映画『メン・イン・ブラック』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

大人気SFコメディ映画の1作目。

今回は、映画『メンインブラック』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『メン・イン・ブラック』の作品概要

created by Rinker
¥950 (2020/09/26 10:40:14時点 Amazon調べ-詳細)
上映日1997年
上映時間97分
制作国アメリカ
監督バリー・ソネンフェルド
脚本エド・ソロモン
音楽ダニー・エルフマン
主題歌ウィル・スミス「Men in Black」
出演トミー・リー・ジョーンズ/ウィル・スミス/リンダ・フィオレンティーノ/ヴィンセント・ドノフリオ/リップ・トーン/リチャード・ハミルトン

アメリカの都市伝説「メン・イン・ブラック」をパロディ映画化した作品。1997年当時、年間全米興行収入2位となり、当時経営不振だったソニー・ピクチャーズは、ここで巻き返しを果たす。第70回アカデミー賞、第55回ゴールデングローブ賞を受賞。

『メン・イン・ブラック』のあらすじ

ニューヨーク市警のジェームズ・エドワーズ(ウィル・スミス)は、ひょんなことから最高秘密機関MIBにスカウトされる。そこでの仕事は、地球に潜むエイリアンの退治だった。そんなエドワーズの初めての実戦は、銀河系の未来を賭けた戦いだった。

登場人物紹介

K(トミー・リー・ジョーンズ)

MIB史上最強のエージェント。

エドワーズ/J(役者名)

ニューヨーク市警の刑事。破天荒。

ローレル(リンダ・フィオレンティーノ)

病院で働く検死官。美人。

エドガー/バグ(ヴィンセント・ドノフリオ)

亭主関白な農夫。

Z(リップ・トーン)

MIB創設メンバーの一人。

『メン・イン・ブラック』のネタバレ

この先、『メン・イン・ブラック』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

【起】MIBとの出会い

ニューヨーク市警の敏腕刑事エドワーズは、とある事件の犯人を追っていた。ところが、追い詰められた犯人は飛び降り自殺をする。そのときの犯人の動きは、人間離れしたものであった。そのため、エドワーズは、犯人をエイリアンだと言うが、同僚は聞く耳を持たない。

唯一信じたのが、犯人の遺体を解剖した検死官のローレルであった。だが、そこに黒服にサングラスを掛けた2人の男性が現れる。2人は特殊な装置を使い、閃光を浴びせ、ローレルの記憶を消してしまう。また、エドワーズも、閃光を浴び、記憶を消されてしまう。

記憶を消されたエドワーズは、謎の名刺を持っていた。エドワーズが、名刺に書かれた場所に向かうと、そこは秘密組織MIB(メン・イン・ブラック)の施設であった。そこで、エドワーズは、地球上に1500体のエイリアンが生息していることを知る。MIBの任務は、エイリアンを退治することだ。

そこでは、多くの曲者たちがテストを受けていた。だが、合格者はただひとり。エドワーズだった。エドワーズは、過去の記録をすべて消去され「エージェントJ」という名前になった。そして、Kというベテランの男とコンビを組んだ。

【承】最初の仕事

エドガーという農夫の土地に、宇宙船が落下した。乗っていた虫型エイリアンのバグは、エドガーの体を乗っ取り、家を飛び出した。

そのころ、アルキリア星という星の王が、貴金属店の店主ローゼンバーグに会うため、地球に隠れ住んでいた。そこにバグがやって来て、王を殺してしまう。

 

JとKは、とあるエイリアン夫婦の逃亡を追っていた。捜査中、JとKは、不審な宇宙船が農家の土地に落下したことを知る。一同は、エドガーの妻に聞き込みをして、エイリアンの襲来を知る。地球の危機を察知し、調査を進めた。

遺体安置所では、アルキリア星の王の死体の解剖が行われていた。検死官ローレルが、異形な死体を見て疑問を抱いていたところに、JとKが現れる。すると、死体からエイリアンが出てきて「戦争を阻止せよ、銀河はオリオンのベルトにある」と言い残し、亡くなった。

JとKは、ローレルの記憶を消し、MIB本部へと向かった。意味は分からないが、戦争が起きるのだという。Jは初仕事にして、面倒な事件に巻き込まれるのだった。

【転】難題 銀河の返し方

エイリアンの残した言葉の意味もわからず、困っていたところに、アルキリア星から軍団がやって来る。王を失った彼らは「銀河を返さなければ、地球を破壊する」と脅迫する。どうやら、地球にやって来たバグが「銀河」を狙っているのだという。

JとKは、アルキリア王の住処に向かったのだが、すでにバグに荒らされていた。JとKは、バグを目撃し、銃撃戦となる。だが、バグは宇宙船を積んだトラックを置いて、逃亡した。

JとKは、調査を進めていくうちに、アルキリア王の飼い猫の名前がオリオンであったことを思い出した。2人は、エイリアンの言った「オリオンの首輪」とは猫の首輪で、そこに「銀河」があると推測した。2人は急いで、猫のいる遺体安置所に向かう。

JとKが遺体安置所に着くと、一足先にバグが来ていた。バグはビー玉のような「銀河」とローレルを連れ去り、逃亡した。バグは、2機の宇宙船を隠していた。バグはニューヨークのツインタワーへと向かった。JとKは、バグを追いかける。

【結】決戦

JとKがツインタワーに着くと、バグが宇宙船に乗ろうとしていた。ローレルは、なんとかしてバグの宇宙船から逃げ出した。

JとKは、バグの宇宙船にミサイルを当て、墜落させる。2人は、もう1機の宇宙船に乗ろうとするバグを阻もうとする。そのとき、バグは寄生していたエドガーの皮を破り、正体を現した。そして、2人の武器を飲み込んだ。

Kは、武器を取り戻すため、自らバグに飲み込まれ、体内に侵入した。Kは、バグの体内でミサイルを撃ち、バグの体から脱出した。だが、バグは倒れなかった。JとKの背後から襲い掛かるバグに、ローレルがミサイルを当て、事件は一件落着した。

Kは、この事件でMIBからの撤退を決意した。Jに記憶を消させ、元の生活に戻るのだった。Jは、新たなパートナー、エージェントLことローレルと共に、次の仕事へと向かう。

『メン・イン・ブラック』の感想

文学や造形、音楽など、さまざまな芸術に通ずる話ですが、いいものとはシンプルに作られているものです。作り手が力んでいると、伝わるものも伝わらないんですよね。「引き算の美学」もそこから来ているのでしょう。

『メン・イン・ブラック』の魅力は、良い意味でのシンプルさです。とにかくストーリーに無駄がなく、わかりやすい構成になっています。エイリアン退治の秘密機関という設定もいいですよね。中二病心をくすぐられ、うきうきしてしまいます。

また、SF映画でありながら、まったく重くなく、ゲラゲラ笑いながら鑑賞できるという点も魅力のひとつです。若き日のウィル・スミスのチャーミングな演技とともに、お楽しみください。

メン・イン・ブラックシリーズ

  1. メン・イン・ブラック』(1997)
  2. メン・イン・ブラック2』(2002)
  3. 『メン・イン・ブラック3』(2012)
  4. 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019)

『メン・イン・ブラック』の視聴方法

『メン・イン・ブラック』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年6月現在、『メン・イン・ブラック』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV見放題500円
dアニメストア視聴不可400円
TELASA有料レンタル562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム無料レンタル1,100円
Dinsey+視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。