映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

ベストセラー作家東野圭吾の同名ミステリー小説を映画化した映画『マスカレード・ホテル』。

今回は、映画『マスカレード・ホテル』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・視聴方法・原作をご紹介します。

『マスカレード・ホテル』の作品概要

created by Rinker
東宝
¥2,508 (2020/12/04 16:16:35時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2019年1月18日
上映時間133分
制作国日本
監督鈴木雅之
原作東野圭吾「マスカレード・ホテル」
脚本岡田道尚
音楽佐藤直紀
出演木村拓哉/長澤まさみ/渡部篤郎/篠井英介/小日向文世/梶原善/泉澤祐希/石橋凌/鶴見辰吾/東根作寿英/石川恋/濱田岳/前田敦子/笹野高史/高嶋政宏/菜々緒/宇梶剛士/橋本マナミ/田口浩正/勝地涼/生瀬高久/松たか子

ベストセラー作家・東野圭吾の同名ミステリー小説を木村拓哉と長澤まさみの主演で実写映画化。連続殺人の犯行現場として予告された一流ホテルに潜入捜査するエリート刑事と優秀なホテルマンのヒロインが次第に事件の核心へと迫っていくさまを豪華俳優陣の共演で描き出す。

『マスカレード・ホテル』のあらすじ

都内で不可解な3件の連続殺人事件が発生し、現場に残された暗号から次の犯行場所として高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」が浮かび上がる。警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断、エリート刑事の新田浩介がホテルのフロントクラークを務めることになる。

新田の教育係として優秀なフロントクラークの山岸尚美が就くが、そんな2人の前には “仮面” で素性を隠した怪しげな宿泊客が次から次へとやって来る。犯人逮捕のことしか頭にない新田とお客様第一の尚美の異色コンビは、ことあるごとに衝突を繰り返しつつも事件の核心に迫っていく。

登場人物紹介

警視庁

新田浩介(木村拓哉)

捜査一課の警部補。連続殺人事件の調査のためホテルのフロントクラークとして潜入する。破天荒だが人を見抜く天才。

稲垣(渡部篤郎)

新田も黙る捜査一課の係長。

尾崎(篠井英介)

冷静沈着な捜査一課の管理官。

本宮(梶原善)

捜査一課の新田の先輩刑事。客を装ってホテルの監視に当たる。

関根(泉澤祐希)

捜査一課の巡査。真面目で率直な若手刑事。ホテルのベルボーイとして潜入。

能勢(小日向文世)

品川警察署の刑事。新田も一目置く元相棒。

 
ホテル・コルテシア東京のスタッフ

山岸尚美(長澤まさみ)

ホテル・コルテシア東京の優秀なフロントクラーク。お客様第一に仕事に真面目に取り組み、教育係として新田を指導する。

藤木(石橋凌)

ホテル・コルテシア東京の総支配人。

田倉(鶴見辰吾)

ホテル・コルテシア東京の宿泊部長。尚美の直属の上司。

久我(東根作寿英)

尚美の先輩フロントクラーク。どんな時も笑顔で接客する。

川本(石川恋)

尚美を慕う若手フロントクラーク。

宿泊客

綾部貴彦(濱田岳)

部屋に苦情をつけてグレードアップを要求する宿泊客。

大野(笹野高史)

コルテシア東京の常連エグゼクティブ客。

古橋(高嶋政宏)

以前宿泊したときに高級バスローブが紛失していた要注意人物。

栗原健治(生瀬高久)

新田に何かと文句をつける宿泊客。

安野絵理子(菜々緒)

「写真の男を決して近づけさせるな」と依頼してくる宿泊客。

館林光弘(宇梶剛士)

スイートルームに一泊する予約を入れている宿泊客。

片桐瑶子(松たか子)

目の不自由な老婦人の宿泊客。新田は彼女の言動を怪しむ。

 

森川(橋本マナミ)

和装した美人の宿泊客。

政治評論家(田口浩正)

有名政治評論家。美女との密会にコルテシア東京をよく使う。

高山佳子(前田敦子)

コルテシア東京で挙式をする予定の宿泊客。

不審な男(勝地涼)

ホテルのロビーに大きな紙袋を持って現れる怪しげな若い男。

[出典:http://masquerade-hotel.jp/cast.html]

『マスカレード・ホテル』のネタバレ

この先、『マスカレード・ホテル』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

ホテルの潜入捜査

東京都内で3件の連続殺人事件が発生。警察は現場に残された暗号から4番目の犯行場所が一流ホテル「コルテシア東京」であることを突き止めます。警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、捜査一課の刑事・新田浩介(にったこうすけ)はホテルのクラークとして潜入することになります。

新田の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(やまぎしなおみ)でした。真面目な尚美はすぐに新田の荒い言葉遣いや身だしなみを直させます。犯人逮捕のため行き交う客に鋭く目を光らせる新田と常にお客様第一の尚美は衝突します。

以前バスローブを盗んだ疑いのある宿泊客・古橋(ふるはし)の部屋からバスローブが再びなくなります。尚美は古橋の荷物を確認しようとしますが、新田は止めます。バスローブはマットレスの下に隠されていて、古橋が疑われたことを理由に金を騙し取ろうとしていたと新田は見抜いたのです。

怪しげな宿泊客

ホテルに片桐瑶子(かたぎりようこ)という目の不自由な老婦人の客が宿泊に来ます。片桐は何かと尚美を部屋に呼び出して幽霊が見える話をしたり、落としたボタンを探させたりします。新田は目が不自由なのに手袋をして触覚を遮断し、見えないはずの自分の質問に即答する片桐を怪しみます。

一方、ホテルには新田の元相棒の能勢(のせ)が現れます。能勢は第1殺人事件の被害者・岡部哲晴(おかべてつはる)が人妻と不倫していたという情報を新田に教えます。能勢は予約していた一室を新田に残して帰りました。新田はその部屋で宿泊客だけでなく従業員も狙われる可能性に気づきます。

翌朝、片桐はチェックアウト後に自分の目が見えていることを明かします。片桐は近いうちにホテルに宿泊する予定の視覚障害者で霊感の強い夫のために下見をしに来たと打ち明けます。片桐は尚美の丁寧な接客に「安心して任せられる」と感謝を述べて帰ります。

クレームをつけてくる宿泊客

新田は尚美に捜査の極秘情報を教え、監視が行き届きにくい客室が犯行現場になる可能性を伝えます。また、部屋に自由に出入りできる従業員が犯人にも被害者にもなり得ると推理します。従業員も疑う新田に尚美は憤りますが、新田は尚美が従業員にも注意を向けるよう計算していたのでした。

栗原健治(くりはらけんじ)という宿泊客は新田を指名して何かと難癖をつけます。夜、栗原は新田を再び部屋に呼び出し、パソコンのデータが消えたことに文句をつけデータの打ち直しを命じます。栗原は監視のため30分おきに新田の携帯電話に連絡し部屋の電話から折り返すよう言って外出します。

入力作業が苦手な新田の代わりに尚美がパソコン入力を手伝います。なぜそこまでお客様に尽くせるか新田が聞くと、尚美は大学受験のためにコルテシア東京に宿泊し、置き忘れたお守りを試験会場に届けてくれたおもてなしの高さに感動してコンシェルジュになった経緯を話します。

ストーカーまがいの困った客

フロントでは安野絵理子(あんのえりこ)という宿泊客が、「写真の男を絶対に近づけるな」と従業員に訴えていました。

尚美は、1年前にある男性宿泊客のストーカーと思しき女性が部屋番号を執拗に聞いてきた出来事を新田に話します。尚美は “部屋番号を決して教えてはいけない” ルールを守るため「その男性は宿泊をキャンセルして、ホテルも満室で宿泊はできない」と嘘をついて女性を帰らせたのでした。

 

そして安野が警戒する男・館林光弘(たてばやしみつひろ)がやって来ます。尚美は館林の部屋番号を安野に教えて気をつけるよう伝えます。従業員が館林を監視していると彼の部屋に若い女性が入ります。一方、安野は館林の部屋に向かいます。尚美は安野の方が館林を狙っていることに気づきます。

尚美は新田と共に館林の部屋に直行します。しかし、安野と名乗っていた女性は館林の妻で、館林の浮気現場を押さえて離婚届を渡すために部屋番号を聞き出したのでした。安野は離婚できたことで吹っ切れ、事態は収まりました。部屋番号を教えるミスをして落ち込む尚美を新田がフォローします。

翌朝、栗原が新田の高校の教育実習だったと判明します。栗原は英語が得意な新田にバカにされて教員になる夢を諦め、逆恨みしていました。しかし、新田が誠意を尽くして接客したため、栗原は新田を挑発してクビにしようとしたことを謝ります。新田は尚美のように丁寧に栗原を送り出しました。

事件の真相に近づいていく

栗原がなぜホテルの部屋の電話から折り返させたか新田は疑問に思います。外からホテルに電話をかけるとオペレーターがどの部屋につないだか分からないからだと尚美は説明します。それをヒントに、新田は第1殺人事件の容疑者・手嶋正樹(てじままさき)のアリバイを崩せることに気づきます。

手嶋のアリバイは、犯行時刻に手嶋の元恋人・本多千鶴(ほんだちづる)が犯行現場から離れた手嶋の自宅に電話をかけたことでした。そして、その様子を本多の友人・井上浩代(いのうえひろよ)が見ていたのです。

しかし実は、人妻である井上は被害者の岡部の浮気相手でもありました。井上は浮気を隠すために本多の携帯に入っている手嶋の電話番号を書き換え、あたかも手嶋が自宅にいるように見せかけます。そして、手嶋は犯行現場の近くで本多からの電話を受け取ったと新田は推理します。

 

手嶋と井上が怪しいとにらんだ新田は能勢に独自調査を頼みます。しかし、その情報は捜査一課に伝わり、警察は手嶋と井上を逮捕します。手嶋のパソコンから同一犯と思われた連続殺人事件は闇サイトでつながったX1、X2、X3、X4という別々の犯人によるものだと判明します。

一方、ホテルで挙式する予定の高山佳子(たかやまけいこ)宛に不審な小包が届きます。中身のワインに薬物混入の疑いがあり、高山はストーカー被害を打ち明けます。警察は高山のストーカーがX4である可能性が高いとして、披露宴での潜入捜査員の警備を強化することにします。

結婚式前日

その夜、新田と尚美はホテルへやってきた森川という和装美人と政治評論家の密会現場を見ます。尚美は有名人がスキャンダルを隠すために “グループの一人が別の一人とカップル” でホテル内で入れ替わる手段があることを新田に教えます。その発言を聞いた新田は事件について考えていました。

そして、新田のもとへ能勢が現れます。新田はX4は殺したい人物がふたりいて、すでに起きている殺人事件をこの連続殺人事件に紛れ込ませようとしているのではないかと推測し、能勢に今度こそ独自捜査を頼みます。隠れて聞いていた尚美は、そこではじめて犯人が4人いることを知ります。

上司に話そうとする尚美に新田は「明日まで待ってほしい」と頼みます。

尚美はホテルを “仮面(マスカレード)” をかぶった仮面舞踏会にたとえて、ホテルマンは客の仮面をはがそうとしてはいけないと答えます。もしお客様に何かあれば尚美はホテルマンを辞め、新田も警察官を辞めると誓い合います。

結婚披露宴に現れた不審な男

翌日、潜入捜査員の厳重な警備のもとコルテシア東京で高山の結婚式が行われます。尚美はホテルのロビーで大きな紙袋を持ち、帽子をかぶって女装をした男を目撃します。不審な男を怪しんだ尚美は新田に報告します。

女装した男は披露宴会場に移動する新郎新婦の目の前に現れると、紙袋から何かを取り出そうとします。その時、警察が男を止めます。ロビーへ逃げた男を新田が捕まえますが、男は手紙を渡しに来ただけだと言います。手紙には殺人現場に残されていたものと同様の暗号が書かれていました。

一方、能勢は1ヶ月前に発生した役者志望の男・松岡高志(まつおかたかし)の事件について新田に電話で報告します。松岡の遺体には注射痕があり、殺害に使われた薬物が松岡宛のワインに混入していました。さらに、松岡は1年前にコルテシア東京に宿泊したことがありました。

真犯人の正体

新田は能勢から送られてきた松岡が所属していた名古屋の劇団のポスター画像を見て、目の不自由な老婦人を装っていた片桐が劇団員の中に写っていることに気づきます。新田が慌ててフロントに戻りますが、尚美がふたたびホテルを訪れた片桐を部屋へ案内中でした。

ホテルの一室で、片桐はお祈りの儀式をしたいと言って尚美に合掌させて目をつぶらせます。尚美が目を開けると両手足を結束バンドで縛られていました。そして、片桐はかつらを脱いで正体を明かします。それは1年前尚美にホテルから追い返された客・長倉麻貴(ながくらまき)だったのです。

妊娠した長倉は恋人の松岡に会うため、名古屋から上京し、土砂降りの中一晩中ホテルの外で待ちました。翌朝ホテルから出てきた松岡に駆け寄ろうとしましたが、長倉は流産して倒れてしまったのです。全てを失った長倉は、松岡と尚美を殺すことだけを考えて生きてきたと尚美に話します。

 

一方、新田は片桐のために用意されていた5つの部屋を片っ端から探しますが、どの部屋にも長倉と尚美はいません。新田がふたりがいる部屋に入ったとき、ふたりはバスルームに隠れていたのでした。

新田が部屋から出ていった音を聞いて、長倉が尚美の首に注射針を刺そうとします。しかし、その瞬間に新田が現れ、長倉を確保します。新田は尚美が常に整頓していた机の文鎮がずれていることに気づき、ふたりが部屋にいることに勘づいて部屋を出たフリをしていたのです。

長倉は高山のストーカーをでっち上げ、女装した男が持っていた手紙には最初の事件現場が暗号で示されていました。長倉は死体に残留しない筋弛緩薬を使って尚美を松岡のように殺害する巧妙な手口を考えていました。そして、第2、第3の殺人事件の犯人もそれぞれ逮捕されました。

事件後

これにて一連の事件の全容が明らかになり、ホテルに潜入していた捜査一課の潜入班は解散します。バディを組んでいた新田と尚美も別れを告げます。新田は「またホテルに泊まりに来る」と尚美に約束して帰ります。

それからしばらくして、コルテシア東京での食事に招待された新田は、ホテルのロビーで仮面舞踏会に迷い込んだような錯覚を見ます。しかし、実際はいつものホテルマンとは違うドレスアップした尚美が現れただけでした。

食事の席に藤木支配人の姿はおらず、一緒に招待された能勢も無理やりな嘘をついて新田と尚美をふたりにして帰ります。そして、新田と尚美は再会を祝して乾杯するのでした。

『マスカレード・ホテル』の感想

高級ホテルを舞台に入れ替わり立ち代わりでやってくるさまざまな事情を抱えた宿泊客の中から、誰が殺人事件の犯人なのか、どのように犯行に及ぶのかを推理しながら鑑賞するのがとても面白かったです。

誰が犯人になってもおかしくない名だたる豪華キャストの顔ぶれがすごかったですね。エンドロールが流れるロビーのシーンでは、明石家さんまが「大竹」という名の客として後ろ姿だけ出演しています。

また、木村拓哉と長澤まさみ演じるエリート刑事と一流ホテルマンの異色コンビのやり取りも面白かったです。プロ意識を持つふたりが徐々にお互いに理解を示し、協力して事件を解明していく過程が見事でした。

『マスカレード・ホテル』の視聴方法

2020年5月現在、『マスカレード・ホテル』はDVDの購入やレンタル、動画配信サービスはAmazonプライムビデオのみで視聴することができます。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT視聴不可1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV視聴不可500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム視聴不可1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。

『マスカレード・ホテル』の原作

映画『マスカレード・ホテル』の原作は、人気ミステリー作家東野圭吾作の同名小説で、後にシリーズ化するマスカレード・シリーズの第一作目でもあります。エリート刑事の新田とホテルマンの尚美という異色コンビが難事件に挑むシリーズです。

created by Rinker
¥836 (2020/12/04 16:16:37時点 Amazon調べ-詳細)

シリーズ第2弾の「マスカレード・イブ」では新田と尚美ががコンビを組む前の物語が描かれます。シリーズ第3弾の「マスカレード・ナイト」はコルテシア東京に再び潜入捜査することになった新田と尚美のコンビが新たな事件に挑む物語です。

created by Rinker
¥660 (2020/12/04 16:16:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
集英社
¥1,700 (2020/12/04 16:16:38時点 Amazon調べ-詳細)

実写版の続編はまだ決定されていないですが、映画のキャストやスタッフは続編の制作に意欲を示しています。