huluは家族で共有できます|同時に視聴する裏ワザも紹介

huluを家族で共有 動画配信サービス情報

huluは家族で共有して視聴できます。もちろん追加料金もかかりません。

ただ、同時にストリーミング再生するのは規約違反になります。

この記事ではhuluのアカウントを家族で共有する方法や、規約違反にならずに同時視聴する裏ワザについて解説しています。ぜひご一読ください。

huluを家族で共有する方法

huluは家族で共有して視聴できます。追加料金はかかりません。

そして、huluを家族で共有するために必要なのは「ログインID」と「パスワード」だけです。

ログインIDとパスワードを教えれば、簡単に家族とhuluのアカウントを共有できます。

プロフィールをわけるのがおすすめ!

huluを家族で共有する時にはプロフィールをわけるのがおすすめです。

プロフィールの分け方は簡単です。まず、huluにログインします。そして、トップページの右上にある緑のマークにカーソルを合わせると出てくるメニューから「アカウント」をクリックします。

すると、アカウント情報が見られるページに移ります。このページの左下にある「プロフィール一括管理」の「編集」ボタンを押しましょう。

次のページでは右側にある「プロフィールの追加」ボタンを押します。

ここでニックネーム、生年月日、性別を設定し、「保存」をクリックすると簡単にプロフィールが作れます。

アイコン画像は自由に選べますし、ほかの人に見られないように暗証番号を設定することもできます。

huluでプロフィールをわけると以下の3つのことができます。

それぞれ見ていきましょう。

①子どものアカウントに制限をかける

huluでは生年月日を12歳未満に設定した場合「キッズプロフィール」という扱いになります。

「キッズプロフィール」にしておけば、子供向け作品のほか、子供に見せても安心なコンテンツだけを見せることができます。

②パスワード設定をして視聴履歴を家族から隠す

huluでは生年月日を12歳以上に設定した場合、暗証番号を設定することができます。

暗証番号を設定すると、暗証番号を知らない人はプロフィールの中を見れなくなります。視聴履歴を家族から隠せるので安心です。

また、暗証番号を設定すれば、子供が勝手に親のアカウントを使って大人向け作品を見るのを防ぐこともできます。

③自分だけのお気に入り作品を登録する

プロフィールを設定すれば、ほかの家族の視聴履歴やお気に入り作品が表示されることはありません。

自分だけのお気に入り作品を登録することができます。

友達との共有も可能です

huluの利用規約にはアカウントの共有について以下のようなことが書かれています。

Huluサービスの加入にあたっては、当社にアカウントを開設することが必要となります。お客様は、ご家族による利用等、お客様のアカウントのあらゆる利用について責任を負うものとします。お客様がご自身以外の方によるお客様のアカウントへのアクセスを許可した場合、お客様は当該利用者をして本利用規約を遵守させる責任を負うと同時に、利用者のHuluサービス上での行為について責任を負うものとします。
[出典:https://www.hjholdings.jp/terms]

友達との共有についての記述はありませんが、特に禁止されているわけではありません。ただ、アカウントを共有した友達が不正な行為をしても責任を負うのはアカウントの契約者です。

アカウントを共有するのは信頼できる友達だけにするべきでしょう。

huluを家族で共有する時の注意点


huluを家族で共有する時には以下のふたつの注意点に気をつける必要があります。

それぞれ見ていきましょう。

注意点①:同時にストリーミング再生するのは規約違反

huluでは、以下のようにふたつ以上のデバイスで同時に作品をストリーミング再生※することを禁止しています。

お客様は、お客様のアカウントページで、いつでも、Huluサービスへの加入状況に関する詳細をご覧いただけます。Huluサービスのアカウントは、個人利用のみを目的とするものです。2つ以上のデバイスを同時に用いて、ストリーミングによって本コンテンツを視聴することはできません。
[出典:https://www.hjholdings.jp/terms]

そのため、規約上、同じアカウントで同時に複数の作品を見ることはできません

しかし、現実にはふたつのデバイスまでであれば、同時に作品をストリーミング再生できてしまいます。ただ、この方法は規約違反であり、最悪アカウントを停止されてしまう可能性があるので注意しましょう。

ストリーミング再生:インターネットに接続詞ながら映像などを視聴する再生方式のこと

注意点②:すべての責任を負うのは契約者

huluの規約には以下のような言葉があります。

Huluサービスの加入にあたっては、当社にアカウントを開設することが必要となります。お客様は、ご家族による利用等、お客様のアカウントのあらゆる利用について責任を負うものとします。お客様がご自身以外の方によるお客様のアカウントへのアクセスを許可した場合、お客様は当該利用者をして本利用規約を遵守させる責任を負うと同時に、利用者のHuluサービス上での行為について責任を負うものとします。
[出典:https://www.hjholdings.jp/terms]

たとえ家族が不正な利用方法などをしても、すべての責任を負うのは契約した人なのです。契約した人は、家族が不正な利用をしていないか注意する必要があります。

huluを家族で同時に視聴する裏ワザ


huluを家族で同時に視聴する裏ワザは以下の3つです。

それぞれ見ていきましょう。

裏ワザ①:あらかじめ動画をダウンロードしておく

huluを家族で同時に視聴したいなら、あらかじめ動画をダウンロードしておくのが一番おすすめです。これなら規約違反にもなりません。

なぜなら、huluが規約で禁じているのは複数の作品を同時にストリーミング再生することだからです。

ただ、huluでダウンロードできるのは1アカウントあたり25本の作品までなので注意が必要です。25本を超えると、これまでにダウンロードした作品を削除しなければ新たにダウンロードできません。

裏ワザ②:複数アカウント契約する

huluを家族で同時に視聴する場合、複数アカウントを契約するのが一番楽な方法です。アカウントが違えば同時にストリーミング再生しても問題ありません。

ただ、もちろん料金は2倍かかってしまいます。料金をかけたくない場合はあらかじめ動画をダウンロードしておくようにしましょう。

裏ワザ③:ほかの動画配信サービスと組み合わせる

ほかの動画配信サービスと組み合わせる方法もあります。複数の動画配信サービスを契約していれば、同時にストリーミング再生できるだけでなく、見られる作品の幅が広がります。

動画配信サービスによって、配信されている作品は異なるからです。huluでは見れない作品も、ほかの動画配信サービスであれば見れる可能性があります。

ちなみに、huluと組み合わせるのにおすすめの動画配信サービスは以下のとおりです。

サービス名月額料金(税込)配信作品数
U-NEXT2189円14万本以上
Amazonnプライムビデオ550円1万本以上
dTV550円12万本以上
どうしてもひとつのアカウントで同時ストリーミング再生したい場合

どうしてもひとつのアカウントで同時ストリーミング再生をしたい場合は、hulu以外の動画配信サービスを使うのがおすすめです。

以下の動画配信サービスでは同時ストリーミング再生に対応しています。

サービス名同時再生可能数配信作品数
U-NEXT4台14万本以上
Amazonnプライムビデオ3台1万本以上
FODプレミアム5台3万本以上
同時視聴可能な動画配信サービスを紹介。

huluは2週間の無料体験が可能!

huluでは2週間の無料体験ができます。huluが実際に家族と一緒に使うのに向いているサービスか知るには、無料体験するのが一番です。

無料体験だけなら料金はかからないので、体験しない方が損なのではないでしょうか。

huluを家族で視聴する方法のまとめ

huluは家族で共有して視聴できます。ただ、同時にストリーミング再生すると規約違反になるので注意が必要です。

そして、huluを家族で共有する時の注意点は以下のふたつです。

また、huluを家族で同時に視聴する裏ワザは以下のとおりです。