映画『天空の城ラピュタ』のあらすじ・ネタバレ・感想

映画

金曜ロードショーで放送されるたび、「バルス」という滅びの呪文がツイッターのトレンドになる『天空の城ラピュタ』。

今回は、映画『天空の城ラピュタ』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『天空の城ラピュタ』の作品概要

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,084 (2020/04/04 16:21:58時点 Amazon調べ-詳細)
上映日1986年8月2日
上映時間124分
制作国日本
監督宮崎駿
原作宮崎駿『天空の城ラピュタ』
脚本宮崎駿
音楽久石譲
主題歌井上あずみ「君をのせて」
出演田中真弓/横沢啓子/寺田農/初井言栄/常田富士男

スタジオジブリ制作の映画の第1作目となった天空の城ラピュタは、対象年齢が高くなっていた当時のアニメとは違い、改めてターゲットを子供に絞っている。主人公のパズーとシータが四苦八苦しながら、伝説の空中帝国ラピュタを目指す冒険アニメーションだ。

『天空の城ラピュタ』のあらすじ

ラピュタの王族の末裔・シータは、ラピュタを手に入れるという野望を抱くムスカという男に連れ去られ、飛行船で移動していた。そんな時、トラブルが起きてシータは空中に投げ出されてしまう。彼女を助けたのは、見習い機械工のパズーという少年だった。2人はムスカの計画を阻止するために、ラピュタを目指すのだった。

登場人物紹介

パズー(声:田中真弓)

主人公。鉱山で働く見習い機械工で、明るくて正義感にあふれる少年です。

シータ(声:横沢啓子)

ヒロイン。ラピュタを狙うムスカの特務機関に拉致されていまいます。逃げ出そうとしたところ、飛行船から転落してパズーに助けられました。

マ・ドーラ(声:初井言栄)

空中海賊の女首領。頭脳明晰で的確な決断力の持ち主です。

ムスカ(声:寺田農)

政府から派遣された、特務機関の情報部員。ラピュタの王として地上を支配しようとしています。

『天空の城ラピュタ』のネタバレ

この先、『天空の城ラピュタ』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

空から落ちてきた女の子

シータは、政府の特務機関に捕らえられて飛行船に乗せられていました。彼らの狙いは、シータが母から受け継いだ青い石です。すると、同じく石を狙う空中海賊・ドーラ一家が襲ってきました。逃げようとしたシータは、誤って飛行船から転落してしまいます。
 
シータは落ちるときに気を失いますが、石が放つ不思議な光に包まれてゆっくりと落ちて行き、鉱山で働くパズーに助けられました。パズーは、シータが政府から追われていることを知って、一緒に逃げることにしました。ドーラ一家に狙われた2人は、谷の廃坑に墜落してしまいます。しかし、シータの不思議な石のおかげで、なんとか怪我をせずに済みました。
 
パズーはその廃坑で、以前から面識のあった石に詳しいおじいさんのポムに出会いました。彼は、その石は昔ラピュタで作られた飛行石だと言いました。ラピュタは空に浮かぶという伝説の城です。亡くなったパズーの父は、ラピュタを一度目にしたことがあり、ラピュタへ行くことはパズーの夢でした。

ムスカの脅威

ポムと別れて廃坑を出た2人は、特務機関に捕まってしまいました。そして軍の要塞へ連れていかれ、シータは特務機関のムスカ大佐からとあるロボット兵を見せられます。それは、以前ラピュタから落ちてきた壊れたロボット兵でした。
 
ラピュタは、かつて高度な科学力で天空から世界を支配した強大な帝国です。遠い昔に滅びたとされていますが、今も空のどこかに浮いているのだとムスカは言います。飛行石は、ラピュタの王族がいつかラピュタに帰るために代々受け継いでいたものだったのです。
 
 
そしてムスカは、シータがラピュタ王の末裔だと明かしました。その証拠に、シータの名前には「ラピュタ」という単語が入っています。ムスカは、「ラピュタが存在することが世界の平和を脅かしている」と語り、パズーを人質にとって強制的にシータに協力するよう迫りました。シータはやむなくムスカ側につくことにしました。
 
牢屋から解放されたパズーと再会したシータは、パズーのことを思ってラピュタの探索をあきらめた方がいいと告げました。自分の夢をシータが応援してくれていたと思っていたパズーは、ショックを受けて要塞から出て行きました。シータは、それを涙を流しながら見送ります。

復活の呪文

その夜、シータは昔教わった「困った時のおまじない」を何げなく唱えました。シータはそのおまじないが何なのかはよく分かっていませんでしたが、実はそれはラピュタの封印を解く言葉でした。シータがおまじないを唱えた途端、ロボット兵が目覚めて暴れ出し、飛行石は空に光を放ってラピュタの位置を指し示しました。
 
一方ムスカに解放されたパズーは、家に戻ると先回りしていたドーラ一家に捕まってしまいます。シータに裏切られたと思ってふさぎ込んでいたパズーは、ふとシータが自分の身を案じてくれたことに気がつきました。
 
そしてパズーは、飛行石を奪うために要塞へ向かうドーラたちに、一緒に連れて行って欲しいとお願いします。ドーラは、その方がシータが言うことを聞くかもしれないと考えて、同行を許可しました。
 
 
ドーラ一家とパズーは、ロボット兵の暴走によって混乱する要塞から、協力してシータを救い出します。しかし、飛行石はムスカの手に渡ってしまい、彼は軍と共にラピュタに出発しました。パズーとシータもドーラの飛行船に乗せてもらい、後を追ってラピュタに向かいます。

ついにラピュタへ

しかし、ドーラの飛行船は軍に発見されました。雲の中に逃げますが、見つかって攻撃されてしまいます。パズーとシータはドーラの命令で、見張り役として飛行船とワイヤーで繋がったグライダーに乗っていました。巨大な低気圧の中心「竜の巣」が迫る中、軍の攻撃によってワイヤーが切られてしまい、「竜の巣」に吸い込まれて行きました。
 
雷の嵐の中をさまようパズーは、目の前に現れた父の飛行船幻影を目撃し、それに導かれるようにラピュタに辿り着きます。2人はロボット兵に城内を案内され、穏やかな庭園や水底に沈んだ町の風景を目にしました。

滅びの呪文

遠くから爆発音を聞いて外に出た2人は、城の下層で軍に縛り上げられたドーラ一家の姿を発見します。パズーは外壁をよじ登ってドーラを助けますが、パズーを見つけたムスカの部下がパズーを撃とうとします。それに気づいてパズーを守ろうとしたシータは、ムスカに捕まってしまいました。

ムスカはシータを捕らえたままラピュタの中心に向かいます。ムスカの本当の狙いは、ラピュタの脅威から世界を守るのではなく、ラピュタの力を手に入れて世界を支配することだったのです。ムスカは、自分もラピュタ王の末裔だということを明かし、飛行石で城の力を操って、軍の兵隊を皆殺しにしてしまいました。

ムスカの非道な行動に怒ったシータは、ムスカから飛行石を奪って逃げました。そして助けに来たパズーと共に、「バルス」と滅びの言葉を唱えます。すると飛行石が強力な光を発して城は崩壊し、ムスカはがれきと一緒に海へ落ちてしまいました。

 

パズーとシータはグライダーで城から離れ、既に脱出していたドーラ一家と空の上で再会しました。ラピュタを浮かせていた巨大な飛行石の結晶は、ラピュタ全体を覆っていた大きな樹の根に包まれていました。 そして城の上層部とともに、どこか遠くへ飛び去っていきます。パズーとシータはドーラ一家に別れを告げ、帰路につきました。

『天空の城ラピュタ』の感想

「悪役のキャラが濃い」というのが、最初に抱いた感想です。空中海賊のドーラ一家を率いるのは、50代のおばさんです。しかしそんな年齢を感じさせないリーダーシップと豪快さで、息子たちを引っ張っていきます。筋肉質な身体もかなり印象的でした。

そんな母親のもとで働くのが息子たちですが、彼らが非常に頼りなく描かれているのが面白かったです。ドーラとは対照的ですが、なぜか憎めないキャラクターなので、最終的にパズーとシータと手を組むことになっても違和感がなかったです。 

 

また、ムスカの態度の変化にも注目したいです。政府関係者と言うことで、かなりのインテリであることが想像できますが、序盤ではそのイメージ通りの対応をしています。あまりにも紳士的で落ち着いているので逆に怖くなりますが、その感覚は間違っていませんでした。

ラピュタを手に入れるという野望を告白した後のムスカは、血の通っていない機械のような人間になるからです。ラピュタでは仲間を皆殺しにしますし、シータには容赦なくピストルを向けて不敵な笑みを浮かべます。この異常なまでの落ち着きがサイコパスを連想させるので、ムスカに関しては常に恐ろしいという感覚を持ちながら観ていました。

このように、主人公だけでなくそれと対立する悪役を印象に残るキャラクターに仕上げるのが、宮崎監督の持ち味なのだと思いました。

『天空の城ラピュタ』の視聴方法

現在、『天空の城ラピュタ』を視聴できる動画配信サービスはありません。DVDの購入やレンタルでのみ視聴できます。