映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のあらすじ・ネタバレ・感想

洋画

小説が大ヒットし、2007年に映画化された『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』。

今回は、映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法についてご紹介します。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の作品概要

created by Rinker
¥2,780 (2020/10/24 07:21:54時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2007年7月20日
上映時間138分
制作国イギリス、アメリカ合衆国
監督デヴィッド・イェーツ
原作J・K・ローリング『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
脚本マイケル・ゴールデンバーグ
音楽ニコラス・フーバー
出演ダニエル・ラドクリフ/ルバート・グリント/エマ・ワトソン/ジョン・クリ―ズ/ロビー・コルトレーン

イギリスの児童文学作家J.K.ローリングによる全8部作の小説が原作となっている。『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は、その第5作目に当たる。ハリーが一人前の魔法使いになるべくホグワーツで学び、あらゆる魔法使いたちとの戦いを経て成長していく姿が描かれる。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のあらすじ

ついにヴォルデモートが完全復活を果たしたが、魔法大臣のファッジは現実から目をそらし、それを認めようとはしなかった。そしてファッジは部下のアンブリッジを、ホグワーツの闇の魔術に対する防衛術の教師として送り込む。

アンブリッジはホグワーツへの発言権を強め、ダンブルドアから校長の座を奪った。一方で、ハリーとヴォルデモートの戦いはますます激化する。

登場人物紹介

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)

主人公。幼い頃に両親を亡くし、伯父と家で育った。額には母が、彼を守るために付けられた稲妻の傷がある。闇の魔法使いヴォルデモートを倒す宿命を背負っている。

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)

ハリーの親友。六男であるため、才能のある兄たちに引け目を感じている。チェスが得意。

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)

ハリーの親友。人間の両親の下に生まれた魔女であるため、魔法界でのルールには疎いが、生真面目に努力する秀才。

ヴォルデモート(リチャード・ブレマー)

ハリーの敵。魔法界で広く恐れられる闇の魔法使い。かつてハリー殺害を失敗したため、力を失う。その後肉体を復活させてハリーを狙い続ける。

アルバス・ダンブルドア(リチャード・ハリス)

ホグワーツ魔法魔術学校の校長であり、ハリーの恩師。20世紀で最も偉大な魔法使いで、ヴォルデモートが唯一恐れる人物。

セルブス・スネイプ(アラン・リックマン)

ホグワーツ魔法魔術学校の教師。ハリーの両親とは同級生で、ハリーの父親であるジェームズとは犬猿の仲であった。そのため、ジェームズに似ているハリーに強く当たる。

[出典:https://warnerbros.co.jp/franchise/wizardingworld/special/characters/]

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のネタバレ

この先、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

ファッジの考え

ハリーはホグワーツでの5年目の新学期を目前に、ダーズリー家で孤独な夏休みを過ごしていた。ある時、ハリーとダドリーが言い合いになっていると、突如ディメンターが現れた。 ハリーは守護霊の呪文で間一髪ディメンターを追い払った。

 

ダーズリー家に戻ったハリーのもとに、魔法省から手紙が届いていた。それは、ハリーが人間界で魔法を使ったため、ホグワーツから退学することを命じるものだった。

しかし、シリウス率いる不死鳥の騎士団(ヴォルデモートに対抗するための組織)のメンバーがハリーを助け、ハリーは学校でロンやハーマイオニーと合流する。

騎士団のことを何も聞かされていないハリーは憤るが、そこでダンブルドアから魔法省がハリーを目の敵にしていることを告げられる。魔法大臣のファッジは、ヴォルデモートの復活を恐怖のあまり信じることができなかったため、その復活を語る者を攻撃対象にしていたのだった。

魔法省の干渉

新学期、学校ではファッジの部下のアンブリッジが、闇の魔術に対する防衛術の教師に就任し、魔法省がホグワーツに干渉することが発表された。

ところが、アンブリッジは杖を用いない形式的な授業しか行わなかったため、生徒たちは自分たちで防衛術を学ぶために「ダンブルドア軍団」を結成し、鍛錬に励む。

 

アンブリッジは徐々にホグワーツへの影響力を高めていき、アンブリッジはトレローニーを解雇し、学校から追い出そうとする。するとダンブルドアが「トレローニーを追い出す権限はない」とアンブリッジに反発してトレローニーを助けたが、アンブリッジは「今はね」と不敵な笑みを浮かべた。

「ダンブルドアが軍を集め魔法省への反乱を起こす」と思い込んでいるファッジは、アンブリッジを使ってダンブルドアの権力を奪おうと目論んでいたのだった。

シリウスの危機

そんな中、ハリーはロンの兄のアーサーが拷問されている夢を見る。ハリーがダンブルドアに相談すると、ダンブルドアはスネイプに「ハリーに閉心術を教えるように」と言った。これは、ヴォルデモートに心を読まれて正気を奪われることを防ぐものだった。

その後、アズカバンから10名の囚人が脱獄し、魔法省は「脱獄したベラトリックスの従兄弟であるシリウスが、裏で糸を引いていた」と報告する。

 

そしてハリーは、魔法省の「神秘部」でシリウスが危険に晒されていることを感じ取る。ハリーはシリウスを助けに行こうとするが、アンブリッジに行く手を阻まれてしまう。ハリーはそのまま呪いをかけられそうになるが、ハーマイオニーが突然「あれの隠し場所を言うのよ!」と言い出した。

ハーマイオニーは「あれ」の正体が「ダンブルドアの武器」だと嘘をつき、アンブリッジを森の中に連れ込む。そこをケンタウロスの群れが攻撃し、アンブリッジを捕らえることに成功した。

予言の存在

その後、ハリーたちはシリウスを助けるべく神秘部に向かった。そこで、ハリーはハリーの名前が記された「予言」を見つける。そこには、「闇の帝王を破る力を持つ者が現れる。両者は互角だが、その者は帝王の知らない力を持つ。一方が生きる限り、他方は生きられない」と記してあった。

すると目の前にアズカバンから脱獄したベラトリックスたちが現れ、予言を狙って襲いかかってくる。ディメンターも現れてハリーたちは苦戦を強いられるが、そこに「不死鳥の騎士団」が駆けつける。ハリーたちは反撃するも、予言は戦いの最中に砕かれ、シリウスはベラトリックスに殺されてしまった。

ハリーは、逃げるベラトリックスを追いかけるが、そこにヴォルデモートとダンブルドアが現れ、2人は激しく戦い始めた。ヴォルデモートはベラトリックスと共に逃亡し、その直前にハリーはヴォルデモートに正気を奪われそうになるが、なんとか持ちこたえた。

 

そして傷ついたハリーたちを見つけたファッジは、ヴォルデモートを目撃し、ついに彼の復活を認めた。ダンブルドアとハリーの疑いは晴れ、ダンブルドアはアンブリッジに奪われた校長の座を取り戻した。5年生を終えたハリーは仲間たちに励まされ、ダーズリー家へ戻っていく。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の感想

前作ではついにヴォルデモートが復活したので、本作ではその後の戦いを楽しみに観ました。シリウス率いる不死鳥の騎士団や、ダンブルドア軍団が組織され、いよいよ戦いが本格化するという意識が高まり、非常にわくわくしました。

5作目になり、物語がだいぶ込み入ってきたように思います。説明が省略される部分が多々あり、原作を読んでいないと内容が思い出せない部分もありました。また、本作は2、3作目のような伏線ありきの推理が中心ではなく、ひたすらにヴォルデモートとの攻防がテーマになっています。

そして、いざという時に助けてくれるシリウスが亡くなってしまったのは、ハリーにとって大きな痛手だと思いました。1人の大切な保護者を亡くしたハリーの今後の動向が気になります。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の視聴方法

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年1月現在、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT有料レンタル1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix視聴不可800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。

ハリーポッターシリーズ一覧

ハリーポッターシリーズ一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
ハリー・ポッターと賢者の石あらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと秘密の部屋あらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人あらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと炎のゴブレットあらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団この記事
ハリー・ポッターと謎のプリンスあらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1あらすじ記事はコチラ
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2あらすじ記事はコチラ