大崎ナナは、新幹線の中で偶然出会った。

意気投合した2人は、後日再会して一緒に暮らすことになる。それぞれの将来に不安を抱える2人であったが、奈々とナナは支え合って強く生きる。

登場人物紹介

大崎ナナ(中島美嘉)

バンドでの成功を目指して上京してきた20歳の女の子。クールな性格。

小松奈々(宮崎あおい)

章司を追って上京してきた20歳の女の子。無邪気で人懐っこい性格。

遠藤章司(平岡祐太)

奈々の彼氏。何かと奈々の面倒を見ている。

レン(松田龍平)

人気バンド・トラストのベーシスト。ナナの元彼。

『NANA』のネタバレ

この先、『NANA』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

2人のナナ

彼氏の章司を追いかけて上京した奈々は、新幹線の中でバンドマンとして成功することを夢見るナナと出会う。同い年で、名前も同じ2人は意気投合した。

その後、奈々が家を探すために物件を回っていると、偶然ナナと再会する。そして、2人は一緒に住むことになった。奈々がレコード屋で「トラップネスト」という人気バンドのCDを手にした時、ナナはそのポスターを見つめる。

そんなとき、ナナの昔のバンド仲間だったノブが、ナナを追って上京してきた。ノブが上京したことをきっかけに、ナナは東京で仕事をしていたヤスと再会する。

そして、ナナは足りないベーシストをオーディションで決め、「ブラックストーンズ」というバンドを組むことにした。

失恋

奈々は、上京してから章司に頼りきりの生活をしていた。次第に章司の気持ちは奈々から離れていくが、奈々はそんな章司の気持ちに気づけなかった。

そして、章司はついにバイト先の女性と浮気してしまう。

何も知らない奈々は、ナナを紹介しようと章司のバイト先へ行くが、そこで奈々は章司の浮気を知ってしまう。奈々と章司は別れることとなり、泣き崩れる奈々をナナがなぐさめた。

それぞれの未来

ある日、奈々はトラップネストの最前列のチケットを当て、ナナをライブに誘った。しかし、ナナは返事をしなかった。実は、トラップネストのベーシストのレンはナナの元彼だったのだ。

しかも、ナナはレンへの気持ちを捨てきれずにいたと同時に、自分や仲間を捨ててトラップネストへ行ってしまったレンのことを恨んでいた。

それを知った奈々は、ナナとレンを会わせたいと思った。そして、奈々はナナを説得してトラップネストのライブに連れて行く。

 

ナナは、ステージ上のレンの姿を見ながら、初めてレンと会った時のことを思い出していた。同時に、レンがナナに気づくように奈々は必死にレンにアピールする。

レンは、ナナが来ていることに気づいていた。

ライブ後、ナナと対面したレンは当初はナナを拒否した。しかし、今のナナの気持ちを知ったレンはナナを抱きしめる。レンと仲直りしたナナを見た奈々は、自分のことのようにうれしくなるのだった。

 

その後、ブラックストーンズはレコード会社の目にとまり、メジャーデビューを果たす。ステージで輝くナナの姿を見た奈々は、新しい生活に向けて動き出した。

2人のナナは将来に不安を感じながらも、仲間と楽しく過ごす。デビューシングルを歌うナナを見ながら、奈々はこれからの生活のことを思った。

『NANA』の感想

奈々とナナの再現度が高く、そのまま漫画から出てきたようでした。奈々の愛らしくて人懐っこい性格と、ナナのさっぱりした性格は正反対ですが、お互いの足りない部分を補っていて素敵な関係だと思いました。

宮崎あおいさんはそこまで甘めなキャラではないという印象でしたが、可愛らしい奈々を全力で演じていました。

また、一見怖いナナをクールに演じる中島美嘉さんが素敵でした。特に身に付けている服が漫画そのもので、忠実に再現されていました。

上京して夢を追いかける奈々とナナが魅力的で、観終わった後に漠然と何かを始めたくなる映画です。