海外ドラマ『グッドワイフ』シーズン1・第3話のあらすじと感想|ネタバレあり

グッドワイフ1 海外ドラマ

海外ドラマ好きの友人たちの間でもとにかく面白いと話題の『グッド・ワイフ』。

『グッド・ワイフ』を見た感想やあらすじ、作品情報などを紹介していきます。

『グッド・ワイフ』シーズン1・第3話「過去との決別」のあらすじ

海外ドラマ『グッド・ワイフ』のあらすじを結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください
(※ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

アリシアたちは、新しい家に引っ越しをしました。出勤前で慌ただしい中、アリシアは今日も子供たちを学校へ送り出します。アリシアが出勤すると、すでに会議が始まっていました。アリシアは、息子が面会に来ていると伝えられ、会議を抜け出します。しかし、そこには知人の息子、ケニーの姿が。

引っ越しをする前に親交のあったチャタム夫妻の息子ケニーが、両親に内緒でアリシアに弁護を頼みにきたのです。ケニーの話によると、昨夜、友人のブライアンとマリファナでハイになるため、スペンサー・ランキンの家に行ったと言います。すると警備員が現れたため、逃げたと話しました。

そして、今朝ブライアンの家に警察が来てブライアンが逮捕される現場を目撃し、次は自分ではないかと思い、アリシアに弁護を頼みに来たと言うのです。ケニーはマリファナを持っていましたが、それは彼が買ったのではなく、スペンサーがくれたのものだと話します。

 

カリンダの調べによると、ケニーにはマリファナ所持ではなく、重罪謀殺容疑がかかっていることがわかりました。ブライアンとともにスペンサーの家に押し入った際に、警備員と出くわしもみ合いになった結果、階段から突き落として殺害したと疑われていたのです。

壊れた窓からは二人の指紋が見つかったそうですが、ケニーは不法侵入もしていないし、殺害もしていないと主張します。アリシアはケニーを車で自宅まで送ることにしました。ケリーの母親はアリシアの旧友ですが、ピーターのスキャンダル事件のあとはアリシアを見捨てた人物です。

しかし、アリシアはケリーを助けようとします。ウィルは知人の弁護は難しいと言いますが、メインの弁護士を他に立てるから、ケニーを担当させて欲しいと頼みます。ケニーの両親はすでに別の弁護士を立てていましたが、アリシアは最高の弁護を約束すると言い、弁護を譲りませんでした。

 

ブライアンは検察と司法取引をし、重罪謀殺を免れていました。ケニーにマリファナを吸おうと誘われてスペンサーの家に入ったが、自分は先に外に出て、ケニーが警備員と出くわし、警備員を突き落として殺害したのを見ていたと証言したのです。ケニーの保釈申請は却下されてしまいました。

ケイリーとアリシアは、スペンサーに会いに行き、事件について話を聞こうとします。さらに、アリシアとカリンダは、ケニーのアリバイ探すため、隣人に聞き込みを開始。すると、近くで働いているナースが事件当日、玄関から何者かが入るのを目撃したと言いました。

一方で、スペンサーの父親は、息子には証言はさせないとアリシアを追い返します。アリシアは現地点でアリバイのないケニーの疑いをなんとか晴らそうとします。法廷に来ていなかったケニーの両親を訪ね、裁判は厳しい状況だと報告しますが、ローレンは今回の件で体調を崩していたようでした。

 

法廷で、ブライアンは、11時20分頃に警備員を目撃し、その4分後に逮捕されたと証言しました。そこでアリシアはブライアンに、逮捕時に服が水に濡れていたかどうかをたずねます。ハイランドパークの自治会規約によると、夜間の芝生の水まきが義務付けられていたのでした。

そのため、ランキン家では毎晩11時15分から15分間、スプリンクラーが作動していたと指摘します。ブライアンが茂みにいたのなら服が濡れているはずだと主張します。そして、その時ブライアンは茂みにいたのではなく、警備員を見下ろす場所にいた、と。

裁判の後、ケニーはマリファナ所持容疑だけで済むことになりました。裁判長は、確かな証拠もなしに起訴をしたと相手側の検事を責めます。ケニーが懲役を免れたことで、アリシアに感謝するケニーの両親。ローレンはアリシアをランチに誘いますが、アリシアはぴしゃりと断ります。

『グッド・ワイフ』シーズン1・第3話「過去との決別」の感想

今回も、目が離せない展開でした。冒頭のシーンで、アリシアたちが新しい家に引っ越したことがわかります。今回はストーリーのタイトルが「過去との決別」ということもあってか、アリシアの旧友が登場。アリシアが再び過去に向き合うきっかけとなります。

うわべの友人、ローレン

アリシアの旧友、ローレンは、アリシアに弁護を頼みにきたケニーの母親です。昔は仲良くしていましたが、ピーターのスキャンダルが発覚してからはすぐに疎遠になりました。それでもかつて子守をしていたからとケニーのことを気にかけ助けようとするアリシアはとても思いやりのある人物です。

実績のある弁護士を前にしても、「ケニーへの思いでは負けません」とアリシアが言い放つシーンはグッときてしまいました。カリンダにたびたび、「依頼人に入れ込みすぎです」と言われるアリシアですが、彼女の弁護にはいつも、心があると感じます。

最後のシーンで、アリシアはローレンの食事に誘いをぴしゃりと断りますが、これも一つの「過去との決別」なのでしょうか。

新人弁護士、ケイリーの初の法廷

今回の事件は、ケイリーがメインで担当することになり、アリシアはサブです。ケイリーいわく、今回が初の法廷だとか。彼は今までは法廷に立つ前に事前に取引をすることで案件を処理してきたのです。今回も、ウィルに頼れないとわかるとすかさずダイアンを頼ったりと、策士な一面も。

しかし、いざ法廷に立つと緊張してしまうケイリー。アリシアにフォローされながら法廷に立つ様子が健気に思えました。現場でアリシアから多くのことを学んだケイリーはアリシアを尊敬するとウィルに話します。ウィルも、アリシアは自然体で、肩に力が入っていないところがいいと話します。

裁判が終わると、アリシアはケイリーの交渉術を褒め、ケイリーはアリシアの弁護は見事だったと言いました。当初はケイリーにライバル宣言をされたアリシアですが、お互いをたたえ合う二人。今後の関係性にも注目です。

夫ピーターとの回想シーン

当然、ピーターのこともアリシアの頭からは離れません。鏡の前で婚約指輪を指にはめるシーンではどこか切ない表情を見せます。妻との電話でピーターは、「前は沈黙も気にならなかったのに」とこぼします。夫は子供たちと話をしたがりますが、忙しくてそれどころではありません。

そんな中、アリシアは子供とピーターが嬉しそうに写っている写真を見つけます。今回は、ピーターが辞任をする前の、二人がラブラブだったころの映像が多く出てきました。ピーターが冗談を言い、アリシアがそれに幸せそうに笑うシーンや、二人が愛し合うシーンはどこか切ないです。

やはり、夫のことはいつも頭から離れません。新しい家にも引っ越し、子供たちはそれを受け入れてくれそうな様子。はじめは反抗的だったグレースも、今の場所を気に入っていると言ってくれます。アリシア、ピーター、そして子供たちは過去をどのように乗り越えていくのか、今後の展開に注目です。

まとめ

今回のタイトルは『過去との決別』。アリシアは様々な過去を乗り越え、どのように歩んでいくのでしょう。今後の展開が楽しみです。

『グッド・ワイフ(Good Wife)』というタイトルについて

『グッド・ワイフ(Good Wife)』は直訳すると「良妻賢母」という意味があります。このドラマの原題は「The Good Wife」ですが、このタイトルの意味を「(一般的な)良妻賢母」と解釈するのは正しくはないという意見があります。このタイトルには冠詞の “The” がついています。

したがって、 “A Good Wife” であれば一般的な意味での良妻賢母という意味合いが強くなりますが、 “The Good Wife” は主人公アリシア・フロリック固有の “Good Wife” 、「良き妻」であるとする意見があるのです。

ストーリーが展開されていくにつれ、一般的な良妻賢母という呼び方がされることに疑問符がついてくるのに従い、アリシアが “A Good Wife” ではなく “The Good Wife” であるということを表しているのではないかという解釈があります。

『グッド・ワイフ』の作品情報

created by Rinker
¥2,370 (2020/09/29 09:46:22時点 Amazon調べ-詳細)
上映日2009年9月22日
上映時間約43分
製作国アメリカ合衆国
ジャンル海外ドラマ
監督チャールズ・マクドゥガル
脚本ミッチェル・キング、ロバート・キングなど
キャストジュリアナ・マルグリーズ、クリス・ノースなど
映画賞ゴールデン・グローブ賞、エミー賞

登場人物紹介

アリシア・フロリック(ジュリアナ・マルグリーズ)

主人公のアリシアは、大学院を首席で卒業し2年間弁護士として活躍した後は良き妻、良き母として家庭に専念してきました。しかし、夫ピーターが、汚職疑惑で州検事を辞任すると、13年ぶりに弁護士に復帰。様々な人間関係の中で、懸命に弁護士として活躍していきます。

アリシア役を演じたのは、アメリカのニューヨーク州出身の女優、ジュリアナ・マルグリーズです。サラ・ローレンス大学で美術史を学び、在学中に演技を始めました。1994年から2000年の間、テレビシリーズ『ER緊急救命室』に看護婦長役で出演していました。

本作『グッド・ワイフ』ではゴールデングローブ賞のテレビ主演女優賞(ドラマ部門)を受賞しました。本作のプロデューサーとしても名を連ねています。2007年に弁護士の男性と結婚しました。

ピーター・フロリック(クリス・ノース)

アリシアの夫。清廉潔白な州検事として有名でしたが、汚職疑惑と女性スキャンダルにより州検事を辞任します。収賄罪で懲役10年の判決を受けますが、汚職事件を否定し、無実を訴えて控訴します。妻を気にかけながら、将来の検事復帰を宣言します。

ピーター役を演じたのは、大人気のテレビドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のミスター・ビッグ役でもおなじみのクリス・ノースです。アメリカのウィスコンシン州出身の俳優で、1986年の『オフ・ビート』で映画デビューを果たし、その後も数々の作品に出演しています。

人気テレビシリーズ『ロー・アンド・オーダー』で刑事マイク・ローガン役を務めたことでも知られおり、『セックス・アンド・ザ・シティ』ではゴールデングローブ賞にノミネートされました。

ウィル・ガードナー(ジョシュ・チャールズ)

アリシアの学生時代からの友人であり、法律事務所を共同経営する、有能で魅力的な弁護士です。自身の法律事務所にアリシアを雇い入れ、彼女の弁護士復帰を応援します。休日には判事たちとバスケットボールを楽しむことも。

ウィル役を演じたのは、アメリカのメリーランド州ボルチモア出身の俳優、ジョシュ・チャールズです。同じくボルチモア出身の監督・ジョン・ウォーターズが手掛けた1988年の映画『ヘアスプレー』にて映画デビューを果たしました。

1989年の映画『いまを生きる』ではロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホークと共演し、2009年の映画『アフターライフ』ではクリスティーナ・リッチ、リアム・ニーソンと共演しました。フェデリコ・フェリーニ監督作品の大ファンとしても知られています。

ダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)

ウィルとともに法律事務所を経営する独身の女性弁護士で、フェミニストの民主党員としても知られています。初めは、同じ女性弁護士としてアリシアに脅威を感じていましたが、徐々に彼女を認め、彼女に対し協力的になっていきます。

ダイアン役を演じたクリスティーン・バランスキーは、アメリカのニューヨーク州バッファロー出身の女優です。父親はポーランド語新聞の編集者であり、祖父母はポーランドで俳優として活躍していました。

ジュリアード音楽院で学び、ブロードウェイで活躍し、1984年と1989年にはトニー賞を受賞しています。映画『シカゴ』『マンマ・ミーア!』などにも出演しています。エミー賞やゴールデン・グローブ賞など、数々の賞にノミネート経験された経験を持ちます。

カリンダ・シャルマ(アーチー・パンジャビ)

アリシアと同じ法律事務所の美人調査スタッフ。アリシアの夫ピーターに州検事局を解雇された過去を持ちます。アリシアの弁護士復帰後、持ち前の行動力で、アリシアの強力なサポート役となります。

カリンダ役を演じたのは、イギリスのロンドンのエッジウェア出身の女優、アーチー・パンジャビです。彼女の両親はインド出身で、教師をしています。子供の頃から女優を目指しており、イギリスのブルネル大学では経営学を学んでいました。

第62回プライムタイム・エミー賞では助演女優賞を受賞し、第70回ゴールデングローブ賞のテレビシリーズドラマ部門では助演女優賞にノミネートされました。なお、2005年のベルリン国際映画祭においてはシューティング・スター賞も受賞しています。

ケイリー・アゴス(マット・ズークリー)

ハーバード大学法科大学院卒の新人弁護士です。アリシアとジュニア・アソシエイトの座を、半年の試用期間で争います。まだ経験は浅いものの、したたかさと自身のキャリアアップのための野心を持っています。

ケイリー役を演じたのは、アメリカのニューハンプシャー州マンチェスター出身の俳優、マット・ズークリーです。父親は大学教授、母親は家庭教師という家庭に生まれました。大学では政治学と歴史学を学び、在学中は劇場の講座の教授から演劇の専攻を勧められます。

ケイト・ボスワーズなどが出演していた2000年のテレビドラマ『Young Americans』に出演後、数々のテレビドラマに出演しました。2004年には大人気ドラマ『ギルモア・ガールズ』のメインキャストに抜擢され、一躍有名になりました。

『グッド・ワイフ』の視聴方法

2019年2月現在、『グッド・ワイフ』を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

グッド・ワイフ無料期間月額料金(税込)
U-NEXT◎ (無料視聴可能)31日間¥2,149
Hulu× (視聴不可)2週間¥1,007
Amazonプライム◎ (無料視聴可能)30日間¥400〜
Netflix ◎ (無料視聴可能)31日間¥864〜
FODプレミアム× (視聴不可)31日間¥959
dTV× (視聴不可)31日間¥540
  • 無料視聴可能 (◎):会員であれば無料で視聴できます。
  • 視聴可能 (◯):会員であっても別料金が発生しますが、視聴は可能です。
  • 視聴不可 (×):お取り扱いがありません。

おすすめの視聴方法1.『U-NEXT』

U-NEXTの魅力はなんといっても見られる動画の数の多さです。総配信数はなんと120,000本以上。新作映画の配信にも力を入れています。デジタル先行配信により、DVDの発売日、レンタル開始日よりも早く作品が見られることも。

登録時にもらえる600ポイント(1ポイント=1円)に加え、毎月1,200ポイントもらえるのも魅力です。ポイントを利用して新作映画(1本あたり約500円)を見たり、32万冊以上配信されている漫画や書籍を楽しむこともできます。

『U-NEXT』では、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1~7まで見放題配信中です。日本語吹き替え版にもシーズン1~7すべてに対応しています。

おすすめの視聴方法2.『Amazonプライムビデオ』

Amazonプライムビデオは、Amazonが運営するサービス、Amazonプライム会員特典の1つです。豊富なオリジナル作品も楽しめるAmazonプライムビデオ。その最大の魅力は、Amazonが提供するさまざまなサービスを受けられることです。

Amazonの通販で購入した商品の配送料・お急ぎ便料が無料、Prime Musicにて100万曲以上が聴き放題、Prime Readingで電子書籍が読み放題など盛りだくさん。お値段が月額500円(税込)(年会費は4,900円)とリーズナブルなのも魅力です。

おすすめ視聴サイト3.『Netflix』

Netflixは世界190か国以上で視聴可能な世界最大級の動画配信サービスです。大人気テレビシリーズ『ストレンジャー・シングス』をはじめ、オリジナル作品が充実していることが魅力の1つです。

Netflixでは、「グッドワイフ/The Good Wife」をシーズン1〜7まですべて見放題配信中です。日本語吹き替えにもシーズン1〜7すべてに対応しています。

『グッドワイフ』シーズン1のエピソード一覧

『グッドワイフ』シーズン1のエピソード一覧は以下のとおりです。「あらすじ記事はコチラ」を押すとそのエピソードのあらすじ・ネタバレ記事が読めます。

エピソード記事リンク
第1話あらすじ記事はコチラ
第2話あらすじ記事はコチラ
第3話この記事
第4話あらすじ記事はコチラ
第5話あらすじ記事はコチラ
第6話あらすじ記事はコチラ
第7話あらすじ記事はコチラ
第8話あらすじ記事はコチラ
第9話あらすじ記事はコチラ
第10話あらすじ記事はコチラ
第11話あらすじ記事はコチラ
第12話あらすじ記事はコチラ
第13話あらすじ記事はコチラ
第14話あらすじ記事はコチラ
第15話あらすじ記事はコチラ
第16話あらすじ記事はコチラ
第17話あらすじ記事はコチラ
第18話あらすじ記事はコチラ
第19話あらすじ記事はコチラ
第20話あらすじ記事はコチラ
第21話あらすじ記事はコチラ
第22話あらすじ記事はコチラ
第23話あらすじ記事はコチラ