映画『フラガール』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

実話をもとにした大ヒット映画。

今回は、映画『フラガール』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『フラガール』の作品概要

created by Rinker
ハピネット ピーエム
¥2,110 (2020/12/01 13:36:44時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2006年
上映時間120分
制作国日本
監督李相日
脚本李相日
音楽ジェイク・シマブクロ
出演蒼井優/徳永えり/山崎静代/池津祥子/浅川稚広/安部魔凛碧

『フラガール』は、実際に福島県いわき市で行われた町おこし事業をテーマとした作品。公開前はあまり話題にはならなかったが、口コミで徐々に広まり、興行収入14億円を達成した。第30回日本アカデミー賞や第49回ブルーリボン賞など数々の映画賞を受賞。

『フラガール』のあらすじ

1965年、炭鉱の経営難に見舞われ、福島県いわき市は、危機的状況にあった。そんな中、坑夫の吉本紀夫が、炭鉱の娘たちによるフラダンスチーム結成を呼び掛ける。プロのダンサーを招き、一大プロジェクトに挑むのだが、現実は甘くなかった。炭鉱町の奮闘と感動の物語。

登場人物紹介

フラガールズ

平山まどか(松雪泰子)

ダンス指導を担当するプロダンサー。

谷川紀美子(蒼井優)

炭鉱の娘。早苗に誘われ、フラダンスを始める。

木村早苗(徳永えり)

早苗をフラダンスに誘う。やる気はあるが、不器用な少女。

熊野小百合(山崎静代)

大柄でマイペースな性格。フラダンスを始める。

佐々木初子(池津祥子)

既婚者。フラダンスを始める。

炭鉱の人々

吉本紀夫(岸部一徳)

ハワイアンセンター建設を計画する。

谷川洋二朗(豊川悦司)

紀美子の兄。ぶっきらぼうだが、面倒見は良い。

谷川千代(富司純子)

紀美子の母。フラダンスに反対する。

『フラガール』のネタバレ

この先、『フラガール』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

【起】ハワイアンセンター設立計画

1965年。時代は、石炭から石油へのエネルギー革命の真っ只中にあった。それに伴い、住人のほとんどが炭鉱で働く福島県いわき市の常盤町は、経営難に陥っていた。

そんな状況を打破するため、炭鉱会社部長の吉本紀夫は、一大プロジェクトを計画する。計画は、ハワイをモチーフにしたレジャー施設、ハワイアンセンターの建設である。

吉本は、炭鉱の娘をフラダンサーとして育てようと思い、町中にフラダンサー募集を呼びかけるポスターを貼る。

炭鉱の娘、木村早苗は、フラダンサー募集のポスターを見て興味を持つ。親友である谷川紀美子をなんとかして引き込み、集会へと向かった。

【承】プロダンサーまどか

集会には沢山の応募者たちが集まっていた。しかし、応募者たちはプロのフラダンスのビデオを観ると「露出度が高い」などと言って帰って行った。そうして残ったのは、紀美子と早苗、大柄な熊野小百合佐々木初子であった。

4人の育成のため、吉本は、東京からプロのダンサーである平山まどかを招待する。まどかは、松竹歌劇団で活動していたが、引退した。今回、いわき市にやって来たのは、母の借金を返すためである。

まどかは、レッスンに来たが、一度はプロとして活躍した自分が、素人にダンスを教えることは、プライドが許さなかった。生徒たちは、まどかに見放される。しかし、翌日生徒たちはまどかのダンスを見て、すっかり魅了された。

生徒たちは、もう一度まどかに教えを乞う。その熱量を受け入れ、まどかのレッスンは再開した。まどかのレッスンは、町中で話題になった。フラダンスに興味を持った女性たちが、次々と集まった。

【転】フラガール反対派

紀美子と早苗は、両親に内緒で、学校をサボりながらダンスを練習していた。ある日、そのことが、ついにバレてしまった。紀美子は家を追い出され、ダンス教室に布団を敷き、寝泊まりするようになった。そして、早苗は北海道に引っ越すことになった。フラガール反対派勢力はまだ強かった。

トラブルはありながらも、フラガールズは公演に出るようになった。最初はミスばかりで不評であったが、徐々に受け入れられていく。各地でフラダンスの公演が行われた。

ある日、小百合の父が炭鉱の事故で亡くなる。その日は公演当日であった。まどかは、公演を中止にしようとしたが、小百合は「舞台に立つ」と言った。結果として、公演は成功する。しかし、メンバーの父の命日の日にダンスをしていたことを、町の人たちは非難した。

【結】待ちわびた拍手

町の人たちからの非難を受け、責任を感じたまどかは、先生をやめ、東京に戻ろうとする。まどかが電車に乗ったとき、紀美子たちが駅にやって来る。それでも、まどかの決意は固かった。まどかは、紀美子たちから目を背ける。

生徒たちの声が消え、まどかが、ふと窓の外を見ると、そこには紀美子たちがフラダンスで「愛している」というメッセージを伝えていた。それを見たまどかは、涙が止まらなくなる。発車した電車を止め、急いで降りる。

町の人たちも、フラガールズを受け入れていた。実は、裏で紀美子の母が、町の人たちを説得していた。

ハワイアンセンターの建設は順調に進み、オープンした。大量の観客に見守られながら、公演は大成功した。

『フラガール』の感想

いやあ、いい映画でしたね。私は1日に約36時間は蒼井優さんのことを考えて過ごしているのですが、そんな私からすればこの映画は、究極の娯楽です。2時間の映画ですが、少なく見積もって100回は恋に落ちました。

レッスンに出るもやる気のない蒼井優、公演終わりのバスでまどか先生にちょっかいを掛ける蒼井優、ラストシーンで圧巻のダンスを見せる蒼井優。どれを取っても素晴らしく、思わずフラダンスを踊ってしまいそうになります。(踊れません。)

読者の皆さんとの温度差を感じたところで、映画の話に戻ります。『フラガール』は、信じられないほどの逆転劇を描いた映画ですが、なんと実話を元にしているんですね。どんな危機的状況であっても、希望を忘れず笑顔でいれば、やがて幸せはやって来るのかもしれません。

明るく、希望に満ちたエンタメ作品です。ぜひご覧ください。

『フラガール』の視聴方法

『フラガール』はDVDの購入やレンタル、U-NEXTなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年6月現在、『フラガール』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT見放題1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム有料レンタル888円
dTV視聴不可500円
dアニメストア視聴不可400円
TELASA有料レンタル562円
Paravi視聴不可925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム無料レンタル1,100円
Disney+視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。