映画『ジュラシック・パーク』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

1993年公開の大ヒット映画。『スターウォーズ』や『ジョーズ』などで知られるスティーブン・スピルバーグが監督を務め、最近では、『ジュラシック・ワールド』など新作も公開された。

今回は、映画『ジュラシック・パーク』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『ジュラシック・パーク』の作品概要

created by Rinker
Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥945 (2020/12/05 15:13:03時点 Amazon調べ-詳細)
上映日1993年
上映時間127分
制作国アメリカ
監督スティーブン・スピルバーグ
原作「ジュラシック・パーク」
脚本マイケル・クライトン/デヴィッド・コープ
音楽ジョン・ウィリアムズ
主題歌ジョン・ウィリアムズ「Jurassic Park」
出演サム・ニール/ローラ・ダーン/ジェフ・ゴールドブラム/アリアナ・リチャーズ/ティモシー・マーフィー/ドナルド・ジェローナ

1990年に出版された、マイケル・クライトンによるSF小説をスティーブン・スピルバーグが映画化した、SFエンターテインメント作品。

米国をはじめ、世界的な大ヒットを記録する。当時世界1位の興行収入となる、9憶1469万ドルを売り上げた。

『ジュラシック・パーク』のあらすじ

コスタリカ沖に浮かぶイスラ・ヌブラル島。そこに研究所を持つ大富豪のジョン・ハモンドは、再生した恐竜を使ったテーマパークを作ろうと考えていた。

しかし、国からパーク開園の許可が出ず、あせったハモンドは専門家に実際にパークを体験してもらい、安全性を証明してもらおうと考える。 呼び寄せられた専門家は古生物学者のアラン・グラント博士、古植物学者のエリー・ストラー博士、数学者のイアン・マルコム博士の3人。

3人は懐疑的ながらもハモンドの孫レックスとティムとともに園内を見学する。 しかし、エンジニアのネドリーは、恐竜の胚を盗むためセキュリティシステムをオフにしてしまう。 高圧電子柵が機能しなくなったことで、恐竜たちが暴れだし、パーク内はパニックに陥る。

登場人物紹介

ジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)

インジェン社、ハモンド財団の創設者。恐竜のテーマパークを作ろうと考え、「ジュラシック・パーク」を創設する。

アラン・グラント(サム・ニール)

モンタナで発掘をおこなっていた、古生物学者。ハモンドに連れられ、「ジュラシック・パーク」へと向かう。

エリー・サトラー(ローラー・ダーン)

アランの助手。古生物学者であり、アランと同様、ハモンドの連れられ、「ジュラシック・パーク」へ向かう

イアン・マルコム(ジェフ・ゴールドブラム)

テキサスで活動する数学者でカオス理論を専門としている。皮肉屋であり、ハモンドとは犬猿の仲であった。

デニス・ネドリー(ウェイン・ナイト)

「ジュラシック・パーク」のシステムエンジニア。恐竜の胚を盗むため、パーク内の電気系統を切断してしまう。

『ジュラシック・パーク』のネタバレ

この先、『ジュラシック・パーク』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

恐竜の復活

ある日、発掘作業をしていた考古学者アラン・グラント博士(サム・ニール)とエリー・サトラー博士(ローラ・ダーン)の元に、世界的なセレブであるジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)が訪ねて来る。

ハモンドは「無人島にあるテーマパークを建設したが、オープン前にぜひ体験してほしい、協力してくれるのなら研究費を出す」という言い、アランとエリーをテーマパークに連れていく。

テーマパークにはありえない光景が広がっていた。なんと絶滅したはずの、巨大な恐竜ブラキオサウルスがゆっくり地響きをたてて歩いていたのだ。

アランとエリーはどうやって恐竜を蘇らせたのかとパニックになりハモンドに詰め寄る。ハモンドは「ようこそ、ジュラシック・パークへ」と得意げに言うのだった。

 

アラン達はジュラシックパークの中心部にある操作室に向かった。そこには、恐竜の卵やバイオテクノロジーによってクローンを作る研究室があった。活気的な技術に感動しながらも、アランたち専門家は「命をもてあそぶ行為だ」と批判する。

研究所の見学を終え外に出ると、そこではハモンドの二人の孫、ティムとレックス、世界的な数学者マルコム(ジェフ・ゴールドブラム)がすでに体験ツアーの準備を整えていた。

管理システムのトラブル

体験ツアーは自動運転で進む電気自動車に乗っておこなわれる。ティムとレックス、アラン、エリー、マルコムはそれぞれ2台の車に乗り込んで出発した。

しかし、恐竜が現れるかは、恐竜たちの気分次第であるため、なかなか姿を見ることが出来ずツアーは進んでいった。恐竜に会えると楽しみにしていた、ティムとレックスは次第に退屈しだす。

台風が近づいていたことで天気も悪くなり、「こんな退屈なジュラシックパークの建設は失敗だった」とマルコムが結論付けたその時、目の前に巨大で凶暴なティラノサウルスが檻を破って現れた。

 

エンジニアのネドリーが恐竜の胚を盗むため、故意に電気設備をシャットダウンさせたのだった。ティムとレックスはパニックになり大声で助けを呼ぶ。しかし、その声に反応したティラノサウルスが、2人が乗っている自動車に襲いかかる。車は一瞬でつぶされてしまう。

アランは子供たちを助けるため、ティラノサウルスを自分の方へおびき寄せようとするが、うまくいかない。マルコムも協力しようと明かりを持って走り出す。すると、マルコム博士に反応したティラノサウルスが巨大な口でマルコム博士に襲い掛かる。マルコムは重症を負ってしまう。

森のなかでのサバイバル

何とかティラノサウルスから逃れたアラン、ティム、レックスは、操作室に戻ろうとうっそうとした森の中を歩いていた。一方エリーは、けがをしたマルコムとなんとか車で操作室に戻っていた。

エリーたちは、ハモンドと一緒に電気設備を戻そうと対策を練り始める。しかし、電気設備を復旧するためには、恐竜たちが自由に動き回る森の中を進まなければならないと分かる。エリーは自分が向かうと名乗りをあげる。

森の中では圧倒的に恐竜たちが優位である。また、森の中にはティラノサウルスだけでなく、知能が高いヴェロキラプトルも放たれてしまっていた。エリーは地図を見ながら電気設備を回復させに向かう。何度も恐竜たちに襲われながらも、なんとか電気設備を回復させることに成功する。

一方、森の中を歩いていたアラン、ティム、レックスたちは、森の中で大自然の素晴らしさを感じるとともに、なんとかハモンドが待機している施設に戻ることが出来た。

ジュラシック・パークから避難成功

操作室に全員が避難出来たが、ネドリーがわざと電気設備を破壊していたため、プログラムを再起動しなければならなかった。しかし、ジュラシックパークに残っているのはプログラミングには詳しくない者ばかり。

マルコムも怪我で動くことが出来ず、全員がパニックになっているところへ、突然ヴェロキラプトルが襲いかかってくる。知能の高いラプトルは自分でドアを開け施設内に入ってきたのだった。施設内には何匹ものラプトルが侵入し、アランたちを襲いはじめる。

逃げても逃げても足の速さではまったく適わず、アランたちは追い詰められてしまう。ラプトルが上体をかがめ襲いかかろうとした瞬間、ティラノサウルスが施設の壁を破って勢いよくラプトルを襲いはじめた。

仲間のラプトルがティラノサウルスに襲いかかり両者で争っている隙を見て、間一髪でアランたちは島を抜け出すことに成功する。ジュラシックパークは、一連のトラブルによってオープンすることなく閉鎖するのだった。

『ジュラシック・パーク』の感想

最新の科学技術によって、恐竜が現代に蘇るというストーリーに加え、当時の最新CG技術によって映像化された恐竜が印象的でした。

SFエンターテイメント作品として非常に面白い作品ですが、背景には「生命倫理や生命の進化」「テクノロジーの進歩と過信」「人間の傲慢さ」など哲学的なテーマが存在する作品でもあります。こうしたテーマについて考えながら鑑賞するのも面白いかもしれません。

『ジュラシック・パーク』は、その後、以下のようなシリーズ作品が作られ、恐竜映画の代表的な作品になっています。

どれもとても面白い作品ですので、一度ご覧になってみてください。

『ジュラシック・パーク』の視聴方法

『ジュラシック・パーク』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『ジュラシック・パーク』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu見放題1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV見放題500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス見放題562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。