海外ドラマ『グッドワイフ』シーズン3・第10話のあらすじと感想|ネタバレあり

グッドワイフ シーズン3 海外ドラマ

海外ドラマ好きの友人たちの間でもとにかく面白いと話題の『グッド・ワイフ』。

『グッド・ワイフ』を見た感想やあらすじ、作品情報などを紹介していきます。

『グッド・ワイフ』シーズン3・第10話『家族の絆』のあらすじ

海外ドラマ『グッド・ワイフ』のあらすじを結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください
(※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

依頼人は元大学教授のパメラ・レイカー

今回の依頼人は、大学教授の職を解かれたパメラ・レイカーという女性です。ロックハート・ガードナー事務所のケイトリンは彼女の代理人として、彼女を解雇した学長のクローブとの仲裁に臨みます。アリシアはケイトリンのサポートに回ることになりました。

パメラは学長のダニエルに人員削減を理由に解雇されたとされていましたが、のちにクローブが別の教授を雇っていたことがわかりました。実際は、クローブのセクハラに対しパメラが抵抗したことが解雇の理由だったとのことです。

相手側の弁護士は、かつてロックハート・ガードナー事務所を不採用となったマーサです。彼女は不採用だったことを根に待っており、闘志をむき出しにします。しかし、ケイトリンの活躍によりマーサの形勢は悪くなり、彼女は雇い主のケニングに助けを求めます。

極悪人ドニー・パイクの脅威

かつてスウィーニーに騙され再逮捕された白人至上主義者のドニー・パイクがロックハート・ガードナー事務所の関与を知ったと報道されました。アリシアは、家族が報復に遭いはしないかと心配をしますが、カリンダの調査により報復はないとわかりました。

そんな状況の中でも、多忙なアリシアは家庭を顧みる余裕が充分にないようです。それぞれの側の代理人のサポートに回っているアリシアとケニングが対決し合う形となりました。セクハラや名誉棄損などの争点を打ち出す中、仲裁人の決定には至りません。

パメラの信仰心が決め手に

パメラの解雇の原因となったのは、聖書に基づくパメラの同性愛者差別発言だとのことです。今回のポイントとなるのは、パメラの信仰について学長クローブが知っていたかどうかということです。

パメラは、信仰を隠しているという内容のメールを姉に送っていました。ケニングはこれを証拠として提出し、クローブがパメラの信仰を知らなかったと主張します。アリシアはバックから抜き取ってメールを入手したのかと尋ね、ケニングはそれを認めます。

頭を抱えるウィル

ウィルはアリシアとの件によりダイアンから共同経営更改契約書を渡されます。さらに、カリンダから検事局は麻薬問題からウィルへとターゲットを変更させたと聞きます。ウィルはピーターの私情が関わっていると勘ぐり、カリンダに調べさせます。

アリシアとのことが関係しているのか頭を抱えるウィル。ウェンディは調査にかける予算や時間を増やすようピーターにかけあいます。しかし、ピーターは財政危機も関係して予算内で調査するよう命令します。ウェンディは優秀な調査員アンドリューを雇います。

ダイアンは孤立するイーライに周りに馴染むようアドバイスします。するとイーライはウィルに歩み寄る姿勢を見せます。ウィルは腹を割ってイーライと話し合い、協力することを約束します。そして、イーライにピーターの意図を探るよう依頼します。

行方不明になったグレース

形勢が不利となったケニングは、アリシアに和解を持ちかけます。アリシアはケニングと食事をしながら話し合いますが、その間にグレースから12件もの不在着信が来ていました。アリシアはグレースに電話をかけますが繋がらず、ケニングの車で迎えに行きます。

アリシアが学校へ駆けつけると、グレースの友達のシャノンに、グレースが男と車に乗ったと聞かされます。アリシアはパイクの仕業だと勘ぐり、ピーターに連絡をします。ピーターは警察を動かします。カリンダはザックからグレースの番号を聞き捜索を始めます。

グレースと涙の再会

アリシアはケニングとともに家に戻りますが、手がかりはありません。ピーターも家に戻り、不安を分かち合います。カリンダは治安の悪いサウスサイドでグレースの携帯信号が途切れると、急いで駆けつけます。すると、教会で洗礼を受けているグレースの姿が。

発信はグレースが意図していなかったことがわかります。カリンダは、自身のことはグレースには口止めしつつ家まで送り届けます。アリシアとピーター、グレースは涙の再会を果たします。

ウィルはアリシアの家族の絆を目の当たりにして、改めて家族についてアリシアと話し合いたいと考えます。しかし、アリシアは今回の件で家族が悲しんでいると感じ、ウィルに別れを切り出します。ダイアンはウィルから言ったと勘違いしたようです。

『グッド・ワイフ』シーズン3・第10話『家族の絆』の感想

アリシアに尽くすカリンダ

ピーターとの一件を知られてからというもの、アリシアにはすっかり冷たくされるようになってしまいましたが、カリンダはやはりアリシアを慕っているようです。グレースのために力を尽くし、見返りを求めず去って行く姿にはグッときてしまいました。

人間関係に対してドライな一面があるカリンダが、親友はあなただけ、とまで言ったのですから、アリシアに対する想いは並大抵のものではないでしょう。今後、2人の関係が良くなることはあるのでしょうか。前のような仲のいいツーショットが見たいです。

事務所に馴染もうとするイーライ

自分からはなかなか馴染んで行けないイーライが、ダイアンに指摘されて一生懸命周りに馴染もうとしている姿が微笑ましかったです。事務所を歩き回り、引きつった笑顔で挨拶をします。ウィルはイーライの欠点を指摘しつつ、イーライの協力を仰ぎました。

アリシアの家族の絆

ピーターと別居してからも、家族のことは常に頭から離れないアリシア。やはりいざとなったらピーターが頼りなようです。子どもの父親ですからね。ピーターもすぐに警察に捜索を依頼します。カリンダの協力によりグレースを見つけ出しました。

アリシアはグレースが無事だったことにホッとしたと同時に、家族の絆も感じたことでしょう。そんな姿を見たウィルは、引き返してしまいます。母親である自分を改めて見直し、アリシアはウィルに夢中になっていた自分を責め、決断したようです。

子どもについて心配で仕方がなくなっている時にウィルから着信がありましたが、思わず切ってしまいます。その姿は母親としてのアリシアの顔でした。離れたくないと言いつつも、アリシアはウィルに別れを告げます。ダイアンはウィルにお酒を差し出しました。

『グッド・ワイフ(Good Wife)』というタイトルについて

『グッド・ワイフ(Good Wife)』は直訳すると「良妻賢母」という意味があります。このドラマの原題は「The Good Wife」ですが、このタイトルの意味を「(一般的な)良妻賢母」と解釈するのは正しくはないという意見があります。このタイトルには冠詞の “The” がついています。

したがって、 “A Good Wife” であれば一般的な意味での良妻賢母という意味合いが強くなりますが、 “The Good Wife” は主人公アリシア・フロリック固有の “Good Wife” 、「良き妻」であるとする意見があるのです。

ストーリーが展開されていくにつれ、一般的な良妻賢母という呼び方がされることに疑問符がついてくるのに従い、アリシアが “A Good Wife” ではなく “The Good Wife” であるということを表しているのではないかという解釈があります。

『グッド・ワイフ』の作品情報

created by Rinker
¥3,401 (2020/09/25 16:07:07時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2009年9月22日
上映時間約43分
製作国アメリカ合衆国
ジャンル海外ドラマ
監督チャールズ・マクドゥガル
脚本ミッチェル・キング、ロバート・キングなど
キャストジュリアナ・マルグリーズ、クリス・ノースなど
映画賞ゴールデン・グローブ賞、エミー賞

登場人物紹介

アリシア・フロリック(ジュリアナ・マルグリーズ)

ロックハート・ガードナー事務所の弁護士。夫のスキャンダル問題に苦労する中、学生時代からの友人ウィルに恋心を抱いてしまいます。

アリシア役を演じたのは、アメリカのニューヨーク州出身の女優、ジュリアナ・マルグリーズです。サラ・ローレンス大学で美術史を学び、在学中に演技を始めました。1994年から2000年の間、テレビシリーズ『ER緊急救命室』に看護婦長役で出演していました。

本作『グッド・ワイフ』ではゴールデングローブ賞のテレビ主演女優賞(ドラマ部門)を受賞しました。本作のプロデューサーとしても名を連ねています。2007年に弁護士の男性と結婚しました。

ピーター・フロリック(クリス・ノース)

アリシアの夫。度重なる浮気疑惑で妻のアリシアとは離婚寸前になってしまいましたが、関係修復を試みています。イーライと協力しながら選挙に挑みます。

ピーター役を演じたのは、大人気のテレビドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のミスター・ビッグ役でもおなじみのクリス・ノースです。アメリカのウィスコンシン州出身の俳優で、1986年の『オフ・ビート』で映画デビューを果たし、その後も数々の作品に出演しています。

人気テレビシリーズ『ロー・アンド・オーダー』で刑事マイク・ローガン役を務めたことでも知られおり、『セックス・アンド・ザ・シティ』ではゴールデングローブ賞にノミネートされました。

ウィル・ガードナー(ジョシュ・チャールズ)

アリシアの学生時代からの友人で、ロックハート・ガードナー事務所の優秀な弁護士です。アリシアに恋心を抱いています。

ウィル役を演じたのは、アメリカのメリーランド州ボルチモア出身の俳優、ジョシュ・チャールズです。同じくボルチモア出身の監督・ジョン・ウォーターズが手掛けた1988年の映画『ヘアスプレー』にて映画デビューを果たしました。

1989年の映画『いまを生きる』ではロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホークと共演し、2009年の映画『アフターライフ』ではクリスティーナ・リッチ、リアム・ニーソンと共演しました。フェデリコ・フェリーニ監督作品の大ファンとしても知られています。

ダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)

ロックハート・ガードナー事務所の女性弁護士。ビジネスパートナーであるウィルとアリシアの関係に目を光らせています。

ダイアン役を演じたクリスティーン・バランスキーは、アメリカのニューヨーク州バッファロー出身の女優です。父親はポーランド語新聞の編集者であり、祖父母はポーランドで俳優として活躍していました。

ジュリアード音楽院で学び、ブロードウェイで活躍し、1984年と1989年にはトニー賞を受賞しています。映画『シカゴ』『マンマ・ミーア!』などにも出演しています。エミー賞やゴールデン・グローブ賞など、数々の賞にノミネート経験された経験を持ちます。

ケイリー・アゴス(マット・ズークリー)

ロックハート・ガードナー事務所ではアリシアと同期でライバル関係にありましたが、退社後は検事局で活躍しています。頭のキレる人物で、野心家な一面も。カリンダのことを気にかけています。

ケイリーを演じるマット・ズークリーは、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州出身の俳優です。チャールストン大学にて歴史学と政治学の学士号を所得しました。テニスの奨学金で大学の行くほどテニスが得意です。ロースクールの試験を受けた過去も。

イーライ・ゴールド(アラン・カミング)

ロックハート・ガードナー事務所のクライアントで、ピーターの選挙参謀として活動しています。仕事においては頭のキレる人物ですが、女心に疎い一面も?

イーライを演じるアラン・カミングは、グラスゴーで演技を学んだのち、舞台やテレビ、映画などに出演。俳優としてだけではなく、映画監督や脚本家、執筆家としても活動しています。舞台『キャバレー』ではトニー賞をはじめ、数々の賞を受賞しました。

カリンダ・シャルマ(アーチー・パンジャビ)

ロックハート・ガードナー事務所の調査スタッフ。ピーターとの浮気疑惑で、アリシアと絶縁状態になってしまいました。

カリンダ役を演じたのは、イギリスのロンドンのエッジウェア出身の女優、アーチー・パンジャビです。彼女の両親はインド出身で、教師をしています。子供の頃から女優を目指しており、イギリスのブルネル大学では経営学を学んでいました。

第62回プライムタイム・エミー賞では助演女優賞を受賞し、第70回ゴールデングローブ賞のテレビシリーズドラマ部門では助演女優賞にノミネートされました。なお、2005年のベルリン国際映画祭においてはシューティング・スター賞も受賞しています。

『グッド・ワイフ』の視聴方法

2019年4月現在、『グッド・ワイフ』を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

グッド・ワイフ無料期間月額料金(税込)
U-NEXT◎ (無料視聴可能)31日間¥2,149
Hulu× (視聴不可)2週間¥1,007
Amazonプライム◎ (無料視聴可能)30日間¥400〜
Netflix ◎ (無料視聴可能)31日間¥864〜
FODプレミアム× (視聴不可)31日間¥959
dTV× (視聴不可)31日間¥540
  • 無料視聴可能 (◎):会員であれば無料で視聴できます。
  • 視聴可能 (◯):会員であっても別料金が発生しますが、視聴は可能です。
  • 視聴不可 (×):お取り扱いがありません。

おすすめの視聴方法1.『U-NEXT』

U-NEXTの魅力はなんといっても見られる動画の数の多さです。総配信数はなんと120,000本以上。新作映画の配信にも力を入れています。デジタル先行配信により、DVDの発売日、レンタル開始日よりも早く作品が見られることも。

登録時にもらえる600ポイント(1ポイント=1円)に加え、毎月1,200ポイントもらえるのも魅力です。ポイントを利用して新作映画(1本あたり約500円)を見たり、32万冊以上配信されている漫画や書籍を楽しむこともできます。

『U-NEXT』では、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1~7まで見放題配信中です。日本語吹き替え版にもシーズン1~7すべてに対応しています。

おすすめの視聴方法2.『Amazonプライムビデオ』

Amazonプライムビデオは、Amazonが運営するサービス、Amazonプライム会員特典の1つです。豊富なオリジナル作品も楽しめるAmazonプライムビデオ。その最大の魅力は、Amazonが提供するさまざまなサービスを受けられることです。

Amazonの通販で購入した商品の配送料・お急ぎ便料が無料、Prime Musicにて100万曲以上が聴き放題、Prime Readingで電子書籍が読み放題など盛りだくさん。お値段が月額500円(税込)(年会費は4,900円)とリーズナブルなのも魅力です。

おすすめ視聴サイト3.『Netflix』

Netflixは世界190か国以上で視聴可能な世界最大級の動画配信サービスです。大人気テレビシリーズ『ストレンジャー・シングス』をはじめ、オリジナル作品が充実していることが魅力の1つです。

Netflixでは、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1〜7まですべて見放題配信中です。日本語吹き替えにもシーズン1〜7すべてに対応しています。

『グッドワイフ』シーズン3のエピソード一覧

『グッドワイフ』シーズン3のエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
第1話あらすじ記事はコチラ
第2話あらすじ記事はコチラ
第3話あらすじ記事はコチラ
第4話あらすじ記事はコチラ
第5話あらすじ記事はコチラ
第6話あらすじ記事はコチラ
第7話あらすじ記事はコチラ
第8話あらすじ記事はコチラ
第9話あらすじ記事はコチラ
第10話この記事
第11話あらすじ記事はコチラ
第12話あらすじ記事はコチラ
第13話あらすじ記事はコチラ
第14話あらすじ記事はコチラ
第15話あらすじ記事はコチラ
第16話あらすじ記事はコチラ
第17話あらすじ記事はコチラ
第18話あらすじ記事はコチラ
第19話あらすじ記事はコチラ
第20話あらすじ記事はコチラ
第21話あらすじ記事はコチラ
第22話あらすじ記事はコチラ