映画『モンスターズ・インク』のあらすじ・感想・ネタバレ

映画

上映が大幅に延長されるなど、大好評となった『モンスターズ・インク』。

今回は、映画『モンスターズ・インク』のあらすじ・ネタバレ・感想・作品概要をご紹介します。

『モンスターズ・インク』の作品概要

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,476 (2020/04/02 00:35:23時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2002年3月2日
上映時間94分
制作国アメリカ合衆国
監督ピート・ドクター
脚本ダン・ガーソン/アンドリュー・スタントン
音楽ランディ・ニューマン
主題歌ジョン・グッドマン/ビリー・クリスタル「君がいないと」
出演石塚英彦/田中裕二/井上愛理/青山穣/大平透/高乃麗

人間の子供の悲鳴を集め、それを動力源にするモンスターワールドが舞台となっている。悲鳴を集めるのはモンスターズ・インクという企業で、そこでは数々のモンスターが働いている。

モンスターワールドに迷い込んだ女の子・ブーを家に帰すため、サリーとマイクが奔走する様子が描かれている。

『モンスターズ・インク』のあらすじ

モンスターワールドの大企業であるモンスターズ・インクでは、人間の悲鳴を集めるために多くのモンスターが働いている。ある日、そこの社員のサリーは、社内に迷い込んだ人間の女の子・ブーと遭遇する。

サリーがブーを人間の世界の返すことに力を尽くす一方で、サリーのライバルのランドールは、ブーのことを狙っている。それは、ある黒幕にブーを使った実験を任されているからだった。サリーとアシスタントのマイクは、その黒幕と戦う。

登場人物紹介

サリー(声:石塚英彦)

モンスターズインク社一の怖がらせ屋。「人間の子供を愛してはいけない」という掟を破ってしまう。

マイク(声:田中裕二)

サリーの親友兼アシスタント。短気でそそっかしい性格。

ブー(声:井上愛理)

モンスターワールドに迷い込んでしまった好奇心旺盛な女の子。いざという時には頼りになる勇敢さを持ち合わせている。

ランドール(声:青山穣)

モンスターズ・インクの社員で、業績はサリーに続く2位。サリーのことを敵視している。

ウォーターヌース(声:大平透)

モンスターズ・インクの社長。安心安全をモットーに会社を経営する。

『モンスターズ・インク』のネタバレ

この先、『モンスターズ・インク』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

モンスターワールドの問題

モンスターワールドでは、人間の子供の悲鳴をエネルギーにしてモンスターが暮らしている。悲鳴は、大企業のモンスターズ・インクが集めている。会社からは自由に子供の部屋に行くことができ、モンスターたちは子供の悲鳴を回収するのだった。

しかし、近頃の子供たちは映画やゲームなどの影響で簡単には怖がらなくなってしまった。そのため、モンスターズ・インクの業績は悪くなり、モンスターワールドではエネルギー不足するようになってしまった。

ブーとの出会い

サリーとマイクは、モンスターズ・インクで勤める優秀なコンビだ。特に怖がらせ屋のサリーは、その業績の良さでどの社員からも尊敬されていた。そんなふたりを敵視するのは、サリーに次ぐ2番手の怖がらせ屋・ランドールだ。

ある日、サリーは業務外時間にも関わらず、出入り可能になっているドアを見つける。不思議に思って中を確認すると、偶然その部屋にいた人間の女の子・ブーがモンスターワールドへ入り込んでしまった。

慌てたサリーはブーをカバンに入れ、マイクへこのことを打ち明ける。しかし、人間の子供がモンスターワールドに来てしまったことは瞬く間に広がり、会社はパニックに陥ってしまう。

 

ブーを人間の世界へ返すために、サリーとマイクはモンスターに変装させたブーを会社へ連れて行った。しかし、その時点でサリーはブーに愛着を感じるようになっていた。

次の日、ランドールはブーを誘拐しようと企んでいた。実は、ランドールがドアを開けっぱなしにして目を離したすきに、ブーがこちらの世界に来てしまったのだった。ランドールは、社内で極秘に作られた「悲鳴吸引器」を実験的にブーに使おうとしていたのだった。

悲鳴吸引機は、子供から悲鳴を効率よく吸い出せるというメリットがある反面、子供の命を奪う危険性のあるものだった。

黒幕

ランドールの企みを知ったサリーは、モンスターズ・インクの社長のウォータヌースにすべてを話す。事情を聞いたウォーターヌースは、ブーを人間の世界へ返すために動いてくれた。

しかし、サリーたちの前に現れたのは、ブーの部屋に続くドアではなく、ヒマラヤ山脈につながるドアだった。実は、ウォーターヌースはランドールの実験の黒幕で、事情を知るマイクとサリーを消そうとしたのだ。

 

ヒマラヤの雪山に放り出された2人は、かつてモンスターワールドから追放されたイエティに助けられる。2人はそりに乗ってモンスターワールドへ戻り、ブーの元へ急いだ。そして、間一髪のところで実験を阻止することに成功した。

サリーとマイクは、ブーの部屋のドアを探すもウォーターヌースに邪魔される。彼は、「エネルギーを得るためなら、何千人でも子供を誘拐するつもりだ」と宣言した。しかし、それは盗聴されて子供検閲局という公的機関に聞かれていたため、ウォーターヌースは逮捕される。

解決

そしてブーは人間界に返され、ブーの部屋に続くドアはシュレッダーで粉々にされてしまった。今回の事件によってモンスターズ・インクは倒産してしまい、モンスターワールドのエネルギー不足は深刻化する。

そんな時、サリーは「子供を怖がらせるのではなく、笑わせれば良いのでは」と考えた。そして、サリーはモンスターズ・インクの社長に就任し、悲鳴の何倍ものエネルギーを発する笑いを集め始めた。

すると、業績は上がってエネルギーも十分に供給できるようになった。しかし、サリーはブーのことが忘れられず、いつもドアの破片を眺めていた。

 

ある日、サリーはマイクに連れられて会社の研修室を訪れる。なんとそこには、粉々になったはずのブーの部屋のドアがあった。マイクが長い時間をかけて直したのだ。

サリーが持っていた最後の一片をはめこむと、ドアは完全に直り、ブーの部屋と繋がった。サリーがドアを開けてブーを呼ぶと、サリーを呼ぶ声が返ってきた。

『モンスターズ・インク』の感想

カラフルで可愛らしく描かれていますが、エネルギー問題を取り上げているのが興味深かったです。「足りなければ、どんな手を使ってでも搾取すればいい」というウォーターヌースと、「モンスターと人間、どちらもWIN-WINになる方法はないか」と考えるサリーの対比が見事でした。

また、モンスターが当たり前のように会社で仕事をしていたり、事務をしたりしているのがやけに現実味があって面白かったです。ラストのNGシーンしかり、こうしたクスッと笑えるネタを放り込むところがピクサーの魅力だと思います。

さらに、石塚英彦さんも田中裕二さんも、ものすごく役にはまっていると感じました。特に、田中裕二さんはよくしゃべるマイクの特徴を上手く捉えています。やはり、芸人さんは声優で才能が発揮されると思いました。

『モンスターズ・インク』の視聴方法

『モンスターズ・インク』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年2月現在、『モンスターズ・インク』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu有料レンタル1,026円
Amazonプライムビデオ視聴不可500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV視聴不可500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム視聴不可1,100円
ディズニーデラックス無料レンタル770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。