海外ドラマ『グッドワイフ』シーズン3・第20話のあらすじと感想|ネタバレあり

グッドワイフ シーズン3 海外ドラマ

海外ドラマ好きの友人たちの間でもとにかく面白いと話題の『グッド・ワイフ』。

『グッド・ワイフ』を見た感想やあらすじ、作品情報などを紹介していきます。

『グッド・ワイフ』シーズン3・第20話『新たなライバル』のあらすじ

海外ドラマ『グッド・ワイフ』のあらすじを結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください
(※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

今回の依頼人はガールズキャンプのリンジー

5年前のガールズキャンプで、ローザ・トレスという16歳の少女が殺害されました。参加者のリンジー、メーガン、パメラが犯人とされ、彼女たちは5年間服役させられていました。しかしDNA鑑定のミスが発覚し、再審理を勝ち取ります。

ミスを認めたくない検事側のケイリーは、この事件には他の物証もあると言い放ちます。しかし、ピーターは、今回の不手際を認めれば1000万ドルもの国家賠償を支払わなければならなくなるとして、司法取引を持ちかけるようケイリーに命じます。

 

アリシアたちは依頼人に対し、72時間以内に司法取引か再審理かのどちらかを選択するように言います。司法取引を選べば有罪となりますがすぐに釈放され、再審理を選べばもう1年服役し賠償金を得る形となるそうです。彼女たち3人の意見は分かれます。

パメラは断固としてこれを拒否し、刑務所内で暴行を受けているメーガンは了承し、金と名誉を天秤にかけているリンジーは迷っています。

クレスティーバが声明を発表

アリシアのもとに、マイクが訪ねてきました。ブルーリボン委員会の報告書の件を持ち出してきます。マイクはジマーマンの不正を暴き、それを隠蔽しようとしたピーターを非難するためのものです。

マイクは反対意見を書くチャンスをやると言いますが、アリシアはそれをはねつけます。するとマイクはアリシアに呼ばれてきたと不可解な言葉を残して去っていきます。州検事が警察の不正を隠蔽したという報告書が公開され、マイクは声明を発表します。

 

マイクはその声明の中で、アリシアがマイクを呼び出し、報告書をピーターにとって都合のいいように変えさせようとしたと主張します。さらに、マイクは州知事選に立候補することを表明します。これに対し、アリシアとイーライは戸惑いを隠せません。

イーライはアリシアに忠告をしましたが、アリシアはそれを聞かずマイクのもとに乗り込んでいきます。マイクに嘘をつくのはやめるように言いますが、マイクはアリシアに対しとぼけていると言い返します。

イーライはピーターを支持

民主党委員会のフランクは、ピーターを支持する代わりにヴァネッサに出馬を諦めさせるよう取引を持ちかけます。フランクとしては、上院議員選では別候補のマルビーを推薦するため、女性票を得るためにも女性候補のヴァネッサを外しておきたかったのです。

イーライは悩んだ末に、ピーターの支持をしてもらうことの方が重要だと判断しました。ヴァネッサは、元妻の自分よりもピーターを選んだとイーライに詰め寄ります。そして、イーライはヴァネッサに絶縁宣言されることに。

ジャッキーに謝るピーター

アリシアはジャッキーが家を横取りしようとしたとして、ピーターに助けを求めます。ピーターは、ジャッキーに家の購入をやめるようにいいます。しかし、ジャッキーは聞く耳を持たず、苛立ったピーターはこれからも息子でいて欲しいなら、とジャッキーに強く出ます。

ピーターに叱られたショックからか、ジャッキーは発作で倒れ病院に運ばれます。病院に駆けつけたピーターはジャッキーに謝ります。アリシアはその様子を見つめていました。

犯人はメーガンだった

カリンダの調査により、ローザを殺したのが3人の少女のうちの1人のメーガンであったことがわかりました。メーガンはキャンプで男性指導員のジャスティンを好きになり、彼と仲の良かったローザに嫉妬して殺害したとのことです。

カリンダはローザの遺体の写真を見て、足首に自転車に乗ったときについた痕があることを発見しました。彼女は自転車でジャスティンに会いに行っていたのです。

リンジーが釈放

しかし、検察側はリンジーとパメラの起訴を取り下げようとしません。アリシア側としても2人の無実を証明できる保証はありません。キャリーを説得し、3人全員の同意を受け、司法取引に応じます。リンジーは釈放され、両親の元へと戻ります。

ピーターが知事選への出馬を表明

アリシアが審査を辞退するにあたり、マイク・クレスティーバはそれを利用し大嘘をついてフロリック夫妻を悪者に仕立て上げようとします。アリシアは、出馬を迷っていたピーターの元へ駆けつけ、「あなたは良い知事になる」と知事選に立候補するよう促します。

ピーターはエレベーターでマイクと鉢合わせすると、家族を巻き込まないでほしいといいます。マイクが手段は問わないとピーターを脅すと、ピーターは同じ言葉を返します。ピーターの決意は固まりました。出馬宣言をするピーターにアリシアが寄り添います。

『グッド・ワイフ』シーズン3・第20話『新たなライバル』の感想

アリシアとジャッキーの嫁姑対決

今回もアリシアとジャッキーの嫁姑対決が繰り広げられました。ジャッキーは孫たちの信託預金に手をつけて家の頭金を支払っていたのです。アリシアはピーターに頼ります。ピーターはすかさずジャッキーに家を買うのをやめるように言います。

今回ピーターはジャッキーにかなり強く出ました。息子第一なジャッキーからすると、ピーターに何か言われればタジタジです。これからも息子でいてほしいなら、と今後の親子関係にも触れられよほどこたえたのか、ジャッキーは発作で病院に搬送されてしまいました。

ジャッキーを心配するピーターを見つめるアリシアの表情がなんとも。ピーターの知事選にあたり夫婦も結束していることですし、ジャッキーがアリシアに嫌がらせをする理由はもうないのでは?今後はぜひとも仲良くやってもらいたいところです。

モテモテのウィル?

今回のケースでは事務所のスタッフ、キャリーがたびたび登場しました。彼女は3年前にウィルと交際していたとか。ウィル、元カノどんだけいるんだという感じですね。ウィルにアプローチをかけているようですが、ウィルはまんざらでもない感じでしょうか?

アリシアは完全にピーター側ですし、諦めざるを得ない状況ですから。キャリーはウィルとどんな関係になっていくんでしょうか。業務停止期間とはいえ、休暇かのように楽しんでいるようにも見えるウィル。ウィルの恋愛事情にも注目していきたいです。

元妻よりもピーター?

イーライは、民主党委員会のフランクにピーターを支持する代わりに元妻のヴァネッサの出馬を諦めさせるようにと言われます。ここでピーターを選ぶあたり、やはりイーライは慎重です。ピーターに対して忠実だともいえます。ピーターとしては心強いでしょう。

ピーターも出馬を発表しましたし、またイーライの熱血ぶりが見られることになりそうです。選挙となるとあらゆる手段を使い爆走するイーライ。事務所ではダイアンの尻に敷かれつつありますから、あのキレッキレぶりがまた見られるのが楽しみです。

ピーターとアリシアが結束

ピーターの知事選を応援するアリシアには、以前の選挙の時のような迷いは感じられませんでした。あなたはいい知事になる、という妻の言葉は偉大です。マイクの嫌がらせにもめげません。フロリック夫妻が結束を固める瞬間が見られました。

前回に引き続き登場したくせ者のマイク・クレスティーバですが、彼の登場により、アリシアにも火がついたようですね。ピーターの出馬宣言に寄り添うアリシアの姿を見ていると、夫婦の絆を感じられました。今後の展開が楽しみになってきますね。

『グッド・ワイフ(Good Wife)』というタイトルについて

『グッド・ワイフ(Good Wife)』は直訳すると「良妻賢母」という意味があります。このドラマの原題は「The Good Wife」ですが、このタイトルの意味を「(一般的な)良妻賢母」と解釈するのは正しくはないという意見があります。このタイトルには冠詞の “The” がついています。

したがって、 “A Good Wife” であれば一般的な意味での良妻賢母という意味合いが強くなりますが、 “The Good Wife” は主人公アリシア・フロリック固有の “Good Wife” 、「良き妻」であるとする意見があるのです。

ストーリーが展開されていくにつれ、一般的な良妻賢母という呼び方がされることに疑問符がついてくるのに従い、アリシアが “A Good Wife” ではなく “The Good Wife” であるということを表しているのではないかという解釈があります。

『グッド・ワイフ』の作品情報

created by Rinker
¥3,401 (2020/09/25 16:07:07時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2009年9月22日
上映時間約43分
製作国アメリカ合衆国
ジャンル海外ドラマ
監督チャールズ・マクドゥガル
脚本ミッチェル・キング、ロバート・キングなど
キャストジュリアナ・マルグリーズ、クリス・ノースなど
映画賞ゴールデン・グローブ賞、エミー賞

登場人物紹介

アリシア・フロリック(ジュリアナ・マルグリーズ)

ロックハート・ガードナー事務所の弁護士。夫のスキャンダル問題に苦労する中、学生時代からの友人ウィルに恋心を抱いてしまいます。

アリシア役を演じたのは、アメリカのニューヨーク州出身の女優、ジュリアナ・マルグリーズです。サラ・ローレンス大学で美術史を学び、在学中に演技を始めました。1994年から2000年の間、テレビシリーズ『ER緊急救命室』に看護婦長役で出演していました。

本作『グッド・ワイフ』ではゴールデングローブ賞のテレビ主演女優賞(ドラマ部門)を受賞しました。本作のプロデューサーとしても名を連ねています。2007年に弁護士の男性と結婚しました。

ピーター・フロリック(クリス・ノース)

アリシアの夫。度重なる浮気疑惑で妻のアリシアとは離婚寸前になってしまいましたが、関係修復を試みています。イーライと協力しながら選挙に挑みます。

ピーター役を演じたのは、大人気のテレビドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のミスター・ビッグ役でもおなじみのクリス・ノースです。アメリカのウィスコンシン州出身の俳優で、1986年の『オフ・ビート』で映画デビューを果たし、その後も数々の作品に出演しています。

人気テレビシリーズ『ロー・アンド・オーダー』で刑事マイク・ローガン役を務めたことでも知られおり、『セックス・アンド・ザ・シティ』ではゴールデングローブ賞にノミネートされました。

ウィル・ガードナー(ジョシュ・チャールズ)

アリシアの学生時代からの友人で、ロックハート・ガードナー事務所の優秀な弁護士です。アリシアに恋心を抱いています。

ウィル役を演じたのは、アメリカのメリーランド州ボルチモア出身の俳優、ジョシュ・チャールズです。同じくボルチモア出身の監督・ジョン・ウォーターズが手掛けた1988年の映画『ヘアスプレー』にて映画デビューを果たしました。

1989年の映画『いまを生きる』ではロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホークと共演し、2009年の映画『アフターライフ』ではクリスティーナ・リッチ、リアム・ニーソンと共演しました。フェデリコ・フェリーニ監督作品の大ファンとしても知られています。

ダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)

ロックハート・ガードナー事務所の女性弁護士。ビジネスパートナーであるウィルとアリシアの関係に目を光らせています。

ダイアン役を演じたクリスティーン・バランスキーは、アメリカのニューヨーク州バッファロー出身の女優です。父親はポーランド語新聞の編集者であり、祖父母はポーランドで俳優として活躍していました。

ジュリアード音楽院で学び、ブロードウェイで活躍し、1984年と1989年にはトニー賞を受賞しています。映画『シカゴ』『マンマ・ミーア!』などにも出演しています。エミー賞やゴールデン・グローブ賞など、数々の賞にノミネート経験された経験を持ちます。

ケイリー・アゴス(マット・ズークリー)

ロックハート・ガードナー事務所ではアリシアと同期でライバル関係にありましたが、退社後は検事局で活躍しています。頭のキレる人物で、野心家な一面も。カリンダのことを気にかけています。

ケイリーを演じるマット・ズークリーは、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州出身の俳優です。チャールストン大学にて歴史学と政治学の学士号を所得しました。テニスの奨学金で大学の行くほどテニスが得意です。ロースクールの試験を受けた過去も。

イーライ・ゴールド(アラン・カミング)

ロックハート・ガードナー事務所のクライアントで、ピーターの選挙参謀として活動しています。仕事においては頭のキレる人物ですが、女心に疎い一面も?

イーライを演じるアラン・カミングは、グラスゴーで演技を学んだのち、舞台やテレビ、映画などに出演。俳優としてだけではなく、映画監督や脚本家、執筆家としても活動しています。舞台『キャバレー』ではトニー賞をはじめ、数々の賞を受賞しました。

カリンダ・シャルマ(アーチー・パンジャビ)

ロックハート・ガードナー事務所の調査スタッフ。ピーターとの浮気疑惑で、アリシアと絶縁状態になってしまいました。

カリンダ役を演じたのは、イギリスのロンドンのエッジウェア出身の女優、アーチー・パンジャビです。彼女の両親はインド出身で、教師をしています。子供の頃から女優を目指しており、イギリスのブルネル大学では経営学を学んでいました。

第62回プライムタイム・エミー賞では助演女優賞を受賞し、第70回ゴールデングローブ賞のテレビシリーズドラマ部門では助演女優賞にノミネートされました。なお、2005年のベルリン国際映画祭においてはシューティング・スター賞も受賞しています。

『グッドワイフ』シーズン3のエピソード一覧

『グッドワイフ』シーズン3のエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
第1話あらすじ記事はコチラ
第2話あらすじ記事はコチラ
第3話あらすじ記事はコチラ
第4話あらすじ記事はコチラ
第5話あらすじ記事はコチラ
第6話あらすじ記事はコチラ
第7話あらすじ記事はコチラ
第8話あらすじ記事はコチラ
第9話あらすじ記事はコチラ
第10話あらすじ記事はコチラ
第11話あらすじ記事はコチラ
第12話あらすじ記事はコチラ
第13話あらすじ記事はコチラ
第14話あらすじ記事はコチラ
第15話あらすじ記事はコチラ
第16話あらすじ記事はコチラ
第17話あらすじ記事はコチラ
第18話あらすじ記事はコチラ
第19話あらすじ記事はコチラ
第20話この記事
第21話あらすじ記事はコチラ
第22話あらすじ記事はコチラ