海外ドラマ『グッドワイフ』シーズン2・第19話のあらすじと感想|ネタバレあり

グッドワイフ シーズン2 海外ドラマ

海外ドラマ好きの友人たちの間でもとにかく面白いと話題の『グッド・ワイフ』。

『グッド・ワイフ』を見た感想やあらすじ、作品情報などを紹介していきます。

『グッド・ワイフ』シーズン2・第19話『不当解雇』のあらすじ

海外ドラマ『グッド・ワイフ』のあらすじを結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください
(※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

今回のケースは大手インターネット会社に対する、社員たちによる訴訟です。キム・パルミエルという人物がCEOとして就任してから、1ヶ月の間に自殺者が3人も出ました。社員に対する不当な扱いにより、辞職する者も多かったとのことです。

今回担当するのはスターンで、こちら側はウィルとアリシアが担当します。アリシアはスターンに対し、和解に持ち込むべく話を進めていました。しかし翌日、スターンが事務所で死亡しているのを秘書が発見します。弁護を引き継ぐのはケニングです。

スターンの死をうけて、ウィルとダイアンも悲しみますが、すぐさまクライアントの確保に向け動き出します。しかし、ケニングはスターンと組んでいたことがわかります。ケニングは、スターンの事務所を買収してクライアントを引き継ごうとします。

和解に対してもケニングはその気がないようで、ウィルは、裁判を起こすしかないと考えます。会社側は、財政難により節約が必要であったと話します。しかし、その会社はいじめにより、社員を自主退社させるよう仕向けていたことがわかりました。

 

ピーターの選挙まであと6日となり、イーライは逃げ切ろうとしますが、民主党委員会がなにやらやらかしたようです。どうやらウェンディには居住資格がなく、出馬の権利がないと訴えたとのこと。ピーターに協力するための行動がイーライを激怒させます。

新聞記者のペトラからこの話を聞くと、イーライは委員会のフランクを怒鳴りつけます。この訴えはピーター側の組織によるウェンディへの妨害だと有権者に思われかねないとし、訴訟を取り下げるように言います。さらに検事局時代のピーターの浮気疑惑が。

イーライはアリシアへの電話取材と引き換えに噂が表に出ないよう手配します。検事局では、アンドリューがチャイルズに依頼されカリンダの調査を進めているとか。ケイリーはピーターとカリンダの件に勘付き、アンドリューを口止めしようとします。

 

自殺した3人のうちの1人、マーティン・ジョイスは社内のデスクで自殺を図り、その映像が監視カメラに録画されていました。アリシアはこの映像をケニングに見せ、和解に持ち込もうとします。ケニングはクライアントと話し合うことを約束します。

ケニングはマーティンの妻に、マーティンがうつ病でエルバタイルという薬を使用していなかったか確認します。エルバタイルとはかつて自殺者を増やしたとして薬物会社を起訴する際にも話題になった薬です。当時もケニングが弁護に参加していました。

ケニングは、以前アリシアたちが使用したモルモットの映像を持ち出し、アリシアとウィルは取り乱します。CEOのキムが社員を叱責する録音テープの中に、カレン・ジェニングスという女性の名前がありましたが、原告リストには記載されていません。

 

カリンダはカレンの調査へと繰り出します。カレンは、マーティンはエルバタイルを服用していなかったと話します。カリンダが証言を依頼すると、カレンは断ります。するとカリンダは、外に高級車のメルセデスが停めてあることに気がつきます。

解雇されたにも関わらず贅沢な暮らしをしていることを問うと、会社が3500万ドルもの年金基金を横領していたことがわかりました。カレンはこのことを告発しようして買収されたといいます。ウィルはカレンに証言させ、ケニングに取引を持ちかけます。

カリンダは経費の中に270万ドルの費用がかかっていることに気がつきます。それは、人材コンサルタントのヘイパーアソシエイツへの支払いでした。ヘイパーアソシエイツ的には、解雇するのではなく辞職に追い込めばコスト削減になると伝えていました。

 

会社は大金を横領したことを隠すために社員を叱責し辞職に追い込んでいたのです。ウィルとダイアンはこの件を扱うことに慎重になります。なぜなら、この事実が表に出ればFBIが会社の資産を差し押さえるため、原告団への賠償金が支払われないのです。

ウィルはカレンに証言をさせ、CEOに賠償金を支払わせるべく、ケニングに取引を持ちかけます。ケニングは取引に応じ、事務所側の勝利となりました。

『グッド・ワイフ』シーズン2・第19話『不当解雇』の感想

今回も手強いケニングでしたが、アリシアたちは無事裁判に勝利しました。アリシアたちが証拠として使った映像を自分の裁判で使ってしまうなんて、なかなかですよね。またもや負けた気ではないというケニングです。

事務所の創設者スターンの死

ロックハート・ガードナー事務所の元共同経営者であるスターンが亡くなりました。法廷ではたびたびぶつかり合っていたアリシアも、スターンを慕っていました。スターンがアリシアに対し立派になったと称えるシーンはグッときました。

ケニングがアリシアを引き抜く?

アリシアたちが提出して証拠を逆手に取り、今回もケニングは負けたとは思っていなさそうです。そしてまさかスターンと組んでいたとは驚きでした。ロックハートガードナー事務所が経営難であることを知っていたのもこのためだったのでしょう。

アリシアとは何度か弁護を戦わせてきたケニングですが、ここにきてアリシアをパートナー弁護士待遇で引き抜きたいといい出します。ピーターの勢いがいいこともあり、アリシアにはあちこちで引き抜きの声がかっている状況です。

ピーターが州検事になったら、アリシアの弁護士としてのポジションも変わってくるのかもしれません。カリンダにも度々「変わりましたね」と言われていましたが、弁護士としてアリシアが今後どのように変わっていくのか、目が離せません。

ピーターとカリンダのスキャンダル

このことを知っていたのは、ブレイクだけでしたが、検事補のマタンにも知られてしまうことになりました。そしてついに、マスコミにも流れ、世に広まるのは時間の問題だという状況に。ペトラがどんな経緯でこの件を知ったのかも気になるところです。

プライベートな問題をほじくり出し、政治に使おうとするチャイルズのやり方は相変わらずだなという感じですが、ピーターももうちょっとスキャンダルに気をつけてほしいななんて思ってしまいますね。いくらなんでも浮気しすぎではありませんか。

カリンダはもともとは、ピーターとの件をアリシアが知っているかどうか知るために近づいたのかもしれません。しかし、今カリンダがアリシアを慕っていることは事実ですし、2人の信頼関係も深まっています。アリシアとの関係は崩れてほしくありません。

 

ピーターの女性問題は厄介ですね。アリシアもイーライもやれやれといったところでしょうか。イーライもアリシアに詳しくは話さず、冷静にとアドバイスしますが、イーライが取り乱す結果に。マスコミもこの手の話題に対しては強気できます。

ピーターとカリンダとの関係を知ってしまったケイリーの気持ちも複雑なのではないでしょうか。カリンダとアリシアとの関係性にも影響を及ぼしかねない事態ですが、カリンダは自らアリシアに打ち明けようと考えます。

今回のピーターとカリンダのスキャンダルは、カリンダの周りの人たちとの関係性にどのような影響を及ぼしていくのでしょうか。忘れたい過去と向き合わなければならなくなった今、カリンダはどのような行動に出るのか。今後の展開から目が離せません。

ウィルとタミーの関係は?

はじめは遊びだと思っていたウィルとタミーの関係ですが、ウィルは以前よりもタミーに対する本気度が垣間見えます。タミーはウィルにロンドン行きを迷っていると話しますが、結局、2週間後ロンドンへ立つことに。今後の2人の関係に注目です。

『グッド・ワイフ(Good Wife)』というタイトルについて

『グッド・ワイフ(Good Wife)』は直訳すると「良妻賢母」という意味があります。このドラマの原題は「The Good Wife」ですが、このタイトルの意味を「(一般的な)良妻賢母」と解釈するのは正しくはないという意見があります。このタイトルには冠詞の “The” がついています。

したがって、 “A Good Wife” であれば一般的な意味での良妻賢母という意味合いが強くなりますが、 “The Good Wife” は主人公アリシア・フロリック固有の “Good Wife” 、「良き妻」であるとする意見があるのです。

ストーリーが展開されていくにつれ、一般的な良妻賢母という呼び方がされることに疑問符がついてくるのに従い、アリシアが “A Good Wife” ではなく “The Good Wife” であるということを表しているのではないかという解釈があります。

『グッド・ワイフ』の作品情報

created by Rinker
¥4,203 (2020/09/29 10:52:46時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2009年9月22日
上映時間約43分
製作国アメリカ合衆国
ジャンル海外ドラマ
監督チャールズ・マクドゥガル
脚本ミッチェル・キング、ロバート・キングなど
キャストジュリアナ・マルグリーズ、クリス・ノースなど
映画賞ゴールデン・グローブ賞、エミー賞

登場人物紹介

アリシア・フロリック(ジュリアナ・マルグリーズ)

ロックハート・ガードナー事務所の弁護士で、母として家庭を支えています。夫ピーターを信じると決めたものの、ウィルへの想いを抑えられずにいます。

アリシア役を演じたのは、アメリカのニューヨーク州出身の女優、ジュリアナ・マルグリーズです。サラ・ローレンス大学で美術史を学び、在学中に演技を始めました。1994年から2000年の間、テレビシリーズ『ER緊急救命室』に看護婦長役で出演していました。

本作『グッド・ワイフ』ではゴールデングローブ賞のテレビ主演女優賞(ドラマ部門)を受賞しました。本作のプロデューサーとしても名を連ねています。2007年に弁護士の男性と結婚しました。

ピーター・フロリック(クリス・ノース)

アリシアの夫。スキャンダル事件や逮捕など、アリシアに迷惑をかけていたことを反省しています。仕事に対しても前向きな姿勢を見せています。

ピーター役を演じたのは、大人気のテレビドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のミスター・ビッグ役でもおなじみのクリス・ノースです。アメリカのウィスコンシン州出身の俳優で、1986年の『オフ・ビート』で映画デビューを果たし、その後も数々の作品に出演しています。

人気テレビシリーズ『ロー・アンド・オーダー』で刑事マイク・ローガン役を務めたことでも知られおり、『セックス・アンド・ザ・シティ』ではゴールデングローブ賞にノミネートされました。

ウィル・ガードナー(ジョシュ・チャールズ)

アリシアの学生時代からの友人で、ロックハート・ガードナー事務所の優秀な弁護士です。アリシアの苦労を気にかけつつ、想いを抱いています。

ウィル役を演じたのは、アメリカのメリーランド州ボルチモア出身の俳優、ジョシュ・チャールズです。同じくボルチモア出身の監督・ジョン・ウォーターズが手掛けた1988年の映画『ヘアスプレー』にて映画デビューを果たしました。

1989年の映画『いまを生きる』ではロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホークと共演し、2009年の映画『アフターライフ』ではクリスティーナ・リッチ、リアム・ニーソンと共演しました。フェデリコ・フェリーニ監督作品の大ファンとしても知られています。

ダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)

ロックハート・ガードナー事務所の女性弁護士。同じ事務所のウィルとはビジネスパートナーですが、経営方針をめぐって意見が対立することも。

ダイアン役を演じたクリスティーン・バランスキーは、アメリカのニューヨーク州バッファロー出身の女優です。父親はポーランド語新聞の編集者であり、祖父母はポーランドで俳優として活躍していました。

ジュリアード音楽院で学び、ブロードウェイで活躍し、1984年と1989年にはトニー賞を受賞しています。映画『シカゴ』『マンマ・ミーア!』などにも出演しています。エミー賞やゴールデン・グローブ賞など、数々の賞にノミネート経験された経験を持ちます。

ケイリー・アゴス(マット・ズークリー)

ロックハート・ガードナー事務所ではアリシアとポジションを争っていましたが、弁護士を退職することに。その優秀さを買われて検事局に転職することになりました。

ケイリーを演じるマット・ズークリーは、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州出身の俳優です。チャールストン大学にて歴史学と政治学の学士号を所得しました。テニスの奨学金で大学の行くほどテニスが得意です。ロースクールの試験を受けた過去も。

カリンダ・シャルマ(アーチー・パンジャビ)

ロックハート・ガードナー事務所の優秀な調査スタッフ。アリシアとは良き仕事仲間で、夫ピーターのスキャンダルに苦労するアリシアを陰ながら支えます。

カリンダ役を演じたのは、イギリスのロンドンのエッジウェア出身の女優、アーチー・パンジャビです。彼女の両親はインド出身で、教師をしています。子供の頃から女優を目指しており、イギリスのブルネル大学では経営学を学んでいました。

第62回プライムタイム・エミー賞では助演女優賞を受賞し、第70回ゴールデングローブ賞のテレビシリーズドラマ部門では助演女優賞にノミネートされました。なお、2005年のベルリン国際映画祭においてはシューティング・スター賞も受賞しています。

『グッド・ワイフ』の視聴方法

2019年4月現在、『グッド・ワイフ』を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

グッド・ワイフ無料期間月額料金(税込)
U-NEXT◎ (無料視聴可能)31日間¥2,149
Hulu× (視聴不可)2週間¥1,007
Amazonプライム◎ (無料視聴可能)30日間¥400〜
Netflix ◎ (無料視聴可能)31日間¥864〜
FODプレミアム× (視聴不可)31日間¥959
dTV× (視聴不可)31日間¥540
  • 無料視聴可能 (◎):会員であれば無料で視聴できます。
  • 視聴可能 (◯):会員であっても別料金が発生しますが、視聴は可能です。
  • 視聴不可 (×):お取り扱いがありません。

おすすめの視聴方法1.『U-NEXT』

U-NEXTの魅力はなんといっても見られる動画の数の多さです。総配信数はなんと120,000本以上。新作映画の配信にも力を入れています。デジタル先行配信により、DVDの発売日、レンタル開始日よりも早く作品が見られることも。

登録時にもらえる600ポイント(1ポイント=1円)に加え、毎月1,200ポイントもらえるのも魅力です。ポイントを利用して新作映画(1本あたり約500円)を見たり、32万冊以上配信されている漫画や書籍を楽しむこともできます。

『U-NEXT』では、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1~7まで見放題配信中です。日本語吹き替え版にもシーズン1~7すべてに対応しています。

おすすめの視聴方法2.『Amazonプライムビデオ』

Amazonプライムビデオは、Amazonが運営するサービス、Amazonプライム会員特典の1つです。豊富なオリジナル作品も楽しめるAmazonプライムビデオ。その最大の魅力は、Amazonが提供するさまざまなサービスを受けられることです。

Amazonの通販で購入した商品の配送料・お急ぎ便料が無料、Prime Musicにて100万曲以上が聴き放題、Prime Readingで電子書籍が読み放題など盛りだくさん。お値段が月額500円(税込)(年会費は4,900円)とリーズナブルなのも魅力です。

おすすめ視聴サイト3.『Netflix』

Netflixは世界190か国以上で視聴可能な世界最大級の動画配信サービスです。大人気テレビシリーズ『ストレンジャー・シングス』をはじめ、オリジナル作品が充実していることが魅力の1つです。

Netflixでは、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1〜7まですべて見放題配信中です。日本語吹き替えにもシーズン1〜7すべてに対応しています。

『グッドワイフ』シーズン2のエピソード一覧

『グッドワイフ』シーズン2のエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
第1話あらすじ記事はコチラ
第2話あらすじ記事はコチラ
第3話あらすじ記事はコチラ
第4話あらすじ記事はコチラ
第5話あらすじ記事はコチラ
第6話あらすじ記事はコチラ
第7話あらすじ記事はコチラ
第8話あらすじ記事はコチラ
第9話あらすじ記事はコチラ
第10話あらすじ記事はコチラ
第11話あらすじ記事はコチラ
第12話あらすじ記事はコチラ
第13話あらすじ記事はコチラ
第14話あらすじ記事はコチラ
第15話あらすじ記事はコチラ
第16話あらすじ記事はコチラ
第17話あらすじ記事はコチラ
第18話あらすじ記事はコチラ
第19話この記事
第20話あらすじ記事はコチラ
第21話あらすじ記事はコチラ
第22話あらすじ記事はコチラ
第23話あらすじ記事はコチラ