映画『羊の木』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

魚深(うおぶか)市に移住してきた6人の男女。役所勤務の月末(つきすえ)は6人の受け入れを担当しました。しかし、一見普通に見える6人は元殺人犯。信じるか、疑うか、終始目の離せないサスペンス映画です。

今回は映画『羊の木』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法について説明します。

『羊の木』の作品概要

created by Rinker
ジェイストーム
¥5,439 (2020/11/27 07:15:43時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2018年2月3日
上映時間126分
制作国日本
監督吉田大八
原作羊の木
脚本香川まさひと
音楽山口龍夫
主題歌ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズ「DEATH IS NOT THE END」
出演錦戸亮/木村文乃/北村一輝/優香/松田龍平/市川実日子/水澤紳吾/田中泯

魚深(うおふか)市職員の月末一(つきすえはじめ)は、新たに移住してくる6人の受け入れを任された。一見普通に見える6人は実は、元殺人犯。彼らは過疎化が進む魚深市で、国の新しい仮釈放制度プログラムによって送り込まれた。しかし、ある日を境に町は狂い始める。

『羊の木』のあらすじ

魚深市は過疎対策と仮釈放制度見直しのための新プロジェクトとして、元受刑者6人を市民として受け入れた。役所に勤める月末は、このプロジェクトの責任者として市民や同僚には内緒で活動していく。

登場人物紹介

月末一(錦戸亮)

魚深市の職員で元受刑者の受入れ窓口を担当する。真面目で優しい性格。

ギターが趣味で、休みの日は同級生とバンド活動に明け暮れている。

石田文(木村文乃)

月末が思いを寄せる同級生。

宮腰一郎(松田龍平)

月末に初対面から心を開いており、過去の罪状を打ち明けたりギターを始めたりするなど友人関係を築こうとする。

宅配業者に勤め、真面目に仕事していたが、時々見せる不可解な行動が月末を困らせる。

大野克美(田中泯)

元ヤクザで、抗争相手をワイヤーで絞殺した過去がある。ヤクザを辞めて、心を改めた。

魚深市民としてクリーニング屋で働きながら暮らす。

杉山勝志(北村一輝)

釣り客を乗せ運航する釣舩(つりぶね)業者として働きながら、魚深市での生活に不満を抱えていた。乱暴で傲慢な性格。

勘が鋭く、宮腰が同じ元受刑者であることや、大野が元ヤクザであったことを即座に見抜く。ゴールデンチャイナ事件という事件で捕まったと自慢気に話している。

太田理江子(優香)

夫とセックス中に勢い余って絞殺してしまう。恋愛体質で月末の父と恋仲になる。魚深市では、介護士として働く。

栗本清美(市川美日子)

物静かな性格で、DVされていた彼氏を殺してしまった過去を持つ。魚深市では、清掃員としてひっそりと暮らしている。

福元宏喜(水澤紳吾)

床屋のオーナーのもとで働くことになるが、オーナーに刑務所帰りだということがばれてしまう。

酒の勢いで上司を殺してしまうほど酒癖が悪い。

『羊の木』のネタバレ

この先、『羊の木』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

魚深市の職員として働く月末一は、新住民6人の受け入れ担当を任された。

6人それぞれの出迎えをする月末だったが、大野が刑務所から出てくるのを出迎えたときに違和感を覚え、上司を問い詰めた。

魚深市の新プロジェクト

上司の神崎は、新住民6人は刑務所帰りだということを伝えた。

そして、これは仮釈放した受刑者を魚深市民として迎え入れる新しい仮釈放制度プロジェクトだということを伝えた。

このプロジェクトには仮釈放制度の見直しを図る目的と魚深市の過疎対策という目的の2つの目的があった。

また、この制度は課長の神崎と月末のみが知る任務だった。6人は魚深市民としてそれぞれの仕事に就くことになる。

のろろ祭り

のろろは、魚深市の守り神で、海沿いの崖にたたずむ銅像である。またそこの崖は、かつて生贄(いけにえ)を2人落とすと1人は助かり、1人は死体も上がらないと言われていた。

そんなのろろ祭りは、翌日全国紙で紹介され、役所の職員は町の活性化につながると喜んでいたが、その写真には宮腰と杉山が写っていた。

 

のろろ祭りの日の新聞を見て、1人の男性が魚深市に訪れた。

「昔、息子がお世話になった人に似ているので会って挨拶がしたい」ということで、宮腰を探していた。役所では個人情報保護のために居場所を教えてもらうことはできなかったが、男は町の人に聞き込みを続けた。

そして、宮腰と写っていた杉山を見つけ、杉山から居場所を聞き出した。

 

実は、この男は15年前に宮腰に息子を殺され、敵を討つために探していた。杉山もそのことを察し、遠くでカメラを構えていた。そして宮腰は男を殺してしまう。

翌日、杉山は宮腰に会い一緒に仕事しようと提案するが、宮腰は受け入れず車で轢き殺してしまう。

宮腰の過去

宮腰は元受刑者の中では最も感じが良く、月末とはすぐ友達になった。

また、宮腰は月末に「町ですれ違った人に喧嘩を売られ、それに応えて相手を殺してしまった」と明かした。

宮腰は郵便配達の仕事にも真面目に取り組み、月末たちのバンド練習にも混じっていた。彼の殺人は故意ではなかったように見えたが、未成年のときにも人を殺しており、少年院に入っていた過去があった。

月末と宮腰の最後

ある夜、月末は宮腰に「岬へ行こう」と言われた。

岬に着くと、宮腰は自分は人殺しだということを明かす。そして、この崖から飛び降りようと提案する。2人同時に落ちれば、1人は助かり、1人は死体も上がらないと言われているあの崖だった。

月末は、「自首をしてやり直そう」と説得する。しかし、宮腰はどうせ死刑になるからと月末を道ずれにして崖から飛び降りた。

 

最初に浮かび上がってきたのは宮腰だった。しかし突然、のろろの銅像の頭が宮腰目掛けて落ちてきた。その直後、月末が浮かび上がった。

そして宮腰は海に沈んだきり、上がってくることはなかった。

『羊の木』の感想

魚深市が取り入れた新プロジェクトは、市としても過疎対策になるし、司法からしても良い取り組みであると感じました。しかし、宮腰や杉山のような人間が更生しない限り、リスクが高く恐ろしいと感じました。

一方で、大野、栗本、福元、太田のような罪を償い更生した人間に、第2の人生をスタートさせる環境を作ってあげることはとても大切だと思いました。

 

私は、宮腰という男が6人の元受刑者の中で一番良い人のように見えました。仕事も真面目に取り組んでいましたし、交流関係をうまく作ろうとして魚深市に馴染もうとしていました。

しかし、実際には平気で人を殺してしまう人で、映画では3人を殺しています。彼は、いわゆるサイコパスでした。

この映画は、終始目の離せない映画となっております。

『羊の木』の視聴方法

『羊の木』はDVDの購入やレンタル、NetflixやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年月5月現在、『羊の木』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT視聴不可1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ見放題500円
Netflix見放題800円
FODプレミアム有料レンタル888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス見放題562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。