映画『君に届け』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

大ヒットマンガの実写版ということで、話題になった『君に届け』。

今回は、映画『君に届け』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『君に届け』の作品概要

created by Rinker
バップ
¥2,791 (2020/11/27 12:47:10時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2010年9月25日
上映時間128分
制作国日本
監督熊澤尚人
原作椎名軽穂『君に届け』
脚本根津理香/熊澤尚人
音楽安川午朗
主題歌flumpool「君に届け」
出演多部未華子/三浦春馬/夏菜/蓮佛美沙子/桐谷美玲/青山ハル

「実写化してほしい漫画作品ランキング」で上位にランクインしたマンガ『君に届け』の映画。爽子は、その見た目から「貞子」とあだ名を付けられ、他人から恐れられている。高校生になった爽子は風早と出会い、徐々にクラスメイトとの仲を深める。

『君に届け』のあらすじ

登場人物紹介

爽子(多部未華子)

爽子(さわこ)。真っ黒な髪と暗い性格から、「貞子」と呼ばれている。一日一善がモットーの努力家。

風早(三浦春馬)

気さくな性格で、男女問わず人気がある。曲がったことが嫌いな真面目な性格。

あやね(夏菜)

爽子のクラスメイト。ギャル風の見た目をしているが、礼儀正しく人見知りな一面もある。

千鶴(蓮佛美沙子)

爽子のクラスメイト。涙もろく、義理人情に厚い。

龍(青山ハル)

千鶴の幼馴染で、風早の親友。野球一筋で、寡黙な人物。

胡桃沢(桐谷美玲)

通称くるみ。栗色の髪と大きな目が特徴的な美少女。計算高く、腹黒い性格。

『君に届け』のネタバレ

この先、『君に届け』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

風早との出会い

爽子は、小学生の頃につけられた「貞子」というあだ名が原因で、人から怖がられて暗い少女になってしまった。しかし、一日一善をモットーに、人の喜ぶことをしようと頑張る真面目な性格だった。

高校生の入学式の日、爽子は同じ学校の男子生徒が道に迷っているのを見て、学校の方向を教えてあげる。すると、その生徒は爽子を見ても逃げることはせず、お礼を言って去って行った。爽子は、その生徒の姿を忘れられなくなった。

その生徒は風早という名前だった。爽子は風早と同じクラスになった。他のクラスメイトは、「貞子と3秒以上目を合わせると不幸になる」というウワサを信じて爽子に近づかなかったが、風早は爽子にも優しく接する。

肝試し

ある日、風早はクラス全員に肝試し大会をすることを提案する。爽子は、クラスメイトの千鶴とあやねが「貞子がお化け役やったら、絶対に面白い」と話しているのを聞き、「お化け役をやらせて欲しい」と申し出た。少しでもクラスの役に立ちたいという思いからだった。

肝試し当日、お化け役を見事にこなしている爽子に、千鶴とあやねが差し入れを持って来てくれる。さらに風早もやってきて、爽子をねぎらった。

ライバル出現

肝試しが終わった後、学校では席替えが行われた。しかし、誰も爽子の近くに座りたがらず、誰が爽子の隣に座るかでクラスメイトはもめてしまう。

そんなとき、風早が進んで爽子の隣に座った。あやねと千鶴も爽子の周りに座り、爽子の後ろには千鶴の幼馴染の龍が座った。爽子は、こぼれる涙を抑えながら4人にお礼を言った。

その日の放課後、爽子は風早・あやね・千鶴・龍とラーメン屋で初めての寄り道をする。気を抜いて笑顔で話す爽子を見た、風早を除く3人は驚きを隠せなかった。

 

そして、学校は体育祭の時期に突入する。運動音痴の爽子は必死に練習し、当日を迎えた。そんなとき、爽子は隣のクラスの美少女・くるみに呼び出される。くるみは、「風早の事が好きだから協力して欲しい」と爽子に頼んだ。しかし爽子は「風早君は特別な存在だから、協力できない」と断った。

その後、龍の下駄箱に爽子からの手紙が入っていたことが判明する。それを見たあやねと千鶴は、それが爽子の字でないことに気が付く。2人がくるみを問い詰めると、くるみは風早と爽子を引き離そうとしてることを認めた。

そのとき、爽子がやってくる。くるみは爽子に、「中学生のときから風早のことが好きなのに、爽子と仲良くしているのを見て悔しくなった」と告げた。

すれ違い

クリスマスが近づいたある日、爽子は風早に告白される。そして、クラスのクリスマスパーティのあとにプラネタリウムに行こうと誘われる。しかし、混乱した爽子は、「付き合うとか考えられない」と言ってしまった。

クリスマスパーティの当日、あやねと千鶴が爽子の家にやってきて、「風早が珍しく怒ってたけど、何かあったの?」と聞く。

そして、爽子は泣きながら風早に告白されたことや、付き合うことに不安を感じていることを打ち明けた。爽子は、「自分の気持ちは自分で伝えないと」と2人から諭される。

君に届け

大みそか、爽子は父が所属する楽団のコンサートに来ていた。しかし、爽子は父に「会いたい人が居る」と告げ、コンサートの途中で会場を後にする。

爽子は、カウントダウンが行われる神社へ向かったが、すでに風早は帰っていた。肩を落として歩く爽子は、入学式の日に初めて風早と会った場所に差し掛かる。そこには、風早がいた。2人は思いを伝えあい、 風早は「やっと届いた」と言って笑った。

『君に届け』の感想

純度の高い青春ラブストーリーで、観ているだけで心が洗われるような感覚になりました。キャスティングが絶妙で、マンガから出てきたようにぴったりとはまっていました。

三浦春馬さんは、非現実的なくらい爽やかオーラ全開の風早を見事に演じていましたし、爽子の暗い印象だけど、笑ったときにぱっと明るくなるところは、多部未華子さんにしか表現できないのではないかと思いました。

特に、くるみは桐谷美玲さん以外考えられないと感じました。気が強くて腹黒いけど、どこか憎めない絶世の美女・くるみは、桐谷さんに「芯のある強い女性」というイメージを付けた役だと感じました。

風早と爽子の恋愛だけでなく、千鶴と龍の関係や、爽子・あやね・千鶴の友情など、さまざまな人間ドラマが描かれた作品です。

『君に届け』の視聴方法

『君に届け』はDVDの購入やレンタル、Huluなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『君に届け』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT視聴不可1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV見放題500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス視聴不可562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。