映画『地獄少女』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

男女問わず、時代を超えて人気を集めるアニメの実写版『地獄少女』。

今回は、映画『地獄少女』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『地獄少女』の作品概要

created by Rinker
¥3,347 (2020/09/26 16:31:52時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2019年11月15月
上映時間107分
制作国日本
監督白石晃士
脚本白石晃士
音楽富貴晴美
主題歌GIRLFRIEND「Figure」
出演玉城ティナ/橋本マナミ/楽駆/麿赤兒/藤田富/森七菜

午前0時に出現するサイト「地獄通信」にアクセスし、怨みを抱く相手の名前を入力すると、地獄少女が地獄送りにしてくれるという衝撃的な設定が持ち味の『地獄少女』。

2005年からアニメが放映され、マンガ版はシリーズ累計326万部の売り上げを記録した。監督は、『貞子vs伽椰子』『不能犯』の白石晃士監督がつとめた。

『地獄少女』のあらすじ

クラスになじめない女子高生の美保は、魔鬼のライブで知り合った遥と意気投合し、魔鬼のコーラスのオーディションを受ける。

しかし、受かったのは遥だけだった。やがて、遥は美保に冷たく接するようになる。美保は遥の異変に気づいた。遥を奪った魔鬼に復讐するため、美保は「地獄通信」にアクセスした。

登場人物紹介

閻魔あい(玉城ティナ)

閻魔(えんま)あい。地獄通信に名前を書き込まれ、復讐の標的になった人物を地獄に流す少女。

工藤仁(波岡一喜)

ルポライター。自身の母親が、過去に地獄少女と契約していたことを知り、地獄少女のことを調べ始める。

市川美保(森七菜)

女子高生。魔鬼のライブで遥と出会い、魔鬼のオーディションを遥と受ける。洗脳された遥を助けるために、地獄通信にアクセスする。

南條遥(仁村紗和)

自由奔放な少女。魔鬼のオーディションに合格してから、様子がおかしくなる。

御厨早苗(大場美奈)

インディーズアイドル。魔鬼のコーラスに参加することが決まっていたが、ある事件をきっかけに地獄通信にアクセスすることになる。

魔鬼(藤田富)

多くのファンを獲得しているアーティスト。

[出典:https://gaga.ne.jp/jigokushoujo-movie/]

『地獄少女』のネタバレ

この先、『地獄少女』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

地獄通信

午前0時にアクセスできる「地獄通信」では、恨みを晴らしたい人間の名前を入力すると、地獄少女が現れて相手を地獄に落としてくれるのだという。そして、依頼者は代償として死後永遠に地獄をさまよわなければならない。

ライターの工藤仁は、実の母親が子供の頃に地獄少女と契約をしたことを知り、それを記事にしようと動き出した。母親は、過去に自分をいじめた相手への復讐として地獄通信を利用したが、工藤が取材を始めてから謎の死を遂げる。

早苗の負傷

女子高生の市川美保は、バンドマンの魔鬼のファンだった。ある日、魔鬼のライブで痴漢に遭った美保は、その場に居合わせた南條遥という女性に助けられる。美保と遥は打ち解け、2人はカフェで話すことにした。

そこに、ライブを終えた魔鬼が現れる。遥の声を聞いた魔鬼は、コーラスメンバーオーディションに遥を誘った。

その後、魔鬼はコーラスメンバーでアイドルの御厨早苗を自身のライブに呼んだ。ライブ当日、会場には刃物を持った長岡という男が現れ、早苗の顔を切りつける。長岡は、魔鬼と早苗の取材をしていた工藤に取り押さえられ、逮捕された。早苗は、顔に深い傷を負ってしまった。

長岡の地獄行き

その後、地獄通信の存在を知った早苗は、長岡の名前をサイトに書き込んだ。すると「地獄少女」こと閻魔あいが現れ、早苗に赤い紐が首に結ばれたわら人形を渡す。

そして、「この紐を解けば、契約は成立する」と言った。「ただし、契約をしたら依頼人の魂は地獄で永遠に苦しむ」と付け加え、あいは去って行った。

早苗は、弁護士を通じて長岡からの謝罪文を受け取ったが、そこに反省の色は見えなかった。謝罪文を読んだ早苗は、わら人形の糸を引いてしまった。すると、留置所にいた長岡はあいの使いによって地獄へと送られる。

早苗は、直接謝罪に来た長岡の母親に「あんたの息子は地獄に送った」と告げる。それを聞いた長岡の母親は、地獄通信に早苗の名前を書き込み、早苗を地獄に送ってしまった。長岡の母親は、契約をした直後に自殺した。

恨みが恨みを呼ぶ

遥は、オーディションを勝ち抜いて魔鬼のコーラスに参加することになった。ところが、魔鬼は遥に麻薬を勧めてきた。実は、魔鬼は犯罪に手を染めていたのだった。

美保は、魔鬼に「もう遥に関わるな」と告げられてしまう。途方にくれた美保は、ライターの工藤に相談をした。そして、工藤は魔鬼の悪事を暴露することを決意し、遥に盗聴器を仕掛ける。しかし、魔鬼に盗聴していたことがバレてしまい、工藤は魔鬼に殺されてしまった。

工藤の死を知った美保は、遥を取り戻すために魔鬼を地獄に落とすことに決めた。そして、午前0時に地獄通信にアクセスし、地獄少女からわら人形を受け取る。

 

後日、美保は魔鬼のライブでわら人形の糸を解いた。すると、魔鬼はステージの上から突如姿を消し、観客は驚く。美保は遥を取り戻すことができたが、死後に地獄へ落ちることへの恐怖を拭えないでいた。

『地獄少女』の感想

恨みの連鎖が描かれていて、救いようのない物語です。悪行は自分に必ず返ってきて、復讐は解決には繋がらないと思い知らされました。グロい描写が多く、軽めのホラーというような印象だったので、そういうジャンルが好きな人はより楽しめると思います。

あいは、人間離れした人形のような可愛さと無機質さを持つ不思議な存在なので、難易度の高い役なのではないかと思いました。玉城ティナさんはその役にはまっていて、あいのイメージを崩すことなく演じ切っていました。

定型的なことしか話さず、感情を一切表に出しませんが、決め台詞の「いっぺん、死んでみる?」を聞いたときは鳥肌が立ちました。

『地獄少女』の視聴方法

『地獄少女』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年6月現在、『地獄少女』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV視聴不可500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。