Huluに学割はない|安く利用する裏ワザはある

huluの学割アイキャッチ 動画配信サービス情報

学生はお金がないですから、Huluも学割で安く利用できたらうれしいですよね。

しかし、残念ながらHuluの学割はありません。ただ、Huluには安く利用する裏ワザが隠されていたんです。

そこで、この記事では以下の内容について詳しく解説しています。

  • Huluを安く利用する裏ワザ
  • 学割が使える動画配信サービス
  • 学割はないが安い動画配信サービス

ぜひご覧ください。

Huluに学割はない


結論から言うと、Huluに学割はありません

そもそも、Huluの利用規約では以下のように定められています。

Q:Huluは18歳未満でも登録できますか?

A:いいえ。18歳以上の方が登録できます。なお、親権者または未成年後見人に加入してもらい、そのアカウントを通じてHuluサービスを利用することができます。
詳しくは、サービス利用規約をご確認ください。

[出典:https://help.hulu.jp/faq/show/3911?back=front%2Fcategory%3Asearch&category_id=4&commit=&keyword=18%E6%AD%B3&page=1&site_domain=jp&site_id=1&sort=sort_keyword&sort_order=desc&utf8=%E2%9C%93]

18歳に満たない中学生や高校生は登録自体が推奨されていないことがわかります。

しかし、学生はお金がないですから、Huluを少しでも安く利用する方法があったら良いですよね。

次の見出しでは、Huluを安く利用する方法について見ていきましょう。

Huluを安く利用する裏ワザ


Huluを安く利用する裏ワザとは、「Huluを複数人で共有して使うこと」です。

ひとりがHuluと契約し、そのアカウントを複数人で使えば、ひとり分の料金で複数人が利用できるのです。

たとえば、3人で共有して使えば、料金は1/3の300円程度になります。

ただ、アカウントを共有して使う時には以下の注意点に気をつける必要があります。

  • 複数人が同じアカウントで同時にストリーミング再生するのは規約違反
  • すべての責任を負うのは契約者

注意点にさえ気をつければ、Huluを安く利用できます。検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、Huluを共有して利用する方法については以下の記事で詳しく解説しています。

huluを家族で共有

Huluは家族で共有できます|同時に視聴する裏ワザも紹介

2020年2月17日

学割が使える動画配信サービス

ほとんどの動画配信サービスでは学割を利用できませんが、以下の動画配信サービスは学割で契約ができます。

それぞれのサービスについて詳しく見ていきましょう。

Amazonプライムビデオ


Amazonプライムビデオは1万作品程度が配信されている動画配信サービスです。

Amazonプライムビデオには月額250円(税込)で利用できる、「Prime Student」という学割があります。

学割では、以下のように通常料金の半額でAmazonプライムビデオが利用できます

学割料金(税込)通常料金(税込)
月額プラン250円500円
年額プラン2,450円
(1ヶ月あたり約204円)
4,900円
(1ヶ月あたり約408円)

Amazonプライムビデオは通常料金でも動画配信サービスとして最安値レベルなのですが、学割ではおトクさに更に拍車がかかるのです。

しかも、Amazonプライムビデオの学割では無料体験期間が通常の6倍の6ヶ月になりますし、以下のようなプライム特典も利用できます。

  • 音楽が100万曲以上聴き放題
  • Amazonお急ぎ便が使い放題
  • お届け日時指定便も使い放題
  • 購入金額に関係なく配送料無料

Amazonプライムビデオの学割は利益が出ているのか不安になるほどおトクなサービスと言えます。

Apple TV+


Apple TV+はAppleが運営している動画配信サービスです。Appleオリジナル製作の映画やドラマが見放題になります。

Apple TV+の学割は「Apple Musicの学生プランに登録している場合はApple TV+を無料で利用できる」というものです。

Apple TV+の通常料金は600円で、Apple Musicの学生プランは月額480円なので、通常料金よりも安くなっているのは確かです。

Apple TV+はAppleのオリジナル作品しか配信していないため、動画配信サービスとしてはあまり魅力的ではありません。しかし、Apple Musicを学生プランで利用している方は、追加でお金はかからないので入って損はないでしょう。

学割はないが安く利用できる動画配信サービス

学割はないものの、安く利用できる動画配信サービスもあります。それは以下の3つです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

dTV:月額550円(税込)で12万本を超える映像作品が見れる!


dTVはdocomoが運営している動画配信サービスで、月額料金は550円(税込)です。配信作品数は12万本と、動画配信サービスの中ではかなり多いほうです。

月額料金550円は動画配信サービスとして最安値レベルですし、31日間の無料体験期間もついてきます。

まずは無料体験してみるのがおすすめです。

TELASA(ビデオパス):月額618円(税込)でテレビ朝日のコンテンツが充実!


TELASAはKDDIとテレビ朝日がタッグを組んで運営している動画配信サービスです。

TELASAではさまざまなジャンルの映像作品が見れますが、特にテレビ朝日のドラマやバラエティなどが充実しています。

月額料金が618円(税込)と安めなのに加えて、有料レンタル作品に使える550円相当のコインももらえるので、コスパの良いサービスと言えるでしょう。

TELASAにも30日間の無料体験期間がついてきます。

dアニメストア:月額440円(税込)でたくさんのアニメが見放題!


dアニメストアはアニメに特化した動画配信サービスです。月額440円(税込)で3,800作品以上のアニメが見放題になります。

初回31日間の無料体験期間もついてきます。アニメ好きにはこれ以上ないほど魅力的なサービスと言えます。

Huluの学割のまとめ

Huluに学割はありません。しかし、アカウントを共有して使えば、1人あたりの料金を抑えることができます。

そして、学割が利用できる動画配信サービスは以下の2つです。

また、学割はないものの安く利用できる動画配信サービスは以下の3つです。