映画『宮本から君へ』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

「日本一嫌われた漫画」として話題になった『宮本から君へ』が、ついに映画化。

今回は、映画『宮本から君へ』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『宮本から君へ』の作品概要

created by Rinker
¥2,926 (2020/09/25 16:23:04時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2019年
上映時間129分
制作国日本
監督真利子哲也
原作新井英樹『宮本から君へ』
脚本真利子哲也、港岳彦
音楽池永正二
主題歌宮本浩次「Do you remember?」
出演池松壮亮/蒼井優/井浦新/一ノ瀬ワタル/柄本時生/星田英利

モーニング誌に連載された漫画が、ドラマ化を経て、ついに映画化。キネマ旬報ベスト・テンなどで多くの賞を受賞した。また、映画レビューサイト Filmarksの2019年邦画満足度ランキングで第1位を記録。

『宮本から君へ』のあらすじ

何をやってもうまくいかない。不器用だが情熱的なサラリーマン、宮本浩。そんな彼が、「絶対に勝たなきゃいけない喧嘩」に挑む。

登場人物紹介

宮本浩(池松壮亮)

不器用で情熱的な24歳のサラリーマン。文具メーカー・マルキタの営業部員。

中野靖子(蒼井優)

男勝りの26歳。宮本と交際中。コンピューター関連会社・コスモスシステムの社員。

風間裕二(井浦新)

遊び人。中野靖子と交際していた。

真淵拓馬(一ノ瀬ワタル)

宮本の取引先の社員のラグビー仲間。巨漢。

田島薫(柄本時生)

宮本と同期のマルキタ社員。宮本の相談役。

[出典:https://miyamotomovie.jp/about.html]

『宮本から君へ』のネタバレ

この先、『宮本から君へ』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

この女は俺が守る

文房具メーカーの営業マン宮本浩は喧嘩をしてボロボロになり、相手にも全治2ヶ月の重傷を負わせた。宮本には婚約者がいて、彼女は妊娠している。そんな大事な時期であるのに、大人げのない宮本を、部長は叱る。

時はさかのぼり、妻となる中野靖子との出会いのシーンが描かれる。彼女は宮本の元同僚で、年齢は2歳上である。ある晩、宮本は彼女に招かれ彼女の家で夕食を食べていた。そのとき、窓を叩く男が現れる。靖子の元恋人の風間裕二である。靖子は裕二の再三の嫌がらせに困っていた。

そこで靖子は、「宮本と何度もやった」と嘘をついた。2人は性交渉はおろか、交際すらしていない。それを聞いた裕二は怒り、靖子を殴った。耐えきれなくなった宮本は「この女は俺が守る」と言い、裕二を追い出すのだった。

とっさの発言だったが、本心であった。これをきっかけに2人は交際を始める

巨漢、真淵拓馬

ある日、宮本は取引先の飲み会に参加する。そのとき靖子も一緒に参加する。彼らはラグビーチームを組んでいたのだが、その日の飲み会で、宮本が彼らのチームに加入することが決まった。場の勢いである。その後、宮本は日本酒を一気飲みして酔いつぶれる。

取引先の社員たちは、酔いつぶれた宮本と靖子を家まで送るため、巨漢の真淵拓馬を呼び出す。拓馬は好青年で、2人を靖子の家まで送ってくれた。

だが、家に着くと拓馬の態度は一変し、靖子を押し倒す。眠っている宮本の隣で靖子はレイプされるのだった

プロポーズ

翌朝、目覚めた宮本は公園で靖子を見つける。靖子は昨晩の出来事を話し、こう言った。「あんたは眠っていたから何も悪くない、でもあんたが憎い、あんたとは終わり」。突然の出来事に当惑しながら、宮本は拓馬への復讐を決意する。

そして、加入したラグビーチームの試合の日に拓馬に挑むが、大柄な拓馬の一突きで倒されてしまう。この時、宮本の前歯は3本折れた。それでも諦めない宮本は、拓馬とのリベンジのために体を鍛える。

一方そのころ、靖子の妊娠が発覚する。宮本はそれを、突然会社に現れた裕二から知らされた。父親は宮本か裕二のどちらかだと言う。裕二が靖子に中絶を勧めたということを聞き、宮本は激昂した。裕二の股間を蹴り、靖子の会社へと向かったのだった。

宮本は靖子の会社へと突撃し、プロポーズをする。靖子は宮本の自己中な行動を責め、それを断った。子どもは靖子が一人で育てるのだという。

復讐リベンジ

拓馬のレイプは、彼の父親に気づかれた。2人は喧嘩になり、父親が病院送りになった。宮本は病院に見舞いをしに行った。そのとき、拓馬が女と同棲している先の住所を知り、そこへ向かう。拓馬は宮本の訪問を無視した。だが、宮本は諦めずに朝までドアの前で粘った。

朝、拓馬が部屋から出てきたところで決闘が始まる。場所は非常階段。宮本は指の骨を折られ、血を流していた。いよいよとどめを刺されそうになったときに、宮本は拓馬の股間を蹴った。拓馬は唸った。弱った拓馬に、宮本は容赦なく攻撃する。こうして宮本は、辛勝するのだった

プロポーズリベンジ

宮本は、傷だらけの拓馬を自転車の荷台に乗せ、靖子の前に現れる。そこで再び、靖子にプロポーズをした。だが、靖子はそれを断る。靖子は頼んでもいないのに自分の意思だけで復讐をした宮本を責めた。

それでも、宮本は諦めなかった。凄まじいほどの熱量で、靖子への愛を語る。その熱量に心を動かされ、靖子は結婚を承諾する

こうして、最初のシーンへとつながるのである。2人の幸せな結婚生活が始まった。

『宮本から君へ』の感想

原作『宮本から君へ』が連載されたときはバブル崩壊直前で、人々が浮足立っていた時代でした。トレンディドラマの隆盛する当時、あまりにも暑苦しい宮本の姿は煙たがれました。雑誌の嫌いな男性ランキングで1位に選ばれたほどです。

ですが、そんな宮本の不器用ながらも愚直な生き様は愛され続けてきたのです。作品は真利子哲也によりドラマ化され、映画化を迎えました。

本作の主題歌は、主人公のモデルである、エレファントカシマシのボーカル宮本浩次の書き下ろしです。主人公宮本浩役の池松壮亮の迫真の演技と、エモーショナルな主題歌のコンボをお楽しみください。

また、映画単体でも楽しめますが、ドラマ版では前日譚が描かれているので、興味のある方はご覧ください。

『宮本から君へ』の視聴方法

『宮本から君へ』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『宮本から君へ』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム無料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。