映画『インターステラー』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

2014年に公開された、壮大なSF超大作『インターステラー』は世界的に高い評価を受けた大ヒット作品です。

今回は、映画『インターステラー』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『インターステラー』の作品概要

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥945 (2020/09/29 18:02:33時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2014年
上映時間169分
制作国アメリカ
監督クリストファー・ノーラン
脚本クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン
音楽グレッグ・ランデイカー、ゲイリー・リッツオ
主題歌ハンス・ジマー「First Step」
出演マシュー・マコノヒー/マッケンジー・フォイ/アン・ハサウェイ/ウェス・ベントリー/マット・デイモン/マイケル・ケイン

主演のマシュー・マコノヒーに加え、ティモシー・シャラメやアン・ハサウェイなど豪華俳優が勢揃いした注目の映画作品。

圧倒的な映像美が魅力。「人々の愛や絆を描いた作品だ」と世界中から高い評価を得ている。

『インターステラー』のあらすじ

異常気象によって人類滅亡の危機が訪れている近未来。元宇宙飛行士のクーパー(マシュー・マコノヒー)は、NASAの要請に応じてラザロ計画に参加する。ラザロ計画とは、土星付近に発生したワームホールを通り抜けて、人類を新しい惑星へ移住させるというプロジェクトだった。

登場人物紹介

クーパー(マシュー・マコノヒー)

元宇宙飛行士で現在はトウモロコシ農場を営みながらエンジニアとして働いている。NASAの要請によりラザロ計画に参加する。

マーフィー(マッケンジー・フォイ)

クーパーの娘。クーパーが旅立った後、プランAの研究に取り掛かる。

アメリア博士(アン・ハサウェイ)

クーパーとともに、ラザロ計画に参加する。

グラント教授(マイケル・ケイン)

人類移住計画であるラザロ計画を発案。元同僚であった、クーパーを計画に参加させる。

ロミリー博士(デビット・ジャーシー)

クーパー、アメリア博士とともにラザロ計画に参加する。

『インターステラー』のネタバレ

この先、『インターステラー』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

地球は滅亡の危機に瀕していた

近未来の地球では、滅亡の危機を迎えていた。雨が降らず、作物は枯れ、砂嵐が吹き荒れる世界。人類は別の星へ移住するか、このまま滅びるのかの選択を迫られていた。

そんな中、トウモロコシ農家として生計を立てていたジョセフ・クーパーファミリー。子供が2人、息子のトム(15歳)と娘のマーフ(10歳)、クーパーの父であるドナルドの4人で暮らしていた。

クーパーは元宇宙飛行士であり、現在はトウモロコシ農家を営みながら、エンジニアとして働いていた。

 

ある日、娘のマーフが「家に幽霊がいる」と騒ぎ立てる。たしかに、マーフの部屋では本棚から色んなものが落ちていたり、何かがいるような動きをがあったのだ。

大きな砂嵐が近づき家の中に避難をする一家。窓を閉め忘れたマーフの部屋で、砂埃が異変を起こし始める。何かの暗号が込められていることに気づいたクーパーは、それがある座標を示していることを突き止める。

そして、クーパーとマーフはその座標が示す場所に向かうのだった。

クーパー、ラザロ計画に参加

座標が示した場所は、かつて宇宙開発を専門としたNASAだった。

クーパーはかつて宇宙飛行士だった頃に同僚だったグラント教授と再会し、ラザロ計画に誘われる。

ラザロ計画

ラザロ計画とは、人類が移住できる惑星を見つけ出し、その環境の整備を行う計画のことである。そして、人類が移住を行う事が目的のプランAと、もしそれが不可能だった時に 、人工授精を行い新たな惑星で新たな人類を作るプランBが計画されていた。

突如土星近くに発生したワームホールから別の銀河へ行くことが可能となったため、移住可能な惑星を探しに12人の学者や宇宙飛行士たちが先発隊として出発していた。

クーパーは信号の返ってきた3人の先発隊がいる惑星へ実際に行き、その場所を突き止めてくるという任務を受けるのだった。この任務には、実務経験のある宇宙飛行士が必要であり、クーパーは適任だったのである。

人類の希望を託され宇宙に行くことになるクーパー。しかし、それは帰ることが必ずしも約束されない任務であった。クーパーは娘のマーフと半ば喧嘩別れをして、飛び立つことになってしまう。

1つ目の惑星へ

宇宙へ飛び立ったクーパー。乗組員には、ブランド教授の娘であるアメリア、各分野のエキスパートであるニコライとドイルが搭乗していた。また、人口AIを搭載するおしゃべりなロボットのTARS(ターズ)と母船で待機していた寡黙なCASE(ケース)はチームのサポートを担当している。

土星付近に到着するまでに約2年かかるため、クーパーたちはコールドスリープで眠りにつく。ワームホールに入る直前で再び起き、信号のあった銀河へと突入する。

コールドスリープ

コールドスリープとは、宇宙における惑星間移動などにおいて、人体を低温に保ち、目的地に着くまでの時間経過による老化を防ぐ装置や、もしくはそうした睡眠状態のことを示す。現実にはまだ研究段階の技術である。

発信のあった別の銀河へやってきたクーパーたちは、3つの惑星のうちどの惑星から向かうか話し合う。

そこで、まず一番近い位置にある惑星へと向かうのだが、そこにはガルガンチュアと呼ばれる巨大なブラックホールが存在していた。ブラックホールの近くの惑星では、時間の経過がとてつもなく遅く、この惑星での1時間は、地球での約7年に相当する。

 

多くの問題を抱えながらも、クーパーたちはラザロ計画を成功させるため1つ目の惑星へと降り立つ。そこは辺り一面海に覆われていた。信号のあった地点を調べるが何も無い。そして前方にそびえる山の方に歩き出すも、クーパーはそれが山ではなく、巨大な波であることに気づく。

急いで波から逃げるも、ドイルが波にさらわれてしまう。命からがら宇宙船に戻ると、そこには重力の研究のためにひとりで残っていたニコライが待っていた。

ドイルはコールドスリープを行っていなかったため、だいぶ年老いていた。クーパーたちにとっては数時間の出来事であったが、宇宙船では23年もの時間が経過していたのだった。

2つ目の惑星へ

信号が途絶えずに発信されていたマン博士のいる惑星と信号が途絶えたエドマンズ飛行士のいる惑星。残りの燃料を考えると、調査できる惑星はあと1つ。2つの惑星に向かうと地球に帰れないことを意味していた。

エドマンズ飛行士はアメリアの恋人であり、クーパーとアメリアはどちらの惑星に行くかで言い争ってしまう。結局、3人は情報源としてより信頼のできるマン博士のいる惑星へと向かう事を決める。惑星に着くと、そこは雲すらも凍る冬の世界であった。

スリープからマン博士を起こし、目標の達成がなされたと安心する一同。しかし、その星の空気はアンモニアで満ちており呼吸なんてできるわけもなく、年中冬でとても住める惑星ではなかった。

マン博士はたったひとりで救助を待つ生活に耐えられず、信号を送り続けいつか来る救助を待っていたのだった。

 

マン博士はクーパーとアメリアを置いて救助船に乗り、母船にドッキングしようとするも失敗してしまう。

ブラックホールへ突入

ニコライもマン博士の仕掛けた罠にハマって、帰らぬ人となってしまう。

ドッキングの失敗による爆発で母船が流れ、惑星衝突寸前のところでクーパーの卓越した腕で難を逃れる。しかし、ターズは「船はブラックホールであるガルガンチュアへ吸い込まれるように向かっている」と報告した。

ラザロ計画をやり遂げ地球に帰還したいクーパーは、少しでも燃料を節約するため危険な賭けに出る。ブラックホールにギリギリまで近づき重力ターンをするというのだ。

その重力ターンには、運動の法則である「何かを動かすには、何かを置いていかなくてはならない」という原理を使っての脱出が必要とされていた。クーパーはターズが乗る船を犠牲にすることに決める。

5次元空間へ

ガルガンチュアからの重力ターンには、ターズが乗る船だけでは足りず、クーパーも巻き込まれてしまう。一方、なんとかターンに成功したアメリアはかつての恋人である、エドマンズ飛行士のいる惑星に向かう。

ガルガンチュアに飲み込まれたクーパーは暗闇のなかをさまよっていた。

船に限界が来ていたためクーパーは緊急脱出するが、瞬く間にとある空間へと飲み込まれてしまう。その空間とはガルガンチュアに唯一存在すると言われていた、5次元空間だった。

5次元空間では、時間を自由に行き来ができる。その事に気がついたクーパーは、自分が旅立った頃に遡り、娘のマーフにあるメッセージをモールス信号を用いて必死に伝えるのだった。

プランAが成功

地球上では、ブラント教授が亡くなる直前に、マーフにあることを伝えていた。実は、プランAはそもそも実現不可能であり、クーパーたちはプランBを遂行する為に宇宙へ送り出されていたのだった。

プランAの成功を半ば諦めかけていたマーフだったが、5次元空間にいる父、クーパーのメッセージを受け取り、どうにかプランAを成功へと導く。

一方、5次元空間が閉じ、宇宙空間をさまようクーパー。そこに宇宙船らしき光が近づき、気が付くと病院のベッドの上いた。医者が言うには、クーパーの年齢は地球から飛び立った頃から数えて、ちょうど124歳になっていると言う。

クーパーは年老いた娘のマーフと再会を果たした。その後、ターズとともに、アメリアが待つ3つめの惑星へ向かうのだった。

『インターステラー』の感想

『インターステラー』の制作総指揮は、2017年にノーベル物理学賞を受賞した、キップ・ステファン・ソーン博士が担当しています。彼は宇宙論や相対性理論の専門家です。

映画の中でも、ブラックホールや時間のズレなど、宇宙論や相対性理論に関する内容が数多く登場していました。この映画を初めて見たときは、「SF映画のなかでも、特に難解な映画だ」という感想を持ちました。

しかし、そうした難解さの中にも、家族の愛情や絆といったエモーショナルなストーリーがしっかり描かれているため、老若男女問わず誰でも楽しめる魅力的な作品だと感じました。

『インターステラー』の視聴方法

『インターステラー』はDVDの購入やレンタル、Netflixなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月現在、『インターステラー』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。