映画『勝手にふるえてろ』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

芥川賞受賞歴のある人気作家・綿矢りさによる同名恋愛小説を映画化した『勝手にふるえてろ』。

この記事では、映画『勝手にふるえてろ』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『勝手にふるえてろ』の作品概要

created by Rinker
¥3,347 (2020/11/27 23:17:57時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2017年12月23日
上映時間117分
制作国日本
監督大久明子
原作綿矢りさ『勝手にふるえてろ』
脚本大久明子
音楽高野正樹
主題歌黒猫チェルシー「ベイビーユー」
出演松岡茉優/渡辺大知/北村匠海/石橋杏奈

原作は、人気作家・綿矢りさによる恋愛小説『勝手にふるえてろ』。

”脳内片思い”と”リアル恋愛”の間で揺れ動く、不器用でどこか応援したくなるような女の子の姿を描いたラブコメディ映画。

映画初主演である松岡茉優の、感情表現豊かな演技にも注目が集まった。

『勝手にふるえてろ』のあらすじ

主人公のヨシカは、24年間恋愛経験ゼロで、趣味は絶滅した動物を調べること。中学の時からずっと片思いをしている”イチ”との恋愛を、脳内妄想で楽しむ日々を過ごしていた。

そんなある日、ヨシカは会社の同期である”二(に)”から告白される。人生初の告白に舞い上がるも、正直なところタイプではなく、付き合うことを決心できないヨシカは返事を保留してしまう。そして、イチへの思いも断ち切れず、ふたりの彼氏候補の間で揺れ動いていた。

しかし、あるできごとをきっかけに、イチと再会したいという思いを募らせたヨシカは、同窓会の開催を呼びかける。ヨシカは思惑どおり、イチとひさしぶりの再会を果たす。

登場人物紹介

江藤良香(松岡茉優)

24歳OL。恋愛経験ゼロで、中学時代から一途に”脳内片思い”を続けている。

古代の絶滅動物を調べるのが趣味。

イチ(北村匠海)

ヨシカが中学時代から片思いしている同級生。

二(渡辺大知)

ヨシカの同期の営業部社員で、ヨシカに好意を寄せている。

月島来留美(石橋杏奈)

ヨシカの同期の経理部社員。

[出典:http://furuetero-movie.com/]

『勝手にふるえてろ』のネタバレ

この先、『勝手にふるえてろ』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

ヨシカの日常

24年間彼氏ができたことがなく、恋愛経験ゼロの江藤良香(えとうよしか)。

OLとして経理部で働く一方、博物館からアンモナイトを買い取ったり、絶滅動物をひたすら調べたりといった趣味に熱中する日々を送っていた。

ヨシカは、中学時代の同級生”イチ”にずっと片思いをしていた。イチはクラスの人気者で、当時のヨシカには、本人にばれないように視界に入れる”視野見(しやみ)”でイチを見るのが精一杯だった。

「好きだと伝えたいが、安易に好きなんて言ってはいけない」、そんなこじらせた考えをしていたヨシカはいつしか、脳内でイチとの会話を何度も再生し、妄想で恋愛をするようになっていた。

二からの告白

ある日、ヨシカは経理部の同期・月島来留美(つきしまくるみ)に、営業部の同期との合同飲み会に誘われる。渋々参加したもののノリについていけず、店の外に出ると、ひとりの営業部の男が声をかけてきた。それは、ヨシカが陰で”二”というあだ名で呼んでいた男だった。

二は以前からヨシカに好意を抱いており、ヨシカに近づく目的でこの飲み会を開催していた。なんとか連絡先の交換に成功した二は、ヨシカをデートに誘う。

後日、ふたりはクラブに出かける。酔いつぶれた二は、路上でヨシカに本気の告白をする。ヨシカは人生初の告白に舞い上がるが、タイプではない二に対して特に好きだという感情はなく、イチへの思いも断ち切れないことから、返事は保留にしてしまう。

イチとの再会

その後も、ヨシカは告白への返事は保留にしたまま、何度か二とのデートに出かけていた。

そんなある日、ヨシカは自宅でボヤ騒ぎを起こしてしまう。死を身近に感じたヨシカは、生きている間にもう一度イチに会うことを決心する。

友だちのツテがないヨシカは、アメリカに転校した同級生になりすまし、Facebookで同窓会の開催を呼びかけた。あらゆる手を尽くし、イチを呼ぶことにも成功する。

同窓会当日、ヨシカはイチとの再会を果たす。なかなか会話に入れずにいたが、卒業後は地元を離れて上京したという接点を見つけ、またそのメンバーで東京で集まる約束を取りつけた。

 

その後、上京したメンバーのひとりが住むタワーマンションに集まることになったヨシカ。「イチと再び会える」と心を躍らせながら向かっていると、偶然にも二と出くわす。なぜかずっとついてくる二に、ヨシカはつれない態度を取るが、そのままマンションの前でイチと合流してしまう。

なんとか二を振り切って飲み会に参加するが、ヨシカはノリになじめずにいた。だが、しばらくするとほかのメンバーが外出したり寝始めたりし、イチとふたりきりで話す絶好のチャンスが訪れる。

 

ヨシカが何度も脳内で再生していた体育祭での思い出を話すと、イチも覚えていた。また、イチも絶滅動物やアンモナイトの話に興味があり、ふたりの会話は盛り上がった。

「あの頃に君と友だちになりたかったな」というイチの言葉に、ヨシカは思わず「イチって人のこと”君”って呼ぶ人だっけ?」と問いかけた。すると、イチは笑いながら「ごめん、名前なんだっけ?」と口にしたのだった。

ずっと思い続けてきた人に、自分は名前すら覚えられていなかったという事実にショックを受けたヨシカは、そのままマンションを後にする。

二と付き合うヨシカ

傷ついたヨシカは、二の顔を思い浮かべていた。相変わらず特別な好意はなかったが、自分のことを常に思ってくれている、彼氏にはぴったりの存在だった。

同僚の来留美からのアドバイスも受け、ついにヨシカは二と付き合うことにする。

歓喜した二は、ヨシカにキスを迫った。しかし、恋愛経験のないヨシカは急な展開に驚き、思わず逃げ出してしまう。

 

翌日、会社で二はヨシカに謝るが、その際にうっかりヨシカに恋愛経験がないことに触れてしまう。

実は、ヨシカは今まで彼氏ができたことがないのをコンプレックスに感じており、信用していた来留美にしか話していなかった。しかし、二の発言から、来留美が自分の秘密を話していたことを知る。

ヨシカは、自分のコンプレックスに言及してきた二と、秘密を守らなかった来留美に気を悪くした。そして、ずっと思い続けているイチの存在を告白し、二のことをフるのだった。

心を通わせるふたり

何もかもに嫌気がさしたヨシカは、妊娠を偽って産休を申請する。受理はしてもらえなかったが、妊娠の噂はあっという間に社内に広まり、ヨシカはしばらく会社を休むことにする。

家にひとり引きこもり、外からの連絡も遮断していた。しかし、とうとう孤独に耐えきれなくなり、意を決したヨシカは二に電話をかける。二は着信拒否をしていたが、会社を通して連絡を取ることに成功した。

 

ヨシカに呼び出された二は、土砂降りの雨の中ヨシカの家に駆けつけた。

めんどくさそうに用件を尋ねてくる二に対してヨシカは、妊娠はうそであること、今になって二の存在のありがたみを理解したことなど、今の自分の気持ちと本音をぶつけた。二もまた、ヨシカへの思いを断ち切れないでいた。

ようやく本当に心を通わせたふたり。ヨシカはそこで初めて「霧島くん」と二の名前を呼ぶ。そして「勝手にふるえてろ」と告げながらキスをするのだった。

『勝手にふるえてろ』の感想

恋愛に臆病で、こじらせてしまうヨシカの気持ちに痛いほど共感できる作品でした。自分の気持ちに正直で器用に生きられる人に対して、それをうらやむ側の人も割と多いのではないでしょうか。

この作品は途中まで、ヨシカが日常で出会う人々に自分の現状や思いをペラペラ話すシーンがあります。どこか違和感を抱くのですが、後半で急にミュージカル調の演出が始まり、これまでヨシカが話していたシーンはすべて妄想で、ヨシカの願望だったことが明らかになります。

不器用にしか生きられないヨシカのさみしさが表れていて、思わず「がんばれ」と応援したくなりました。それと同時に、自分もこういう気持ちになる時があるなと共感しました。

痛快なコメディ要素が強いのかと思いきや、自分自身の生き方や人との関わり方とリンクさせて深く考えさせられるストーリーでした。

『勝手にふるえてろ』の視聴方法

『勝手にふるえてろ』はDVDの購入やレンタル、U-NEXT、Huluなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『勝手にふるえてろ』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム見放題888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス見放題562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム見放題1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。