映画『50回目のファーストキス』のあらすじ・ネタバレ・感想

邦画

アダム・サンドラー&ドリュー・バリモア主演による2004年のハリウッド映画「50回目のファースト・キス」を山田孝之と長澤まさみが共演でリメイクしたラブコメディ映画。

今回は、映画『50回目のファースト・キス』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。

『50回目のファーストキス』の作品概要

created by Rinker
¥3,228 (2020/09/30 22:11:29時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2018年6月1日
上映時間114分
制作国日本
監督福田 雄一
原作ピーター・シーガル「50回目のファースト・キス」
脚本福田 雄一
音楽山崎まさよし「One more time, One more chance」
主題歌平井堅「トドカナイナラ」
出演山田孝之/長澤まさみ/ムロツヨシ/佐藤二朗/勝矢/太賀/山崎紘菜/大和田伸也

2004年製作のアダム・サンドラー、ドリュー・バリモア共演作『50回目のファースト・キス』を原作としたラブストーリーを日本版でリメイクした作品になっている。

メガホンを取ったのは『銀魂』などのコメディ映画が話題の福田雄一監督。原作をリメイクし親しみやすく、感動もののラブコメディーに仕上げた。

『50回目のファーストキス』のあらすじ

ハワイのオアフ島で天文学の研究をしながら、ツアーガイドとして生活費を稼ぐ大輔は、カフェで瑠衣という女性と出会う。彼は明るく聡明な彼女と意気投合し恋に落ちた。翌日に大輔が瑠衣に会い話しかけると、彼女は大輔や前日のことをまったく覚えていなかった。

瑠衣は事故の後遺症で、新しい記憶が一晩で消えてしまうのだ。そのことを知った大輔は彼女を口説き落とそうと奮起し、毎日彼女にアプローチを仕掛けてはファーストキスまで持ち込むのだった。

すれ違いながらも、愛を深めていく2人の想いは通じ合うのか。

登場人物紹介

弓削大輔(山田孝之)


ハワイ在住で、ツアーガイドをしながら天文学の研究を行うプレイボーイ。瑠衣と出会い、彼女に対して真剣な想いを抱くようになる。

藤島瑠衣(長澤まさみ)


天真爛漫な明るい性格の女性。ある事故の後遺症で、記憶が一晩しかもたない。

ウーラ山﨑(ムロツヨシ)


大輔の親友。大輔にあらゆる場面で協力する友達想いの性格。

藤島健太(佐藤二朗)


瑠依の父親。瑠衣が記憶障害になったことを自分のせいだと思っている。

勝矢(味方和彦)


大輔のアルバイト先の上司。

太賀(藤島慎太郎)


瑠依の弟。筋トレが好き。瑠依を弟として献身的に支える。

高頭すみれ(山崎紘菜)


大輔の同僚であり、大輔に片思いをしている。

名取医師(大和田伸也)


瑠依の主治医。

[出典:https://bd-dvd.sonypictures.jp/50firstkisses/cast_staff/]

『50回目のファーストキス』のネタバレ

この先、『50回目のファーストキス』のストーリーを結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください

大輔と瑠衣の出会い


大輔は日本の大学の派閥争いに嫌気がさし、ハワイに単身で天文学の研究をしに来た。大輔は食べていくために、研究だけではなく日本人向けのツアーガイドをしていた。

大輔はガイドする女性たちと端から端まで関係をもっていたプレイボーイとしても有名だった。ガイドされた女性は旅先で夢のようなひと時を味わえるたと思っているが、大輔の勤めるツアー会社は業界的には悪い評判が立っていた。

ある日、大輔は車が故障したことで、何気なく入ったカフェで瑠衣という女性と出会った。そこで大輔はひと目惚れしてしまうのだった。

 

1人の女性に恋をするということが、大輔は自分でも信じられない思いでいたが、翌日も瑠衣に会うために同じカフェに行くのだった。

そこで、大輔は思い切って瑠衣に話しかけて初めて会話をした。2人はお互いに相性の良さを感じ、瑠衣も大輔に同じような想いを抱いた。大輔はその次の日の朝もカフェに向かった。

瑠衣は、昨日と同じようにカフェの席に座っていた。昨日の感触の良さから気軽に話しかけた大輔に対して、瑠衣はまるで大輔のことなど知らないような冷たい態度を見せたのだった。

瑠衣の秘密


カフェの店員のスーは戸惑う大輔に、瑠衣の秘密を打ち明けた。それは「瑠衣は一年前に交通事故に遭いそれ以降、彼女の記憶は1日おきにリセットされる」というものだった。その事実に驚きを隠せない大輔だったが、瑠衣は本当に大輔のことを何も覚えていなかった。

瑠衣のことはあきらめるようにと言われた大輔は「アプローチで失敗しても次の日には、またゼロからやり直せる」と開き直って瑠衣に毎日アプローチを続けた。

それから大輔は時に失敗をして瑠衣をひどく怒らせたり、意外としっくりと行ったりと同じような朝を繰り返していた。同じ毎日が繰り返される瑠衣の1日は、いつでも同じ日でなければならなかった。

 

瑠衣の父親の健太と弟の慎太郎は、瑠衣が事故に遭った次の日を毎日演じる日々を過ごしていた。

スーの協力を得て瑠衣に朝食をいつものカフェで過ごさせ、家に帰ってくると真っ白なガレージの壁を用意して、1日かかる巨大な絵を書いて過ごさせた。

事故にあった日は瑠衣の父親である健太の誕生日だった。そのため、毎晩誕生日パーティーをして、瑠衣は眠りに落ちるという日々を送っていた。健太と慎太郎はパーティの片づけをして、ガレージの壁を白く塗りつぶし、特別に作った事故翌日の新聞を用意した。

いずれ瑠衣が自分の顔を鏡で見て時間の流れを、突然知ってしまう時が必ず来るということは分かっていた。しかし、年間通して気候に変わりのないハワイという土地柄もあり、しばらくの間この同じ1日を繰り返していたのだ。

その日は突然に


ある日瑠衣はいつも通りカフェを訪れていた。すると、止めてあった瑠衣の車が車検切れを起こし、警官に注意されてしまった。

瑠衣は「車検期限はずっと後だ」と言い張ったが、カフェにあった新聞の日付はを見て衝撃を受けた。なぜなら、そこには自分にとってはるか先の日付が記されていたからだ。

大輔は混乱する瑠衣をそばにいてなだめたのだった。そして、瑠衣は困惑しながらも大輔に付き添われて自分の家へと帰った。

 

瑠衣の父親である健太はついに事件の真相を瑠衣に告げた。瑠衣は大輔のことを知っている様子の健太と慎太郎を見て、すべての事実を受け入れたのだった。

瑠衣は大きなショックを受けながらも大輔たちと瑠衣の治療を担当している研究所へと向かった。そこで瑠衣は自分が記憶障害であり、記憶障害に苦しむ多くの人がいることを知った。

瑠衣は翌日になると昨日起こったことをすべてを忘れてしまう。そのため、大輔は瑠衣が好きな百合の花の話と事故からの瑠衣と世界の変化、瑠衣を囲む人々からの愛情がこもったメッセージとまとめたDVDを送った。瑠衣はそのDVDを朝起きたら必ず見るようにした。

瑠衣はショックを受ける一方で、自分自身を支えてくれる人たちの温かみを感じていた。

変わった日常


ある日瑠衣は「このDVDを見るのは何度目か」と健太に尋ねた。しかし、瑠衣にとってはこのDVDはこの日に見たのが初めてだった。この日から徐々に瑠衣の止まっていた時間が動き始めた。

それからの毎日、瑠衣は朝起きるとDVDを見て自分を状況を知り、携帯で撮った動画で大輔との日々を知っていった。

気持ちはいつまでたっても付き合いたての恋人のままで、その日のキスは瑠衣にとっては大輔とのファーストキスだった。

普通の恋人とは違った日常を送る2人だったが、その中には幸せが溢れていた。

2人の選択


ちょうどその頃、大輔の研究が成果を出しワシントンから研究者として招待を受けた。大きな発見から大きな一歩を踏み出そうとしていた。

大輔と瑠衣は2人で喜びを分かち合った。しかし、瑠衣は自分の存在が大きな負担になり、大輔が研究者として成長していく中で足かせになるのではという思いを抱くのだった。

そして、瑠衣は大輔にいきなり別れを告げた。そして、2人で撮った写真もすべて消去したのだった。大輔は彼女を思う気持ちが強かったが、苦しい別れを受け入れたのだった。

大輔は旅立ちの準備を始め、瑠衣は大輔の存在だけを除いた新しい日々を生きていくこととなった。大輔は健太から、瑠衣は研究所での療養生活に入ったことを知らされた。瑠衣は自分自身が家族の負担になることを恐れて、1人で生きていくことを選んだのだった。

大輔の決意

1度は全てをあきらめた大輔だったが「何で諦める必要があるんだ?」と改めて考え始めた。そして、大輔は瑠衣と過ごしながら夢を叶えるという選択肢を選んだ。

そして、大輔は出発直前の飛行機から飛び出し瑠衣のもとへと向かった。瑠衣の前に現れた大輔。瑠衣にとっては初めて会った人であるのにも関わらず、瑠衣は大輔の存在を拒まなかった。

瑠衣は自分のアトリエに大輔を連れていった。そこに瑠衣が書いた、大輔の絵が並べられていた。「記憶はなくなってしまうけど絵に残しておけば、忘れることはない」という瑠衣の精一杯の想いだった。

 

それから、瑠衣は朝いつものように目覚め、目の前のメモにある通りDVDを再生する。そこにはいままで通り瑠衣と大輔が過ごしてきた日々が映し出されるのだった。そして、今日も瑠衣の新たな1日が始まっていくのだ。

2人は改めて恋人同士となり結婚した。子供にも恵まれ瑠衣は母親になり、大輔は研究者としても成功を収めた。それから2人は少し変わった幸せな日々を過ごしていくのだった。

『50回目のファーストキス』の感想

この作品は映画のタイトルからとても興味を持っていました。私自身も映画を見るまで話の内容が想像できませんでした。しかし、実際見てみると純愛の感動的なラブストーリーで、話に引き込まれてしまいました。

大輔の純粋な恋の相手が記憶喪失であるという内容にまず驚きました。一緒に過ごした1日を次の日になると瑠衣は忘れてしまいます。そんななかでも普通のカップルとは違う1つの愛の形を作り上げていく姿に感動してしまいました。

映画自体にコメディー的な要素や泣けるシーンが組み込まれていて、笑いあり涙ありの見ごたえある作品だと思います。もし、私が大輔や瑠衣の立場だったら「好きな人のためにどんな決断するのか」と考えながら見ることができました。

最終的に、2人は結ばれます。瑠衣の記憶喪失という病や大輔が仕事の結果を残すよりも大切な「愛」というものを見つけた瞬間が1番印象に残っています。

大切な人の存在を改めて考えさせられるような映画でした。

『50回目のファーストキス』の視聴方法

『50回目のファーストキス』はDVDの購入やレンタル、Huluなどの動画配信サービスで視聴することができます。

2020年5月22日現在、『50回目のファーストキス』を視聴できるサービスは以下の通りです。

サービス名配信状況月額料金
U-NEXT視聴不可1,990円
Hulu視聴不可1,026円
Amazonプライムビデオ有料レンタル500円
Netflix無料レンタル800円
FODプレミアム視聴不可888円
dTV有料レンタル500円
dアニメストア視聴不可400円
auビデオパス有料レンタル562円
Paravi有料レンタル925円
NHKオンデマンド視聴不可990円
TSUTAYAプレミアム有料レンタル1,100円
ディズニーデラックス視聴不可770円
DAZN視聴不可1,750円
  • 見放題無料レンタル:会員であれば無料で視聴・レンタルできます。
  • 有料レンタル:会員であってもレンタル料金が発生します。
  • 視聴不可:お取り扱いがありません。