映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』のあらすじと感想|ネタバレあり

邦画

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』を見ました。

休日に、何気なくNetflixで映画を探していたところ、乃木坂46のドキュメンタリー映画を見つけました。

映画を見たあらすじ、感想、また映画の視聴方法などを紹介します。

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』のあらすじ

映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください
ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

AKB48の公式ライバルとしてデビューした乃木坂46のメンバーの、2011年のグループ発足時から4年間にわたるグループの活動に密着したドキュメンタリーです。

メンバーの幼少時代やグループ加入前のエピソード、メンバーそれぞれがどのような想いでオーディションを受けるに至ったのかなど、過去のエピソードについても語られています。

それと同時に、彼女たちをいつも見守ってきたメンバーの母親が語った娘への想いが、映像とともにナレーションで読み上げられるシーンも。センターをめぐる葛藤や家庭の事情、スキャンダル報道、紅白出場を逃した年など、メンバーがグループで活動をするにあたり悩み、ぶつかり合いながら乗り越えていく姿が描かれています。

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』の感想

華やかに見える世界の裏側で、メンバーそれぞれが抱える過去やそれぞれの悩み、またそれと向き合う姿に勇気をもらえる作品でした。

アイドルになりたいという動機だけではなく、ミュージカル女優になりたい、家族を養ってあげたい、過去の自分を変えたい、などメンバーそれぞれが様々な葛藤や目標を持ってオーディションに臨んでいたということに驚きました。

 

テレビで見ているととても明るくて可愛い女の子たちが、「意外にも辛い過去のエピソード」を持っていることにも驚きました。小学校のころにいじめられていた、中学校で不登校になった、貧しい家庭に育った、過去の自分が好きじゃない、など、メンバーそれぞれが葛藤を乗り越えて今があるのだと感じました。

ミュージカル女優になるという確固たる夢を持つメンバーや、センターである自分に自信が持てないメンバー、過去に受けたいじめから人から受ける中傷の言葉に敏感になっているメンバー。また、両親の家を買い、弟の学費を払うために活動をしていたメンバーもいました。

女の子ばかりの中では嫉妬や様々な人間関係のトラブルなどもあるでしょうし、センターを巡る競争やセンターの重圧、また夢を売る商売であるがゆえにスキャンダル報道などが大きなマイナスイメージになるなど、精神的に強くなければやっていられない環境だと思います。

 

私はもともと乃木坂46に関してあまり詳しくありませんでしたが、テレビに映っている彼女たちのキラキラとした一面だけではなく、舞台裏のリアルな姿を知ることで、乃木坂64というグループの魅力をたくさん知ることができました。

メンバーのスキャンダル報道や紅白に出場できなかった2014年など、メンバーの悔しさやグループへの想いが伝わってくるシーンも印象に残っていますし、中でも印象に残ったのは、メンバーの母親が実際に書いたコメントが映画の中でナレーションとして読み上げられ、語られていくところです。

「学校の登下校の女の子の集団に、自分の娘がいない」。自分の娘をそばで見守ってきたお母さんたちの目線から見た、メンバーの苦悩や成長が、そして、母親としての葛藤や思いが伝わってきました。

 

ほかにも、グループに加入したばかりのころは「自分には何もできるものがない、取り柄がない」と自信なさげだったメンバーが、公演前に後輩に先輩としてダンスの指導をしている場面など、グッとくるポイントがたくさんあります。

乃木坂46に詳しくない方でも楽しめて、感動できる作品です。

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』の作品情報

上映日2015年7月10日
上映時間約120分
製作国日本
ジャンル映画
監督丸山健志
脚本秋元康
キャスト乃木坂46ほか
主題歌乃木坂46「悲しみの忘れ方」

登場人物紹介

白石麻衣


乃木坂46のフロントメンバーの一人。ファッション雑誌などでも活躍し、女性人気も抜群。

生田絵梨


ミュージカル女優になることを夢見て、乃木坂46に加入。特技はピアノ。

西野七瀬


乃木坂46の人気メンバーの一人。高校時代はダンス部に所属していた。負けず嫌いな一面も。

松村沙友理


愛称は「さゆりんご」。おっとりした性格。雑誌の専属モデルとしても活躍中。

齋藤飛鳥


アイドル界最小と言われる小顔の持ち主。日本とミャンマーのハーフ。
[出典http://www.nogizaka46.com/smph/member/]

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』の視聴方法

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』はレンタルや購入、動画配信サービスなどの方法で視聴することができます。

 

2019年6月現在、『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46無料期間月額料金(税込)
U-NEXT× (視聴不可)31日間¥2,149
Hulu× (視聴不可)2週間¥1,007
Amazonプライム× (視聴不可)30日間¥400〜
Netflix ◎ (無料視聴可能)31日間¥864〜
FODプレミアム× (視聴不可)31日間¥959
dTV× (視聴不可)31日間¥540
  • 無料視聴可能 (◎):会員であれば無料で視聴できます。
  • 視聴可能 (◯):会員であっても別料金が発生しますが、視聴は可能です。
  • 視聴不可 (×):お取り扱いがありません。

おすすめの視聴方法1.『U-NEXT』

U-NEXTの魅力はなんといっても見られる動画の数の多さです。総配信数はなんと120,000本以上。新作映画の配信にも力を入れています。デジタル先行配信により、DVDの発売日、レンタル開始日よりも早く作品が見られることも。

登録時にもらえる600ポイント(1ポイント=1円)に加え、毎月1,200ポイントもらえるのも魅力です。ポイントを利用して新作映画(1本あたり約500円)を見たり、32万冊以上配信されている漫画や書籍を楽しむこともできます。

おすすめの視聴方法2.『Amazonプライムビデオ』

Amazonプライムビデオは、Amazonが運営するサービス、Amazonプライム会員特典の1つです。豊富なオリジナル作品も楽しめるAmazonプライムビデオ。その最大の魅力は、Amazonが提供するさまざまなサービスを受けられることです。

Amazonの通販で購入した商品の配送料・お急ぎ便料が無料、Prime Musicにて100万曲以上が聴き放題、Prime Readingで電子書籍が読み放題など盛りだくさん。お値段が月額500円(税込)(年会費は4,900円)とリーズナブルなのも魅力です。

おすすめ視聴サイト3.『Netflix』

Netflixは世界190か国以上で視聴可能な世界最大級の動画配信サービスです。大人気テレビシリーズ『ストレンジャー・シングス』をはじめ、オリジナル作品が充実していることが魅力の1つです。