海外ドラマ『グッドワイフ』シーズン2・第15話のあらすじと感想|ネタバレあり

グッドワイフ シーズン2 海外ドラマ

海外ドラマ好きの友人たちの間でもとにかく面白いと話題の『グッド・ワイフ』。

『グッド・ワイフ』を見た感想やあらすじ、作品情報などを紹介していきます。

『グッド・ワイフ』シーズン2・第15話『未熟な信徒』のあらすじ

海外ドラマ『グッド・ワイフ』のあらすじを結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください
(※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

イーライの元に、別れた妻との間に生まれた18歳の娘が会いにきています。イーライの娘はイスラエルに行きたいと言い、イーライは反対します。親には意見する権利があると話すイーライですが、木曜の夜には娘とディナーの約束をしています。

マットは、ウェンディの弱みを見つけ出しました。彼女は身元調査の際、5年の雇用期間があったデポール大の学生ナタリー・フローレスの存在を隠していました。イーライは調査の続きをするといい、マスコミ対策のためにアリシアに話をする予定です。

デリックは、ダイアンが挑戦的な態度を取っていると言いますが、ウィルは被害妄想だと話します。ブレイクは病欠で、ダイアンはカリンダに尋問の手伝いを依頼します。そこに弾道解析の専門家マクベイの姿が。アリシアとカリンダは目を見合わせます。

 

マクベイはダイアンに助けてほしいといいます。彼は、かつて終身刑が覆ったジェイソン・ベルトランに3600万ドルで訴えられたそうです。ジェイソンはマクベイの弾道解析のせいで有罪になり、アフリカ系だという理由で捕まったと主張しています。

ベルトランは銀行強盗の際に警官を射殺したが、郡の鑑識のミスで釈放されたと話します。マクベイは、証言をでっち上げていないが鑑識の結果を支持する証言をしたと話します。ロックハート事務所は鑑識のミスで2回は裁判をひっくり返しています。

ウィルは、ボンドが怪しむため、会議でスタッフを責めるのはやめるように話します。しかし、ダイアンはマクベイのこともあり、上の空です。イーライはアリシアのもとを訪れ、ウェンディを倒す秘密兵器を手に入れたと話します。

 

5年間ウェンディのもとで子守をしていていたナタリー・フローレスという女性は、不法滞在者でした。イーライはアリシアが良妻賢母の アメリカの理想の母親であることから、今回の件に関して取材が来るかもしれないと話します。グレースから電話です。

トミーがダイアン事務所にやってきて、カート・マクベイは敵であり代理人は断るべきだと話します。トミーは警察がベルトランをハメたと話し、証拠を捏造した上、弾道解析家も偽証を行なったといいます。しかし、ダイアンは弁護を引き受けるといいます。

グレースが”私は未熟な信徒”と書かれたTシャツを持っていることに関して、メッセージ性のある言葉は困るといいます。アリシアは表現の自由に触れ娘の人権を侵害するのは問題だと話します。ウィルはダイアンの訴訟を手伝うようアリシアに話します。

 

マクベイの担当ということで、ウィルはダイアンが自分を見失わないか懸念しているようです。事件現場では55丁の銃から500発の弾が発射される3分間の銃撃戦ののち、警官1人が死亡し強盗4人が現場で射殺され、5人目のベルトランが逮捕されました。

俺を手玉に取る気かと話すマクベイに対し、ダイアンは勝つためにはミスがあったと認めるしかないといいます。敵はマクベイの自尊心を狙い、マクベイが証明できるケースしか受けないため証拠をゆがめたと言って来ると考えています。

マクベイは、身に覚えのないミスを証言することはできないといいますが、ダイアンはカリンダに調査を依頼。警官の体を貫通した9ミリ弾の破片をマクベイが見つけ、弾道から射手はベルトランと断定されており、無実か殺人罪を免れたかだとのこと。

 

イーライはナタリーのもとを訪れます。彼女は、生まれがメキシコで、市民権を取るにはあと1年かかると話します。イーライはナタリーの弁護士は詐欺で市民権を餌に搾取していると話します。マットとともに彼女をメキシコに強制送還することを目論みます。

ダイアンはマクベイを勝たせるため、解析結果は絶対ではなく確率は8割くらいだったとごまかすように言います。ダイアンは依頼人と寝るのは倫理に反すると話しますが、マクベイがまだ委任契約書にサインしていないと話すと、部屋の扉を閉めました。

ベルトランの裁判は、判決が無効になり検察が再起訴を拒んだ裁判で、原因となったのは、証拠を捏造した鑑識官のトランスだとのことです。彼女は収集された証拠を破壊し、ベルトランに罪を着せ、偽証罪に問われているとのことです。

 

マクベイは彼女から検査結果を聞いて見解を変えたのではなく、結論を急ぐのを避けたと話します。ダイアンと話した通り、マクベイは弾道解析は絶対ではなく確率で言うなら8割程度だと主張しました。

相手側の弁護士は、マクベイの判断には人種差別があったと考えています。差別主義組織のティーパーティーに参加しており、大統領に対し批判的であったことと、過去に不利な発言をした対象は圧倒的にアフリカ系が多く白人は少なかったと主張します。

子守が必要だったウェンディに女性の同情が集まっています。しかし、マットは、もしウェンディが選挙戦を理由に彼女を解雇したとするなら、同情は一気に吹き飛ぶだろうと話します。イーライはナタリーと面会し、解雇理由を調べることにしました。

 

マクベイは、例のティーパーティーは差別主義者の団体ではないと話します。さらに、パーティーに出席したのは政府が生活を侵害しているからであり、あくまで両政党に歳出削減を迫る団体だと話します。ダイアンは、ひとまずうまくいったといいます。

グレースは、アリシアにイエスのことをもっと知りたいといいます。アリシアに家にいてほしいというグレースに対し、アリシアは仕事が必要だと話します。反抗したいのね、というアリシアに対しグレースは、シャノンの影響ではないと話します。

ケイリーはカリンダに電話をかけ、事件の1ヵ月前に銀行で警官を巻き込んだ自殺未遂があったと話します。警官に撃ち返されるために発砲した客がいたが、警官は発砲せず未報告であったとのことです。ケイリーが9ミリ弾の破片を調べ判明しました。

 

マクベイは前の事件の発砲を知らなかったため、破片が警官の体を貫通したと思い込んだとのこと。するとカリンダのもとに、電話がかかってきます。カリンダは番号を教えるなら話すというと、スタッフは電話番号を取り次いできました。

イーライがナタリーのもとを訪れると、ナタリーは弁護士から電話が来て、本腰を入れて市民権を取ると脅されたといいます。イーライは詐欺だと思っていたためだと話します。本来の目的は何?というナタリーは、イーライと食事に行くことに。

ナタリーとイーライが食事をしていると、イーライの娘が登場します。ナタリーは自分がウェンディに使えており、イーライがフロリック側についていることを知ると、子守について聞いたのが選挙戦に使うためだったのだといい、その場を去ります。

 

カリンダは、警察がマクベイに渡した映像の完全なものを見たいとケイリーに依頼します。 ダイアンは、警察がマクベイに渡した映像は圧縮ファイルであったことを伝えます。マクベイは、裁判が終わったらここを出ようとダイアンにプロポーズします。

鑑定によると銃撃戦の中で見つかった9ミリ弾は通り過ぎた車に当たり、それはベルトランがいた場所から発砲されたものだとのことです。ダイアンは起訴を取り下げるように言います。さらに、ベルトランは有罪、賠償金は絶対取らせないと断言します。

マットの情報によると、ナタリーは友達の社会保障番号で入学していたことがわかりました。スコット・カー候補の苦戦により、ピーターの支持率は急上昇しています。グレースはアリシアに、私も教会に行きたいと話し、アリシアは聖書を渡します。

 

ダイアンは一緒に行こうというマクベイに対し、今は仕事を抜けられないと話します。ダイアンはマクベイにキスします。デリックとウィルはパートナー弁護士の招集について話し合っています。ダイアンは会議に加わり、来週もここにいると話します。

『グッド・ワイフ』シーズン2・第15話『未熟な信徒』の感想

マクベイがダイアンにプロポーズ

弁護中に判事たちにミセス・ロックハートと間違われ、ミス・ロックハートですと言い直していたダイアンですが、なんとマクベイにプロポーズされるシーンがありました。弾道解析の専門家として何度かダイアンと仕事で関わってきたマクベイ。

今回は自身が訴えられた件に関してダイアンを頼ってきました。依頼人とは寝ない主義だと言うダイアンですが、恋愛中のダイアンはウィルを始め周りのみんなに気づかれてしまうほど、恋する乙女になっていました。恋するダイアンは可愛いです。

ウィルたちはマクベイがいると俄然やる気になるダイアンを見て、いつもこうだったらいいのにと話します。マクベイのプロポーズは断り、仕事を選んだダイアン。普段のダイアンに戻り、ウィル達の会議に加わる場面は、寂しくも頼もしくもありました。

『グッド・ワイフ(Good Wife)』というタイトルについて

『グッド・ワイフ(Good Wife)』は直訳すると「良妻賢母」という意味があります。このドラマの原題は「The Good Wife」ですが、このタイトルの意味を「(一般的な)良妻賢母」と解釈するのは正しくはないという意見があります。このタイトルには冠詞の “The” がついています。

したがって、 “A Good Wife” であれば一般的な意味での良妻賢母という意味合いが強くなりますが、 “The Good Wife” は主人公アリシア・フロリック固有の “Good Wife” 、「良き妻」であるとする意見があるのです。

ストーリーが展開されていくにつれ、一般的な良妻賢母という呼び方がされることに疑問符がついてくるのに従い、アリシアが “A Good Wife” ではなく “The Good Wife” であるということを表しているのではないかという解釈があります。

『グッド・ワイフ』の作品情報

created by Rinker
¥3,401 (2020/09/26 10:36:46時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2009年9月22日
上映時間約43分
製作国アメリカ合衆国
ジャンル海外ドラマ
監督チャールズ・マクドゥガル
脚本ミッチェル・キング、ロバート・キングなど
キャストジュリアナ・マルグリーズ、クリス・ノースなど
映画賞ゴールデン・グローブ賞、エミー賞

登場人物紹介

アリシア・フロリック(ジュリアナ・マルグリーズ)

ロックハート・ガードナー事務所の弁護士で、母として家庭を支えています。夫ピーターを信じると決めたものの、ウィルへの想いを抑えられずにいます。

アリシア役を演じたのは、アメリカのニューヨーク州出身の女優、ジュリアナ・マルグリーズです。サラ・ローレンス大学で美術史を学び、在学中に演技を始めました。1994年から2000年の間、テレビシリーズ『ER緊急救命室』に看護婦長役で出演していました。

本作『グッド・ワイフ』ではゴールデングローブ賞のテレビ主演女優賞(ドラマ部門)を受賞しました。本作のプロデューサーとしても名を連ねています。2007年に弁護士の男性と結婚しました。

ピーター・フロリック(クリス・ノース)

アリシアの夫。スキャンダル事件や逮捕など、アリシアに迷惑をかけていたことを反省しています。仕事に対しても前向きな姿勢を見せています。

ピーター役を演じたのは、大人気のテレビドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のミスター・ビッグ役でもおなじみのクリス・ノースです。アメリカのウィスコンシン州出身の俳優で、1986年の『オフ・ビート』で映画デビューを果たし、その後も数々の作品に出演しています。

人気テレビシリーズ『ロー・アンド・オーダー』で刑事マイク・ローガン役を務めたことでも知られおり、『セックス・アンド・ザ・シティ』ではゴールデングローブ賞にノミネートされました。

ウィル・ガードナー(ジョシュ・チャールズ)

アリシアの学生時代からの友人で、ロックハート・ガードナー事務所の優秀な弁護士です。アリシアの苦労を気にかけつつ、想いを抱いています。

ウィル役を演じたのは、アメリカのメリーランド州ボルチモア出身の俳優、ジョシュ・チャールズです。同じくボルチモア出身の監督・ジョン・ウォーターズが手掛けた1988年の映画『ヘアスプレー』にて映画デビューを果たしました。

1989年の映画『いまを生きる』ではロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホークと共演し、2009年の映画『アフターライフ』ではクリスティーナ・リッチ、リアム・ニーソンと共演しました。フェデリコ・フェリーニ監督作品の大ファンとしても知られています。

ダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)

ロックハート・ガードナー事務所の女性弁護士。同じ事務所のウィルとはビジネスパートナーですが、経営方針をめぐって意見が対立することも。

ダイアン役を演じたクリスティーン・バランスキーは、アメリカのニューヨーク州バッファロー出身の女優です。父親はポーランド語新聞の編集者であり、祖父母はポーランドで俳優として活躍していました。

ジュリアード音楽院で学び、ブロードウェイで活躍し、1984年と1989年にはトニー賞を受賞しています。映画『シカゴ』『マンマ・ミーア!』などにも出演しています。エミー賞やゴールデン・グローブ賞など、数々の賞にノミネート経験された経験を持ちます。

ケイリー・アゴス(マット・ズークリー)

ロックハート・ガードナー事務所ではアリシアとポジションを争っていましたが、弁護士を退職することに。その優秀さを買われて検事局に転職することになりました。

ケイリーを演じるマット・ズークリーは、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州出身の俳優です。チャールストン大学にて歴史学と政治学の学士号を所得しました。テニスの奨学金で大学の行くほどテニスが得意です。ロースクールの試験を受けた過去も。

カリンダ・シャルマ(アーチー・パンジャビ)

ロックハート・ガードナー事務所の優秀な調査スタッフ。アリシアとは良き仕事仲間で、夫ピーターのスキャンダルに苦労するアリシアを陰ながら支えます。

カリンダ役を演じたのは、イギリスのロンドンのエッジウェア出身の女優、アーチー・パンジャビです。彼女の両親はインド出身で、教師をしています。子供の頃から女優を目指しており、イギリスのブルネル大学では経営学を学んでいました。

第62回プライムタイム・エミー賞では助演女優賞を受賞し、第70回ゴールデングローブ賞のテレビシリーズドラマ部門では助演女優賞にノミネートされました。なお、2005年のベルリン国際映画祭においてはシューティング・スター賞も受賞しています。

『グッド・ワイフ』の視聴方法

2019年4月現在、『グッド・ワイフ』を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

グッド・ワイフ無料期間月額料金(税込)
U-NEXT◎ (無料視聴可能)31日間¥2,149
Hulu× (視聴不可)2週間¥1,007
Amazonプライム◎ (無料視聴可能)30日間¥400〜
Netflix ◎ (無料視聴可能)31日間¥864〜
FODプレミアム× (視聴不可)31日間¥959
dTV× (視聴不可)31日間¥540
  • 無料視聴可能 (◎):会員であれば無料で視聴できます。
  • 視聴可能 (◯):会員であっても別料金が発生しますが、視聴は可能です。
  • 視聴不可 (×):お取り扱いがありません。

おすすめの視聴方法1.『U-NEXT』

U-NEXTの魅力はなんといっても見られる動画の数の多さです。総配信数はなんと120,000本以上。新作映画の配信にも力を入れています。デジタル先行配信により、DVDの発売日、レンタル開始日よりも早く作品が見られることも。

登録時にもらえる600ポイント(1ポイント=1円)に加え、毎月1,200ポイントもらえるのも魅力です。ポイントを利用して新作映画(1本あたり約500円)を見たり、32万冊以上配信されている漫画や書籍を楽しむこともできます。

『U-NEXT』では、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1~7まで見放題配信中です。日本語吹き替え版にもシーズン1~7すべてに対応しています。

おすすめの視聴方法2.『Amazonプライムビデオ』

Amazonプライムビデオは、Amazonが運営するサービス、Amazonプライム会員特典の1つです。豊富なオリジナル作品も楽しめるAmazonプライムビデオ。その最大の魅力は、Amazonが提供するさまざまなサービスを受けられることです。

Amazonの通販で購入した商品の配送料・お急ぎ便料が無料、Prime Musicにて100万曲以上が聴き放題、Prime Readingで電子書籍が読み放題など盛りだくさん。お値段が月額500円(税込)(年会費は4,900円)とリーズナブルなのも魅力です。

おすすめ視聴サイト3.『Netflix』

Netflixは世界190か国以上で視聴可能な世界最大級の動画配信サービスです。大人気テレビシリーズ『ストレンジャー・シングス』をはじめ、オリジナル作品が充実していることが魅力の1つです。

Netflixでは、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1〜7まですべて見放題配信中です。日本語吹き替えにもシーズン1〜7すべてに対応しています。

『グッドワイフ』シーズン2のエピソード一覧

『グッドワイフ』シーズン2のエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
第1話あらすじ記事はコチラ
第2話あらすじ記事はコチラ
第3話あらすじ記事はコチラ
第4話あらすじ記事はコチラ
第5話あらすじ記事はコチラ
第6話あらすじ記事はコチラ
第7話あらすじ記事はコチラ
第8話あらすじ記事はコチラ
第9話あらすじ記事はコチラ
第10話あらすじ記事はコチラ
第11話あらすじ記事はコチラ
第12話あらすじ記事はコチラ
第13話あらすじ記事はコチラ
第14話あらすじ記事はコチラ
第15話この記事
第16話あらすじ記事はコチラ
第17話あらすじ記事はコチラ
第18話あらすじ記事はコチラ
第19話あらすじ記事はコチラ
第20話あらすじ記事はコチラ
第21話あらすじ記事はコチラ
第22話あらすじ記事はコチラ
第23話あらすじ記事はコチラ