海外ドラマ『LOST』シーズン1-7のあらすじ・ネタバレ・感想

海外ドラマ

人間ドラマ・SF・サスペンスなど、さまざまな要素が詰まっていて世界中で大人気の海外ドラマ『LOST』。

この記事では海外ドラマ『LOST』シーズン1・第7話の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『LOST』シーズン・第7話『暗闇の中で』の作品概要

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥19,780 (2020/10/24 19:14:33時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2004年11月3日
上映時間約42分
制作国アメリカ合衆国
監督ジャック・ベンダー
脚本 ジェニファー・ジョンソン&ポール・ディニ
出演マシュー・フォックス/エヴァンジェリン・リリー/ドミニク・モナハン/ホルヘ・ガルシア/エミリー・デ・レイヴィン/ナヴィーン・アンドリュース

『LOST』は、全121話の6年に渡って放送された海外ドラマです。飛行機が事故で空中分解し、無人島に墜落したところから始まります。生存者たちが、そこで起きる不可解な出来事や謎を解明し、島から脱出しようと試みるサスペンス・アクションドラマです。

さらに個性的な登場人物たちの、過去の経験や秘密にフォーカスした群像劇でもあり、人間ドラマも楽しめる作品となっています。

『LOST』シーズン1・第7話『暗闇の中で』のあらすじ

『LOST』は、全121話の6年に渡って放送された海外ドラマです。飛行機が事故で空中分解し、無人島に墜落したところから始まります。生存者たちが、そこで起きる不可解な出来事や謎を解明し、島から脱出しようと試みるサスペンス・アクションドラマです。

さらに個性的な登場人物たちの、過去の経験や秘密にフォーカスした群像劇でもあり、人間ドラマも楽しめる作品となっています。

登場人物紹介

ジャック・シェパード(マシュー・フォックス)

主人公。神経外科医師であり、生存者グループのリーダーを務め、みんなを救おうと努力する。

ケイト・オースティン(エヴァンジェリン・リリー)

殺人を犯して警察と移動中に事故に巻き込まれた囚人。島では信頼されている頼もしい存在。

ジョン・ロック(テリー・オクィン)

食糧としてイノシシをとるなど、サバイバルに長けている。墜落前は下半身不随で車椅子生活を送っていた。

チャーリー・ペース(ドミニク・モナハン)

麻薬中毒の元ロックスター。

サン・クォン(キム・ユンジン)

ジンの妻。実は英語を理解している。植物に詳しい。

ジン・クォン(ダニエル・デ・キム)

サンの夫。サンの父親の会社で働く。

『LOST』シーズン1・第7話『暗闇の中で』のネタバレ

この先、『LOST』シーズン1・第7話『暗闇の中で』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

洞窟で

ついにジャックは荷物を持ち完全に洞窟に移動しようとする。ケイトをもう一度洞窟に誘うが、ケイトはまだ救助の可能性を信じているという。

チャーリーは、薬物中毒であるが、辞める決意をしてロックに自ら薬を渡した。しかし体調不良に苦しみ、ロックに薬物を返すことを求める。ロックは、「3回薬を求めたら返してあげる」と言う。

洞窟に着くと荷物を運ぶ手伝いをチャーリーが申し出るが、薬物中毒により様子がおかしい。ジャックはしばらく休むようにいう。

 

しばらくすると、チャーリーは気性が荒くなり、ジャックに怒鳴る。「自分を子供扱いしている、自分はロックの神だ」と叫ぶと、急に洞窟が崩れる。チャーリーは幸い逃げ出せたが、ジャックが瓦礫に埋もれてしまった。

チャーリーは急いで海岸に助けを求めにいく。洞窟にたどり着くと、元建築家のマイケルが安全に瓦礫を除去する方法を考える。ソーヤーは、ケイトにジャックが生き埋めになっていることを伝えにいく。

チャーリーは、みんながジャックを助けている時に、ロックの元に行き、幻覚が見えるから薬を返すように求める。

 

瓦礫を掘り進め、穴があき、ジャックの声が聞こえる。しかし、ジャックは瓦礫に挟まれて身動き取れない状態になっていることを知る。崩れる危険があるため、穴はこれ以上広げることは危険である。そこへチャーリーが戻ってきて、自分が穴に潜り、ジャックを助けるという。

チャーリーはジャックの元にたどり着くと、岩をどける。ジャックの肩が外れてしまうが、チャーリーがそれを戻し、二人は話始める。ジャックがチャーリーに薬物について聞いていると、チャーリーが突然蛾がいる、と言い追いかけ始める。

ケイトは洞窟に辿り着き、瓦礫を必死で掘り進める。みんながケイトに休むことを勧めるが、ケイトはやめない。

 

チャーリーが蛾を追いかけると、光が見えてきて、外に脱出することができた。

ひと段落して落ち着いていると、チャーリーは禁断症状に苦しめられる。ロックの元に行き、3度目の薬の要求をする。ロックから薬を受け取ったチャーリーは、それを自ら火の中に投げ入れる。ロックは「君ならできると思った。誇りに思う」と伝える。

信号の発信源探し

サイードはフランス人の信号の発信源を探すために、3つのアンテナを用意した。ケイト、ブーン、サイードの3人が、それぞれジャングルに設置することにした。3つの地点で三角形を作り、その中に発信源があれば、場所がわかる仕組みだ。

ブーンはジャックの元に行き、シャノンにアンテナを託す。

ケイトの元にソーヤーが行き、ジャックが生き埋めになったことを伝える。そして、すぐさまケイトはジャックの元へ向い、ソーヤーがアンテナを託される。

5時になり、各点から花火が上がり、アンテナに電源をつける。サイードが電波を確認していると、何者かに後ろから殴られて気絶してしまう。

フラッシュバック

今回はチャーリーの過去が、回想シーンにより明らかになる。

チャーリーは、ドライブシャフトというバンドでベースを弾いている。バンドが有名になるに連れて多くの誘惑があり、罪深いことをしてしまう。そしてチャーリーは教会に行き、バンドを辞めることを告げた。

そこに兄であり、バンドメンバーのリアムが来て、レコード契約を結んだことを伝える。

チャーリーがリアムに「バンドを辞める」と言うと、「有名になりたくないのか」と引き止められる。チャーリーは、また誘惑に負けて、バンドが混乱した状態になったら、バンドを辞めることを約束する。

 

ある夜、ライブでチャーリーの作った” You all every body”を演奏していると、リアムはチャーリーのパートまで歌ってしまう。ライブ後チャーリーが問い詰めると「もうしないよ」と言い女と姿を消してしまった。

さらに、別のライブ前にリアムは、サウンドチェックをせずに、女と遊んで、薬物を濫用した。チャーリーは見かねて「ドライブシャフトを辞める」と言う。

リアムは、「お前はバンドがなければただの役立たずだ」とチャーリーに言う。そのことでチャーリーは薬物に手を出してしまう。

 

解散から数年後、リアムはシドニーで家族と暮らしていた。チャーリーはそこを訪れ、「ドライブシャフトを再結成しよう」と言う。リアムは薬をすでにやめて、バンド再結成を断る。チャーリーは中毒になっている。

更生を進めるがチャーリーは兄のせいだと怒って断り、飛行機に遅れると言い去っていく。

『LOST』シーズン1・第7話『暗闇の中で』の感想

今回は、チャーリーがメインとなる話でした。

チャーリーは、役立たずなキャラクターですが、個人的には場を和ませる愛されキャラだと思って見ています。

そんなチャーリーが、ロックやジャックに助けられながら、薬の禁断症状を乗り越えたり、ジャックを瓦礫から救ったりしています。ロックが前の話で言っていたように、島の力で、現実の世界でかなわない事が島ではかなうという事なのかな、と思いました。

アンテナを設置している時に、サイードを殴ったのは、仲間のひとりなのか、別の人が島にいるのか、次回以降も楽しみです。

『LOST』シーズン1・第7話『暗闇の中で』の視聴方法

『LOST』シーズン1・第7話『暗闇の中で』はDVDの購入やレンタル、Hulu・Netflixなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『LOST』シーズン1・第7話『暗闇の中で』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT視聴不可1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。